タグ:義母の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:義母

妊娠しても大丈夫?実は激しいセックスが好きな義母に中出しする訳

義母 中出し
画像はイメージです

 

風呂場のドアを開けると全裸の義母がいた

 

僕(雄二)は19歳の大学生で、地元の大学に通っています。

 

1年ぐらい前に、父(45歳)は僕の実の母と離婚して、今の義母さんと再婚しました。

 

実の母は、息子の僕から見ても派手好きで、家事も嫌いでろくにせず、家の事を放ったらかしてよく遊びに出掛けていました。

 

それを見かねた祖母が、よく晩御飯を作りに来てくれていました。

 

僕が小学生のころから父は実の母に愛想を尽かしていたようで、高校を卒業するのと同時に離婚しました。

 

父の仕事はスーパーの責任者で、そこにパートで働きに来た義母さんと知り合ったそうです。

 

父は実の母と離婚してすぐに今の義母さんと再婚しましたので、すでに数年間は付き合っていたんだろうと思います。

 

義母さんはまだ30歳で、長い髪を後ろで束ね、化粧も薄く清楚な顔立ちで落ち着きがあり、実の母とは正反対の女性です。

 

逆に何でこんな素敵な女性が父と一緒になったのかと不思議に思い、父に聞いてみました。

 

実は義母さんも再婚していて、離婚の理由というのが、元の姑にねちねちイビられ、それを元の夫がまったく助けてくれなかったんだそうです。

 

ついに我慢の限界がきて、27歳の時に離婚したそうです。

 

俗に言う嫁いびりで、元夫はマザコンというやつです。

 

再婚したばかりのころは、30歳なので義母さんというより、お姉さんという感じでした。

 

温かい食事、畳まれた洗濯物、綺麗に掃除された部屋、そしていつも笑顔で家にいる義母さん、全てに経験したことのない生活で感動でした。

 

僕はそんな義母さんに早く家に馴染んでもらえる様に、積極的に話しかけたり、買い物を手伝ったりして、コミュニケーションを取りました。

 

父も満足そうでした。

 

義母さんは息子となった僕にいつも優しくしてくれ、いつの間にか僕は義母さんとかお姉さんでは無く、1人の女性として意識するようになっていました。

 

家事をしている時のうなじや揺れるおっぱい、ムチムチのお尻に目が行ってしまい、興奮して勃起することもありました。

 

義母さんが来て半年ほど経ったある日、大学からの帰宅途中に突然大雨が降ってきて、ズブ濡れになりながら家に帰ってきました。

 

家には鍵が掛かっていたので誰も居ないと思い、急いでシャワーを浴びようと風呂場のドアを開けると、何と全裸の義母さんがいるではありませんか。

 

義母さんは、

 

「キャッ!」

 

と驚き、僕は慌ててドアを閉め、

 

「ゴメン!誰も居ないと思ってた!」

 

と謝りました。

 

義母さんは、

 

「こっちこそゴメンね、買い物帰りに突然雨が降ってきて濡れたから、シャワー浴びようと思って・・・」

 

と逆に謝られました。

 

一瞬でしたが、僕の目には義母さんの張りのある大きなおっぱい、くびれた腰、ムチムチのお尻が目に焼き付いて興奮し、たまらなくなってドアを開け、義母さんに後ろから抱きつきました。

 

義母さんは、

 

「何するの!?ダメよ!」

 

と抵抗しましたが、僕は後ろから義母さんの巨乳を掴んで揉みました。

 

「やめて!私達は親子なのよ!」

 

と言いながら、義母さんは僕を振りほどこうとしましたが、

 

「親子って言っても血は繋がってないし、年もそんなに離れてないじゃん、俺、義母さんの事気になってたんだよ!」

 

と言いながら、手を下に伸ばし、オマンコも触りました。

この体験談の続きを読む

義母が高校生の若いチンポに夢中でおしっこ漏らすほど感じまくり

おしっこ漏らす
画像はイメージです

 

義母が高校生の僕に「エッチなことしよう」

 

僕が中学1年の時に両親は離婚し、僕は父に付いていく事になりました。

 

そして中学3年の時に父は再婚しました。

 

相手の女性も離婚経験があり、相性が合ったみたいで、出会って2ヶ月ぐらいで再婚しました。

 

それから2年ほど経って僕は高校2年生になりましたが、義母ともうまくいっていて、平穏無事な毎日を送っていました。

 

そんなある日、友達から借りたエロDVDをベッドの下に隠して学校に行き、帰ってきたときには何故かエロDVDは机の上に置いてありました。

 

(義母にエロDVDがバレた)

 

と思い、かなりうろたえてしまいました。。

 

しかも見つかったエロDVDというのが、運の悪いことに、たまたま新妻ものだったんです。

 

でも義母は何も言わず、そのことに触れようともしませんでしたので、いつも通りに晩御飯を食べて、夜は部屋へ戻りました。

 

深夜になり、みんな寝静まった頃、借りたエロDVDを見てオナニーしようとした所で、コンコンと部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。

 

不審に思って戸を開けると、スケスケのネグリジェを着た義母でした。

 

義母は30代半ばで豊満な体をしており、そのムッチリとした肌とシットリとした唇が突然目の前に表れたので、ビックリしました。

 

僕は目のやり場に困って後ずさりすると、椅子につまづいて、そのまま椅子に腰を下ろしてしまいました。

 

すでにその時、義母の妖艶な格好を見て勃起してしまった自分の股間を押さえ、しどろもどろになりながら、

 

「な、何しに来たんだよ!」

 

と強い口調で言っても、義母は不敵な笑みを見せ、近くに寄ってきて僕の上に座る格好で、義母の股間を僕の股間に擦りつけながら、

 

「エッチなことしよう」

 

と耳元で囁いてきました。

 

その囁きで、まるで魔法に取り付かれたかのように感じ、逆らうことができなくなりました。

 

そこからは義母の独壇場でした。

 

椅子に座っている僕の前にしゃがみ込んでズボンのチャックを下げ、チンポを取り出すと、しっとりとした唇でを咥え込み、舌を使って丁寧にフェラチオしてくれました。

 

その舌使いが気持ちよすぎて、僕はただ、

 

「あーあーあーあー」

 

と言うばかりでした。

 

あっという間に義母の口の中に射精してしまった僕を見てニッコリと微笑み、そのまま尿道に残ったザーメンもチューチュー吸い取ってくれました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト