タグ:潮吹きの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:潮吹き

【デカチン】高校卒業したばかりの若い男の子に潮吹かされました

潮吹き
画像はイメージです

 

若い男の子のおちんちんがデカかった

 

春になって若い男を狙っていました。

 

若い男の子は出会い系サイトにたくさん登録されてるから、元気がいいおちんちんなんてすぐ見つかるはずって思ってたんだけど、そうでもないんですよね。

 

若い男の子ってセックスの経験が少ないことの方が多いみたいだし、なかなか満足させてもらえるおちんちんを探すのは難しいのかもしれません。

 

ちなみに去年は、高校卒業したばかりの男の子に狙いを定めて、童貞狩りばっかりしてたんですよね。

 

そしたらこの間、素敵なおちんちんに巡り合うことができました。

 

せっかく若い男の子が集まる時期なんだから狙って頑張ってたんだけど、想像以上に強烈なおちんちんでした。

 

今年高校を卒業したばっかりのパワフルな男の子。

 

しかもおちんちんもパワフル。

 

とにかくデカかったんです。

 

別に私はデカチンが好きっていうわけでもないんだけど、やっぱりおちんちん大きいと迫力あるし、

 

(このデカチンがチカのオマンコに入るんだ…)

 

と想像しただけで興奮して濡れてきちゃうってところもありますし。

 

亀頭もカリも発達してて、段差があって張り出してて、フェラチオするのが大変でした。

 

でもチカはお姉さんだから、余裕ぶっこいた感じでペロペロ舐めてました。

 

実際は入れて欲しくて仕方なくって、デカチン舐めてるだけでチカのオマンコはグショグショに濡れてたんです。

 

そしてついに、リードしながらデカチンを挿入しました。

 

でも入れてすぐイッちゃいました。

 

実際入れてみたらめちゃくちゃ気持ちいいの。

 

大きいおちんちんがオマンコに入った時の、あの密着感は凄いです。

 

デカチンだからオマンコとの摩擦がたまんないんです。

 

カリも張り出してたから、オマンコの壁が擦られて、ちょー気持ちいいんです。

 

「あんっ!凄い…気持ちいいっ!チカのオマンコ裂けちゃう~…」

 

だんだん腰のスピードが早くなって、入り口から奥まで何度もデカチンが往復してます。

 

「あぁっ!…ダメッ!壊れちゃう!!凄いよ、このおちんちん!たまんないっ!もっと突いて!もっとオマンコ擦ってーっ!!」

 

いやらしい言葉も発しながら、我を忘れて悶えまくってました。

この体験談の続きを読む

【カリデカちんぽ】雷が怖くて抱きついた勢いでセックスしちゃいました

対面座位
画像はイメージです

 

雷が怖くて抱きついたら着替え中でした

 

私は都内の女子大に通っています。

 

この前、アルバイト先の人とエッチしちゃった体験談を書きます。

 

相手は3つ年上の男性で、お兄ちゃんの様に慕っていて、てっちゃんといいます。

 

てっちゃんとは普段からすごく仲良しで、一緒に帰ったり飲みに行ったりもしています。

 

てっちゃんには同棲してる彼女がいて、私にも彼氏がいるんだけど、そんなの気にせず本当の兄弟みたいに、いつも気さくな感じです。

 

その日もバイト上がりの時間が同じで、終わってからしばらく休憩室でテレビを見てて、他の人は全員帰りました。

 

「俺たちもそろそろ帰ろうか」

 

って言ってそれぞれ更衣室へ行きました。

 

更衣室で着替えてたら、ピカッ・・・ゴロゴロ、ドッカーン!

 

突然大きな音で雷が鳴ったんです。

 

雷が大っ嫌いな私は悲鳴をあげました。

 

てっちゃんが私の悲鳴に心配して、隣から飛んで来てくれて、怖かった私は泣きながら抱きつきました。

 

「メグは怖がりだなー」

 

って泣いて震える私を抱きしめて、髪を撫でてくれたんです。

 

そして近くにあったジャケットをかけてくれて、てっちゃんが戻ろうとしたけど、また雷が鳴ったんで怖くてさらにしがみついたんです。

 

「もうちょっとだけいて」

 

て言うとてっちゃんは、

 

「いや、無理だよ」

 

そう言って離れようとします。

 

「やだ、怖いよ」

 

「いや、マジでやばいって」

 

「いやだぁー」

 

「無理だって」

 

「いいのー」

 

「よくねぇよ!」

 

そう言っててっちゃんは無理やり離れたんです。

 

「何でー?」

 

「メグ、そのかっこ・・・」

 

気付いたら私は下着だけ、てっちゃんもパンツにTシャツだけだったんです。

 

「ごめん!」

 

ようやく我に返り、恥ずかしくて真っ赤になりました。

 

「あー、もー無理」

 

今度はてっちゃんに抱きしめられたの。

 

「ちょ、ちょっと!!」

 

「俺、ちんぽ勃っちゃった」

 

「いやだー」

 

「メグのせいだぞ」

 

「そんなこと言われても・・・」

 

(離れなきゃ!)

 

と思った瞬間キスされたんです。

 

「!!」

 

前に酔ってキスしたことがあるんだけど、てっちゃんはキスが上手かったの。

 

舌も入れられて、ピチャピチャという音が響いていました。

 

「んんっ、ふぅ・・・」

 

声が漏れます。

 

頭がボーッとしててっちゃんの首に手を回します。

 

慣れた手つきでブラジャーを外され、唇が離れます。

 

「すげー、きれー」

 

てっちゃんはそう言うとおっぱいにしゃぶりついてきて、そのまま畳に押し倒されちゃいました。

この体験談の続きを読む

再婚した妻の連れ子がビッチなヤリマンで俺の巨根を締め付けてくる

ビッチ ヤリマン 女子高生
画像はイメージです

 

中学生の妻の連れ子にセックスを覗かれていた

 

俺は離婚経験のあるバツイチ野郎。

 

40歳の時に今の妻と出会い、再婚してちょうど1年経った。

 

妻も俺と同じバツイチの再婚で43歳。

 

俺は、前妻とは妻の浮気が原因で別れたんだ。

 

新しい妻は主人を交通事故で亡くして未亡人になり、そのショックから中々立ち直れない彼女に、色々と相談に乗ってあげているうちに、いつの間にか深い関係になっていた。

 

弱っている女は口説きやすいというが、ここまでには2年ほどかかっている。

 

俺は16歳の高校生の息子を引き取っていて、新妻には14歳の中学生の娘がいる。

 

以前住んでいたアパートから引っ越して、今は賃貸マンションに住んでいる。

 

3LDKで、夫婦用の寝室、息子、娘と子供には別々の部屋を与えている。

 

奥さんは小柄で156cm、Aカップの貧乳。

 

それなのに義理の娘は165cmで、中学生にもかかわらずDカップもある。

 

夫婦間のセックスにも励んでいて、この一年は週一ペースで楽しんでいる。

 

奥さんはイク時、必ず大声を上げて俺にしがみ付いてくる。

 

一年経ってもその姿が可愛く思え、まだまだセックスレスにはならないだろう。

 

俺はサービス業で土日が休みではなく、火曜と金曜が休日で、妻は土日祝日が休み。

 

子供が夏休みに入った最初の火曜日。

 

暑くて汗をかいたので昼からゆっくりとお風呂に入っていた。

 

そこに突如、14歳の妻の連れ子の娘が入ってきた。

 

もちろん全裸で。

 

今は娘になったとはいえ、血が繋がっていない義理の娘。

 

めちゃくちゃ驚いたが、張りのある突き出た巨乳に目が行ってしまった。

 

なんとか冷静になって、

 

「今お父さんが入ってるから駄目だよ。俺達はもう親子なんだから」

 

「だってママと毎週一回はエッチしてるじゃん。凄い声がするから知ってるんだよ。この間覗いた時なんか、ママがお父さんの上に乗って腰振ってヨガってるんだもの。もう堪らなくなっちゃって。私、部屋に戻ってオナニーしたんだよ。ずるいよ、私にもしてよ」

 

そう言って娘は抱きついて付いてきた。

 

年頃の連れ子に嫌われていないのは嬉しいが、いきなり裸で抱きつかれてはドギマギしてしまう。

 

娘の巨乳がムニュと俺の胸に押し付けられ、思わずチンポがムクムクと角度を上げていき、お腹に付きそうになっていた。

 

自慢だが俺のチンポは巨根でカリが発達しており、昔から女泣かせなのだ。

この体験談の続きを読む

奥手だった元カノがパイパンでドエロな痴女に豹変!

潮吹き
画像はイメージです

 

久々の再会で色気が出ていた元カノ

 

俺が大学生の時に付き合ってた元カノの名前は由美です。当時合コンで知り合い、3年の時に交際スタートし、卒業して別れました。

 

この前、その元カノの由美と何年かぶりに偶然表通りで会い、そのままの流れで飲みに行ってセックスしました。

 

付き合ってた当時の由美は、男性経験がほとんどありませんでした。

 

俺もそれほどセックス経験は無かったので、今思えば子供っぽい交際だったと思います。

 

セックスも普通にしてたけど、簡単にお互い舐め合って正常位で挿入して、腰振って終了みたいな感じです。

 

本当はもっといろんな体位とか器具とか試したかったんですけど、大人のオモチャ持って行ったら泣き出した事がありました。

 

「私はそんな下品な事したくない」

 

(どうして下品?)

 

って思いましたが、それ以降本当にノーマルなセックスでした。

 

由美はふわっとした印象で、強いて言うなら清潔感があるような女性でした。

 

身長も155cmぐらいの割と小柄で、でもDカップのなかなかの美乳の持ち主です。外見が少し幼いところがあって、あまり色気は感じませんでした。

 

休日出勤した祝日の日、夕方ごろ仕事が済んで街を歩いていました。

 

ブラブラしてるとこに、後ろから肩を叩かれ、驚いて振り向くと由美だったんです。

 

「やっぱり!久し振りだね!元気?」

 

開口一番元気に声をかけてきた由美だったんですが、その由美を見て俺は愕然としました。

 

以前の面影はあるものの、女の色気で満ちていました。

 

「ええ?お前由美か?ずいぶん変わったなあ!」

 

「そお?変わったぁ?年取っただけじゃない?」

 

22歳で別れてからかれこれ5年ぐらい会っていません。

 

よく俺だと気が付いたなと聞いたら、歩いてる後ろ姿に間違いないと思ったと笑っていました。

 

くたびれているように歩く後ろ姿は昔のままだと言うんです。しかもヘアースタイルも大学当時とあまり変わっていませんしね。

 

「最近はどうしてる?」

 

と聞かれて、歩きながら近況を話していました。彼女はいるけどまだ結婚していないで、仕事もそこそこ忙しいといった話ですね。

 

驚いたのは由美はもう既に結婚していた事です。

 

結婚して1年ちょいだと言っていたのですが、相手はなんと10歳年上だそうです。今27歳だから亭主は37歳?ビックリです。

 

「この後なんか予定ある?」

 

と由美に聞かれ

 

「何も無いよ」

 

と答えると、

 

「じゃ、ご飯奢ってよ!」

 

と強引に腕を絡めて歩かされました。

 

由美が行きたがっていたというイタリアンのお店に入り、少しだけアルコールも飲みながら昔話をしていました。

 

由美の胸元は、寄せて上げるタイプのブラジャーなのか、胸の谷間がキッチリと見えます。

 

「お前って昔そんな胸元の空いた服なんか着なかっただろ?」

 

「そうねえ、まだあの頃って子供だったしね」

 

「今は以前と違って色気ムンムンだぞ」

 

「そりゃ結婚もしたからね!色気ぐらい出さないと」

 

話す内容も外見も相当変わっていました。

 

昔のような恥じらいもなく、色気をかなりアピールしている感じに見えます。

 

スタイルは元々良かったので、ちょっぴりムラムラしてきたのは確かです。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト