タグ:騎乗位の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:騎乗位

奥手だった元カノがパイパンでドエロな痴女に豹変!

潮吹き
画像はイメージです

 

久々の再会で色気が出ていた元カノ

 

俺が大学生の時に付き合ってた元カノの名前は由美です。当時合コンで知り合い、3年の時に交際スタートし、卒業して別れました。

 

この前、その元カノの由美と何年かぶりに偶然表通りで会い、そのままの流れで飲みに行ってセックスしました。

 

付き合ってた当時の由美は、男性経験がほとんどありませんでした。

 

俺もそれほどセックス経験は無かったので、今思えば子供っぽい交際だったと思います。

 

セックスも普通にしてたけど、簡単にお互い舐め合って正常位で挿入して、腰振って終了みたいな感じです。

 

本当はもっといろんな体位とか器具とか試したかったんですけど、大人のオモチャ持って行ったら泣き出した事がありました。

 

「私はそんな下品な事したくない」

 

(どうして下品?)

 

って思いましたが、それ以降本当にノーマルなセックスでした。

 

由美はふわっとした印象で、強いて言うなら清潔感があるような女性でした。

 

身長も155cmぐらいの割と小柄で、でもDカップのなかなかの美乳の持ち主です。外見が少し幼いところがあって、あまり色気は感じませんでした。

 

休日出勤した祝日の日、夕方ごろ仕事が済んで街を歩いていました。

 

ブラブラしてるとこに、後ろから肩を叩かれ、驚いて振り向くと由美だったんです。

 

「やっぱり!久し振りだね!元気?」

 

開口一番元気に声をかけてきた由美だったんですが、その由美を見て俺は愕然としました。

 

以前の面影はあるものの、女の色気で満ちていました。

 

「ええ?お前由美か?ずいぶん変わったなあ!」

 

「そお?変わったぁ?年取っただけじゃない?」

 

22歳で別れてからかれこれ5年ぐらい会っていません。

 

よく俺だと気が付いたなと聞いたら、歩いてる後ろ姿に間違いないと思ったと笑っていました。

 

くたびれているように歩く後ろ姿は昔のままだと言うんです。しかもヘアースタイルも大学当時とあまり変わっていませんしね。

 

「最近はどうしてる?」

 

と聞かれて、歩きながら近況を話していました。彼女はいるけどまだ結婚していないで、仕事もそこそこ忙しいといった話ですね。

 

驚いたのは由美はもう既に結婚していた事です。

 

結婚して1年ちょいだと言っていたのですが、相手はなんと10歳年上だそうです。今27歳だから亭主は37歳?ビックリです。

 

「この後なんか予定ある?」

 

と由美に聞かれ

 

「何も無いよ」

 

と答えると、

 

「じゃ、ご飯奢ってよ!」

 

と強引に腕を絡めて歩かされました。

 

由美が行きたがっていたというイタリアンのお店に入り、少しだけアルコールも飲みながら昔話をしていました。

 

由美の胸元は、寄せて上げるタイプのブラジャーなのか、胸の谷間がキッチリと見えます。

 

「お前って昔そんな胸元の空いた服なんか着なかっただろ?」

 

「そうねえ、まだあの頃って子供だったしね」

 

「今は以前と違って色気ムンムンだぞ」

 

「そりゃ結婚もしたからね!色気ぐらい出さないと」

 

話す内容も外見も相当変わっていました。

 

昔のような恥じらいもなく、色気をかなりアピールしている感じに見えます。

 

スタイルは元々良かったので、ちょっぴりムラムラしてきたのは確かです。

この体験談の続きを読む

私が巨根だと知って誘惑するお隣の巨乳奥さんが実は妻公認でした

巨乳 騎乗位
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがノーブラで誘惑

 

私と妻は高校時代の同級生で、30代前半の時に開催された同窓会で久々に再会して交際、結婚に至りました。

 

現在、結婚3年目で私達は39歳になります。

 

結婚が遅かったのもあり、子供も今のところ出来ず、共稼ぎということも影響して、セックスもそんなに多くありません。

 

でも仲は良いと思っています。ただ最近、少し気になることがあるんです。

それは、お隣の奥さんのことなんです。

 

お隣のご夫婦はご主人が48歳で、奥さんが35歳の年の差夫婦です。お隣も子供に恵まれてないようです。

 

奥さんは専業主婦です。

 

私がお隣の奥さんの何が気にかかるかということなんですが、私が朝出勤するのと、隣の奥さんがゴミ出しに出る時間が、いつも重なるんです。

 

と言うよりはむしろ奥さんが玄関で控えていて、私が家を出るとそれに合わせて奥さんも出来るようなタイミングなのです。

 

ですので、いつもエレベーターで私と奥さんは一緒になります。妻は私よりも先に出勤するので、このことは妻は認識していません。

 

それともうひとつ気になることがあります。

 

それは奥さんの格好です。そりゃあ朝からちゃんとした格好でゴミ出しはしないと思います。

 

しかし、ほぼキャミソールかピッタリめのTシャツで、しかもノーブラなんです。奥さんは巨乳なのでもろに強調されています。これは私に巨乳アピールしているとしか思えません。

 

いや、私が勝手に考えすぎているとも考えられます。

 

しかし、こうも毎回同時にエレベーターに乗ってきて、隣の主人にそんなエロチックな格好を見せ付けてくるでしょうか?

 

しかも私たちは7階に住んでいるので、結構長い時間一緒に乗っています。

 

挨拶程度の会話しかしませんが、私の目線はチラチラ奥さんのエロい巨乳に向いてしまいます。

この体験談の続きを読む

ビッチなJK時代に好きな後輩男子を集団で逆レイプしました

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

可愛い後輩の男の子を部室に呼びました

 

これは私が女子高生の時の話です。

 

私が高校3年生の時の2つ下の1年生に、ある後輩の男子がいました。その男子は同じテニス部の後輩で学校でも人気を集めている、カッコ良い男の子でした。

 

身長はそれほど大きくなく、女の子の様なクリッとした目に長いマツゲ、細い体でもちゃんとした筋肉があり、同級生や先輩たちにもモテていました。

 

可愛いと言われるとカッとなり、カッコイイと言うと喜び、心から実直で愛くるしい後輩でした。

 

しかしながらある日、その後輩、仮に友樹君とします。

 

友樹君を女子の先輩たちで逆レイプしようという話になったのです。

 

もう昔の話ですが、私は援助交際や同級生とも簡単に寝るようなビッチで、周りの女子たちもビッチでした。

 

そして犯す当日がきました。

 

今日の部活は中止という連絡を回し、午前の授業で終了でしたので放課後に友樹君だけを部室に呼びました。

 

友樹君は疑いもなく部活動をする気でありましたが、待機していたのは私達3年生の女子4人。

 

私と仮に知恵と良美と里香とします。

 

「あれ?先輩、今日は部活あるんですよね?」

 

友樹君が不安そうにと荷物をロッカーにしまいながら私たちを見ました。その様子も可愛いくて仕方ありません。

 

「今日はないよ。変わりに秘密の特訓でもしよっか」

 

「本当ですか?是非お願いします!」

 

友樹君はやる気に満ちた目で私達のすぐ側まで来ました。すると知恵が友樹君を突然抱きしめました。

 

「あーんもうー!友樹君可愛いー!」

 

「えっ!ちょっと、何するんですか!恥ずかしいです」

 

友樹君は当然ビックリしていますが、突き放すことも出来ずに困った様子で手足を動かしていました。

 

「ねえ、友樹君って童貞でしょ?私達が教えてあげよっか」

 

「えっ?」

 

友樹君の返事を聞く前に知恵はセーラー服を脱ぎ下着姿になりました。友樹君は目を顔を赤くしてオドオドしていました。

 

「ぼ、僕外に出ましょうか?着替えるんですよね?」

 

そう言って慌ただしく部室を出ようとする友樹君ですが、良美と里香が止めました。

 

「だめよ!今日はお姉さん達が女の身体を友樹君に教えてあげるのよ」

 

2人が友樹君の腕におっぱいを押し付けながら知恵の前まで引っ張っていきました。

 

私は・・・友樹君の事が本当に好きだったので、何もできないでその様子を長椅子に座ってただ見ていました。

 

「友樹君、おっぱい触る?」

 

知恵が大きな胸を下着からポロンと出しました。女子高生でEカップある胸が丸出しになり、友樹君は驚きながらも

 

「はあっ!」

 

と興奮したような声を出し、動きが止まっておっぱいを凝視していました。

 

「ふふっ、触ってもいいんだよ?友樹君だけ特別!」

 

可愛らしい声で知恵がそう言うと、友樹君はゴクリと生唾を飲み込んでおっぱいに手を伸ばしました。

この体験談の続きを読む

デブでブスな女どもに逆レイプされたけど謝礼をくれました

デブス
画像はイメージです

 

デブス3人組に押さえつけられ

 

僕は数日前にラインでやり取りした女性と会うことになりました。

 

事前に写真は見せてくれませんでしたが、セックスOKだったので気にせず待ち合わせの場所に足を運びました。

 

赤い軽が停止していて、その車の中で待っているということでしたので、見つけ次第車に近づきました。

 

「○○さんですか?」

 

「そうです、どうぞ乗って下さい」

 

乗車してみたらマスクをしたちょっぴり太り気味の女性がいました。僕の予測とかなり異なっていましたけど、

 

(セックスできるからいいや)

 

と思ってるとそのまま車が発信しました。

 

誰もいないような山の奥に入ると不釣合いとも思える所にラブホテルが建っていました。その近くに白い軽が停車しいて、自分の乗った赤い軽がその近くに停車したんです。

 

すると白い軽から2人の女性が出てきてこっちの赤い軽に乗り込んできたんです。

 

二人とも、お世辞にも綺麗とはいえない外見で少々デブでした。それを見た後に運転席の女性を見て僕は仰天ししました。

 

マスクをとったその表情は、今しがた乗ってきた二人に負けず劣らずのデブスでした。

 

「きゃー!可愛い!」

 

「君、何歳?」

 

「23?いいじゃん、いいじゃん」

 

一方的に会話を盛り上げながら、赤い軽はラブホテルの駐車場に停車しました。

 

僕は腕を引っ張られるような状況でホテルの部屋に入らされ、いきなりベッドに押し倒されるように横にされると、二人が一気に自分の両手両足を握って仰向けにされました。

 

女性の力とは思えない位の腕力で、赤い軽を運転していた女性が僕の横に座り込んできました。

 

「確か童貞って言ってたよね、じゃああたいらが男にしてあげるから、有りがたく思いなよ」

 

そのようなことを言いながら僕のズボンのベルトを緩めてチャックを下ろしました。

 

抵抗して手足を動かそうとしたんですが、手首と足首を掴んでいる二人がきつく押さえつけてきました。

 

ズボンを脱がされ、上着も引きちぎりそうな勢いで雑に脱がされ、ブリーフ一枚にされました。

 

次にリーダー格の赤い軽の女性は、素早く服を脱いで自分の前で素っ裸になりました。

 

そしてリーダー格の女性が手首を握りつけると、今度は腕を押さえていた女が素っ裸になったのです。

 

その女性が今度は自分の太腿に乗っかると、足を押さえていた女が素っ裸になりました。

僕が抵抗できないように交互に押さえつけながら、全員が全裸になったのです。

 

赤い軽の女性は僕の腕を押さえたまま僕の顔に腰を降ろし、デブスのオマンコを顔に押し付けてきたんです。

 

臭いと圧迫と肉のかたまりで全然見えない状態の下で、何がなされているかは体が体感していました。

 

ブリーフを荒々しく脱がせた女が僕のチンコを咥えているのが分かりました。乳首や腰などにも舌が這うのが分かりました。

 

フェラチオの経験がなかった僕は不覚にも勃起してしまい、難なく射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

熟女2人に酔った勢いでホテルへ連れ込まれ、童貞を奪われました

熟女3p
画像はイメージです

 

熟女に酒を飲まされ酔った僕はホテルへ連れ込まれました

 

19歳の大学生です。
大学の近くにある町内会でお祭りがありました。

 

僕が大学で加入しているサークルでは、毎年そのお祭りの手伝いをする依頼を受けて参加しているのです。

 

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。僕はソフトクリーム屋の手伝いをしていました。器具の運搬などです。

 

店番をしていたのは、ご婦人二人組みでした。年は三十代半ば過ぎだったと思います。僕はその二人に

 

「お兄さん、名前は何ていうの?」

 

「可愛い顔ねー」

 

など話しかけられました。
祭りも大詰めにさしかかり、一区切り着くと僕は熟女と終始お話をしていました。二人は

 

「ねえ、彼女はいるの?」

 

とか聞いてきたんです。僕は

 

「そんなのいませんよ」

 

と答えました。加えて、僕は年上の女の人が好みだという事を話すと、

 

「だったら、私達位の年は?」

 

と聞かれたので、

 

「全然問題ないですよ。」

 

と答えました。本当に、僕は30代から40代の女の人が一番の好みだったのです。

 

僕の趣味を聞くと、二人は俄然ウキウキして、このところ夫と一緒にいたところでつまらない、ということを話してくれたのです。最後に

 

「これから、一緒に遊びに行かない?」

 

と誘って貰いました。僕はまだまだ体力も余っていたし、アルコールを奢ってくれるという事なので、

 

(やったー!)

 

と思ってOKをしてしました。

 

サークルの部員が解散をすると、僕は残りのメンバーにバレないように脱出して、熟女二人のところへ行きました。車に乗車して、さあ出発です。

 

二人とも、旦那は祭りの幹部同士の宴会に参加しているので、自宅には帰らなくて大丈夫だそうです。

 

車で町中の居酒屋にいって、僕は二人に次から次へとお酒を飲まされてしまったようです。

 

アルコールは好きですがあまり強いくはなかったので、最後にはフラフラになってしまったのです。

 

二人はそれほど飲まないで、僕のみを酔わせてしまおうという計画だったと思います。

その後、居酒屋を出てラブホテルに引き連れて行かれました。

 

ラブホテルに入ったのは生まれて初めてでしたが、なにせ酔いが回っていたのでどういった内装だったのかいまいち覚えていないのです。

 

部屋に入り込むと、僕は服を速攻で剥ぎ取られました。

 

断固として抵抗すれば抜け出せたかも知れないのですが、二人の熟した妖艶さに僕は完全に魅了されてしまっていたので、

 

「やめて下さい」

 

と冗談みたいな感じで軽く言っただけで、ほとんど受身でした。全裸にされると、熟女の一人が

 

「あら、すばらしい体してるのね!ガチッとしてるし、温かい」

 

と言って僕の体全体をいやらしい手つきで撫で回してきます。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト