強制手コキ
画像はイメージです

 

男女2人組に誘拐された

 

僕が中学2年の時の出来事です。

 

僕の父は資産家で、家族は何不自由なく、裕福な生活を送っていました。

 

しかし、世間一般では、その裕福な暮らしを妬む人が多いのも事実です。

 

そんな僕の家のお金を狙って、これから話す誘拐に発展したんだと思っています。

 

学校が終わり、家の方向が一緒の友達と帰っていましたが、途中から友達と別れて一人で帰っていた時のことです。

 

僕の家は高級住宅街にあって、周りは豪華な一軒家ばかりで、あまり人を見かけることがありません。

 

そんな人気の無い帰り道で、もうすぐ自宅に着くという時に、後ろから車が来るのが分かりました。

 

僕は気にせず、道の端に寄って歩きながら、車が通り過ぎるのを待ちました。

 

すると僕のすぐ横で車が急停車し、いきなりドアが開いて目と口を何か布のようなもので押さえられ、車に強引に乗せられました。

 

車に乗せられるとすぐに目隠しをされ、そして口にも布を丸めたような物を突っ込まれ、その上からタオルみたいなもので口の周りをグルグル巻きにされました。

 

そして更に腕を後ろに回され、両手を縛られました。

 

まったくしゃべることも、動くことも出来ません。

 

どこをどれだけ走ったかも分かりませんが、目的地に着いてから車から下ろされ、アジトなのか家の中に連れて行かれました。

 

家に入ると、背中に回された腕と足首をロープで結び、手足の自由を奪われ、全然見動きが取れない状態にされてしまいました。

 

そして、僕の家に電話をしているのが分かりました。

 

お金の話が出たときに、ようやく誘拐されたことを認識しました。

 

誘拐したのは、男と女の二人だけだと思います。

 

話してる声や雰囲気からすると、30代の夫婦といった感じだったと思います。

 

怖かったですがまったく動くことができないので、抵抗を諦めてじっと耐えるしかありませんでした。

 

その夫婦が二人ともいる時は、特に何もありませんでした。

 

テレビは常に付けていて、特にニュースを見ていました。

 

警察に通報されてないか、チェックする為なのかもしれません。

 

男の方は、ちょくちょく外出していました。

 

食料を買いに行ったりしながら、周りに不穏な動きがないか、確認にでも行っていたんだと思います。

 

誘拐された日の夜になりました。

 

でも時計がないので、時刻は分かりません。

 

男が女に何か言って外出したのは分かりました。

 

女と僕の二人きりになって、数分後のことでした。

 

女が僕に近寄ってきて真横に座りました。

 

すると僕の耳元で、

 

「もう分かってると思うけど、あなたは誘拐されたの。お金を受け取ったら帰してあげるから心配しないで、でもそれまではじっとしてるのよ」

 

と言うと、いきなりズボンの上から僕のチンコを掴んできたんです。

 

「うっ!」

 

突然のことでびっくりして、声が出てしまいました。

この体験談の続きを読む