爆乳おばさん
画像はイメージです

 

おばさんをラブホテルへ誘ったら・・・

 

僕は実家暮らしの大学2年生で、この間自動車の免許を取得しました。

 

実家には車があるので、免許を取ってからは頻繁に運転しています。

 

僕の母親には仲が良いおばさん3人がいて、ある時その中の一人のおばさん(裕子さん)から自分に電話がかかってきました。

 

「旦那がいなくて免許も無いから、車で買い物に付き添ってほしい」

 

との事です。

 

その裕子さんというのは爆乳で色気もあり、何度もオカズにしながらセンズリをしていたぐらいだったので、ためらうことなくOKを出し、一緒に行く事になりました。

 

昼の12時ぐらいに買い物も終わり、ランチをご馳走になり、帰るには早いので適当にブラブラとドライブをしていました。

 

この辺りは郊外の為ラブホテルも多く、一か八かにかけて見ようと考え、ラブホ街へ車を走らせました。

 

何も知らなかった振りをして、

 

「凄いですね・・こんな所があったんだ」

 

なんて言ってみると、

 

「ほんと凄いね」

 

と裕子さんは興味ありげな様子で見回しています。僕は思い切って裕子さんに、

 

「おばさんラブホテル行った事ってあります?」

 

と聞いてみたら、

 

「それがないのよ」

 

と言ってきました。ついでに、

 

「なんか設備とか凄いらしいですよ。社会見学のつもりで入ってみませんか?」

 

とついに言ってしまいました。

 

裕子さんも

 

「そうねえ、夕方までまだ時間あるし、ちょっと入ってみようか」

 

と、うちの母親と友達だったからか、疑う様子もなく安心していたみたいでした。

 

ホテルにチェックインし部屋に入ると、ゴージャスさとテレビの大きさに裕子さんはビックリしていた様子でした。

 

そのうちに2人でソファーに腰掛け、ビールで乾杯しました。

 

ほんのり顔が赤くなってきた裕子さんに、

 

「おばさん、AVとかって見た事あります?」

 

と聞いてみたら、

 

「私、本当に見た事ないのよ」

 

と興味はあるんだけどみたいな言い方だったので、早速テレビのチャンネルをアダルトに合わせました。

 

流れていたのが都合よく熟女もので、ちょうどフェラチオしているところだったのです。

 

裕子さんを見てみると、ちょっと驚いた様子でしたが目は釘付けです。

 

次第に目がいやらしい感じになってきています。

 

僕はAVよりも裕子さんに興奮して、チンポはビンビンの勃起状態になりました。

 

そして我慢出来ずに僕の方から裕子さんの手を握ってしまいました。

 

その時裕子さんは僕の方を振り向いてニコッと笑顔を見せ、僕の肩に頭をそっと乗せてきました。

 

(これはイケるかも!)

 

僕は握っていた裕子さんの手をそのまま股間へ持って行きました。

この体験談の続きを読む