家庭教師
画像はイメージです

 

優しい家庭教師のお姉さんが豹変

 

僕は現在高校2年生ですが、運動オンチで成績も悪いので、親が僕に家庭教師を付けました。

 

僕はそんなものは嫌だったんですが、反対できるはずもありませんでした。

 

そして数日後、家庭教師が来たんですが、女性でしかも結構美人な女子大生で、美緒という名前でした。

 

僕はこれほど美人なら、家庭教師が付いてもいいかなと思いました。

 

さらに、美緒に教えてもらうようになってから1か月ほどしてから、父親の海外赴任が決まり、母親も一緒に海外に付いていくことになりました。

 

家庭教師の美緒がいる時は、家で僕と二人っきりになるので、なんだかワクワクします。

 

しかし、その期待がこういったことになるとは、思ってもみなかったです・・・

 

美緒は綺麗でプロポーションもよく、僕に勉強を丁寧に優しく教えてくれました。

 

僕もその期待に応えようと、必死に勉強しました。

 

しかし、次のテストも全然成績が上がらず、情けないやら申し訳ないやらで、美緒にテストの結果を見せました。

 

すると美緒は、今まで僕が見たこと無いような怒った顔になり、大きな声で

 

「どうして分かりやすく教えたのにこんな点数なの!できが悪いならお仕置きするしかないわね!」

 

と言って僕の腕を捕まえました。

 

優しかった美緒は、突然怖いお姉さんに豹変したのです。

 

僕は逃げようとしましたが、美緒は柔道をやっていて力も強いので、逃げられるはずがありません。

 

美緒は僕を四つんばいにさせると、僕のズボンとパンツを荒々しく脱がせました。

 

僕は抵抗しようとしましたが、怖くて動けませんでした。

 

美緒は

 

「今からお尻たたきするから、ちゃんと反省しなさい!」

 

と言って僕のお尻をたたき始めました。

 

僕は、

 

「ごめんなさい!痛い、やめて!」

 

と言いましたが、美緒はSっ気があるのか、僕の嫌がる声をまるで楽しんでいるように見えました。

 

何十回もお尻をたたかれて、ようやく終わりました。

 

そして僕は、下半身丸出しのまま立たされました。

 

恥ずかしいので手で隠していましたが、美緒は僕のチンコを隠している手を振り払いました。

 

美緒は僕のチンコを指さして笑いながら、

 

「何このおちんちん、小さいわね~、しかも包茎で毛も生えてないし、本当に高校生なの?」

 

僕は悔しいやら恥ずかしいやらで真っ赤にして下を向いていると、美緒は定規を持ってきて、なんと僕のチンコを測りだしました。

この体験談の続きを読む