タグ:風呂の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:風呂

【初射精】小学5年でオナニーしていた女子にフェラチオされて大量の精液が!

初射精
画像はイメージです

 

洗いっこしようよ

 

僕が小学5年生の時の話です。

 

ある日の放課後のことでした。

 

「ねえ、うち寄ってく?」

 

一緒に帰り道を歩いていた由紀(仮名)が言いました。

 

由紀は同級生の女の子でした。

 

近所に住んでいた同級生は彼女だけで、いつも二人で下校していました。

 

お互いの家にもしょっちゅう遊びに行きました。

 

その日は同級生たちと遊んだ後でしたが、まだ門限まで時間があったので、由紀の家にお邪魔することにしました。

 

由紀の家の玄関に入るといつも芳香剤の香りが漂っています。

 

よく見ると、

 

(今日は靴が少ないな)

 

と思いました。

 

由紀はそれに気づき、

 

「今日は夜までみんな留守なの」

 

と教えてくれました。

 

僕は、

 

「ふうん」

 

と頷きました。

 

学校のグラウンドで同級生たちと走り回ってきた後だったので、先にシャワーを浴びることになりました。

 

由紀がバスタオルを用意してくれると言うので、僕は先に浴室を借りました。

 

するとシャワーを浴び始めたところで、いきなり由紀が浴室に入ってきました。

 

僕は心臓が止まる思いでした。

 

「一緒に入ろ~」

 

由紀は呑気な声を上げました。

 

僕は同級生の女の子の全裸を前に、頭が完全に凍りついてしまいました。

 

まず目に飛び込んだのがおっぱいです。

 

控えめに言ってもBカップはあったと思います。

 

小学5年生でBカップはかなり大きいと思います。

 

今思うと、由紀はかなり早熟な女の子でした。

 

由紀はすでにおっぱいが大きくて、男子の間では「デカパイ」と密かに言われていました。

 

そう言う僕も、由紀が走ったり跳ねたりしている時、プルプル揺れるおっぱいを目にして、

 

(すごいなぁ)

 

と思っていました。

 

もちろんまだ5年生なので、それほどエッチな気持ちで見ていたわけではありません。

 

目の前で見るおっぱいは、乳首がつんと立った、とても綺麗なお椀形でした。

 

見るだけで張りと艶に満ちているのが分かりました。

 

しかも股間には黒々とした陰毛がすでに生い茂っていました。

 

とても小学5年生には見えない体つきでした。

 

僕はしばらくの間固まっていました。

 

由紀はそんな僕などお構いなしに、

 

「ねぇ、洗いっこしようよ、じゃんけんで負けた方から洗う番ね」

 

と提案してきました。

この体験談の続きを読む

高校生の弟とお風呂に入って射精するのを見て興奮してお互い求め合ってセックスしました

姉弟 近親相姦
画像はイメージです

 

弟と一緒にお風呂に入りました

 

私が高校3年の夏の事でした。

 

両親が親戚の結婚式に行っていたので、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたことがありました。

 

弟は高校1年生で、高校生になったぐらいから、なんとなく男っぽくなってきた感じがしていました。

 

朝とか、おちんちんが勃起(朝立ち?)してるのを見かけたりしたことがあったので、私の方が弟の体に興味がありました。

 

弟とは中学1年まで一緒にお風呂に入ってましたけど、

 

(久しぶりに入りたいなあ)

 

って思って軽い気持ちで、

 

「一緒に入ろっか」

 

って声を掛けました。

 

すると弟も、

 

「いいよー」

 

って軽く応じてくれました。

 

さっそくお風呂沸かして二人で入ったんですけど、なんだかお互いすぐにドキドキしてました。

 

弟は私の胸(Dカップ)が気になってしょうがないみたいだし、私は弟のおちんちんが凄く大きくなってるのをチラッて見ちゃいましたし・・・

 

でも、もうこういうチャンスはないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代で湯船に入ったりしてました。

 

弟は手でしっかりおちんちんを押さえているので、時々チラッて見えるくらいです。

 

私はもっと見てみたかったので、いきなり弟の脇腹をくすぐってやりました。

 

弟はくすぐったがりで、脇腹がすごく弱いのを知っていたからです。

 

弟はくすぐったがって暴れて、その勢いで肘で私の胸を思いっきり打ったので、私は転んで壁に頭をぶつけてしまいました。

 

胸も頭も痛くて、泣きそうでした。

 

しかも私は足を広げてしまっていて、恥ずかしい格好でした。

 

それを弟は見ちゃったんです。

 

弟もびっくりしたのか、

 

「ごめん・・・」

 

と私を両手で引っ張ってくれたけど、そのとき、弟のおっきいおちんちんが目に入って、私は真っ赤になりました。

この体験談の続きを読む

【小学4年生の姪に顔射】一緒に風呂に入ってオマンコを洗いフェラしてもらうと…

小学4年生の姪に顔射
画像はイメージです

 

姪と風呂に入りました

 

僕は27歳独身で、実家で両親と一緒に住んでいます。

 

34歳の姉が離婚して、小学4年生の娘を連れて実家に帰ってきて半年が経ちました。

 

姪は実家にやってきたころは、すぐに姉の後ろに隠れていました。

 

しかし、両親や姉が旅行や仕事でいなかった夜に、僕と一緒に風呂に入ったことで打ち解けてくれるようになり、甘えてもくれるようになりました。

 

でもその日以来、僕と姪の二人しかいない時間があると、

 

「一緒にお風呂入ろ~」

 

と姪がおねだりするようになったのです。

 

原因は分かっています。

 

最初に風呂に一緒に入った夜に、姪の体を丁寧に洗ってあげたんです。

 

ボディシャンプーを手につけて、小学4年生のオマンコを揉むようにして指の腹を何度も往復させました。

 

最初のうちは笑ってくすぐったがっていた姪も、しばらくすると腰を引いたり足を震わせたりしていました。

 

気持ちよかったんでしょう。

 

イクまではやりませんでしたが、それで目覚めてしまったみたいなんです。

 

姪をはじめてイカせたのは、3ヶ月ほど前のことです。

 

一緒に風呂に入るのは、10日ぶりぐらいでした。

 

体を洗ってやろうとすると、普段は座っている僕の前に立つのに、その日は僕の膝の上に座って、背中を僕にもたれかけます。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「カラダをくっつけて動かしたら、いっぺんに二人ともキレイにならないかな?」

 

と言い出しました。

 

僕は手にボディシャンプーを取り、後ろから抱きすくめた格好で、姪のまだほとんど膨らんでいない胸や、お腹を撫でまわします。

 

姪は背中にシャンプーをつけ、円を描くように背中を動かしました。

 

姪の息が荒いのは、体を動かしているためなのか、それとも気持ちいいのか・・・

 

僕は調子に乗り、膝に姪の足をかけさせ、大股開きにさせました。

 

嫌がるかと思いましたが、姪は背中を動かし続けています。

 

小さな姪の肩越しに姪のオマンコをみると、普段は隠れているクリトリスが、V字型に開いたオマンコの真ん中にちょこんと突き出しています。

 

手をお湯でゆすいで、3本の指で開いたオマンコを包むようにしました。

 

なんと濡れていました。

この体験談の続きを読む

【初フェラチオ】中学生の弟と一緒にお風呂に入ると勃起しました

初フェラチオ
画像はイメージです

 

中学1年の弟が勃起しました

 

私は19歳の女子大生です。

 

弟のヒロトは6つ年下で中学1年生です。

 

6つも年下だから、生まれた時から可愛がってきて、喧嘩はしたことはありません。

 

両親は昔から夜遅くまで仕事で、帰ってくるのも夜の10時くらいで、朝も起きません。

 

そんなわけで、私が母親代わりに朝食から夕食までヒロトの面倒を見ています。

 

弟は私の事を”アキ姉”と呼んでくれています。

 

ある日のこと、いつものようにヒロトと一緒にお風呂に入っていると、

 

突然、弟のおちんちんが勃起したのです。

 

今までこんなことありませんでした。

 

ほとんど毎日一緒にお風呂に入ってたから、本当に初めてのことです。

 

私は、

 

「どうしたの?」

 

って聞くと

 

「なんか分かんないけど、こうなっちゃった」

 

って言いました。

 

私は高校の時、すでにセックスを経験していたので分かっていましたが、ずっと小さかったヒロトの成長を感じて、なんだか嬉しくなりました。

 

そして良く見ると、皮もちゃんと剥けてるし、結構立派で大きいんです。

 

弟の勃起したおちんちんを触りたくなったので、

 

「洗ってあげる」

 

と言うと、

 

「いいよ。恥ずかしいし、自分で洗うよ」

 

って言ったけど、強引にボディソープをつけて、手で洗ってあげると、

 

「ううっ」

 

と苦しそうな感じの声を出していました。

 

そこで、

 

「おっぱい触ってもいいよ」

 

って、空いてる両手を私の胸へ導いてあげました。

この体験談の続きを読む

「お母さんがしてあげよっか?」両手骨折の息子とお風呂に入ったら勃起していた

息子と風呂
画像はイメージです

 

いやらしいわねえ、小さくしなさい

 

昨年、中学2年生の息子が自転車で転倒して両手を骨折してしまい、ギプスで固定された生活を余儀なくされました。

 

オシッコもままならないので、相当に意気消沈している息子を、母親として、心を込めて看病してやりました。

 

トイレに行くにも、私がパンツを下してやらなければなりません。

 

でも、いつの間にかおちんちんも陰毛も一人前になっていて、ちょっと感慨に耽ったりしました。

 

事故から数日たち、心も体も回復してきたので、事故後初めてお風呂に入れることにしました。

 

もちろん、まだ一人では入れませんので、私が一緒に入ることになります。

 

はじめは息子も嫌がっていましたが、本人もお風呂に入れず気持ちが悪かったのでしょう。

 

結局、私が洗ってやることを受け入れたのでした。

 

まず息子を裸にし、私も濡れるのが嫌だったので裸になりました。

 

他意は無かったんですよ、親子ですし。

 

息子はかなり嫌がってましたけどね。

 

体を洗ってやってるうちに、息子がチラチラと私の胸や股間を見ているのに気付きましたが、知らん顔をしていました。

 

でも、いつの間にやら、息子のおちんちんが膨らみかけているじゃありませんか。

 

そして、

 

「あれっ?」

 

と、思う間もなく、ビンビンと本格的に勃起してしまっています。

 

息子は顔を真っ赤にし、私は私で動転してしまって、

 

「何やってんの!いやらしいわねえ、小さくしなさい!」

 

なんて叫んでしまいました。

 

すると息子は、

 

「しかたないだろ!」

 

と泣きそうな声です。

 

私は、

 

(しまった!そんなこと言っちゃいけなかった)

 

と思いましたが、

 

「若いから仕方ないけどね」

 

と言って、平静を装って洗い続けました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト