痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

混浴の露天風呂で逆ナンパしてワニ族に見られながら放尿に濃厚セックス

混浴露天風呂 ワニ族
画像はイメージです

 

混浴露天風呂で男性に声を掛けました

 

私は結婚していますが一人旅が好きで、年に10回ぐらいは旅行に出かけています。

 

特に温泉が好きで、寂れた温泉街とか、秘湯とかに行くのが好きです。

 

旦那はインドアの人間なので、一緒に出かけることは殆どありません。

 

混浴風呂があったら絶対に入ります。

 

ちなみに「ワニ族」ってご存知ですか?

 

私みたいな混浴の露天風呂に入ってくる女性をひたすら待って、入ってくると、ただただじっと見ているような男性のことです。

 

基本的に見ているだけなので、危害があるわけではありません。

 

AVなんかではワニたちに囲まれて犯されて・・・なんてのもあるみたいですが。

 

私はまあそんなワニ族の男性なんか気にしないで、私好みの男性がいたら自分から声を掛けて逆ナンしちゃいます。

 

年に2~3人くらいに会えればいい方でしょうか。

 

その日はそんなワニ族もいましたが、私はワニ族には目もくれず、わりとカッコ良い男性がいたので、隣に行って話かけちゃいました。

 

たいていの男性は、混浴露天風呂で女性から声を掛けられることなんかまずないので、びっくりします。

 

ドギマギして目も反らしちゃうんだけど、こっちから話し掛けて逃げる男性はいません。

 

とりあえずは会話に付き合ってくれます。

 

しばらく話をして、

 

「のぼせちゃったかな?」

 

とか言いながら立ち上がり、自慢のFカップのおっぱいとクビレを見せつけちゃいました。

 

目の前で女体を見せつけられた男性は、すでに興奮しているのもあって大抵の場合、

 

「この時間は、誰も来ないから」

 

って言うと、鼻息を荒くして私の体に手を伸ばしてきます。

 

私もそれが狙いです。

この体験談の続きを読む

【初射精】小学5年でオナニーしていた女子にフェラチオされて大量の精液が!

初射精
画像はイメージです

 

洗いっこしようよ

 

僕が小学5年生の時の話です。

 

ある日の放課後のことでした。

 

「ねえ、うち寄ってく?」

 

一緒に帰り道を歩いていた由紀(仮名)が言いました。

 

由紀は同級生の女の子でした。

 

近所に住んでいた同級生は彼女だけで、いつも二人で下校していました。

 

お互いの家にもしょっちゅう遊びに行きました。

 

その日は同級生たちと遊んだ後でしたが、まだ門限まで時間があったので、由紀の家にお邪魔することにしました。

 

由紀の家の玄関に入るといつも芳香剤の香りが漂っています。

 

よく見ると、

 

(今日は靴が少ないな)

 

と思いました。

 

由紀はそれに気づき、

 

「今日は夜までみんな留守なの」

 

と教えてくれました。

 

僕は、

 

「ふうん」

 

と頷きました。

 

学校のグラウンドで同級生たちと走り回ってきた後だったので、先にシャワーを浴びることになりました。

 

由紀がバスタオルを用意してくれると言うので、僕は先に浴室を借りました。

 

するとシャワーを浴び始めたところで、いきなり由紀が浴室に入ってきました。

 

僕は心臓が止まる思いでした。

 

「一緒に入ろ~」

 

由紀は呑気な声を上げました。

 

僕は同級生の女の子の全裸を前に、頭が完全に凍りついてしまいました。

 

まず目に飛び込んだのがおっぱいです。

 

控えめに言ってもBカップはあったと思います。

 

小学5年生でBカップはかなり大きいと思います。

 

今思うと、由紀はかなり早熟な女の子でした。

 

由紀はすでにおっぱいが大きくて、男子の間では「デカパイ」と密かに言われていました。

 

そう言う僕も、由紀が走ったり跳ねたりしている時、プルプル揺れるおっぱいを目にして、

 

(すごいなぁ)

 

と思っていました。

 

もちろんまだ5年生なので、それほどエッチな気持ちで見ていたわけではありません。

 

目の前で見るおっぱいは、乳首がつんと立った、とても綺麗なお椀形でした。

 

見るだけで張りと艶に満ちているのが分かりました。

 

しかも股間には黒々とした陰毛がすでに生い茂っていました。

 

とても小学5年生には見えない体つきでした。

 

僕はしばらくの間固まっていました。

 

由紀はそんな僕などお構いなしに、

 

「ねぇ、洗いっこしようよ、じゃんけんで負けた方から洗う番ね」

 

と提案してきました。

この体験談の続きを読む

出会い系で知り合った彼の指責めとおちんちんが素晴らしかったのでセフレに

指マン
画像はイメージです

 

私をイカせるのにはコツがあります

 

私は25歳のOLです。

 

某出会い系で、写メ必須の条件でセフレ募集したところ、話も早く顔もまあまあだったので、取り敢えず会う約束をしました。

 

そしたら高速を逆方向に走ったとかで一時間遅刻してきました

 

でも謝ってる時の笑顔が可愛かったので許すことにしました。

 

彼の車に乗り込み、談笑しつつも遅刻をチクチク責めつつホテルへ直行です。

 

彼は30歳で年上だけど、素直でドシなところにキュンキュンしつつ、ホテルに到着した所で今更ながらOKか確認です。

 

一応OKだったらしいけど彼は、

 

「最近の若い子はどうなってんのかと思った」

 

とのことです。

 

若い子扱いしてくれるとは、中々嬉しいじゃないの。

 

それぞれシャワーを浴びてベッドで横になって談笑していると、彼はスイッチが入ったみたいで、おもむろにバスローブの上からソフトタッチしてきました。

 

首から胸へと手を這わせてきます。

 

少しずつバスローブの中へ進入してくる手の感触がもどかしくて気持ちいいです。

 

彼は触り方がすごくソフトな上に、オマンコを触るかと思ったら焦らして太ももを撫でたり、乳首を舐めるかと思いきや脇に行ったりでゾクゾクします。

 

ようやくクンニしてもらえる頃には、もうオマンコはトロトロでハァハァ状態です。

 

ピチャピチャと舐め回されたり、尖らせた舌でクリトリスをツンツンされたりして気持ちよすぎです。

 

おまけに指に丸みがあって太いので、クンニされながらオマンコに指を挿入されると、もう人間じゃなくて触手か何かに犯されてるような感覚です。

 

ヌポヌポニュルニュルって感じでスゴいんです。

 

指も2本、3本と入れられて激しく出し入れされたりしたんですが、激しい快楽というよりは、まったりと心地よい快楽です。

 

延々と責められて

 

「アンアン」

 

と喘いでいると、無言で責めてくれてた彼が突然、

 

「おかしいな、なかなかイかないね」

 

と急にテンションダダ下がりです。

 

(あら、止めちゃうの?そうよねイかないもんね)

 

ちょっぴり残念です。

 

彼も不本意らしく、首を傾げて残念そうな様子です。

 

自分がイクより、相手をイカせたい派らしいです。

 

いい人じゃないの。

 

(私をイカせるのにはコツがありましてね)

 

と思いつつも言いません。

 

頑張る彼を見たいんです。

この体験談の続きを読む

いじめっ子がブスデカ女に逆レイプされてデカチンの僕はギャルたちと中出しセックス

ブスデカ女
画像はイメージです

 

ブスデカ女に逆レイプされる?

 

僕は小学校の頃からいじめられっ子でした。

 

その理由は、僕のチンコがデカくて気持ち悪いと言われていたからです。

 

中学2年の夏休みに入る前に、僕をよくいじめていたKに捕まりつかまり、近所にあるラブホテルだった廃屋に連れて行かれました。

 

するとそこには5人の女性がいました。

 

みんな女子高生みたいで、美人でスタイルのいい黒ギャルが2人と白ギャルが2人。

 

そして異様に体のデカい、リーダーらしいブスデカ女です。

 

「こいつが例のデカチン君かい?」

 

ブスデカ女が聞くとKは頷きました。

 

「とりあえずチンポ見せてみな」

 

すると黒ギャル2人が、僕のズボンとパンツを下ろしました。

 

ポロンと僕のチンコが登場すると黒ギャルは、

 

「おーっ!」

 

と歓声をあげ、白ギャルはただ驚いていました。

 

ブスデカ女は僕のチンコを見て、

 

「ほんとデカチンだねぇ、これなら満足できそうだよ、坊や、いい子にしてたら気持ちよくしてあげるよ」

 

と言われ僕は、

 

「それよりもKの知り合いなら、僕をいじめるのを止めさせてくれ」

 

と言うと、ブスデカ女はKを見ました。

 

Kは一瞬ビビった顔をしていました。

 

そりゃ、こんなブスデカ女に睨まれたら誰でもビビるでしょう。

 

でも、ブスデカ女は案外いい人みたいで、

 

「弱いものいじめは感心しないな、もうこいつをいじめるのはやめな、その代わりこのデカチン君を紹介してくれた礼を含めてたっぷりとサービスして可愛がってやるから」

 

ブスデカ女がそう言うと、Kは思いっきり頷き、

 

「じゃあ、ユリとやれせてくれるんだな」

 

と聞きました。

 

ブスデカ女は、

 

「ああ、もちろん」

 

と頷きました。

 

どうやらKは、ブスデカ女にデカチンの僕を紹介する報酬として、ユリというギャルとセックスをさせてもらう約束をしていたようです。

 

そしてブスデカ女が動き出しました。

 

「さて、ほんじゃ可愛がってやるか」

 

いい人だとは思いますが、いくらなんでもこんなブスデカ女とはセックスをしたくありません。

 

しかも僕はまだ童貞でした。

 

でも、この状況では逃げられません。

 

覚悟を決めてじっとしていると、なんとブスデカ女はKの腕を掴んで部屋を出て行こうとしています。

 

Kは驚いて、

 

「なんだよ、放せよ、ユリとやらせる約束だろ」

 

Kは抵抗しましたが、ブスデカ女は少し顔を赤らめて、

 

「ユリはあたしだよ」

 

僕もKもびっくりしました。

この体験談の続きを読む

イケメン中学生とセックスして子供を妊娠!娘たちにバレて奇妙な四角関係に

四角関係
画像はイメージです

 

イケメン中学生との出会い

 

私は43才の人妻で専業主婦をしています。

 

子供は高校1年生の長女と中学3年生の次女と1歳になる三女と生まれたばかりの四女がいます。

 

次女と三女の間が開いているのには理由があります。

 

今から2年前の事、次女が中学生になって手が離れる歳ようになり、自由な時間が増えたので近所のテニススクールに通い始めました。

 

私の主人は会社を経営していて軌道に乗っていますので、家計を気にする事無く、セレブ生活を満喫していました。

 

テニススクールで仲良くなった芳子さんの家に、時々スクールが終わった後遊びにいく事が多くなりました。

 

芳子さんには当時中学1年の息子さんで大貴君がいますが、たまに彼と顔を合わせるようになりました。

 

女の子みたいに可愛くて、

 

(大貴君もてるだろうなぁ~)

 

となんて思っていました。

 

ある日、月に2回ほど通っているエステに行った時です。

 

エステが終わり、喫茶店でお茶をしていたら、

 

「こんにちわ」

 

と声をかけられたので顔をあげると、なんと大貴君でした。

 

「あら!どうしたの?」

 

「僕、この近くの中学に通ってるんですよ」

 

今は下校中と言って私の前に座りました。

 

2人きりで会うのは初めてで、間近で見る大貴君は幼さが残りますが本当にイケメンで、私はドキドキしていました。

 

他愛のない会話をし、そろそろ帰る時間になって大貴君に、

 

「この近くに美味しいお店があるんですけど今度行かない?」

 

と誘いました。

 

大貴君は、

 

「うん」

 

と言い、それなら、

 

「連絡先を教えて」

 

と言ってメールアドレスを交換しました。

 

私から次の日にメールを送り、

 

「今度の休みにランチはどう?」

 

と誘いました。

 

(こんなおばさんの誘いに乗ってくれるかしら?)

 

と不安でしたが、大貴君は

 

「休みはとくに用事がない」

 

との事で会う約束をしました。

 

もちろん芳子さんには内緒です。

 

でも、母親といってもいい年齢の女性から誘われるとは思っていなかったでしょう。

 

この歳になると、男性を誘っても中々うまくいきません。

 

私としては、イケメンの男の子に出会える機会なんて滅多にないので、何とかものにしたいのです。

 

約束の日まで、私の頭は大貴君のことでいっぱいでした。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト