痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

出会い系で知り合った超淫乱女がカップル喫茶の常連で男が群がり…

乱交 ハーレム
画像はイメージです

 

超淫乱女とカップ喫茶へ行くと常連だった

 

出会い系サイトで顔見知りになった美幸は、想像を絶するほどの超ド淫乱な女で、今まで体験したことないような過激なセックスを俺に教えてくれた。

 

野外露出でセックス、女二人と俺のの3P、デパートの女性用トイレでフェラチオ、SMプレイ、そして先日は、カップル喫茶に行って物凄い乱交セックスを初めて体験してきた。

 

さすがに、最初から乱交なんてするつもりなかったんだけど、その場の空気に流されて、気がつくと数名で乱交セックスになっていた。

 

AVじゃあるまいし、3Pだって普通の人間は経験できないはずだと思うけど、乱交はとてつもなく刺激的だった。

 

なんかAVの世界に自分が男優として紛れ込んだような、夢を見ているような不思議な感じだった。

 

ただ興奮と快楽だけが俺を支配していて、何人の女と何回セックスしたのかも分からないぐらい、とにかく我を忘れて本能のままにセックスしまくっていた。

 

その日は美幸と二人でカップル喫茶に行った。

 

実は美幸はその店の常連で、顔パスで出迎えられ、なんと連れである俺も、お金を払わなくてよかった。

 

美幸はいかなるお客にもいやらしい体を差し出して、どんな変態チックなプレイでも快諾してくれるため、美幸目当てでこの店にやってくる客も多いとのこと。

 

実際、美幸の集客効果は凄くて、俺達が店に来た時には一組しかカップルがいなかったにもかかわらず、いつの間にか次々と客が集まってきた。

 

後で聞いた話だが店長が、

 

「美幸さんが来ている」

 

と常連客に知らせたみたい。

 

ここはカップル喫茶なので男女同伴でしか入れない。なのでみんなカップルで来店してくるんだが、どのカップルも男の方が興奮しており、女は多少、引き気味だ。

 

そりゃ、自分の男が美幸のセックスに熱中してチンポをビンビンに勃起させてりゃ、女もむしゃくしゃするよね。

 

美幸はすでにスッポンポンになっていて、他の客に見られて集中できていない俺の半立ちんぽを、見せ付けるようにいやらしくフェラチオしていた。

 

「あの・・・美幸さんに触らせていただいてもいいですか?」

 

いきなり若い男が、美幸の同伴者の俺に、許可を求めてきた。

 

俺はカップル喫茶に初めて来たんで、戸惑いながらも美幸に、

 

「美幸ちゃん、いいの?」

 

俺のちんぽをフェラチオし続けている美幸に聞くと、こくりと頷いたので、仕方なく了承した。

 

本当は他の男に美幸の体を触られるとか嫌だった。

 

しかしここはカップル喫茶だし、淫乱な美幸がこのような状況で、俺と二人きりのセックスで満足するはずがない。

 

若い男は嬉しそうにして俺に頭を下げ、早速美幸のオマンコを舐め始めた。

 

それを見ていた他の男達が次々と、美幸の体へ触れる許可を俺に求めてくる。

 

美幸はどんな男でも受け入れていたので、たくさんの男達が美幸のところに集まってきて、どえらいことになっていた。

 

男達に体中を触られ、揉まれ、愛撫され、舐めまわされている美幸は、引き続き俺のちんぽをフェラチオしている。

 

俺はそんなシチュエーションに妙に興奮し、早くも射精感が高まってきて、美幸の口の中にザーメンを発射してしまった。

 

美幸は俺のちんぽを口から引き抜くと、口を開けて俺が出した精液を男たちにひと通り見せつけた後、ごっくんしてザーメンを飲み干した。

 

さらに俺のちんぽを咥えて丁寧なお掃除フェラをし終わると、男達は美幸を連れ去っていってしまった。

この体験談の続きを読む

乱交でオマンコもアナルも犯されて喜ぶ私は変態プレイの病み付きに

乱交
画像はイメージです

 

耐久セックス?

 

私は東京に住む32歳の主婦です。

 

主人は仕事柄、出張が多くて留守がちで、子供はいません。退屈しのぎに出会い系なんかで知り合った男性とセックスしまくって遊んでいます。

 

それが私の日課で、趣味なのです。

 

3年ほど出会い系サイトで相手を集めて、これまでセックスした男性は120人くらいかな。

 

愛称のいい男性とは長くお付き合いが続きます。いろんな業種の人と出会えるし、性癖もひとりひとり違っているので毎回楽しいんです。

 

最近、私が最も高ぶったセックス体験に関して報告します。

 

大阪在住のサラリーマンで年齢は35歳。月に1、2回、東京に出張でやってきます。

 

そのたびに会ってホテルでセックスしています。

 

彼の趣味というのは、露出プレイとソフトSMで、バイブで責めたり、縄で縛ったり、首輪つけて屋外でセックスしたり、カップル喫茶に行ったりと、そういう特殊なプレイが多いんです。

 

先月は驚いた事に、同僚の男性を2人紹介されました。

 

「悪いけど後輩にバレたんで、一緒に連れてきて良いかな?」

 

と言われて、私も乱交に興味あったのでOKしました。

 

彼らの仕事が終了した後ホテルに行き、4人で耐久セックスをする事になったのです。

 

彼の後輩は32歳と30歳です。なかなか二人とも良い体格をしていて、性欲もスタミナもありそうです。

 

私のオマンコとアナルに、必ず誰かのおちんちんかバイブを挿入し続けて、どれくらい私が持ちこたえられるか?

 

そして男の人達は、何回私に射精できるかという、可能な限りのチャレンジです。

 

ということで耐久セックスなんです。

 

私に限界がきて嫌がっても、男性陣が射精困難になるまでストップしないと言う取り決めにしました。

 

私はこんなの、

 

(メチャクチャだな~)

 

と思う一方で、この男性人が一体どれだけ射精できるのか楽しみでもありました。

この体験談の続きを読む

女子大生の露天風呂を覗いてるのがバレた中学生の僕はチンコを弄られ…

女子大生
画像はイメージです

 

露天風呂覗きがバレて謝罪するハメに・・・

 

僕は東北の田舎育ちで、あれは中学2年生の時でした。

 

僕の育った田舎にはスキー場や旅館があり、冬のシーズンでは観光客で混雑するような、そんな地域でした。

 

冬になったら、旅館やホテルに若い人を中心に沢山の人が泊まりに来ていました。

 

旅館には当然露天風呂がありますので、土地勘のある僕と友達数人とで、時々露天風呂に覗きに行っていました。

 

寒い中、あの日も友達4人とこっそり忍び込み、死角になったいつもの覗きポイントへ行きました。

 

おばちゃんばかりの時も多く、当たり外れがありますが、その日は大当たりでした。

 

なんと女子大生と思われるグループが入浴中のラッキーな時間帯でした。

 

しかも入浴しているのは4人の女子大生だけという状況で、その女子大生達はお互いのおっぱいを揉み合ったり、オマンコに手を滑り込ませたりして悪ふざけで遊んでいました。

 

その眺めはとてもエロく見え、中2男子には刺激が強く堪りませんでした。

 

しかし幸福な時間も束の間で、普段から度々覗いていたため、目を付けられていた旅館のオヤジに見つかってしまいました。

 

「こらー!」

 

という怒鳴り声が聞こえたその瞬間、皆大慌てで一目散に逃げました。

 

もちろん僕も逃げましたが、足の遅い僕は1人だけ捕まってしまいました。

 

散々説教されて、

 

「お客様のところに一緒に謝りに行くぞ!」

 

と、覗いていた女子大生の部屋まで、旅館のオヤジに引き連れられて行きました。部屋をノックすると、

 

「はーい」

 

と若い女性の声がしました。もう恥ずかしさと緊張で逃げ出したい気分でした。

 

しかし、手遅れです。無情にもドアとふすまは開けられ、オヤジが、

 

「夜分に大変失礼致します。こいつが先ほど覗いていた犯人です」

 

と僕の頭を抑えながら言いました。僕は、

 

「の、覗いてしまいました。ごめんなさい!」

 

と、何度も頭を下げて謝りました。

 

しかし女子大生の4人はケラケラ笑って、

 

「謝って済む問題じゃないわね。どうしようかな?」

 

と協議し始めました。旅館のオヤジは

 

「まだ子供ですし、きつく叱って本人もこうやって反省してますので・・・」

 

と一緒に頭を下げてくれました。女子大生達は、

 

「せっかく旅行にきて警察沙汰にするのもなんだし、全員にみっちりとマッサージする事で許してあげようかな」

 

と言いました。僕は、

 

「はい!何でもやります」

 

と答えました。旅館のオヤジも、

 

「親御さんには内緒にしてやるから、十分に謝罪していきなさい」

 

と言い、僕を残して部屋を出て行きました。

 

僕はオロオロしてどうしていいか分からず、顔を上げられなくてうつむいていました。

女子大生の1人が、

 

「どうしたの?こっちに来なさい」

 

と僕を呼びつけました。近づいて正座し、うつむいていました。

 

すると、女子大生4人が一斉に大爆笑です。

 

「ケラケラ、キャハハ」

 

と大笑いしだして・・・僕は何が何やら分からず戸惑いました。

 

すると女子大生の1人が、

 

「キミ、中学生?」

 

と聞いてきたのです。

 

「はい、中学2年です」

 

「いつも女湯を覗いてるの?」

 

「いつもじゃないです。たまに・・・」

 

「僕達の裸見たんでしょ?興奮した?」

 

「!!!」

 

「怒ってるんじゃないわよ、安心して。女の裸は興奮した?どう?」

 

「こ、興奮しました。綺麗だし凄くエッチでした。」

 

と正直に答えました。

 

他にもいろいろ聞かれましたが、観念していたので正直に答えていました。

この体験談の続きを読む

小学5年から中出しされていた中一女子の生理が始まったからNGのはずが・・・

女子中学生セックス
画像はイメージです

 

中学1年生の女子がフェラチオでごっくん

 

俺の女子中学生とのセックスは高校3年の時で、地域祭りの時にナンパした中1の亜紀とだ。

 

友達と3人でナンパしたら、女たちも3人だったんで3対3だった。

 

亜紀は身長は小柄で、女子3人の中では一番幼く見える。

 

他の2人はJCにしては派手な服装だったが、亜紀は普通の格好だった。

 

亜紀はそれでも可愛く、服装も普通のノースリーブのワンピースなんで、真面目な子だと当初は思ってた。

 

みんな2人きりでカップルになってそれぞれ別行動になったんで、俺は亜紀を連れて人気のないような近くのビルの非常階段に行った。

 

その当時俺は高校生で、亜紀はJCだからラブホテル代なんて持ってない。

 

だからビルの非常階段だったんだ。

 

そのビルは5階建てで、非常階段は暗いといえば暗いが、、街灯の明かり等が多少は入ってきてるので見えないということはない。

 

非常階段を4階まで上がって、階段に腰掛けて亜紀の肩を抱きながら話してたらおのずとキスへ。

 

次第にディープキスとなり、亜紀は慣れてるのか積極的に舌を絡ませてきた。

 

キスしながら、手探りで亜紀の服を脱がせようとしたら、

 

「いや!誰か来るかも!」

 

と言って、亜紀は自分でワンピースの前ボタンを外した。

 

俺はそこから手を潜り込ませ、亜紀の胸を触るとなんとノーブラだった。

 

まだ中一女子なんでおっぱいは小ぶりだが、乳首はコリコリに硬くなっていた。

 

JC、しかも中一の子とセックスできると思うだけで、俺のチンポは痛いほどビンビンに勃起していた。

 

ベルトを外し、ジーンズとトランクスを下ろしてビンビンに勃起したチンポを取り出したら、亜紀は躊躇することなく美味しそうにフェラチオを始めた。

 

チュパッ、チュパッ!ジュブ、ジュル、ジュボッ!

 

ツバを垂らして唾液を絡めながら、時折亀頭を撫で回しながらの手コキと金玉舐め。

 

悶絶するほど結構激しいフェラチオ。

 

中学1年のくせに亜紀はかなりのヤリマンだと思ったね。

 

俺は亜紀の激しいフェラですぐにイキそうなった。

 

「うあぁ、もう出そう!出るよ!」

 

「うん、口に出していいよ、お口で受け止めるから」

 

と言って亜紀はさらに激しくジュポジュポとフェラチオ攻撃。

 

「フェラで出すより、亜紀のマンコに入れたい」

 

と言ったら亜紀は、

 

「だってコンドーム持ってないでしょ?1回出しとけば余裕できて中出ししないでしょ?」

 

つまり亜紀は、フェラチオで俺を1回射精させようとしている。

 

結局のところ、激しいフェラ攻撃で亜紀の口の中にドクドクと大量に射精してしまった。

 

たっぷり射精したもんだから、亜紀の口からは精液が漏れていたけど、口の中に残ったザーメンは飲んでくれた。

 

「ビックリした!あんないっぱい出るんだもん。もし間違って中出しされてたら、1発で妊娠しちゃうとこだったよ」

 

俺からすればゴックンしてくれた事に感激だったが、亜紀はこの2ヶ月位前から生理が始まったそうで、中出しはNGとの事だった。残念。

この体験談の続きを読む

初めての射精の瞬間を目撃!おしっこと勘違いしていた男子

女子高生 手コキ
画像はイメージです

 

お互いの性器に興味津々

 

私が中学2年生の時に体験したことです。

 

同級生の男子で、大輔くんを初めての射精に導いたのです。

 

大輔くんとは、小学校も同じでした。

 

当時私と大輔くんは、ともに放送部に入っていて、放課後の放送室内で、お昼の給食の時間に校内放送する内容などの準備をしていました。

 

中学2年生といえば、性に興味を持つ思春期の真っ只中です。

 

性についての知識があれこれと入ってくる頃で、今から考えれば大したことない内容でも興味津々で、女友達同士エッチな話で盛り上がることも度々ありました。

 

大輔くんともエッチな話をすることもありました。

 

中学生の異性同士なので過激な内容ではありませんが、新しいエッチな単語を覚えると、

 

「○○って知ってる?」

 

て軽い感じで言ってみたり、その程度です。

 

そんなある時、やっぱり一番興味あるのはお互いの性器だと思うんです。

 

男子は女子のオマンコが見たいと思うでしょうし、私も男子のおちんちんを見たくて、いつしかお互いに見せ合うことになったのです。

 

放送室の隣には小さな部屋があり、鍵をかけてカーテンを引けば、暗くて完全な密室になります。

 

いざ2人で小部屋に入り鍵をかけると凄い緊張でドキドキしてきます。

 

大輔くんも顔を真っ赤にしてモジモジと落ち着かない感じでした。

 

私の方から意を決して机の上に横たわり、ジャージとブルマ、そして恥ずかしい気持ちを抑えて下着も下ろしました。

 

当時私たちの中学では、登下校の時以外はジャージで学校生活を送っていました。

 

大輔くんの目の前に私のオマンコが晒され、ジーッと見ている大輔くんの息づかいが荒くなっていました。

 

(私のオマンコ見て興奮してる)

 

恥ずかしい気持ちが段々と薄れ、見られてるだけで私も興奮してきました。

 

「触ってもいいよ」

 

私がそう言うと大輔くんは指を伸ばし、こわごわオマンコを触ってきました。

 

気持ちいいというよりも、たどたどしく触られるので、くすぐったい感じの方が強かったんですが、じわじわとオマンコが濡れてきたことは覚えています。

 

大輔くんはゆっくり優しく小陰唇など外側を触った後、オマンコの中に指を入れようとしてきました。

 

「いやっ、中はダメっ!」

 

その当時既に私はオナニーをしていましたが、指入れはまだ怖かったんです。

 

自分でも怖くて、オマンコに指や物を入れたことはなかったのです。

 

一通り私のオマンコに触り、満足げな様子を見せつつも、まだ緊張した表情をしている大輔くんです。

 

「今度は私の番だね」

 

私の横に立ってもらい、大輔くんのジャージと短パン、そしてパンツも下ろしました。

 

パンツの前の箇所が濡れ、短パンにもうっすらシミができていました。

 

当時はカウパーなんて言葉は知らなかったですが。

 

決して大きいとは言えないおちんちんだったと思いますが、硬く勃起し、ピンと上を向いている様子がすごく不思議に思えました。

 

亀頭の大体が皮に包まれていて、美しいピンク色の先端部分が見えていました。

 

陰毛も薄っすら生えている程度で、私の方が濃かったと思います。

 

今思い返せば、この時見た大輔くんのおちんちんは、まだまだ成長過程だったのでしょう。

 

「触ってもいいよね?」

 

おちんちんの先からは透明な少し粘り気のある液(カウパー氏腺液)が出ていて、結構濡れていました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト