中出し
画像はイメージです

 

旦那の連れ子に誘われた

 

2年前、私は旦那と結婚して一緒になった。

 

旦那は再婚で、前妻はすでに他界し、私とひとまわり違うすでに社会人の息子アキラが同居している。

 

再婚当初、旦那は毎晩私のオマンコの中に生で精液を注ぎ込み続け、

 

「子供が欲しい」

 

と言ってくれたが、私は不倫で不本意な妊娠をしたことがあり、堕ろしたことがあるので内緒でピルを飲んでいた。

 

親子の会話はほとんど無かったが、夕食を3人でするようになると少し変わってきた。

 

旦那の夜の相手をする時は、喘ぎ声は控えていた。

 

1年ほどして仕事が忙しくなり、旦那の帰宅も深夜になることが多くなった。

 

アキラと2人の夕食で、

 

「兄弟はいつごろかな」

 

「親父は元気かな」

 

などとからかわれることもあったが、時々DVが始まっていた。

 

そして出張の多い旦那との夜の会話も。3カ月ほどご無沙汰だった。

 

アキラから

 

「何かあったら連絡して」

 

と声をかけられ嬉しかった。

 

夕食で少し愚痴を聞いてもらったら、ストレス発散にと外食に誘われた。

 

嬉しさと期待で、繁華街での待ち合わせ場所に向った。

 

美味しいワインをアキラに勧められ、楽しい会話と食事で心地よい時間を過ごした。

 

少し酔い覚ましに、ウィンドーショッピングを楽しみながら、

 

「年の離れた姉弟にみえるかしら 恋人同士にはみえないわよね」

 

と言いながらアキラの腕に寄りかかった。

 

「愛子さんは綺麗だから 恋人同士にみられるとうれしいな」

 

「まぁっ~、口が上手いんだから」

 

「有閑マダムと若い男の不倫に見えるかもよ」

 

「それもいいわね」

 

周りを見ると、ラブホのネオンが眩しく輝いていた。

 

「少し休んでいこうか?」

 

アキラが予想通り誘ってきた。

この体験談の続きを読む