タグ:童貞の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:童貞

【童貞】お礼という口実で僕を誘惑する巨乳人妻にチンポを気に入られた

美巨乳
画像はイメージです

 

お姉さんが全裸でお風呂に入ってきた

 

僕が高校2年の時の話です。

 

僕は中学の時からテニスをやっていて、以前通っていたテニススクールに顔を出し、生徒の練習をちょっとだけ教えたりしていました。

 

その時は夏休みだったんですが、平日の昼間だったのでほとんどが女性でした。

 

20代半ばから40歳ぐらいまでの人が多かったので、生徒といってもみんな僕より年上です。

 

その中の生徒で29歳の女性がいたんですが、あまりうまくならないので僕に教えてほしいと頼まれ、隅のほうで1対1で教えていました。

 

今思うと、その時から僕はその女性に狙われていたんだと思います。

 

いつの間にか二人で練習することが多くなりました。

 

テニススクールでは運動着を着る人が多かったんですが、その女性はTシャツにスコートという格好で、スクールの中ではお金もかけてるし、色っぽい服装をしていました。

 

ある日、練習の合間の休憩中に二人で話をしていた時です。

 

「私下手でしょう?服装ばっかり一人前で」

 

当時、高校生の僕から見ても、彼女は可愛い大人の女性で、しかも胸が大きいんです。

 

そして悪戯っぽく、

 

「○○君時々私の胸見てるでしょう?怒らないから正直にいいなさい」

 

と言われて僕はびっくりして戸惑いながら、

 

「いや、あの、大きいな~と思って・・・」

 

「もう高校生だし女の体に興味あるわよね。ねぇ、今日の練習が終わったらうちに来ない?いつも教えてもらってるからお礼がしたいの」

 

「そんな、お礼だなんていいですよ」

 

と僕は遠慮したんですが、

 

「いいじゃない、昼間はいつも私一人だから遠慮しなくていいわよ」

 

彼女はベンツに乗ってきていて、家まで乗せて行ってもらいました。

 

家に着くと、

 

「汗かいてるし、シャワー浴びてきたら」

 

と言われてシャワーを浴びていたら、

 

「私も」

 

といって胸と股間を手で隠してましたが、なんと全裸で入ってきました。

 

手で隠してもはっきりわかるおっぱいの大きさに、僕は興奮してしまいました。

この体験談の続きを読む

中学の修学旅行で童貞の僕は処女に囲まれて生セックスショー

修学旅行
画像はイメージです

 

女子が全裸で部屋にやってきた

 

僕の初体験は、中学2年の時の修学旅行でした。

 

僕の中学は、修学旅行の最後の夜は先生もうるさく言わず、夜も見回りをしないというので、みんな夜更かしして遊ぶ予定でした。

 

夕食が終わると、同部屋の友達とこっそり買い込んでいたビールなんかを飲みながら、誰かが持ってきたエロDVDを、部屋に備え付けてあるDVDプレイヤーで見ていました。

 

1本目が終わったところで3人がトイレに行き、1人は売店にジュースを買いに、もう1人は別の部屋に遊びに行きました。

 

部屋に僕1人だけが残り、次に見る予定のDVDをチェックしているところへ、突然誰かが部屋に飛び込んできました。

 

見ると、同じクラスの女子である君子が全裸で、両手で股間を隠して立っていました。

 

僕は一瞬目が点になり、唖然としてしまいましたが、

 

「ああ、よかった。信二(僕の名前)いたんだ」

 

と君子。

 

なにかとんでもないことが起きたんじゃないかと思った僕は君子に、

 

「ど、どうしたんだよ、その格好?」

 

と尋ねると、

 

「女子の部屋でトランプして遊んでるんだけど、罰ゲームで脱がされちゃったんだ。とりあえず一緒に来てくれない?」

 

「いまみんなでDVD見てるとこなんだけど・・・」

 

もうすぐトイレや買い物に行った連中が戻ってくると思い、僕は君子にそう言いました。

 

そう言いながらも、僕の視線は君子の胸に釘付けでした。

 

君子はクラスで一番の巨乳で、顔も結構可愛いので、男子の間ではかなり人気がありました。

 

その君子が、乳首も見えている状態で僕の目の前にいるのです。

 

「理由は後で話すから、お願い!とにかく来て」

 

と言って、君子は片手で股間を隠しながら、片手で僕の手を引っ張って、女子の部屋の方へと引っ張っていきます。

 

君子が全裸になっているぐらいだから、

 

(他の女子もひょっとしたら・・・)

 

という思いが頭をよぎり、僕は訳がわからないけど期待しながら、女子部屋に行くことにしました。

 

女子部屋へ行くと、僕の目は再び点になりました。

 

男子も女子も6人ずつで部屋が割り振られており、そこには君子を入れて6人の女子がいたのですが、1人を除いて全員全裸になっていました。

この体験談の続きを読む

婚約中に童貞君とセックス 泥酔している私を迎えに来てくれた勢いで…

泥酔
画像はイメージです

 

泥酔状態の私を童貞君が迎えに来てくれた

 

お酒の失敗談なんですど、この前泥酔してしまい、年下の童貞君の筆下ろしをしちゃいました。

 

私は22歳の大学生で、敦志という彼氏がいます。

 

彼とは卒業後に結婚を約束していて、既に同棲中です。

 

そして問題の童貞の哲夫は、20歳の大学生でアルバイト先の後輩です。

 

私は彼氏ともそのアルバイト先で知り合い、哲夫も彼氏と仲が良く、三人で遊びに行くこともしばしば。

 

そんなある日、高校時代に仲良かった男友達と久しぶりに飲みました。

 

向こうは一旦別れた元カノと復縁し、こっちは婚約ということで、お互いのお祝いしようって感じで地元の居酒屋に行って二人で飲みまくりました。

 

お互い幸せなのもあって、テンション高くハイペースで飲んでいると、店を出るころには二人ともフラフラでした。

 

向こうは彼女が迎えに来てくれるそうで、私も終電が近かったので、

 

「また飲もうねー」

 

と軽い挨拶をして別れました。

 

地元から敦志と同棲しているアパートまでは、電車で1時間以上かかり、泥酔している私は電車内で気持ち悪くなってしまいました。

 

酔っ払っている時に、電車のあの揺れはヤバすぎます。

 

吐き気を何度か催してしまいましたが、途中の駅で降りて吐こうにも、終電なので下りたら終わりです。

 

タクシーで帰ったら、いくらかかるか分からないし・・・

 

仕方なく我慢するしかありませんが、もう気持ち悪すぎて動くだけで吐きそうでした。

 

結局無理で、とっさにカーディガンで全て包みました。

 

高かったけど、ゲロまみれで洗うのも面倒だし、トイレのごみ箱に捨てちゃいました。

 

電車を下りてもフラフラで、歩くのも辛いんです。

 

もうね、目の前がふわふわしてました。

 

敦志に迎えに来てもらいたかったんですが、そんな日に限って夜勤だったんです。

 

とりあえず迎えに来てくれそうな人はいないかスマホを取り出し、履歴を調べていると、良さそうなが哲夫がいました。

 

電話しました。

 

「もしもし」

 

「お願い、迎えに来てぇ」

 

「はぁー?俺今から寝るとこなんすけど」

 

「でも帰れないの~…無理~」

 

「はぁ!?知りませんよ、もう、今どこですか?」

 

「駅~早く~お願い~」

 

「もう!自分で帰れるでしょ!」

 

結局哲夫は5分位で来てくれました、しかもバイクで。

 

私はゲロのせいでヒートテック一枚になってしまっていましたが、哲夫は上着まで貸してくれて、そのまま家まで送ってくれたんです。

 

哲夫ちょー優しい。

この体験談の続きを読む

ニートで童貞の僕が人妻にセックスをお願いしたら色々教えてくれた

バック
画像はイメージです

 

ネットで知り合った人妻とホテルへ

 

僕は高校を中退してから、1年近く家に引き篭もっている。

 

冴えないのは自分でも分かっているけど、中学の時、なぜか女子に告白されたことはある。

 

けど、付き合うとか分からなかったし、以来ずっと彼女なし。

 

ニートでインターネットばっかりやっていて、何人かの人と知り合いにもなった。

 

その中に33歳の人妻(ユミさん)がいる。

 

お互い顔も知ってる間柄。

 

親がいない時にエッチな画像見てムラムラした時に、ユミさんとスカイプして、思い切ってエッチな発言してみた。

 

「女の人の身体触ってみたい」

 

とか、

 

「ユミさんとセックスしたい」

 

って言ってたら、向こうは、

 

「そんなこと言われたの久しぶりー」

 

って笑ってた。

 

ゲラゲラ笑うから、こっちも冗談のつもりで、

 

「セックスさせて~!」

 

って言ったら、ユミさんは急にマジなトーンで、

 

「本気?」

 

って聞いてきた。

 

焦ったけどセックスしたいのは事実だから、

 

「ほ、本気だよ」

 

て言うと、

 

「ニートが交通費もホテル代も出せるの?」

 

「・・・」

 

「私に全部出させる気なの?ねえ?」

 

「ご、ごめんなさい」

 

「あはは、じゃあ、いつがいい?」

 

て、結局会ってくれることになった。

 

駅のホームで12時に待ち合わせ。

 

ホームに着いたら電話するように言われてたんで、ケータイ取り出そうとしたら後ろから肩をトントンって叩かれた。

 

振り向いたら笑顔のユミさんがいた。

 

顔は知ってたけど初対面なのでお互いニヤニヤ。

 

でも僕はかなり緊張していた。

 

ユミさんが、

 

「結構背高いね(僕は175cm)。顔だけだと、もっと小さいと思ってた」

 

だって。

 

「どう?私の体型、想像通り?」

 

「コート着てるから分かんない」

 

って言ったらユミさんはコートの前を開けた。

 

「そのコート、暖かそうだね」

 

ってどうでもいいこと言ってしまったけど、

 

「そう?」

 

ってコートで包むように僕を抱き締めてきた。

 

「暖かい?」

 

「柔らかい」

 

えへへへって二人で笑う。

 

ちょっと和んだ感じ。

 

そのままユミさんに引っ張られてラブホテルに行った。

この体験談の続きを読む

垂れ乳おばちゃんのフェラチオが気持ちよすぎて顔中ザーメンまみれに

おばちゃんにぶっかけ
画像はイメージです

 

柔らかい垂れ乳でギンギンに勃起

 

僕んちの近所の巨乳おばちゃんが、フェラ抜きしてくれた体験談を話そうと思います。

 

僕が高校2年のとき、学校から自宅に帰って来る時間には、まだ親は帰ってきていませんでした。

 

学校から帰ると、友達にもらったエロDVDをおかずに、毎日オナニーして2発は抜くのが日課になっていました。

 

そんなある日、学校から帰って来て、

 

(今日もオナニーするぞ)

 

と足早で自宅マンションに入った時、ちょうど同じマンションで、お隣に住んでいるおばちゃんとバッタリ出くわしてしまいました。

知っているおばちゃんなので、

 

「こんにちは」

 

と軽く挨拶すると、おばちゃんはニヤニヤしながらこんなことを言ってきました。

 

「ここんとこ、ずっとエッチなビデオ見てるでしょ?隣まで音が漏れて聞こえてるのよ」

 

どうやら、興奮してオナニーに夢中になり過ぎていた僕は、音量も気にせずエロDVDを観ていたようです。

 

おばちゃんには、オナニーしているのがバレバレでした。

僕はあまりの恥ずかしさに言葉が出ず、顔を真っ赤にしてしまい、すぐにその場を立ち去ろうと思いましたが、おばちゃんは、

 

「おばさんでよかったら、おちんちん気持ちよくしてあげようか?」

 

と笑顔で言ってきました。

 

僕が返事をする前に、お隣のおばちゃんは僕の右手を引っ張って、そのままおばちゃん宅まで連れて行かれました。

おばちゃん宅に上げられ、リビングに通されてソファに座らされました。

 

するとおばちゃんは、早速僕のズボンのベルトを外してチャックを下ろし、ズボンとパンツを同時に引きずり下ろしてきました。

 

まだ小さいままのチンコが丸出しです。

恥ずかしくてチンコを手で隠していると、おばちゃんは自分の服を脱ぎ、ブラをはずしておっぱい丸出しの格好になりました。

 

巨乳ですが、さすがに年のせいか垂れ乳です。

 

そしてその垂れ乳を、僕の顔に押し当ててきたんです。

「ねぇ、おっぱい舐めて・・・吸って・・・」

 

僕はおばちゃんに言われるがままに、垂れ乳を舐めて、吸い付きました。

 

童貞だった僕にとっては、垂れ乳でも初めて触って舐めたおっぱいです。

 

柔らかいし揉み応えもあるし、かなり興奮して、チンコはあっという間にギンギンに勃起しました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト