タグ:童貞の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:童貞

欲求不満で誘惑してきた義姉が超危険日なのに中出ししたら・・・

裸エプロン
画像はイメージです

 

義姉のムッチリしたお尻に勃起してしまった

 

俺は高3で大学への推薦入学が決まり、最近は毎日暇を持て余していた。

 

俺には結婚している兄貴がいて、その嫁さんも我が家に一緒に住んでいる。

 

しかしこの嫁さんが、童貞の俺には目の毒なのである。

 

義姉の結花さんは、色白の美人で身長もわりと高く、細身でおっぱいも大きくスタイルがとてもいい。

 

ミニスカート姿も多く、そこからスラリとした長い足が見え、丸みを帯びた形のいい尻、キッチンで料理をしている後ろ姿を見ながら、しょっちゅう悶々としていた。

 

「良雄くん!ちょっとっ!早く来て!」

 

家族が揃って出かけた休日、キッチンから義姉の慌てた声が聞こえてきた。

 

何事かと思って速攻で駆けつけると、戸棚の高い所にあった重いものを、一人で下ろそうとしている義姉がいた。

 

無理な体勢になって重いものを下ろそうとしていたので、動けなくなって固まってしまっていた。

 

しかも、背伸びしていたせいでミニスカートがせり上がり、後ろからパンティーが見えていた。

 

白いパンティーに隠れたムッチリしたお尻があらわになっていた。

 

数日センズリをしてなくて溜まっていたのもあり、義姉のムチムチヒップを見ただけで勃起してしまった。

 

そんなことより早く助けてあげないといけない。

 

義姉のお尻に勃起チンポが触れないように注意して荷物を支えてあげた。

 

どうしても体が密着する形になり、義姉の甘い香りが漂ってきた。

 

とてもいい香りにドキドキし、これ以上ないほどまでにガチガチに勃起した。

 

「ありがとう、良雄君。とっても助かったわ」

 

「いえ、どういたしまして」

 

荷物を徐々に下ろしていくと、義姉はようやく足のかかとを床に付けることが出来た。

 

ところがそれと同時に義姉のお尻が、モッコリと膨らんでいる俺のチンコに触れてしまった。

 

「あれっ!?」

 

義姉に気付かれてしまったみたいだ。俺は、

 

(ヤバい!)

 

と思いながらも、まだ荷物は下ろせてないので離れることも出来ず、焦りと恥ずかしさで顔が赤くなっているのは間違いない。

 

ところが、早く荷物を下ろしたいのに、義姉はなかなか下ろさない。

 

しかもお尻をくねらせ、俺の勃起チンポを刺激してきた。

 

「うふふ…良雄君、なんか当たってるんだけど?」

 

「い、いや・・・あの、それは・・・」

 

義姉は後ろを振り返り、不適な笑みを浮かべながらで聞いてきた。

 

正面を向かれたもんだから、ちょうど先端に義姉のパンティー越しのオマンコに当たって擦られてる。

 

当然、気持ちよかった。

 

「あのね?あなたのお兄さんったら、最近ずっと仕事が忙しく疲れてて・・・ずっと相手してくれてないのよ」

 

「えっ?何・・・の・・・ですか?」

 

「夜のせ・い・か・つ・・・」

 

(・・・!!)

 

「はっきり言って欲求不満なの。ねぇ、良雄君・・・エッチしちゃおっか?」

 

「ええっ?!」

 

「いいでしょ?!良雄君、彼女はいるの?」

 

「い、いえ、いないです」

 

「じゃあ、いいじゃない。私たちは血が繋がってないんだし」

 

「でも、兄貴に悪いですよ」

 

「悪いのはあなたのお兄さんの方じゃない。良雄君も私をいやらしい目で見たからこんなに大きくしたんでしょ?」

 

義姉は体を密着させたまま俺を誘惑してきた。勃起チンポは当たったままである。

 

「ねえ、溜まってるんじゃない?お姉さんがスッキリさせてあげるから・・・」

 

と言って腰をくねらせてきた。俺の勃起チンポはさらに擦られる。

 

義姉からの誘惑トークにチンポまで擦られたら我慢も限界。ついに、

 

「お願いしますっ!」

 

て言ってしまった。

 

(すまん、兄貴。でもこんな魅力的な女性と結婚した兄貴が悪いんだ。)

 

「良雄君が固くて大きなものを押し付けてくるから、濡れちゃったじゃないの・・・ほら見て・・・」

 

白いパンティーをずらして見ると、ネチョって感じで糸を引いていた。

 

「ね?濡れてるでしょ?良雄君のおちんちんが欲しくなってるの。もう入れていいわよ」

 

俺だってさっきからチンポ擦られ続けてガマン汁が出まくっていた。

 

義姉が入れてもいいって言うんだから遠慮なく挿入することにした。

この体験談の続きを読む

デカチンのくせに童貞で早漏だった俺を2人の女子が鍛えてくれた

3p セックス
画像はイメージです

 

チンコはでかいが早漏だった俺

 

俺(隼人)が高校一年の時の話です。

 

当時俺は少し引き篭もりがちで、学校にもあまり行かなかったんだが、それを心配して親が仲の良い親戚に相談を持ち掛けていたらしい。

 

その親戚っていうのは、娘の麻里(一つ年上だが去年高校を中退しているので、現在は俺と同じ高一。しかも結構可愛いと評判)がいるのだが、他の親戚の娘の恵(俺と同い年だが高校に行ってない。顔はまあまあ)を更生させようと預かっている家だった。

 

それで、まとめて面倒を見るという事で、俺もその家に数日間だけ泊まる事になったんだが、その家から学校へ通って、帰っての日々を送る。

 

そして数日が経って事件は起きた。

 

その家はよく動物園に連れて行ってくれるみたいだが、もちろん私も一緒に行った。

 

問題は家に帰って来てからだ。

 

俺は家の中を歩いていた時、玄関前を通ろうとすると、麻里が下着姿になっているのが見えた。

 

この家はどうしてなのか玄関前にタンスが置いてある。

 

俺は気にせずそのまま通り過ぎたんだが、後から恵に2階の麻里の部屋に来るように言われた。

 

恵  「ねー隼人。麻里の裸見たって本当?」

 

隼人「いや、見てないよ。」

 

麻里「下着だけだし。いとこだから問題ないよ。」

 

恵  「え~、いとことか関係ないよ。見られただけ損じゃん。隼人のも見せなよ。女の下着は男の裸と同等だよ。」

 

麻里「そんな別にいいよ。いとこなんだし、私は裸でも別に平気だし」

 

恵  「ダメだよ。そんなんだとお母さんに言っちゃうよ。」

 

麻里「う~ん。でも隼人童貞でしょ。可哀想だよ。」

 

ここでしばらく話が逸れた。

 

ある程度時間が経って、麻里と恵がおもむろにタバコを吸い出した。

 

恵  「隼人も吸う?ってか、吸ってみな」

 

なんだか自分はあんまり逆らえる状況じゃ無かったので、寄こされたタバコを吸ってみた。

 

しかしこれが狙いだったみたいだ。

 

恵  「隼人~。麻里のお母さんはタバコにうるさいよ~。チクられたくなかったら服脱ぎなよ。見てあげるから」

 

(自分たちが吸っておきながら、とんでもないこと言うな)

 

とは思ったが、まんまとハメられてしまった。

 

しかもさっきまで消極的だった麻里も、どういうわけか何も言わず、俺が脱ぐのを待っている様子だった。

 

俺はもう観念し、脱ぐ事にした。

 

正直童貞だし、同じ年頃の女子に見られるなんて恥ずかしいはずなのだが、なぜか興奮する自分がいて、服を脱ぐ前からチンコは完全勃起状態になっていた。

 

俺は往生際よくパンツも一気に下ろした。

 

麻里、恵 「おおぉぉ~!」

 

恵  「すげぇ、マジ起ってるし、しかもデケェじゃん」

 

俺は童貞だがチンコは大きく、勃起時には根本から先端まで20cm以上ある。

 

恵  「なんで勃起?見られるって思うだけで興奮した?マジ童貞なんだね」

 

麻里「こんなにビンビンだったら、もう我慢出来ないっしょ?」

 

恵  「そりゃそうだね。この後絶対トイレ行ってシコシコするだろ。特別サービスで抜いてあげるか?」

 

麻里「じゃあそこに仰向けで寝な。」

 

俺は左右から麻里と恵にチンコを握られ、シゴかれ始めた。

 

何度も言うが、俺は童貞である。女子にチンコを触られただけでイキそうなのである。

 

チンコをシゴかれ始めて、おそらく5秒と持たなかったと思う。

 

ビュッ!ビュビューー、ビュー、ビュー!!

 

あっという間に、勢い良く射精してしまった。

この体験談の続きを読む

【高校生】セックスしたいと告白された私は自分から腰を動かしていました

熟女と童貞セックス
画像はイメージです

 

 

高校生の男の子が突然の告白

 

何を隠そう私、知人の息子さんとセックスするようになってどなたにも相談できなくて悶々としていたんです。

 

直也君が高校生になったばかりの春、たまたま、うちにやってきた直也君に、

 

「高校生になったお祝い、何が欲しい?」

 

って聞いたとき、直也君はなんと、

 

「おばちゃん」

 

って平然と言ったのを、つい昨日のことのように思い出します。

 

まだ、幼く見える直也君でしたので、

 

「おばちゃんは、この家の奥さんだから、あげられないわよ」

 

って笑って冗談っぽく受け流そうとしたら、下を向いて無言になってしまったので、

 

「おばちゃんを貰えたとしたらどうするの?」

 

って言ったんです。そうしたら、顔を上げてまた平然と私を見て言うのです。

 

「セックス」

 

その時はちょっとオロオロしました。

 

そしてやんわりと、言いくるめるように話したつもりでしたが、もう、その時私はハラハラしてしまってちょっと噛みながらながら必死に話しました。

 

「セックス?直也君、セックスってどういうことか知ってるの?」

 

直也君は軽く頷きました。

 

「セックスっていうのは、とても恥ずかしいことなの。だから本当に好きな相手としか、しちゃいけないものなの。」

 

そう言いました。そしたら、直也君は、

 

「だって僕、おばちゃんのことが好きなんだ。」

 

って言うんです。

 

その瞬間に、直也君がとても可愛く思えて、直也君が座っているソファーの隣に私も座り、軽く抱きしめてあげたんです。

 

そしたら直也君もギュッと抱きしめてきました。直也君は私の耳元で、

 

「おばちゃん、いい匂いだね」

 

って囁くんです。もう私、オマンコがジュン!って感じて濡れてきたのが分かりました。

 

直也君もズボンの中でおちんちんを大きく、固くさせているのが確認できました。

この体験談の続きを読む

【高校生】下宿先のおばさんが淫乱すぎてセックス漬けの毎日

熟女とセックス
画像はイメージです

 

下宿先のおばさんがとんでもなくエロかった

 

僕の実家はとても田舎だったので、高校進学とともに学校近くで下宿生活を始めました。

 

下宿したのは、四十代前半の奥さんと六十過ぎの旦那さんの年の差夫婦二人暮らしの家でした。

 

奥さんはまあまあふくよかでしたが、おっぱいも大きく色気ムンムンて感じでした。

 

一方、旦那さんはアルコールが大好きで、毎晩飲んだくれて帰ってこないことも頻繁にありました。

 

ある夏の晩、夜も更けて僕はお風呂から上がってそのまま部屋に帰ろうとしていました。

 

廊下をパンツ一丁で歩いていると、ご夫婦の寝室からウィ~ンという聞きなれない振動音が響いてきました。

 

寝室の障子が少し開いていたので隙間からこっそり覗くと、奥さんが一人布団の上でモゾモゾしています。

 

ハアハアという声もするので、僕は

 

「奥さん、どうしたんですか?」

 

と心配になり声を掛けました。

 

近寄って気が付いたんですが、奥さんは裸でバイブを使っていました。

 

色気のある奥さんだけに、みだらな姿を見てしまった僕は、思わず勃起してしまいました。

 

奥さんは布団も掛けず丸見えの状態なのに、隠そうともせず

 

「信二くん、こっちに来て、旦那は今晩は帰ってこないから。」

 

と誘ってきたんです。

 

ドキドキして近づいていくと、奥さんはパンツの上から僕のチンポを掴んできました。

 

ぼくは中学の頃からほぼ毎日センズリしていて、チンポの皮も剥け、亀頭も大きく発達していました。

 

「いや~年の割りにおっきいおちんちんね。最近の子は発育がいいのかしらね。」

 

「おばさんに今晩このおちんちん使わせてくれない?」

 

と言います。

 

そして、僕のもっこりと膨らんだパンツをズリ下げると、勢いよくビンビンのチンポが出てきました。

 

奥さんは嬉しそうにチンポをいじくり廻し始めました。さらに、

 

「こっちにおちんちんを向けてごらん、シャブッてあげるわ。」

 

と言ってフェラチオしてくれたんです。

 

おばさんは亀頭を舐め、竿や金玉を揉みながら、尻の穴にも舌を這わせてきます。

 

これが超気持ちいいんです。

 

本当に熟練女のフェラチオはテクニックがあるので、チンポはすぐ発射しそうになりました。思わず、

 

「ああ~もう出そうです!」

 

と言うとおばさんは、

 

「もうちょっと我慢しなさい。信二くん童貞でしょ。これから卒業までたっぷりエッチなこと仕込んであげるわ。」

 

と言われました。実際、その晩からぼくはおばさんの性奴隷と化しました。

 

おばさんは旦那さんが居ないとき、昼でも夜でも関係なく僕の部屋に入ってくるようになりました。

 

僕はカギのない二階の部屋にいる時は、いつもフルチンでいるように言われていました。

 

おばさんは部屋に入ってくるととすぐにチンポを触り、

 

「さあ、おちんちん勃ててごらん」

 

と言います。

 

竿や金玉を揉まれ、乳首も吸われると、いとも簡単にチンポは勃起します。

 

おばさんは、

 

「ああ、若い子のおちんちんはすぐビンビンになるわねぇ。この硬さがたまらないわぁ。」

 

とチンポに頬ずりしながら喜びます。

 

長時間チンポを吸いまくり、いじくり廻したりして遊びますが、なかなか射精させてくれません。

 

それから自分もスッポンポンになり、オマンコを舐めさせます。

 

「いい?オマンコの奥まで舌を入れて掻き回すのよ。」

 

「クリトリスはちゃんと皮を剥いて舐めてね。」

 

僕はチンポを勃起させたまま、おばさんのオマンコから愛液が出るまで、ベロベロ舐めまくります。

 

それから興奮した状態のおばさんは、チンポの上に跨ります。

 

おばさんは騎乗位が大好きみたいです。

 

大きなおっぱいをぶるんぶるん揺らし、ケダモノのような喘ぎ声を発しながらグリグリ腰を動かします。

 

「はあ~、もっとオマンコ突いて~。今日は安全日だから、中にたっぷり出してね」

 

とおばさんは僕に指示します。

この体験談の続きを読む

【処女・童貞】学校のトイレで初体験同士が出血しながらセックス

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト