痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

不良女子高生に逆レイプされる友達を助けた僕も彼女たちに・・・

ヤンキー女子高生 逆レイプ
画像はイメージです

 

友達が不良女子に捕まってブルマーを穿かされていた

 

もう昔のことですが、高校生の頃、僕の学校はかなり荒れていました。

 

不良たちがガラスを割ったり、女子は化粧してきたりパーマをあてたりもしてました。

 

女子でも不良に盾突いたりすると、仲間の上級生が呼び出して、イジメや辱めを受けることもあるみたいでした。

 

正直言って僕もたいしてマジメではなかったので、よく旧体育館の裏や用具室で、授業や掃除をサボったりしてました。

 

3年時のの体育大会の日だったんですが、

 

(だるいな~)

 

とか思いながら僕は用具室にやってきたのですが、すでにそこは不良女子たちに占領されていました。

 

(クソッ)

 

と思いながらバレないように運動場へ戻ろうとした時、僕に女子2人が気づいて、

 

「ちょっと待ちなよ先輩、何か用?」

 

と聞いてきたので、正直にサボって寝ようと思ったことを話すと、

 

「私たちがここに居るのチクられちゃ困るんだよね」

 

とか言って近づいてきました。

 

不良女子らしく、ブルマーがすっぽり隠れるほどのダラーンとした体操服でした。

 

昔は、体育の時は女子はブルマーが当たり前だったんです。

 

(ヤバイ!)

 

と思ってすかさず逃げましたが、男子がいたような気がして気になり、準備室の入り口から用具室の中が覗けるので行ってみました。

 

ガラス越しに、中では先ほどの不良女子を含めて10人ほど居ました。

 

しかし、なんとマットの上では同じクラスの友達Yが仰向けに寝かされ、体操ズボンとパンツを脱がされてチンポを触られていました。

 

先ほどの2人の女子は入り口の監視役をしていることも判明しました。

 

助けに行くのも難しいし少々怖かったため、とりあえず様子を見ていました。

 

Yは抵抗して泣きながら、

 

「ゴメンナサイ。わざとじゃありません」

 

て情けない姿で謝っていましたが、女子たちは

 

「今さら遅せーんだよ。お前、ミサト先輩のジャージをみんなの前で下ろしたろ。わざとに決まってるだろーが!」

 

と言うと、囲んでいた女子たちが代わる代わるYのチンポをシゴき始め、ムクムクと勃起するとキャッキャッと楽しそうにしている子もいて、次第にエスカレートしていきました。

 

僕はその様子に興奮して見入っていましたが、そのうちジャージを下ろされたというミサト先輩(別のクラスの女子)が、

 

「私もブルマー見られたんだから、お前にも恥ずかしい思いさせてやるよ」

 

と言うと、なにやら袋を取り出して、中から紺色の布切れみたいなものを取り出しました。

 

それは3年生女子の学年カラーのラインが入ったブルマーであることが、僕の目から見てもハッキリと分かりました。

 

Yはさらに抵抗していましたが、女子といえど大人数に押さえつけられているのでどうにもならず、足をバタバタさせながらも徐々に両足にブルマを通されていき、完全に3年生女子と同じ姿にされてしまいました。

この体験談の続きを読む

【カリデカちんぽ】雷が怖くて抱きついた勢いでセックスしちゃいました

対面座位
画像はイメージです

 

雷が怖くて抱きついたら着替え中でした

 

私は都内の女子大に通っています。

 

この前、アルバイト先の人とエッチしちゃった体験談を書きます。

 

相手は3つ年上の男性で、お兄ちゃんの様に慕っていて、てっちゃんといいます。

 

てっちゃんとは普段からすごく仲良しで、一緒に帰ったり飲みに行ったりもしています。

 

てっちゃんには同棲してる彼女がいて、私にも彼氏がいるんだけど、そんなの気にせず本当の兄弟みたいに、いつも気さくな感じです。

 

その日もバイト上がりの時間が同じで、終わってからしばらく休憩室でテレビを見てて、他の人は全員帰りました。

 

「俺たちもそろそろ帰ろうか」

 

って言ってそれぞれ更衣室へ行きました。

 

更衣室で着替えてたら、ピカッ・・・ゴロゴロ、ドッカーン!

 

突然大きな音で雷が鳴ったんです。

 

雷が大っ嫌いな私は悲鳴をあげました。

 

てっちゃんが私の悲鳴に心配して、隣から飛んで来てくれて、怖かった私は泣きながら抱きつきました。

 

「メグは怖がりだなー」

 

って泣いて震える私を抱きしめて、髪を撫でてくれたんです。

 

そして近くにあったジャケットをかけてくれて、てっちゃんが戻ろうとしたけど、また雷が鳴ったんで怖くてさらにしがみついたんです。

 

「もうちょっとだけいて」

 

て言うとてっちゃんは、

 

「いや、無理だよ」

 

そう言って離れようとします。

 

「やだ、怖いよ」

 

「いや、マジでやばいって」

 

「いやだぁー」

 

「無理だって」

 

「いいのー」

 

「よくねぇよ!」

 

そう言っててっちゃんは無理やり離れたんです。

 

「何でー?」

 

「メグ、そのかっこ・・・」

 

気付いたら私は下着だけ、てっちゃんもパンツにTシャツだけだったんです。

 

「ごめん!」

 

ようやく我に返り、恥ずかしくて真っ赤になりました。

 

「あー、もー無理」

 

今度はてっちゃんに抱きしめられたの。

 

「ちょ、ちょっと!!」

 

「俺、ちんぽ勃っちゃった」

 

「いやだー」

 

「メグのせいだぞ」

 

「そんなこと言われても・・・」

 

(離れなきゃ!)

 

と思った瞬間キスされたんです。

 

「!!」

 

前に酔ってキスしたことがあるんだけど、てっちゃんはキスが上手かったの。

 

舌も入れられて、ピチャピチャという音が響いていました。

 

「んんっ、ふぅ・・・」

 

声が漏れます。

 

頭がボーッとしててっちゃんの首に手を回します。

 

慣れた手つきでブラジャーを外され、唇が離れます。

 

「すげー、きれー」

 

てっちゃんはそう言うとおっぱいにしゃぶりついてきて、そのまま畳に押し倒されちゃいました。

この体験談の続きを読む

女子大生の痴女家庭教師が中出しを迫ってきても絶対に断る理由とは

四つんばい手コキ
画像はイメージです

 

エロい女子大生家庭教師がやってきた

 

中学1年の時の話です。

 

うちは医者家系なので、絶対に難関私立高校へ行かなければいけないと親からすり込まれており、親父が僕に家庭教師をつけると話してきました。

 

しかも女子大生だというのです。

 

当時の僕はオナニーを覚えたばかりだったので、女性にはめちゃくちゃ興味ありましたが、クラスの女子とろくに話す事もできない内気な少年でした。

 

女子大生の家庭教師と聞いて少しは期待もありましたが、

 

(嫌だな)

 

という思いの方が強かったです。

 

そして女子大生の家庭教師が我が家にやってきました。

 

某・国立大学生でした。

 

僕は彼女の服装を見て驚きました。

 

彼女は身体に張り付いたようなワンピースを着ていました。

 

スタイルもよくて胸も大きく、しかもうっすらと乳首のポッチも確認できます。

 

エロすぎます。

 

僕の部屋に入って二人きりになると、彼女はニヤニヤしています。

 

とても勉強を教わる雰囲気ではありません。

 

僕は彼女をまともに見る事ができなくてオロオロしていると、

 

「あら、どうしたのかしら?」

 

と言って彼女は僕の身体に触ってきました。

 

女性に触れられたこともない僕はびっくりしました。

 

そして思わず、

 

「やめて!」

 

と言って手を払いのけました。

 

すると彼女は、

 

「そんなこと言わないの、いろいろ教えてあげるんだから」

 

と僕に近寄り、身体を密着させてきました。

 

香水の匂いがぷんぷんし、胸が当たって柔らかい感触が伝わってきます。

 

僕は真っ赤になり混乱して、どうしていいか分からなくなりました。

 

「怖がらないでね。あなたのお父さんから頼まれたことなのよ」

 

どういうことか分からないで困惑していると、彼女は僕をベッドに押し倒しました。

 

そしてあっという間にズボンを脱がされ、チンコをポロンと出されてしまいました。

この体験談の続きを読む

再婚した妻の連れ子がビッチなヤリマンで俺の巨根を締め付けてくる

ビッチ ヤリマン 女子高生
画像はイメージです

 

中学生の妻の連れ子にセックスを覗かれていた

 

俺は離婚経験のあるバツイチ野郎。

 

40歳の時に今の妻と出会い、再婚してちょうど1年経った。

 

妻も俺と同じバツイチの再婚で43歳。

 

俺は、前妻とは妻の浮気が原因で別れたんだ。

 

新しい妻は主人を交通事故で亡くして未亡人になり、そのショックから中々立ち直れない彼女に、色々と相談に乗ってあげているうちに、いつの間にか深い関係になっていた。

 

弱っている女は口説きやすいというが、ここまでには2年ほどかかっている。

 

俺は16歳の高校生の息子を引き取っていて、新妻には14歳の中学生の娘がいる。

 

以前住んでいたアパートから引っ越して、今は賃貸マンションに住んでいる。

 

3LDKで、夫婦用の寝室、息子、娘と子供には別々の部屋を与えている。

 

奥さんは小柄で156cm、Aカップの貧乳。

 

それなのに義理の娘は165cmで、中学生にもかかわらずDカップもある。

 

夫婦間のセックスにも励んでいて、この一年は週一ペースで楽しんでいる。

 

奥さんはイク時、必ず大声を上げて俺にしがみ付いてくる。

 

一年経ってもその姿が可愛く思え、まだまだセックスレスにはならないだろう。

 

俺はサービス業で土日が休みではなく、火曜と金曜が休日で、妻は土日祝日が休み。

 

子供が夏休みに入った最初の火曜日。

 

暑くて汗をかいたので昼からゆっくりとお風呂に入っていた。

 

そこに突如、14歳の妻の連れ子の娘が入ってきた。

 

もちろん全裸で。

 

今は娘になったとはいえ、血が繋がっていない義理の娘。

 

めちゃくちゃ驚いたが、張りのある突き出た巨乳に目が行ってしまった。

 

なんとか冷静になって、

 

「今お父さんが入ってるから駄目だよ。俺達はもう親子なんだから」

 

「だってママと毎週一回はエッチしてるじゃん。凄い声がするから知ってるんだよ。この間覗いた時なんか、ママがお父さんの上に乗って腰振ってヨガってるんだもの。もう堪らなくなっちゃって。私、部屋に戻ってオナニーしたんだよ。ずるいよ、私にもしてよ」

 

そう言って娘は抱きついて付いてきた。

 

年頃の連れ子に嫌われていないのは嬉しいが、いきなり裸で抱きつかれてはドギマギしてしまう。

 

娘の巨乳がムニュと俺の胸に押し付けられ、思わずチンポがムクムクと角度を上げていき、お腹に付きそうになっていた。

 

自慢だが俺のチンポは巨根でカリが発達しており、昔から女泣かせなのだ。

この体験談の続きを読む

【若いペニス】主人とは比較にならないほどの快感に恥じらいも忘れて

奥さん 家庭教師
画像はイメージです

 

娘の家庭教師がお風呂場で私のショーツを

 

中学3年になった娘の高校受験のために、主人が知り合いの大学生を家庭教師として連れてきました。

 

難関私立大学2年のE君は、スリムで背が高く、シュッとした顔立ちの優しそうな好青年という印象でした。

 

主人の実家の友達の息子さんで、私達の家から3駅先の駅近くのアパートで、一人暮らしをしているという学生さんです。

 

娘は学校での成績は比較的良いほうで、高校受験のために予備校にも通わせていましたので、娘自身もあまり乗り気ではありませんでした。

 

しかし、父親らしいことをしたいのか、友達に良い顔をしたいという主人が、自己満足から有無を言わさずに決めてしまいました。

 

娘には既に、好きな同級生がいるみたいですし、E君に対しては親戚のお兄さんという感じで接していました。

 

いい大学の学生さんだけあって教え方は上手なようですし、娘は1年間我慢すれば良いことと割り切っているみたいでした。

 

私は正直、若い男性が来てくれることで、多少ウキウキしていたのは確かです。

 

最初のころは大人しかったE君も、夏が始まる頃には、我が家にすっかり馴染んでくれていました。

 

主人からは、当初強引気味に、

 

「特に用事が無くても、食事をしに来ていいんだよ」

 

とE君に勧めていたので、週2日の家庭教師の日以外にも、E君は大学の帰りとかに家に寄って夕食を済ませて帰るようなこともありました。

 

主人は最初は喜んでいたのですが、年齢差もありますので、会話が段々少なくなり、むしろ居心地が悪くなっていったみたいです。

 

E君への対応は私に押しつけるようになり、帰りが以前よりも遅くなることも多く、深夜や早朝に酔って帰宅することも度々ありました。

 

大学が夏休みに入っても、お盆の時期に数日帰省すれば良いからと、娘の家庭教師のためにE君はせっせと我が家に来てくれました。

 

そして7月末のことです。

 

数日間、娘と主人は実家のある田舎に出かけて行きました。

 

私は、パートで友人のお店を手伝っており、忙しくてどうしても休みが取れず、我が家に私ひとり留守番状することになったのです。

 

夕方帰宅すると小雨が降り出し、次第に土砂降りになっていきました。

 

すると玄関のチャイムが鳴り、ドアをあけるとずぶ濡れのE君が立っていました。

 

なんと娘が田舎へ行くことを伝えていなかったみたいで、E君は知らずにいつものように来てくれたのです。

 

ずぶ濡れで来てくれたのに申し訳ないとお詫びをし、

 

「せめてお風呂と食事だけはしていってね」

 

と勧めました。

 

食事はこれまでに何度もご馳走していましたが、E君に浴室を使わせるのは娘もいることですし、これまではなかったのです。

 

浴室に案内し、頃合いを見て主人の服を着替えにと持っていき、脱衣所のドアを開けました。

 

するとそこに、既に浴室に入っているものと思っていたE君が、全裸でしかも布のようなものを持って立っていたのです。

 

お互いが驚いた表情で、一瞬固まってしまいました。

 

「キャー!ゴメンナサイ!」

 

私は急いで扉を閉め、ドア越しに、

 

「本当にごめんなさい!」

 

と謝りました。

 

そしてお風呂場を離れようとしたときに冷静になると、ハッと気付いたのです。

 

E君が両手で持っていたのは、私が帰宅した際に着替えた時に脱いだショーツでした。

 

(私の脱いだばかりのショーツを持って彼は何を・・・)

 

そう思うと一気に恥ずかしさがこみ上げてきました。

 

しかもスリムな身体の下半身には、主人のそれよりも明らかに立派で、そそり立つように勃起していた張りのある若いペニスを確認し、しっかり目に焼きつけました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト