痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

【処女・童貞】学校のトイレで初体験同士が出血しながらセックス

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

この体験談の続きを読む

【痴女軍団】失恋した俺を気遣って飲み会をしてくれた先輩OLが実は・・・

痴女軍団
画像はイメージです

 

酒の席で勃起してるのがバレた

 

昨年の秋ごろの話です。

 

俺は彼女と別れたばかりでひどく落ち込んでいました。

 

そんな俺を見て気に掛けてくれたのか、いつも何かにつけ俺を世話していただける先輩のOLが、家に友人を呼んで飲み会をやるから来ないかと誘われたんです。

 

その先輩は綺麗で親切で仕事のできる、社内でも好感度の高い先輩でした。

 

もちろん先輩の優しさが嬉しかったです。俺は誘われるまま飲み会に行く事にしました。

飲み会には先輩の友達という3人の女性が来ていました。

 

男友達も来ているんだろうと思っていた俺はちょっと戸惑いましたが、酒を飲みながら会話をしていく内にだんだんとに打ち解ける事ができていました。

 

初めのころは世間話や仕事の話が多かったんですが、酒が進むに連れて恋愛やHの話に変わっていきました。

 

その頃には女性陣も緊張感が解けたようで、4人の女性はスカートもめくれ、胸元もはだけてエロチックな雰囲気を漂わせていました。

 

女性がHな話をしていると、いくらなんでも入り込めず、俺は適当に笑顔で相槌を打ちながらも太ももや胸元を眺めて楽しんでいました。

 

すると1人が俺の目線に気づいて、

 

「ねぇ、さっきから何処見てんの?」

 

と言ってきたんです。突然だったのでびびりました。

 

びびった理由はまだあります。俺はビンビンに勃起していたので、それに気が付かれたかと思ったからです。

 

「い、いや、そんな事無いですよ!」

 

しかし次の瞬間別の女性が俺の股間に手を伸ばしてきました。

 

「やだー、この子。勃起してる~」

 

いきなりの事で言葉も発せず、ただ顔を赤くする俺を無視して、4人の女性陣はいきなりスイッチが入ったように豹変しました。

 

「脱がしちゃえー!」

 

と、あれよあれよという間に俺は素っ裸にされてしまいました。

 

気まずくて前を隠す俺の手を2人の女がどかして押さえつけます。

 

ビンビンに勃起したチンコが露わになり、女性陣に凝視されて俺は恥ずかしくて声が出ません。

 

「どうしよっかな~」

 

とニヤニヤしながら女たちは言います。

 

「な、何するんですか!」

 

もちろんそんな言葉は無視され。2人の女が俺のチンコをしゃぶり出したんです。

この体験談の続きを読む

女にナイフ突きつけられて危険日に中出しさせられた結果・・・

拘束 逆レイプ
画像はイメージです

 

目が覚めると見知らぬ女に縛られていた

 

深夜に目が覚めたら人の気配がして、目を開けてみると見知らぬ女が枕元に立ってんだよね。

 

いや、怖すぎる。

 

それで、よく見たら俺の足とか手をベッドに縛り付けられてて身動き取れないの。

 

「何だお前は!人ん家に勝手に上がりやがって!!」

 

って言ったらスッとナイフ出してきて

 

「抵抗したら刺すよ?」

 

とか言っってきた。

 

俺は恐ろしくなってあまり反発はしない事にしたけど、金を取る様子でもないし

 

(この女は何なんだ?)

 

と思ってたら、その女、いきなり俺のチンポ咥え出したんだよ。

 

女の顔は・・・まあ不細工じゃないが美人でもない普通って感じ。

 

「おい!お前何やってんだよ!」

 

って言ったらまたナイフ突きつけられて、

 

「もう一度言ってみな」

 

ってとんでもない冷静さを持って、無表情な顔で言われて正直ゾッとした。

 

こんな状況でも男の性か勃つもんは勃つわけで、それなりの硬さになってくると、その女が騎乗位で挿入してきたんだ。

 

で、当分入れたまま動かないんだ。

 

「おい!抜けよ!こlの変態女!」

 

って言ったら頬を思いっきりビンタされた。

 

「あんた自分の置かれてる状況分かってんの?マジ殺すよ。一切、口答えすんな。分かった?」

 

そう言う女の目はマジだった。

 

俺が恐怖で静かにしていると、上から覆い被さってきてディープキスをしてきやがった。

 

俺は最悪でも舌が入り込むのだけでも防御しようと口を瞑ってたら

 

「そんなに死にたいのかい、あんた。口を開けな」

 

と脅されて、結局仕方なく口を開けたら、俺の舌はもう吸われたり舐められたりべろべろされて、もう女のやりたい放題なんだよ。

 

で、徐々に女が腰を動かし出したんだ。

 

頭が少しずつボーっとしてきた俺は快感50%、まだ抵抗する意識50%ってぐらいの感じだったかな。

 

女はほどなく体を起こして腰をグリグリ回し始めたかと思うと、5分くらいしてイッたみたいで、俺の上に覆いかぶさってきたんだ。

 

俺はこれで終了と思ったんで、

 

「なあ、満足したんだろ?頼むから帰ってくれよ」

 

って言ったんだ。

 

そうしたらその女はニンマリして

 

「まだまだ、あたしが本当に満足するまで駄目。あんたはチンコおっ立てときゃいいの」

 

と言って、またキスしてきて、腰をグリグリ使い出した。

この体験談の続きを読む

【小学生】少年が可愛すぎてムラムラした私はフェラチオしちゃいました

小学生 フェラチオ
画像はイメージです

 

可愛い小学生の男の子とお風呂に入る事に

 

私は高校2年生の女子です。

 

今日は私がしてしまったいけない体験をお伝えしたいと思います。

 

私はマンションに居住していて、つい先日お隣にご家族が引っ越してきました。

 

お隣さんは3人家族で、お父さん、お母さんに小学校6年生の男の子がいます。

 

きちんと3人で我が家に挨拶に来てくださり、私はその時、その6年生の男の子があまりの可愛すぎて一目惚れしてしまったんです。

 

私は年下の男の子を好きになったことはなかったのですが、その子を見た途端、心臓がドキドキしながら見つめてしまいました。

 

(ひょっとしてショタコンだったのかな?)

 

と思うくらいにです。

 

私は、小学生はいくらなんでもまずいと思い、この気持ちを抑えるために彼には関わらないようにしようと決意しました。

 

ですが、私の気持ちとは反対に、お隣さんと私の家族は日増しに仲良くなっていったのです。

 

その為に、私は小学6年生の彼とよく遊ぶようになりました。

 

彼は週3回ぐらいで我が家に来て、学校での話や好きな野球の話を楽しそうにしてくれます。

 

よく2人で公園に遊びに行ったりもしました。

 

そんな日がしばらく続いたある日のことです。

 

普通は家にいる私の母が、たまたま夜勤になるみたいで帰りが遅くなるとのこと。

 

そして偶然にも、お隣のご両親も夜遅くまで帰らないということになり、少年を私の家で一晩泊めてあげることになりました。

 

もちろん深夜まで彼と私の2人だけです。

 

でも少年本人は、女性と2人きりなんてことをまるで意識していないでしょう。

 

私もラッキーとは思いましたが、意識しないようにしていました。

 

のはずだったのですが・・・。

 

なんと少年は晩御飯を食べた後に、

 

「お姉ちゃん、一緒にお風呂に入ろうよ」

 

とピュアな可愛らしい笑顔で私を誘ってきたんです。

 

彼はまだ思春期前なのか、エッチな気持ちはほとんどないみたいですが、私はこれまで我慢してきていたこともあり、飛び上がるほど嬉しかったです。

 

少年はそのまま無邪気にお風呂場へと向かい、素早く服を脱いで一瞬で素っ裸になっていました。

 

私も慌ただしくお風呂場へと行きました。

 

彼はまだお風呂には入らず、脱衣所で私を待っていました。

 

大好きな男の子の全裸が目の前です。当然彼のおちんちんへと目がいってしまいました。

 

彼のおちんちんは結構成長しているみたいで、普通の小学6年生よりは大きいのではないかと思いました。

 

もう心臓がバクバクするほど興奮します。ムラムラする気持ちが止まりません。

 

そんな思いの私の横で、素っ裸の彼は私を急かし、

 

「お姉ちゃんも早く脱いで!」

 

と言ってきます。

 

彼には、下心とかないのだろうけど、私は早くも体が火照り、オマンコはどんどん熱くなってきています。

 

そして、やっと私も全裸になりました。

この体験談の続きを読む

デカチンから射精する瞬間をおばさんに目撃された僕はチンポ奴隷の毎日

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

射精の瞬間をおばさんに見られた

 

僕は地元の高校を卒業した後、東京の大学に進学して一人暮らしをするために上京しました。

 

そして六畳一間と台所のある古いアパートの二階で生活することになりました。

 

大学の講義は面白くなくて難しいし、友達も全然できなかったので、暇なときは部屋にいることが多くなりました。

 

部屋の中ではたいしてすることもないので、毎日せんずりをしていました。

 

僕は身長177cmでウエストはなんと69cm、体重は56kgの体形です。

 

高校の頃は体操部に入っていたのですが、当時から折れそうなくらい細い体でした。

 

しかし、華奢に見られる僕は精力だけは人並み以上に強いみたいで、毎日チンポばかりいじくっていました。

 

そのおかげか、チンポは17cmの長さに成長し、亀頭もズルむけでカリ首も段差が大きいです。

 

素っ裸でチンポを勃起させると、細い腰から隆々と太いチンポが生えています。

 

ある夏の日、部屋には冷房も扇風機もなく、窓を全開にして、いつものように全裸でせんずりをしていました。

 

そしてチンポから精液が出そうになったとき、テッシュが空になっていることに気付いたんです。

 

射精感は止められないので慌てて窓までいき、全裸でチンポを突き出して窓の外に射精しようとしたんです。

 

するとその時、運悪く向かいのアパートの部屋の窓がガラガラっと開いたんです。アパート同士の距離は1.5メートルくらいしか離れていません。

 

その目の前のアパートの窓ガラスが開き、おばさんが顔を出しました。

 

(やばいっ!でも止められない!)

 

ドピュッ!ドピュッ!ドクン

 

僕は包み隠さず、窓から飛び出したチンポから濃いザーメンを発射してしまいました。

 

突然のことにおばさんは驚愕したようですが、目の前のチンポをじっと見つめています。

 

ザーメンは、おばさんが開けた窓の手すりにまで飛びました。

 

そして、サビた鉄の手すりまで飛んだ僕のザーメンは、ドロリと下に滴り落ちました。

 

射精後、僕はとてつもなく気まずくなり、窓を閉めて部屋の中に閉じこもってしまいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト