タグ:訪問販売の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:訪問販売

【デカい女の性奴隷】小馬鹿にした俺を力でねじ伏せる女の正体

デカい女の性奴隷
画像はイメージです

 

フェラチオでイカせてくれたら契約してやる

 

ある日、生命保険のセールスレディーが、飛び込みで訪問販売にやってきました。

 

女は30歳ぐらいでしょうか、でも決して美人とはいえません。

 

しかも、どこか寂しそうで華がないんです。

 

特徴はといえば、大柄で170cm以上はあると思いますが、とにかく

 

(デカい女)

 

と思いました。

 

さっさと断ればよかったものの、暇だった俺は、

 

「玄関先で立ち話もなんだから」

 

と、この女を家の中に上げてしまいました。

 

今となってはこれが失敗?でした。

 

俺は保険の話を適当に聞き流していましたが、女の必死さが伝わってきます。

 

何か事情があるのか聞いてみると、営業成績が悪くてクビ寸前らしいのです。

 

最後は俺に、ひたすら契約して欲しいと言ってきました。

 

女は見た目も大切だと思います。

 

気の毒ですが、この女と契約したいと思う人は、ほとんどいないと思います。

 

当然、俺もその一人です。

 

俺は正直に、

 

「契約する気はない」

 

と女に伝えました。

 

実際、金銭的な余裕もありませんしね。

 

それでも女は食い下がり、訴えかける表情で、

 

「なんとか契約をお願いできませんか」

 

と頭を下げてきました。

 

なかなか帰ろうとしない女をうっとうしく感じた俺は、

 

「帰ってくれたら契約してやる」

 

と、女を小馬鹿にして家を追い出しました。

 

しかし、翌日になって女は再び訪ねて来たんです。

 

「帰ってくれたら契約してやる」

 

という昨日の俺の言葉を逆手に取り、契約を迫ってきたんです。

 

根性が据わった女だなと思いました。

 

こういう女に限って、プライドは高いんですよね。

 

俺がセクハラな態度をとれば女は逃げて、二度と訪問してくることはないだろうと考えました。

 

「わかった、じゃあ俺の前で全裸になってみろ!そしてフェラチオでイカせてみろ!それが出来たら契約するし、何でもしてやる」

 

俺は女に吠えるように言いました。

 

ところが女は帰るどころか、

 

「そうすれば契約してくれるんですね、何でもしてくれるんですね」

 

と嬉しそうな表情で、家の中に上がり込んで来たんです。

 

(え?何故?この女は一体・・・?)

 

予想外の展開に戸惑ってしまいましたが、女は俺に早くシャワーを浴びるように急かし、自分の服を脱ぎ始めました。

 

言っちゃった以上、

 

(仕方ないな~)

 

と思って俺が渋々シャワーを浴び始めると、なんと女は全裸になって浴室に入ってきました。

 

やはりデカいです。

 

でも、デブではありません。

 

俺よりも身長は高いし、しかも気づきませんでしたが、おっぱいもお尻もデカくて、巨乳・巨尻でした。

 

女は、

 

「洗ってあげるね」

 

と言ってボディーソープを手に取り、俺の股下に手を入れ、アナル周辺からチンポ、金玉までヌルヌルと揉み洗いをしてきました。

 

俺のチンポはビンビンに勃起してしまいました。

 

「フェラチオでイカせれば、契約してくれるのよね?」

 

女は俺の前にしゃがみ込み、勃起したチンポをじっと見つめてから、おもむろに咥えて舐め始めました。

この体験談の続きを読む

訪問販売先の欲求不満な熟女にチンコ触られて中出しセックス

熟女 中出しセックス
画像はイメージです

 

訪問販売先の熟女がフェラチオ

 

数年前のことですが、仕事で浄水器の訪問販売をしていました。

 

一般の家庭を一軒一軒飛び込みで訪問してたんですが、ほとんどが門前払いでとても大変でした。

 

そんな中、訪問先で高木さんという40代後半の人妻とセックスしたことがありました。

 

旦那さんがが還暦近くと言っていたので、10才ぐらい離れてたみたいで、もう何年もインポ気味で役に立たないって嘆いていたんです。

 

(これは誘われてるのかも?)

 

と思いましたが、高木さん宅に2回目の営業で訪れた時に、

 

「浄水器買ってあげたら、あっちの相手してくれる?」

 

と本当に誘惑されたんです。

 

最初は冗談かと思って適当に対応していたんですが、どうやら本気のようで、僕の股間をスラックスの上から撫でてきました。

 

僕はかなり驚いて、

 

「高木さん、マズイですよ!仕事中ですし、旦那さんが帰って来たらどうするんですか!」

 

と断りましたが、高木さんはかまわずに体を密着させてきて、股間を手でスリスリと触ってきます。

 

高木さんは40代後半といっても結構色気があり、多少抵抗しましたが、僕もきっぱり断ることが出来ず、素直にチンコは反応してしまいした。

 

それが嬉しかったみたいで、

 

「もう大きくなってきた、やっぱり若いってだけですごいわ」

 

とにこにこ笑顔で、スラックスのベルトを外して脱がし、パンツ越しに勃起したチンコに頬ずりしてきました。

 

そんな姿に僕は一気に興奮してしまい、もうされるがままで、ただ突っ立っていました。

 

「心配しないで、ちゃんと浄水器買ってあげるから。ほらそんなに硬くならないで、でもこっちは硬くしてくね」

 

興奮はしても仕事中だし、何かあったらと心配でしたので、高木さんのベタなギャグも笑えませんでした。

 

チンコだけは思いっきり反応して、ビンビンに勃起していました。

 

高木さんはしばらくチンコを撫でた後、ついに僕のパンツを下ろし、躊躇せずにパクッと咥えてきました。

 

それもすごい吸引力で、チンチンが引っ張られそうでした。

 

いわゆる、バキュームフェラですね。

 

しかも唾液を絡ませて、ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラチオしてきます。

 

これがめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

フェラチオされて3分ぐらいで、イキそうになりました。

 

このままジュポジュポされると我慢できそうになかったので、

 

「た、高木さん…もうイキそうです」

 

と言ったら、高木さんはチンコから口を離し、

 

「いいわよ、このまま口の中で一回出しちゃって…」

 

と言ってまたすぐに咥え、上目遣いでジュポジュポしてきました。

 

簡単に出しちゃ情けないと思って、かなり我慢したつもりでしたが、

 

「あ~っ、高木さん…イッちゃいます!あっ、イク~!」

 

と言いながら、そのまま高木さんの口の中に、ビクビクと脈打ちながら射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト