タグ:義姉の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:義姉

【童貞】昼寝している私の体を触ってきた義弟に女を教えました

昼寝中の義姉にいたずら
画像はイメージです

 

昼寝中の私の体をいたずらしてくる義弟

 

この間の夏の時期の話です。

 

義父が急な体調不良で入院する事になり、義母が付き添いで介護をすることになりました。

 

そうなると、実家には祖母と義弟だけになってしまうため、私が家事とか身の回りのお手伝いをしに行く事になりました。

 

夫は仕事があるので、私1人で手伝いに行きました。

 

私と夫が住む家からは、車で3時間くらいかかるので、泊まり込みで行きました。

 

お手伝いに行って、5日目の事です。

 

祖母はデイケアに行ってて、高校1年の義弟は部活で、家には誰もいませんでした。

私は一人でお昼ご飯を食べ、疲れてちょっと横になって昼寝をしていました。

 

しかし、寝ている途中で、何だか息苦しくなってきたんです。

 

しかも、誰かが上に乗っかっているような気が・・・

 

シャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたいなんです。

 

まだ寝ぼけていた私は、

 

(夫が触ってるのかな?)

 

って思ったけど・・・

 

(そう言えば、ここは夫の実家だ)

 

と我に返って、急に怖くなりました。

 

薄目を開けて見てみると、なんと義弟でした。

 

義弟はいつの間にか帰ってきていて、寝ている私の上にのしかかる様な体勢でシャツを捲り上げ、恐る恐るおっぱいを揉んでいました。

 

まだ僅かに寝ぼけ気味の私は、

 

(ヤバイヨ、ヤバイヨ)

 

と何故か出川哲朗の物まねを頭の中でしつつも、ひとまず寝たふりをしていました。

 

義弟は手の平でゆっくりと両方のおっぱいを揉み、乳首をクリクリと転がしながら触っています。

 

時々、おっぱいの谷間に顔を埋めて、スーッと息を吸って匂いを嗅いでいるみたいでした。

 

(どうしよーっ)

 

て困っていたら、義弟はとうとうスカートを捲り、パンティーの中に手を入れてきました。

 

しかし、どこをどう触っていいか分からないみたいで、指でオマンコをなぞったり、思いつきで弄っています。

 

そのぎこちない指使いが、焦らされているみたいに感じて、私は興奮してしまってオマンコが濡れてきちゃいました。

 

こんな状態で、

 

(濡れてるのがバレたらヤバい!)

 

って心配してたら、指が動く度にニチャッと音がし始めちゃって、義弟も濡れた事に気がついたみたいです。

 

手を抜いたと思ったら、一気に足首までパンティーを脱がされてしまいました。

 

「ごくんっ」

 

とつばを飲み込む音が聞こえて、興奮している義弟の息がオマンコにかかり、私は思わず声が出そうになりました。

 

そして私のオマンコを指で開き、じっくり見ているようでした。

 

オマンコの匂いも嗅いでいるみたいで、私の愛液を指で触って音を立てたり、舌先で突ついたりしていました。

 

そしてゆっくりと、オマンコに指を入れてきました。

 

頑張って声を押し殺していましたが、もう限界です。

 

「あぁん!」

 

と喘ぎ声が出て、腰を反らして反応してしまいました。

 

義弟はかなり驚いて、オマンコから指を抜きました。

 

私が身を起こすと、

 

「お、お義姉さん!起きてたんですか?」

 

相当に動揺しているみたいでした。

この体験談の続きを読む

【ドラッグ】義姉とのセックスが中毒になるほど気持ちよすぎる

ドラッグセックス
画像はイメージです

 

義姉が冗談でラブホに誘ってきた?

 

俺は結婚して6年、今年で30歳になります。

 

義姉がいるのですが、まだ独身の28歳です。

 

今年の正月、毎年の事ですが田舎の実家に集まりました。

 

正月なので昼間から酒を飲み、義父、嫁が早々に酔いつぶれ、子供らは昼寝をしています。

 

酒に強い義姉と俺だけが起きている状態になりました。

 

食べるものが無くなってきたので、、義姉さんが買出しに行こうと俺を誘ってきたので、車で出かけました。

 

昔は今ほど飲酒運転に厳しくなかったので・・・

 

田舎なのでお店も近くにはなく、少し遠出しなければなりません。

 

その道中にラブホテルがあるのですが、そこの手前辺りで、ホロ酔い状態の義姉が小さな声で、

 

「入ってみる?」

 

と言ってきたのです。

 

「えっ?!」

 

と驚いた声を出すと、

 

「なんでもない」

 

と義姉は言いましたが、俺は車を右折させていました。

 

そして躊躇なく駐車場に入っていきました。

 

車を降りると義姉は、

 

「私、こういうとこ、よく分かんなーい」

 

と甘えたような言い方をしながら、俺の肩にしなだれかかってきました。

 

「墓場まで持っていけると約束できるか?」

 

と古風な言い方で尋ねると、

 

「うん」

 

と義姉は返事をしました。

 

義姉の顔は西尾由佳理アナウンサーに似ていて、小柄ですがおっぱいの形がよく、Fカップあるそうです。

 

義姉が、

 

「遅いと怪しまれるから、1時間ぐらいで終わらせましょう」

 

と言ったので、急いでシャワーを浴びました。

この体験談の続きを読む

欲求不満で誘惑してきた義姉が超危険日なのに中出ししたら・・・

裸エプロン
画像はイメージです

 

義姉のムッチリしたお尻に勃起してしまった

 

俺は高3で大学への推薦入学が決まり、最近は毎日暇を持て余していた。

 

俺には結婚している兄貴がいて、その嫁さんも我が家に一緒に住んでいる。

 

しかしこの嫁さんが、童貞の俺には目の毒なのである。

 

義姉の結花さんは、色白の美人で身長もわりと高く、細身でおっぱいも大きくスタイルがとてもいい。

 

ミニスカート姿も多く、そこからスラリとした長い足が見え、丸みを帯びた形のいい尻、キッチンで料理をしている後ろ姿を見ながら、しょっちゅう悶々としていた。

 

「良雄くん!ちょっとっ!早く来て!」

 

家族が揃って出かけた休日、キッチンから義姉の慌てた声が聞こえてきた。

 

何事かと思って速攻で駆けつけると、戸棚の高い所にあった重いものを、一人で下ろそうとしている義姉がいた。

 

無理な体勢になって重いものを下ろそうとしていたので、動けなくなって固まってしまっていた。

 

しかも、背伸びしていたせいでミニスカートがせり上がり、後ろからパンティーが見えていた。

 

白いパンティーに隠れたムッチリしたお尻があらわになっていた。

 

数日センズリをしてなくて溜まっていたのもあり、義姉のムチムチヒップを見ただけで勃起してしまった。

 

そんなことより早く助けてあげないといけない。

 

義姉のお尻に勃起チンポが触れないように注意して荷物を支えてあげた。

 

どうしても体が密着する形になり、義姉の甘い香りが漂ってきた。

 

とてもいい香りにドキドキし、これ以上ないほどまでにガチガチに勃起した。

 

「ありがとう、良雄君。とっても助かったわ」

 

「いえ、どういたしまして」

 

荷物を徐々に下ろしていくと、義姉はようやく足のかかとを床に付けることが出来た。

 

ところがそれと同時に義姉のお尻が、モッコリと膨らんでいる俺のチンコに触れてしまった。

 

「あれっ!?」

 

義姉に気付かれてしまったみたいだ。俺は、

 

(ヤバい!)

 

と思いながらも、まだ荷物は下ろせてないので離れることも出来ず、焦りと恥ずかしさで顔が赤くなっているのは間違いない。

 

ところが、早く荷物を下ろしたいのに、義姉はなかなか下ろさない。

 

しかもお尻をくねらせ、俺の勃起チンポを刺激してきた。

 

「うふふ…良雄君、なんか当たってるんだけど?」

 

「い、いや・・・あの、それは・・・」

 

義姉は後ろを振り返り、不適な笑みを浮かべながらで聞いてきた。

 

正面を向かれたもんだから、ちょうど先端に義姉のパンティー越しのオマンコに当たって擦られてる。

 

当然、気持ちよかった。

 

「あのね?あなたのお兄さんったら、最近ずっと仕事が忙しく疲れてて・・・ずっと相手してくれてないのよ」

 

「えっ?何・・・の・・・ですか?」

 

「夜のせ・い・か・つ・・・」

 

(・・・!!)

 

「はっきり言って欲求不満なの。ねぇ、良雄君・・・エッチしちゃおっか?」

 

「ええっ?!」

 

「いいでしょ?!良雄君、彼女はいるの?」

 

「い、いえ、いないです」

 

「じゃあ、いいじゃない。私たちは血が繋がってないんだし」

 

「でも、兄貴に悪いですよ」

 

「悪いのはあなたのお兄さんの方じゃない。良雄君も私をいやらしい目で見たからこんなに大きくしたんでしょ?」

 

義姉は体を密着させたまま俺を誘惑してきた。勃起チンポは当たったままである。

 

「ねえ、溜まってるんじゃない?お姉さんがスッキリさせてあげるから・・・」

 

と言って腰をくねらせてきた。俺の勃起チンポはさらに擦られる。

 

義姉からの誘惑トークにチンポまで擦られたら我慢も限界。ついに、

 

「お願いしますっ!」

 

て言ってしまった。

 

(すまん、兄貴。でもこんな魅力的な女性と結婚した兄貴が悪いんだ。)

 

「良雄君が固くて大きなものを押し付けてくるから、濡れちゃったじゃないの・・・ほら見て・・・」

 

白いパンティーをずらして見ると、ネチョって感じで糸を引いていた。

 

「ね?濡れてるでしょ?良雄君のおちんちんが欲しくなってるの。もう入れていいわよ」

 

俺だってさっきからチンポ擦られ続けてガマン汁が出まくっていた。

 

義姉が入れてもいいって言うんだから遠慮なく挿入することにした。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト