タグ:誘惑の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:誘惑

娘の彼氏を誘惑して寝取りました 罪悪感もあるけどもう私の彼氏です

娘の彼氏を寝取る
画像はイメージです

 

娘がいないので私が彼氏を誘いました

 

私は41歳の主婦です。

 

高校2年生の娘がいて、友美といいます。

 

娘には、21歳の大学生の正雄君という彼氏がいます。

 

正雄君が大学1年で、友美が中学三年の時、知り合いから紹介されて、家庭教師をしてもらうことになりました。

 

正雄君は教え方が上手みたいで、そのおかげで友美は、難関と呼ばれた高校に受かることができました。

 

しかもその後、二人は交際を始めました。

 

正雄君が家庭教師だったので、家に遊びに来ても違和感もなく、自然な感じでおよそ2年が経とうとしていました。

 

夏休みの8月のある日、友美が女友達と出掛けている時のことでした。

 

正雄君が友美を映画に誘いに来ましたが、友美は忘れていたみたいで、

 

「出掛けてるわよ」

 

と告げると、正雄君はがっかりした様子でした。

 

私は時間に余裕があったので、ダメ元で、

 

「その映画おばさんも見たかったから、よかったら一緒に行かない?」

 

と誘ってみると、意外なことに正雄君はあっさりOKしてくれました。

 

誘っておいてなんですが、私はかなり驚きました。

 

それからなんだか私の方がドキドキしてしまいました。

 

「ちょっと待っててね」

 

と言って部屋にもどり、軽く化粧をして、ちょっと若く見える服装に着替えました。

 

「お待たせ」

 

玄関で待ってくれていた正雄君に声をかけると、

 

「おばさん、綺麗ですね」

 

なんて言ってくれました。

 

そんなこと言われたのは、若いころ以来なので嬉しくなり、

 

「じゃ、今日は私とデートだね、本当にいいの?」

 

と一応、念を押してみましたが、

 

「もちろんですよ、おばさんとデートできるなんて、めっちゃ嬉しいです」

 

私はもう舞い上がりそうでした。

 

家を出ると、

 

「奥様どうぞ」

 

と正雄君は笑いながら助手席のドアを開けてくれて、私も

 

「ありがとうボーイさん」

 

なんてふざけ合って、正雄君のRV車に乗りました。

この体験談の続きを読む

巨根大学生を巨乳お姉さんが誘惑 毎日セックスして射精しまくった結果…

巨根
画像はイメージです

 

コンドーム買いに行ったら巨乳の店員がいた

 

俺が大学2年の時の話。

 

その当時、好きってわけでもないけど、なんとなく付き合っていた女(フリーター19歳の茶髪)がいた。

 

その彼女が一週間ぶりに俺の部屋に来ることになったんだが、コンドームを買い忘れていたことに気づき、急いでいつも買っている近所の薬局に駆け込んだ。

 

店に入ると、いつものハゲ親父ではなく、暇そうにしているお姉さんが白衣を着て座っていた。

 

いつもなら、

 

「おっちゃん、いつものやつ下さい」

 

「もう使いきったのか?エッチなことばかりしないで勉強もしろよ。このメガサイズは、あんたの為に仕入れてんだから、店変えんなよ、へっへっへ」

 

こんなやり取りをしている。

 

そう、自慢じゃないが俺のチンポはでかい。

 

ビッグサイズのコンドームでもきつかったので、この薬局にはメガサイズを頼んで置いてもらっている。

 

おっちゃんとは馴染みになっていたので、気軽に買っていたんだが、

 

(この女の人相手に買わなきゃいかんのか・・・)

 

と思うとちょっと気が重い。

 

「あの・・・」

 

「いらっしゃいませ」

 

と笑顔を見ると結構美人だ。

 

白衣の上からでもはっきり分かる巨乳もかなりそそられる。

 

アップにした髪も、19歳の俺の彼女にはない色気が漂っている。

 

ただ、俺はどちらかというとギャル好きで、AVでも熟女ものや人妻ものをほとんど見ない俺は、とにかくもうすぐ家に来るフリーターとのセックスのことで頭が一杯だ。

 

コンドーム買うのを恥ずかしがっている場合ではない。

 

「・・・スキン下さい・・」

 

と言うと、女性は顔色ひとつ変えず、

 

「どれにしましょうか?サイズやメーカーで、決めてるものはありますか?」

 

と聞かれたので、恥ずかしいのを我慢して、

 

「いつもここで買ってるんですけど・・・その、メガビッグボーイって奴を・・・」

 

とお願いすると、女性はまったく動じることなく、

 

「あー、聞いてますよ、〇大学の大石さんでしょ」

 

と言いながら、カウンターの下の棚から、象の絵が描かれた箱を取り出した。

 

(ハゲ親父・・・余計なこと伝えなくていいんだよ・・・)

 

と思ったが、なにはともあれ、メガコンドームをゲットした安心感から、

 

「あの、いつものおじさんどうしたんですか?」

 

と聞くと、

 

「夫婦で海外旅行に行っちゃってて、久しぶりに店番頼まれたの。だいたいこんな小さな店、旅行行ってる間ぐらい閉めちゃえばいいのにねー」

 

とお姉さんは愚痴っぽいこと言いながら、象の絵が描かれた箱を裏返して値段を確認していた。

 

「このサイズって、なかなか売ってないんすよ」

 

と言いながら金を出すと、そのお姉さんは、

 

「このサイズ買う人、初めて見た」

 

と言って笑いながらお釣りを渡してくれた。

この体験談の続きを読む

マッサージ師にエッチな誘惑 中出しされる快感が忘れられない私

マッサージ
画像はイメージです

 

マッサージ師にエッチなアピール

 

私はOLなんですが、営業職で出張も多く、月に3,4回は全国各地に出張するんです。

 

出張とストレスで疲れた私は、夜になると、毎回のようにマッサージを頼みます。

 

体をほぐして欲しい訳じゃなくて、マッサージ師の男性に、エッチな誘惑をしてSEXするのが目的なんです。

 

逆痴漢みたいなことして、マッサージ師を誘っちゃうんです。

 

初対面の男性に触られる興奮が病みつきになり、そのままSEXまでしちゃうんです。

 

いつもマッサージ前にシャワーを浴びますが、その後下着は付けず、露出度が高いワンピース一枚で男性を迎えます。

 

マッサージ師によっては、もちろん普通にする人もいますが、わざと際どい場所にまで手を伸ばし、

 

「マッサージの一部」

 

と言って触ってくる人もいます。

 

私がいくらエッチな誘惑をしても、乗ってこない場合は諦めますが、ほとんどの男性は乗ってきます。

 

先日の出張時も、うまいことSEXまでしちゃいました。

 

そのマッサージ師さんは、初めから触り方もいやらしくて、すぐに私は濡れてしまいました。

 

太ももの付け根付近をマッサージされた時、わざと、

 

「はぁ~ん」

 

とかいやらしい声で反応してみせ、軽く足を開きました。

 

(触ってもいいですよ)

 

という態度を示したんです。

 

マッサージ師は、まだ遠慮がちにですが、オマンコぎりぎりまで手を這わせてきました。

 

すると、すでにグショグショに濡れているオマンコに気づき、私の反応を確かめながら、直接触れてきました。

 

私は、

 

「あんっ…いやん…」

 

と、吐息まじりに感じているエロい喘ぎ声を出し、

 

「もっとして下さい」

 

と言わんばかりに、更に足を開き、エッチなアピールをしたんです。

 

そしたらゆっくりとオマンコに指が入ってきて、私は男性のされるがままに受け入れました。

この体験談の続きを読む

【不倫】隣の奥さんが豊満なおっぱいを押し付けて誘惑してきた

熟女セックス
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがおっぱいを押し付けてきた

 

私は結婚3年目で29才です。

 

住んでいるマンションの隣のご夫婦に親切にしていただき、夕食をご馳走になる事もあります。

 

その家のご主人は44才で3交代制の仕事をされており、奥さんは41才で専業主婦です。

 

私の妻がめでたく妊娠して、出産のために実家に帰省している時の事です。

 

自炊が出来ない私は、食費を出して隣の奥さんに夕食を面倒見て貰っていました。

 

その日も夕食の準備ができたからと奥さんから電話を貰い、お隣の家にお邪魔しました。

 

旦那さんは夜勤の日で奥さん一人です。

 

食事をご馳走になり、リビングでくつろぎながら話をしていると、

 

「奥さんがいないので寂しいでしょ?」

 

「えぇ、まぁ・・・」

 

「特に夜になると寂しいわよねぇ・・・」

 

「そうですねぇ・・・」

 

「その、ずっと・・・してないんでしょ?」

 

「え、ええ、まぁ・・・」

 

「私なんか、もう何年も相手されてないわよ」

 

「そうなんですか・・・」

 

「もう女として魅力ないのかな・・・40も過ぎたおばさんじゃ、そんな気にならないわよね?」

 

「えっ?いえいえ・・・そんな事ありませんよ」

 

お世辞ではなく実際に奥さんは小柄で童顔だし、可愛らしくて41歳には見えませんでした。

 

そう言うと嬉しそうに、奥さんは私の隣にすり寄ってきました。

 

「ほんと?私でもその気になる?」

 

「本当ですよ、奥さんすごく可愛らしいし・・・そんなに近付かれると、ドキドキするじゃないですか」

 

「嬉しい・・・」

 

奥さんは私に体を密着させてきて、シャツの上から心臓に手を当ててきました。

 

顔をすぐ近くに寄せてきて見つめられると、ほんとにドキドキして鼓動が速くなってきました。

 

「ホントだ、ドキドキしてるわ・・・」

 

奥さんは更に体を密着させてきて、私の腕に豊満な胸を押し付けてきました。

 

「ねぇ、嫌じゃない?正直に言って・・・」

 

奥さんは私のシャツの中に手を入れてきて、直接乳首を指で撫でてきました。

 

「全然嫌じゃないですよ・・・奥さん、そんな事されたら・・・私も男ですから・・・その・・・」

 

奥さんにおっぱいまで押し付けられて、平常心でいられる訳がありません。

 

すでに私のチンポはピクピク反応していました。

 

「お互い溜まってるんだし・・・エッチなことしちゃおっか・・・」

 

奥さんの顔が目の前まで迫ってくると、そのまま唇を重ねながら奥さんを抱きしめました。

 

奥さんは目を閉じたまま舌を出して、自分から私の唇をいやらしく舐めてきます。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト