タグ:絶倫の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:絶倫

巨根で絶倫の俺に嫁が性欲旺盛なママ友を抱かせる約束をした結果…

絶倫、性欲旺盛
画像はイメージです

 

俺をママ友に抱かせる約束をする嫁

 

俺は40歳で嫁は30歳。

 

嫁が20歳の時にうっかり中出しして「できちゃった婚」となり、今ではなんと子供が5人いる。

 

嫁はAV女優の吉沢明歩に似ていて、結構可愛くておっぱいもDカップだし、ほぼ満足している。

 

俺の仕事は肉体労働なので体力はあるし、絶倫といえるかは分からないが、毎晩2回はできる。

 

でも最近は嫁がもたないので、それでも週4ぐらいはセックスしている。

 

一番下の子供も幼稚園に入ったので嫁は比較的自由になり、最近はママ友と時おり飲みに行く様になった。

 

本当に仲の良い3人とばかり行っていて、何でも話せるので気が楽だそうだ。

 

前置きが長くなったが、ここからが本題。

 

そんな仲間で飲んでいて、話の流れで夜の営みの話になったそうで、仁美(29歳2人の子持ち)は2人目が生まれてから2年セックスレスで、智子(31歳3人の子持ち)は月に一回ぐらい。

 

もう一人(名前は知らない)も、やって月一、年に10回もしないそうだ。

 

嫁は驚いて、

 

「ゆきちゃん(嫁)のとこは?結構エッチやってそうだけど月に何回?」

 

と聞かれ、正直に言うか迷いながら、

 

「減って週4回」

 

って言うとめちゃくちゃビックリされたそうだ。

 

それからは質問攻めに合い、わりと細かいとこまで答えたらしく、回数や時間など。

 

以前は毎日で、休み前は朝まで励むのが当たり前、てな事を言ったらドン引きされ、

 

「うそー?さすがに盛ってるよね?」

 

となかなか信じてもらえなかったそうだ。

 

すると仁美が、

 

「いいな~、私も性欲旺盛な方だから、淡白な旦那で欲求不満なんだよね~」

 

と言い、そこからは元彼の話にもなり、

 

「あん時の彼は絶倫だったな~」

 

なんて話をされると嫁は

 

「私は今の旦那が初めての相手なんだけど」

 

と言うと、またしても驚かれ、

 

「初めてが性欲強い人だったんだ~」

 

と言われ、俺と同年代の平均セックス回数なんかの話をされ、逆に嫁がびっくりしたそうだ。

 

話はセックスで盛り上がったところで、仁美が真顔で、

 

「ゆきちゃん、一度旦那さんを貸してくれない?」

 

と言われて、

 

「なに言ってるの?」

 

と冗談と思って笑いながら言うと、

 

「本気なのよ!このままじゃ身体が疼いて浮気しちゃいそうだもの」

 

と真剣に言われ、仁美の本気は感じたそうだ。

 

身体の関係だけだし、お互いの家庭を絶対に壊さないと力説され、

 

「じゃあ叙々苑で焼肉食べ放題でどう?」

 

と言われてあっさり了承したそうだ。

この体験談の続きを読む

女湯を覗いた男を捕まえて強制オナニーさせたら絶倫だったので楽しみました

強制オナニー
画像はイメージです

 

覗きの罰としておちんちん出させました

 

同じ職場の先輩二人ととある温泉に行った時の貴重な体験です。

 

私(22歳)、Mさん(29歳)、Rさん(30歳)の3人ですが、私以外の2人はすでに結婚しています。

 

夜の10時ごろ、3人ともお風呂から上がった後、脱衣所で裸のまんまそれぞれのお肌のケアなどに話が盛り上がっていました。

 

そんな時、Rさんが脱衣場を仕切っている暖簾に誰かが身を潜めて覗いているのを発見したんです。

 

即座に逃げ出そうとしている覗き魔の腕を掴んで、みんなで脱衣所に引きずり込みました。見ると25歳くらいのサラリーマンっぽい男です。

 

男はふてぶてしく特に悪びれもせずに、

 

「男湯と勘違いしただけです」

 

とへっちゃらな顔で言うのです。

 

その時、私たちは体にタオルを巻いたままの格好でしたので、男に逃げられないよう入口のドアを施錠し、慌ただしく浴衣に着替えました。

 

Rさんが、

 

「旅館の人に通報するから」

 

と言うと男は突如態度を変え、

 

「そ、それだけは勘弁して下さい」

 

とか細い声に。3人で協議して、私たちの部屋へ引き連れていくことにしました。

 

話を聞くと会社の旅行で来ていて、他の人たちは宴会で賑わっているところを抜け出してきたとのことです。

 

部屋に入ると、男が詫びを入れると思いきやさっきの態度を忘れた様に、いまひとつ反省した様子も見受けられないのです。

 

Mさんが通報しようと受話器を取ったところで、

 

「申し訳ございませんでした」

 

と今度は床に頭を擦り付けながら詫びています。

 

「あんたにはもう騙されないわよ」

 

男はしばし無言だったんですが・・・。

 

「本当に悪いことをしました。さっきは申し訳ありません。本気で反省しています。お許しください」

 

本当に泣きべそをかきながら言っているみたいでした。

 

「あなたが心の底から反省してるなら、態度で示していただきましょうね。あなたは女の裸を見て楽しんだんだから・・・それもまとめて3人も。なんで次は私たちが楽しむ番よね・・・分かるでしょ」

 

男は諦めたのでしょう・・・静かに頷くと立ち上がり、浴衣を脱ぎ始めました。

 

身長は170cm位だと思います。日に焼けていてスポーツでもしているのか意外と引き締まった体格です。

 

お臍のまわりから胸まで細くて薄い毛が見えます。上半身は裸になりましたが、まだ下半身は白のブリーフを穿いています。

 

そのブリーフがもっこりと盛り上がっていて、隙間から陰毛がはみ出しており、そこから膝周辺まで黒い毛があります。

 

男は体全体が毛深いみたいですが、特に見苦しいとは思わず、どちらかというと格好良い部類だと思います。

 

私はもうこの時から心臓バクバクで、きっちりと男の顔は見られませんでした。

 

「ブリーフも脱ぎなさい」

 

男はちょっと尻込みしましたが、思い切って脱ぐと、大事なイチモツがブルンと現われ、ぶらんと前方に垂れ下がっています。

 

私はこの時に、大人の男性の生のおちんちんを初めて目にしました。

この体験談の続きを読む

黒光りするデカチンを持つハーフの男子生徒が絶倫すぎて失神しました

プールサイドでセックス
画像はイメージです

 

セックスが好きではなかったのに電マを使ってからは

 

わたしは高等学校で水泳部の顧問をしている女性教師です。年齢は31才で結婚3年目です。いまだに子供は授かっていません。旦那は同じ高校の教師です。

 

私は10代の頃からスポーツばっかりやっていて、周囲の男子も体育会系ばっかりでした。しかし私はどちらかと言うなら口数の少ない男子が好きで、現在の旦那も文系の人です。

 

夫婦生活も申し分ないのですが、たった1つだけ欲求不満があります。夫がいまではセックスに関心が消え失せきてしまっているようなのです。

 

休みの日はいつも本を読んでいるか、模型を作り上げているか、外に行っても釣りをやっているだけです。多くは夫婦としての接点が消失しています。

 

私は年若き頃はセックスにほとんど関心がなかったのです。当時の彼氏は常日頃からでもエッチを求めて来たのですが、私は少々苦痛でした。

 

気持ちいいという感覚はあるのですけど、濡れにくいのかちょっと痛みを感じる時もあり、身近な友達が言うみたいに気持ちいいとはいまひとつ思いませんでした。

ただし、

 

「好きな彼が気持ちよくなってくれるなら嬉しい!」

 

と、ただそれだけでした。

 

しかしながら30才になったときに友人がプレゼントに「電マ」をくれたんです。始めはなんてことはないマッサージ機だと考えてたんですけど、友人が

 

「めっちゃ気持ちいいよ」

 

ってアドバイスしてくれたので、帰宅して一人の時に使用してみたんです。もう驚きでした。友達には

 

「最初から直接当てたら駄目だよ!」

 

って指示されてたので、パンティーの上から当るか当たらないかって程度の位置で当てたのですが、全身が痺れてしまい、ふと気づけば声が出てるぐらい感じてしまいましてアッという間にイッてしまいました。

 

人生経験したことのないオーガズムが電マでした。もの凄かったです。

 

当分体に力が入らず、足は変な具合に痙攣しているし、ベッドにはシミが出来てるし、それならば全員が気持ちいいって言うのもうなづけました。

 

それ以降常日頃から電マでオナニーしてしまうようになってしまい、最近ではクリトリスの皮をめくり上げて直接当ててオナニーしています。

 

クリも凄く大きくなってしまったようです。それと並行してセックスに対する願望も増大してきて、私から主人を初めて誘ってしまったのです。

 

でもとても淡白なセックスだったので全く満足できず、後でトイレでオナニーしました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト