タグ:近親相姦の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:近親相姦

「お母さんのオマンコの中に射精しなさい」母親とのセックスに後悔したけど…

近親相姦 中出し
画像はイメージです

 

両親がセックスしていました

 

父親は44歳で、トラックの運転手をやっています。

 

母は48歳で専業主婦です。

 

母は息子の僕が成長して手がかからなくなると、午前中に家事を済ませて、午後はほとんどパチンコ屋に行くようになっていました。

 

そんな両親に育てられた僕が、セックスというものを知ったのは小学6年の時でした。

 

親父はトラックドライバーなので、朝の4時とか5時の早い時間に仕事に出掛けます。

 

そして金曜日の朝は、4時ぐらいからが両親の夫婦の営みの時間です。

 

小学6年生の時トイレに行こうしたら、両親の部屋から母親の喘ぎ声が聞こえて来て、

 

(またセックスしてるよ)

 

と、その時はそう思っただけで、特に感心もありませんでした。

 

金曜日の朝だけは母親が起きて来ないので、部屋見に行くと寝ていて、

 

「ごめんね、お母さん疲れてるからもう少し寝てる、自分でご飯食べて学校行ってね」

 

と、何で金曜日だけは起きて来ないのか理由が分かりました。

 

僕の童貞喪失は高校2年の時です。

 

友達が連れて来たヤリマン女でした。

 

愛情も何もなかったですが、まあまあ可愛かったし、やっぱり興奮したし気持ちよかったです。

 

その1週間後ぐらいに彼女が出来て、セックスしまくってました。

 

それがクリスマス前に、

 

「他に好きな人出来たから別れて」

 

とあっさり捨てられてました。

 

またせんずり生活が続きましたが、1ヶ月も続くと無性にセックスしたくなりました。

この体験談の続きを読む

【息子の子供を妊娠】7歳の時から息子をフェラして12歳で初射精、18歳になって…

近親相姦
画像はイメージです

 

初めての射精

 

私は36歳のシングルマザーです。

 

18歳の息子とほとんど毎日のようにセックスしています。

 

私が25歳で、息子がまだ7歳の時のことです。

 

普通ならとっくに乳離れしているはずのに、息子が私のおっぱいから離れなかったり、乳首をチュパチュパしゃぶったりしていました。

 

(どうしたんだろ?)

 

と最初は思っていたんですが、そのうち私は息子におっぱいを吸われて感じるようになっちゃったんです。

 

(実の息子なのに…)

 

そう思っても私のオマンコはビショビショに濡れてしまい、その日から息子を1人の男性として見るようになったんです。

 

そしてその日から、私はまだ勃起しないちっちゃなおちんちんを毎日フェラチオするようになりました。

 

息子も嬉しそうにしているので、私も嬉しくなっちゃって、たくさんおちんちんを舐めてあげるようになりました。

 

私が息子に毎日フェラチオするように、息子も自然に私のオマンコをクンニするようになりました。

 

正直に、私はとても感じてしまいました。

 

そして5年ほどが経ち、私が30歳で息子が12歳の時です。

 

息子も小学6年生と言うことで、おちんちんがとても立派になっていました。

 

その日も普通にフェラチオをしてあげてたら、息子は何か言いたげな顔をしました。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「何かチンコが変な感じする」

 

と言ったんです。

 

「どんな感じ?」

 

と聞くと、

 

「ムズムズする」

 

と言いました。

 

そうです、待ちに待った初射精の時が近付いたんだと思いました。

 

私はいつもより激しく、息子のおちんちんをフェラチオしました。

 

するとやはり、息子は私の口の中で無事に射精をしました。

 

ようやく精通を迎えることができました。

この体験談の続きを読む

中学生のイケメン弟をフェラチオして精液飲んで中出しして何度もセックス

イケメン弟 精液ごっくん
画像はイメージです

 

イケメンの弟と二人きり

 

私は高校3年生の女子高生で、中学3年生の弟がいます。

 

弟といっても、離婚した母親が再婚してやってきた連れ子なんです。

 

しかもその弟というのが、近所でも有名なイケメンなんです。

 

学校とかでもよくクラスの女子から、告白されたり電話がかかってくるほどです。

 

実は私も、弟を一目見て好きになってしまいました。

 

母が今の父と再婚して3ヶ月ぐらい経った時の話なんですが、両親が実家(母方のほう)へに出かけて、2日ほど留守にしたことがありました。

 

その時は、私は弟と二人きりで留守番です。

 

私と弟は仲が悪いわけではなかったのですが、私自身弟のことを意識していますし、その私に弟も妙に意識している感じがしていたんです。

 

一緒に生活するようになっても、まだあまりしゃべったことが無かったんです。

 

でも、その日は両親がいない開放感もあり、いろいろ話しかけてみると、とても話が弾んだんです。

 

そして話題は、好きな子の話へと発展していきました。

 

「ねえ、E君は学校で好きな子いるの?」

 

何気なく聞いたふりしてますが、以前からすごく気になってたことです。

 

「うん、付き合ってる子がいるよ」

 

ガーン!

 

ショックでした。

 

聞かなければよかったと後悔しました。

 

いや、いずれ分かるだろうから良かったのかな?

 

でも一応、血は繋がってないとはいえ姉ですから、弟に対する気持ちを表に出さないようにしながら、

 

「ふ、ふ~ん、でその子とはどこまで行ったの?」

 

なるべく平静を装って、核心の部分をさりげなく聞いてみました。

 

すると、

 

「まだ何もしてない、抱きしめたことはあるけど・・・」

 

相手の女の子は怖がって何もさせてくれない・・・

 

とのことだそうです。

 

私は内心ホッとすると同時に、

 

そんなどこの馬の骨とも分からない女に、

 

(可愛い弟をいいようにさせない!)

 

と嫉妬のような、闘争心のような感情が湧いてきてしまいました。

 

私は熱に浮かされたような気分になり、そして気がついたら、弟の体に触れていました。

 

「お姉ちゃんだったらE君に色々してあげられるよ」

 

弟の耳元で甘く囁いて、ホッペにキスしました。

この体験談の続きを読む

【大量射精】中学生の息子とお風呂に入ったらおちんちんが凄いことに…

息子をフェラチオ
画像はイメージです

 

中学生の息子のおちんちんが…

 

結婚後すぐ、息子のヒロが生まれ、その後夫と離婚してからもう12年になります。

 

幸いにも仕事に恵まれ、生活は決して裕福ではありませんが、2人でなんとか暮らしていけています。

 

私は今年37歳になり、ヒロも15歳を迎えようとしています。

 

ずっと、

 

(ヒロは両親のどこに似たんだろ?)

 

というぐらい立派な体格になり、最近はまぶしいぐらい大人っぽく感じます。

 

私が朝早くから仕事があるので、ご飯もあまり一緒に出来ませんが、入浴と睡眠だけは今も一緒にするように心がけています。

 

その日一日あったことを、お風呂の中で話し合うことで、私たち親子は喧嘩することもなく楽しく過ごしています。

 

その日も一緒にお風呂に入っていたのですが、ヒロがこちらに背を向けるような感じでなんかこそこそしてます。

 

「ヒロちゃん、どうしたの?」

 

「う、ううん、何でもないよ。」

 

不思議に思った私ですが、息子が身体を洗うために、浴槽から出るときになって理由が分かりました。

 

(ヒロちゃんの・・・大きくなってる・・・!)

 

浴槽に浸かった私の目の前を、やや大きくなったおちんちんが、ブラブラ通り過ぎます。

 

(す、すごい・・・)

 

以前から、息子の少し勃起したおちんちんを見かけることは、たまにあったのですが、息子も特に恥ずかしがっていないようなので、私も特に気にせずいました。

 

でも、その日の息子のおちんちんは、今まで見た中で一番大きくなっていて、なんか圧倒されてしまいました。

 

(・・・いつの間にこんな・・・)

 

そんな当の息子は、こちらをなんかチラチラ見ながら、妙にソワソワしています。

 

(どうしたのかしら?)

 

すると、いつもはちゃんと洗う息子が、その日に限り短時間で身体をさっと洗い、浴室を出ようとしました。

 

「だめよ、まだちゃんと洗ってないじゃない」

 

「え~、洗ったよ~?」

 

「もう・・・だ~め、お母さんが洗ってあげるからソコに座んなさい」

 

私は浴槽から出ると、息子を洗い場の椅子に腰掛けさせ、後ろからボディーソープをつけたタオルで、背中をこすりました。

 

「母さん、いいよ~、自分で出来るから」

 

「だ~め、全然洗えてないじゃない、まだアカが出るわよ」

 

腕や肩をこすると、まだ息子の身体から汚れが落ちてきます。

 

若いから新陳代謝がいいんですね。

 

日焼けした筋肉質の身体を見ていると、もう子供らしいところもなく、

 

(ホントに大きくなったなぁ~)

 

ってしみじみ感じて、代わりに大人の魅力が少しずつ出てきた部分に、少しドキドキしてきました。

 

だいたい身体を洗ってあげると、後はおちんちんの辺りのみが残りました。

 

ここだけは、さすがにタオルで洗うのは痛そうなので、昔はタオルでなく手で洗ってあげてました。

 

でも中学に入ったころから、自分で洗うようになり、最近は洗ってあげてませんでした。

 

ふと後ろからのぞき見ると、息子のおちんちんは、ビクンビクンしながら大きく勃起していました。

 

(わっ!!・・・す、すごい・・・)

 

先端はピンク色に腫れ上がり、ツヤツヤしていて、すごく綺麗です。

 

ふと私の中にイタズラ心が芽生え、息子のおちんちんの感触を確かめて見たくなりました。

この体験談の続きを読む

【姉との近親相姦】俺が童貞と思っていた彼女に結婚後も言えない秘密

近親相姦
画像はイメージです

 

女友達とセックスを始めると・・・

 

俺は中学を卒業して1人暮らしをしていました。

 

中学の同級生だった美優とよく遊んでたんですが、卒業後1年くらいしてから、

 

「1人暮らし羨ましいな!家行っていい?」

 

って行ってきたんでOKしました。

 

彼女がうちにきて二人で色々話してると、自然に恋愛話になりました。

 

俺はいまだ童貞のままで、彼女なんてずっといません。

 

彼女はどうやら、色々経験しているようでした。

 

「教えてあげる」

 

って言われてキスしてきました。

 

唇の軟らかさに驚きました。

 

次の瞬間、彼女の舌が入ってきました。

 

(キスってこんなに気持ちいいものなのか・・・)

 

彼女が先導しながら、キスだけで勃起していた俺のチンポを取り出し、軽く握って優しく手コキしつつ熱いキスを続けました。

 

俺は彼女の胸に手を伸ばします。

 

(軟らかい、大きい)

 

興奮がどんどん増していきます。

 

「フェラチオしてくれない?」

 

美優に聞いてみました。

 

「フェラした後にキス出来るならしてあげてもいいよ、いっぱいキスしたいから・・・」

 

今なら平気ですが、その時は、俺のチンポをしゃぶった口とキスをすることに抵抗を感じました。

 

「キスがいい」

 

手コキをされながら、彼女のマンコに手を伸ばしました。

 

すでにグッショリ濡れていました。

 

今思えば、かなり開発されたマンコだったと思います。

 

いつでもチンポを受入れられる状態です。

 

「もう我慢できない、美優とセックスしたい!」

 

「いいよ、ずっと好きだったから・・・嬉しい」

 

手コキを止めて、彼女がリードする形で上に跨ってもらいました。

 

お互い全裸になり、俺は美優のおっぱいを舐め回し、揉みまくりました。

 

めちゃくちゃ気持ちがいい・・・

 

と、そこへ突然ガチャガチャガチャ!とドアノブを開けようとする音が響きました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト