タグ:欲求不満の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:欲求不満

女子高生狙いのはずが欲求不満の母親に誘われてエッチしたらハマりました

人妻
画像はイメージです

 

女子高生目的だったけどその母親と…

 

僕が大学生の時の話です。

 

僕の住んでいるアパートの近くにあった床屋には、とても可愛い高校生の娘で奈々ちゃんという子がいました。

 

僕はその女子高生と仲良くなりたかったので、その床屋に通っていました。

 

奈々ちゃんは時々家を手伝っていて、タオルの準備や床に落ちた髪の毛の掃除などをしていました。

 

ある日、髪を切りにその床屋へ行くと、お母さんだけしかいませんでした。

 

そのお母さんもまた、ショートカットでいつもニコニコしていて可愛く、奈々ちゃんにはない大人の色気があります。

 

「今日は奈々ちゃんはいないんですか?」

 

髪を切ってもらいながらそんな話をすると、

 

「残念でした~、奈々はお父さんとお出かけしてるの」

 

とニコニコと笑うお母さん。

 

「奈々ちゃんって彼氏いるんですか?」

 

と聞くと、

 

「いるわけないじゃない、まだ高校生よ!」

 

と優しく叱られました。

 

「奥さんだって奈々ちゃんに負けないくらい可愛いからモテたでしょ?高校生の頃だって彼氏いたんじゃないですか?」

 

「ヤダ、可愛いだなんて・・・大学生のクセに生意気ね」

 

と笑いながら髪の毛を引っ張られましたが、嬉しそうです。

 

「奈々ちゃんって、奥さんがいくつの時のお子さんですか?」

 

と聞くと、

 

「そうやって私の年齢を知ろうとしてるわね?うまいわね~」

 

「ハハ、バレましたか・・・でも奥さん本当に色っぽくて可愛いですよ」

 

と言うと、

 

「奈々を産んだのは早かったの、私が19の時の子よ、だからもう今年で35なの」

 

そして名前も奈美さんという事が分かりました。

 

「旦那さんとは、だいぶ年が離れてそうですけど」

 

「主人は今年で50よ、いや~ね、若いころは年上の男性に憧れてたの」

 

と笑う奈美さん。

 

そんな話をしていると、奈美さんが、

 

「T君は彼女いるのかな?」

 

「いませんよ・・・ホント言うと奈々ちゃんと付き合いたいぐらいです」

 

「もぉ、すぐ奈々の話になるのね」

 

とまた髪の毛を引っ張られました。

 

「ねぇ、彼女いないって事は・・・どうしてるの?」

 

と僕の耳元で鏡越しに語りかける奈美さん。

 

「ど、どうって?」

 

と言った僕の顔は真っ赤になってました。

この体験談の続きを読む

性欲の強い人妻に愛はいらない 夫以外の男と激しいセックスがしたいだけ

激しいセックス
画像はイメージです

 

主人は大好きだけど欲求不満

 

私は30歳で三枝子といいます。

 

すでに人妻で、子どもは2人います。

 

実は私、異常に強いんです。

 

何がって?

 

性欲に決まってるでしょう!

 

主人のことは大好きで尊敬してるし、とっても愛しています。

 

でも、セックスだけは満たされないんです。

 

今では月2回ほどの営みしかなく、しかも単調なセックスなので欲求不満です。

 

本当は主人といっぱい乱れまくって、めっちゃエロいことしたいのに・・・。

 

でもセックスした時は嬉しくて、翌日は豪勢な朝食を作ります。

 

子供も勘づいてるのか、

 

「ママ、弟が欲しいな!」

 

などと言ってきます(笑)。

 

私から主人に

 

「もっとエッチなことしたい」

 

と言いたいんですが、やっぱりはしたないようで言えないんです。

 

パートから帰った後とか特にオマンコ疼いちゃって、オナニーもするんですが満足できません。

 

ネットで大人のオモチャを探してたら、いつの間にか出会い系サイトに誘導されていて、ついつい入会してしまいました。

 

そこで日ごろの欲求不満ぶりを、思いを込めて書込みました。

 

その時に知り合った男性2人とは、実際にあってセックスし、その後セフレ関係になりました。

 

主人とのセックスは愛情がありますが、セフレとのセックスに愛情はありません。

 

ただ、溢れんばかりの性欲をぶつけ合い、快楽を貪りあうセックスをするだけです。

 

行為が終わった後は、とても爽快感があります。

 

セフレとのセックスの後で家に帰ると、優しい気持ちと愛情で主人と子どもに接することができるのです。

 

私が浮気をすることで、家族円満にやっていけてるのです。

 

でも本当は、主人が私と同じで、セックスに貪欲であればといつも思います。

 

この事は、誰にも気付かれていません。

 

どんな親しい人にも話していません。

 

墓場まで持っていくつもりです。

この体験談の続きを読む

【淫乱な爆乳美魔女】欲求不満な妻を満足させてほしいと頼まれました

爆乳美魔女
画像はイメージです

 

朝からセックスしていた隣の男が訪ねてきた

 

私は41歳のごくごく普通のサラリーマンです。

 

現在単身赴任中で、私の部屋は5階建てマンションの5階で、両隣にも男性が住んでいます。

 

片方は40代後半で、たまに廊下で顔を合わせるので知っていました。

 

反対側は、その時点では50代と思われる男性(夏場にベランダの窓を開けて電話で話している声を聞いた印象)でした。

 

ある土曜日の朝7時ごろ、仕事が休みだった私は、まだ布団の中でゴロゴロしていた。

 

するとかすかに、女の喘いでいるらしき声が聞こえてきました。

 

このマンションは若い独身男性も住んでいるので、週末の夜なんかは時々女性の喘ぎ声が聞こえてくることもあります。

 

しかし今回の声は、50代と思われる隣の男性の部屋からでした。

 

「あんっ!あっ!いいわぁあ~ん」

 

パンパンと肉同士がぶつかり合う卑猥な音も聞こえてきます。

 

眠気も一気に吹き飛び、ドキドキしながら壁に耳を当てて聞いていました。

 

女の声からして、あまり若くない様子で、熟女と思われます。

 

40代ぐらいのおばさんの声です。

 

時間にしたら15分くらいでしたが、朝から興奮して勃起してしまいました。

 

とりあえず終わったみたいなので、私は顔を洗ったり歯磨きしたりしていました。

 

すると「ピンポーン」とインターフォンが鳴りました。

 

こんな朝早くに人が訪ねてくる予定なんかないので、

 

(おかしいな)

 

と思いつつ、ドアを開けました。

 

そこには、50代後半くらいの中年太りした男性が立っていました。

 

「あのー、突然すみません、私隣に住んでいる青木と申します」

 

とペコリと頭を下げてきました。

 

「どうも、おはようございます」

 

私はあっけにとられました。

 

隣でつい先ほどまで熟女とセックスしていた男が突然訪ねてきたんです。

この体験談の続きを読む

訪問販売先の欲求不満な熟女にチンコ触られて中出しセックス

熟女 中出しセックス
画像はイメージです

 

訪問販売先の熟女がフェラチオ

 

数年前のことですが、仕事で浄水器の訪問販売をしていました。

 

一般の家庭を一軒一軒飛び込みで訪問してたんですが、ほとんどが門前払いでとても大変でした。

 

そんな中、訪問先で高木さんという40代後半の人妻とセックスしたことがありました。

 

旦那さんがが還暦近くと言っていたので、10才ぐらい離れてたみたいで、もう何年もインポ気味で役に立たないって嘆いていたんです。

 

(これは誘われてるのかも?)

 

と思いましたが、高木さん宅に2回目の営業で訪れた時に、

 

「浄水器買ってあげたら、あっちの相手してくれる?」

 

と本当に誘惑されたんです。

 

最初は冗談かと思って適当に対応していたんですが、どうやら本気のようで、僕の股間をスラックスの上から撫でてきました。

 

僕はかなり驚いて、

 

「高木さん、マズイですよ!仕事中ですし、旦那さんが帰って来たらどうするんですか!」

 

と断りましたが、高木さんはかまわずに体を密着させてきて、股間を手でスリスリと触ってきます。

 

高木さんは40代後半といっても結構色気があり、多少抵抗しましたが、僕もきっぱり断ることが出来ず、素直にチンコは反応してしまいした。

 

それが嬉しかったみたいで、

 

「もう大きくなってきた、やっぱり若いってだけですごいわ」

 

とにこにこ笑顔で、スラックスのベルトを外して脱がし、パンツ越しに勃起したチンコに頬ずりしてきました。

 

そんな姿に僕は一気に興奮してしまい、もうされるがままで、ただ突っ立っていました。

 

「心配しないで、ちゃんと浄水器買ってあげるから。ほらそんなに硬くならないで、でもこっちは硬くしてくね」

 

興奮はしても仕事中だし、何かあったらと心配でしたので、高木さんのベタなギャグも笑えませんでした。

 

チンコだけは思いっきり反応して、ビンビンに勃起していました。

 

高木さんはしばらくチンコを撫でた後、ついに僕のパンツを下ろし、躊躇せずにパクッと咥えてきました。

 

それもすごい吸引力で、チンチンが引っ張られそうでした。

 

いわゆる、バキュームフェラですね。

 

しかも唾液を絡ませて、ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラチオしてきます。

 

これがめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

フェラチオされて3分ぐらいで、イキそうになりました。

 

このままジュポジュポされると我慢できそうになかったので、

 

「た、高木さん…もうイキそうです」

 

と言ったら、高木さんはチンコから口を離し、

 

「いいわよ、このまま口の中で一回出しちゃって…」

 

と言ってまたすぐに咥え、上目遣いでジュポジュポしてきました。

 

簡単に出しちゃ情けないと思って、かなり我慢したつもりでしたが、

 

「あ~っ、高木さん…イッちゃいます!あっ、イク~!」

 

と言いながら、そのまま高木さんの口の中に、ビクビクと脈打ちながら射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

家庭教師先のお母さんに童貞を捧げ、娘の処女を貰った僕の現在は…

家庭教師先のお母さん
画像はイメージです

 

家庭教師先のお母さんが欲求不満

 

僕は大学生の時に、女の子の家庭教師のアルバイトをしていました。

 

途中でお父さんが転勤することになり、女の子は高校入試を控えている関係で、お父さんだけ単身赴任することになりました。

 

「月に一回は帰宅するから」

 

と言って単身赴任したものの、お父さんは忙しそうでなかなか帰って来ていません。

 

ゴールデンウィークに一回帰ってきましたが、それ以降は夏休みに入っても帰ってこれず、数ヶ月もの間帰宅できずにいました。

 

それでお母さんは寂しい思いをしているのか、たびたび誘惑するかのような、エロい視線を僕に送ってくるようになってきました。

 

短めのスカートを穿いたり、ボディラインが出るような服を着たりすることもあります。

 

(お母さんはもしかして欲求不満?ひょっとして・・・)

 

と期待しつつ、ある日女の子に勉強を教えていたら、

 

「今日は一緒に夕飯食べていかない?」

 

とお母さんからお誘いがありました。

 

お言葉に甘えてOKしたら、想像以上に豪華な食事に、ビールまで出してくれました。

 

僕はいい具合に酔っぱらって、ソファーに横になってしまいました。

 

ふと気がついたら、夜11時を過ぎていました。

 

お母さんは、

 

「こんな時間だから、今日は泊まっていったら?マキはもう自分の部屋で寝ちゃったし、シャワー浴びてきたら?」

 

恐縮しながらも泊めてもらうことにして、浴室へ入りました。

 

シャワーを浴びていたら、なんとお母さんが入ってきたではありませんか。

 

それも素っ裸なんです。

 

「背中流してあげるわ」

 

って言って、ボディーソープをスポンジにつけ、僕の背中を洗い始めました。

 

時々肌が触れるたびに興奮して、すぐにビンビンに勃起してしまいました。

 

恥ずかしくって、股間を隠すようにモゾモゾしていたら、お母さんはチラチラ僕の勃起チンポを確認していたみたいです。

 

「うふふ、もうこんなに大きくなっちゃって、童貞なの?」

 

と聞かれたので正直に、

 

「はい」

 

と答えました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト