初射精
画像はイメージです

 

洗いっこしようよ

 

僕が小学5年生の時の話です。

 

ある日の放課後のことでした。

 

「ねえ、うち寄ってく?」

 

一緒に帰り道を歩いていた由紀(仮名)が言いました。

 

由紀は同級生の女の子でした。

 

近所に住んでいた同級生は彼女だけで、いつも二人で下校していました。

 

お互いの家にもしょっちゅう遊びに行きました。

 

その日は同級生たちと遊んだ後でしたが、まだ門限まで時間があったので、由紀の家にお邪魔することにしました。

 

由紀の家の玄関に入るといつも芳香剤の香りが漂っています。

 

よく見ると、

 

(今日は靴が少ないな)

 

と思いました。

 

由紀はそれに気づき、

 

「今日は夜までみんな留守なの」

 

と教えてくれました。

 

僕は、

 

「ふうん」

 

と頷きました。

 

学校のグラウンドで同級生たちと走り回ってきた後だったので、先にシャワーを浴びることになりました。

 

由紀がバスタオルを用意してくれると言うので、僕は先に浴室を借りました。

 

するとシャワーを浴び始めたところで、いきなり由紀が浴室に入ってきました。

 

僕は心臓が止まる思いでした。

 

「一緒に入ろ~」

 

由紀は呑気な声を上げました。

 

僕は同級生の女の子の全裸を前に、頭が完全に凍りついてしまいました。

 

まず目に飛び込んだのがおっぱいです。

 

控えめに言ってもBカップはあったと思います。

 

小学5年生でBカップはかなり大きいと思います。

 

今思うと、由紀はかなり早熟な女の子でした。

 

由紀はすでにおっぱいが大きくて、男子の間では「デカパイ」と密かに言われていました。

 

そう言う僕も、由紀が走ったり跳ねたりしている時、プルプル揺れるおっぱいを目にして、

 

(すごいなぁ)

 

と思っていました。

 

もちろんまだ5年生なので、それほどエッチな気持ちで見ていたわけではありません。

 

目の前で見るおっぱいは、乳首がつんと立った、とても綺麗なお椀形でした。

 

見るだけで張りと艶に満ちているのが分かりました。

 

しかも股間には黒々とした陰毛がすでに生い茂っていました。

 

とても小学5年生には見えない体つきでした。

 

僕はしばらくの間固まっていました。

 

由紀はそんな僕などお構いなしに、

 

「ねぇ、洗いっこしようよ、じゃんけんで負けた方から洗う番ね」

 

と提案してきました。

この体験談の続きを読む