近親相姦
画像はイメージです

 

息子のオナニーが気になって

 

私は44歳のバツイチです。

 

主人とは6年前に離婚し、今は一人息子と二人きりでアパート暮らしをしています。

 

部屋は四畳半と六畳の二間のみです。玄関のある四畳半の部屋は、台所、居間、脱衣所と併用です。

 

奥の部屋で主に生活しており、タンスがあり、息子の勉強机があり、私たちの寝室でもあります。

 

高校生の年頃の息子と同じ部屋で寝るというのは、あまりよろしくないのは分かるのですが、そんなこと言ってる余裕などありません。

 

しかしこんな狭い家での生活ですので、お互いの裸を見るのは日常茶飯事です。

 

私も息子も同じ部屋で着替えますし、お風呂に入るときは、台所の横で裸になります。

 

お風呂のお湯がすぐに冷めてしまうので、息子が中学2年の時までは二人で一緒にお風呂に入っていました。

 

一緒に入るのを止めた理由は、息子のおちんちんが勃起するようになったからなのです。

 

息子は中学2年ぐらいから急に男性っぽくなってきて、オナニーも覚えたようなのです。

 

健全な男の子だったら当然のことだと思い、私は一人の時間を作ってあげたくて、寝るまではできるだけ居間ですごしていました。

 

でも寝た後でも、時々私の寝ている横で、こそこそとおちんちんを扱いていることもあります。

 

寝ているふりをしつつ、私もドキドキしながら聞き耳を立てていました。

 

そんな生活が続いて、息子が高校2年生になった夏休みのことです。

 

「自分の寝室を作りたい」

 

と言って、押し入れの下の段を片付けた頃から、私を見る目が変わったように思うんです。

 

しかも息子はお風呂から上がっても、素っ裸でしばらくウロウロすることもあります。

 

「早くパンツ穿きなさい」

 

って言うこともしばしばです。

 

もう高校2年性ですから、チラチラと見えるおちんちんは立派な大人のもので、陰毛もしっかりと生えています。

 

そして私が着替えているとこを凝視したり、あろうことか私の下着を使ってオナニーしているのを目撃したこともあります。

 

どうして突然そうなったのか見当が付かないまま、私は、息子にどう接していいのか分からず、そのままオロオロしているだけでした。

 

それに、私自身主人と別れて長いことセックスしていません。

 

息子がいないときに時々オナニーしていますが、それだけでは欲求不満が溜まってしまい、どうしても息子のおちんちんに目がいってしまうのです。

この体験談の続きを読む