タグ:旅館の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:旅館

【淫乱】旅館の若い女将さんと精液が空っぽになるまでセックスしまくりました

淫乱女将
画像はイメージです

 

女将の娘さんとの出会い

 

僕は33才のサラリーマンです。

 

彼女と別れて1年なんですが、最近は毎週末のように家から車で1時間ぐらいの所にある小さな温泉旅館に宿泊するようになりました。

 

この旅館は駅から少し離れていて、食事無しの素泊まり3000円なんです。

 

古い日本家屋で、平日は年配の人がちょくちょく来るみたいですが、土日はあまりお客さんが来ないので静かです。

 

落ち着けてリラックス出来るので、個人的には穴場の宿として気に入っています。

 

ここの女将であるおばちゃんが一人で切り盛りしていて、半年も毎週泊まっているうちに仲良くなってしまい、いつも同じ部屋を開けておいてくれます。

 

湯船に浸かり、温泉から出てビールを飲み、テレビを見て昼寝すると気持ちいいし、体の疲れが取れてきます。

 

平日は残業で忙しいので、週末にこうやってゴロゴロするのが一番の楽しみですね。

 

夜は外に食べに出て、帰りにコンビニでビールを買って戻って来ます。

 

そんなことを毎週楽しみにしていましたが、ある日突然予約の電話が繋がらなくなりました。

 

その週末様子を見に行くと、しばらく閉館しますという張り紙がありました。

 

(どうしたのかな?)

 

心配でしたが、1ヶ月ほどして再び電話すると、若い女性が出ました。

 

ずっと休みだったみたいですが話を聞くと、あの女将が亡くなったということでした。

 

確かに体調はあまりよくないみたいでしたが、僕にはかなりショックでした。

 

旅館は再開したそうなので、予約をして電話を切りました。

 

できるだけ早く行きたかったので、金曜日の夜に会社から直接旅館に向かいました。

 

中にると、

 

「いらっしゃいませ」

 

と若い女性が出てきました。

 

「毎週泊まっていたんですが、このたびは女将さんが・・・」

 

と話をすると、

 

「ご丁寧にありがとうございます」

 

と言ってくれました。

 

その女性は亡くなった女将の娘さんで、OLをしていたんですが、今回のことを機会に旅館の後を引き継ぐことにしたそうです。

この体験談の続きを読む

一緒に旅行に行った欲求不満な主婦たちとハーレムセックス

主婦 ハーレムセックス
画像はイメージです

 

宴会のあと奥さんたちの部屋に呼ばれた

 

僕は、とある飲食店でアルバイトしていて、他のバイトもパートの人達も年齢はバラバラです。

 

僕がよく話すのは、主婦の人とか同世代の女の子とか、あとは男性陣ですね。

 

主婦の人と言っても、25~33歳までいます。

 

なぜか全員子供はいなくて、しかもみんな若く見えて美人ばっかりなんです。

 

僕は同世代の女の子と話はするけど全然モテません。

 

そういう対象には見られないみたいです。

 

でも何故か奥さんたちにはモテてるんです。

 

嬉しいような嬉しくないような・・・でした。

 

そして去年の夏、バイト先の仲間で1泊2日の温泉旅行に行きました。

 

初めは、

 

(奥さんたち、旦那さんはOKなの!?)

 

って思って聞いたんですけど、

 

「1年に1回くらいだし、いいのいいの~。たまにはなんちゃらかんちゃら・・・」

 

てなことを言ってました。

 

旅行に行くメンバーは、主婦の人4人と、同世代の女の子3人と、僕とあとは2人の男友達です。

 

みんなバイト仲間だし、気を使う人もいなかったので気楽でした。

 

でも男3人と女7人だったから、すごいラッキーだなと思ってました。

 

夜ご飯食べてお風呂に行く事に。

 

(もしかして混浴!?)

 

とちょっぴり期待してると、ちゃんと男湯・女湯に別れてました。

 

当たり前ですね。

 

お風呂から出たあとは、一番大きい部屋の主婦4人部屋で宴会スタートです。

 

ちなみに部屋は、主婦の田代さんが旅館の支配人と友達とのことでうまく手配してもらったそうで、男だけの部屋、主婦だけの部屋、女の子3人の部屋にそれぞれ分かれていました。

 

それで、みんなで結構長い時間飲みました。

 

時計は深夜0時を回っていました。

 

さすがに解散ということに。

 

自分の部屋に戻ったら、もう男友達2人は酔い潰れる寸前で、

 

「くそ~ぉ!美紀ちゃんとやりて~!」

 

とか酔った勢いで叫んでました。

 

僕はむしろ、

 

(奥さんたち4人と一緒の部屋で寝て~)

 

とか思ってました。

 

布団に入って10分くらい経ったころ、スマホに着信があったので、

 

(なんだろ?)

 

って思って見たら、なんと主婦の田代さんからでした。

 

(みっくん(僕のあだ名)、部屋に忘れ物してるよ。取りにいらっしゃい)

 

って書いてあるんです。

 

僕もわりとアルコールには強いほうなので、そこまでは酔ってなかったけど、

 

(忘れ物なんかしたっけ?)

 

って思いながら、友達はもう寝てるし、

 

(まあいっかー)

 

て思って、奥さんたちの部屋に行き、ノックして恐る恐る入いっていくと、誰も何も言いません。

 

「入りますよ~」

 

って小さな声で言いながら入ると、なぜか電気が消えていました。

 

(おかしいな~)

 

一瞬、部屋を間違えたのかと思いました。

この体験談の続きを読む

女子大生の露天風呂を覗いてるのがバレた中学生の僕はチンコを弄られ…

女子大生
画像はイメージです

 

露天風呂覗きがバレて謝罪するハメに・・・

 

僕は東北の田舎育ちで、あれは中学2年生の時でした。

 

僕の育った田舎にはスキー場や旅館があり、冬のシーズンでは観光客で混雑するような、そんな地域でした。

 

冬になったら、旅館やホテルに若い人を中心に沢山の人が泊まりに来ていました。

 

旅館には当然露天風呂がありますので、土地勘のある僕と友達数人とで、時々露天風呂に覗きに行っていました。

 

寒い中、あの日も友達4人とこっそり忍び込み、死角になったいつもの覗きポイントへ行きました。

 

おばちゃんばかりの時も多く、当たり外れがありますが、その日は大当たりでした。

 

なんと女子大生と思われるグループが入浴中のラッキーな時間帯でした。

 

しかも入浴しているのは4人の女子大生だけという状況で、その女子大生達はお互いのおっぱいを揉み合ったり、オマンコに手を滑り込ませたりして悪ふざけで遊んでいました。

 

その眺めはとてもエロく見え、中2男子には刺激が強く堪りませんでした。

 

しかし幸福な時間も束の間で、普段から度々覗いていたため、目を付けられていた旅館のオヤジに見つかってしまいました。

 

「こらー!」

 

という怒鳴り声が聞こえたその瞬間、皆大慌てで一目散に逃げました。

 

もちろん僕も逃げましたが、足の遅い僕は1人だけ捕まってしまいました。

 

散々説教されて、

 

「お客様のところに一緒に謝りに行くぞ!」

 

と、覗いていた女子大生の部屋まで、旅館のオヤジに引き連れられて行きました。部屋をノックすると、

 

「はーい」

 

と若い女性の声がしました。もう恥ずかしさと緊張で逃げ出したい気分でした。

 

しかし、手遅れです。無情にもドアとふすまは開けられ、オヤジが、

 

「夜分に大変失礼致します。こいつが先ほど覗いていた犯人です」

 

と僕の頭を抑えながら言いました。僕は、

 

「の、覗いてしまいました。ごめんなさい!」

 

と、何度も頭を下げて謝りました。

 

しかし女子大生の4人はケラケラ笑って、

 

「謝って済む問題じゃないわね。どうしようかな?」

 

と協議し始めました。旅館のオヤジは

 

「まだ子供ですし、きつく叱って本人もこうやって反省してますので・・・」

 

と一緒に頭を下げてくれました。女子大生達は、

 

「せっかく旅行にきて警察沙汰にするのもなんだし、全員にみっちりとマッサージする事で許してあげようかな」

 

と言いました。僕は、

 

「はい!何でもやります」

 

と答えました。旅館のオヤジも、

 

「親御さんには内緒にしてやるから、十分に謝罪していきなさい」

 

と言い、僕を残して部屋を出て行きました。

 

僕はオロオロしてどうしていいか分からず、顔を上げられなくてうつむいていました。

女子大生の1人が、

 

「どうしたの?こっちに来なさい」

 

と僕を呼びつけました。近づいて正座し、うつむいていました。

 

すると、女子大生4人が一斉に大爆笑です。

 

「ケラケラ、キャハハ」

 

と大笑いしだして・・・僕は何が何やら分からず戸惑いました。

 

すると女子大生の1人が、

 

「キミ、中学生?」

 

と聞いてきたのです。

 

「はい、中学2年です」

 

「いつも女湯を覗いてるの?」

 

「いつもじゃないです。たまに・・・」

 

「僕達の裸見たんでしょ?興奮した?」

 

「!!!」

 

「怒ってるんじゃないわよ、安心して。女の裸は興奮した?どう?」

 

「こ、興奮しました。綺麗だし凄くエッチでした。」

 

と正直に答えました。

 

他にもいろいろ聞かれましたが、観念していたので正直に答えていました。

この体験談の続きを読む

【高校生】助けてくれた旅館のお姉さんが実はとてもエロかった

温泉 セックス
画像はイメージです

 

女湯を覗いたら誘われた

 

僕が17歳の高校生の時に、エッチな体験をしたので告白したいと思います。

 

両親と離れて旅行をしてみたいと考え、アルバイトで貯めこんだお金を元に、自転車で目的を決めずに旅行をしていました。

 

ゆるやかな峠道に差し掛かった頃、タイヤが何かしら踏んでしまったと思いますが、いきなりパンクしてしまいました。

 

修理用の道具を携帯してなかったのでオロオロしてるいと、一台のマイクロバスが停車し、運転しているお姉さんが

 

「どうかしたの?」

 

と声をかけてくれたのです。

 

僕がいきさつを説明すると、マイクロバスに自転車を積み込んで僕も乗せてくれ、旅館まで連れて行ってもらえました。

 

実はお姉さんの実家が温泉旅館で、休みの間は手伝いで彼女はここに居るらしいのです。

 

すっかりお世話になった僕は、従業員(お姉さんと両親しかはいませんが)の控え室でお姉さんと楽しく話しをしていました。

 

宿泊費を安くしてもらう代わりに旅館の手伝いもしていたので、温泉に入るのはお客さんが全員入り終えた後になります。

 

3日ぶりに髪の毛や体を洗い流し、スッキリした気持ちで温泉に浸かっていると、女湯の方から声が聞こえてきました。

 

温泉は12時で終了だし、お客さんはいない筈だけど・・・

 

しかも声は結構若いので、お姉さん以外に思い当たる人はいません。

 

いけない事とは思いながらも、なんせ当時は17歳なので女性の裸を見たいという欲求には勝てず、僕はお姉さんの入浴している姿を覗いてしまったのです。

 

壁を少し登ってお姉さんの姿をチラッと確認すると、お姉さんは身体を洗い流している真っ最中でした。

 

美しい白い肌に、肩甲骨など骨格も美しく、肉付きもほどよく、ひと際腰のくびれからお尻にかけての丸みを帯びたラインが魅力的でした。

 

目にした瞬間から興奮し、僕のチンポは勃起してしまいました。

 

しかし、見とれてしまったために油断していたようです。お姉さんは気付いていたみたいで、振り向きもせずに

 

「ダメでしょ、女湯覗くなんてことしたら・・・」

 

と突然言ったのです。僕は驚愕して心臓が止まりそうでしたが、時すでに遅しです。今更ながら後悔しました。

 

困っているで僕を善意で泊めてくれたお姉さんの気持ちを裏切ってしまいました。

 

あたふたしている僕に、お姉さんはゆっくりと振り向きました。

 

怒っているはずだと思っていたお姉さんの表情は優しく笑っていたのです。

 

その時に急に緊張が解けて冷静さを取り戻しました。

 

「一緒に入ろうよ」

 

と無防備でしかも全裸姿で僕に言ってくれたお姉さんは、まるで女神のようでした。

 

その後、一緒に温泉に浸かってお姉さんと会話していると、何気に僕の股間を見つめてきました。

 

見られた事に反応した僕のチンポは一層固くなりました。

 

「ねぇ、エッチしたいの?」

 

とストレートに訊いてくるお姉さんに困惑しながらも、素直に

 

「は、はい…」

 

と興奮気味に答えました。

 

「ふふっ、いいわよ、好きにしても」

 

と言われ、僕は一気にボルテージが最高潮に達しました。

この体験談の続きを読む

旅先でオジサマを誘惑する二重人格の私は本当は痴女?

旅行 セックス
画像はイメージです

 

酔ったふりしてオジサマを誘惑

 

私って、二重人格みたいなんです。

 

連日の仕事のリフレッシュのため、温泉地や行楽地に一人で旅行するのが趣味です。

 

ただ、TELで予約しようとすると、どういうわけか、女一人では宿泊拒否されることがあります。ひどいですよね。

 

(まあ、いいけどね)

 

夜は、必ずというほど宿泊施設にある、バーやラウンジでおいしいアルコール(カクテルが多い)を頂くんです。しかも、旅館であれば、浴衣にノーブラが定番です。

 

シティーホテルであれば、胸の谷間をアピールできる格好です。そうすると大抵、男性が声を掛けてきてくれます。

 

「お一人ですか?」

 

「よろしければ、一緒に飲みませんか?」

 

とか会社では絶対見せないようなスマイルを見せながら一緒に飲みます。

 

ここからが、私の奥に眠る、もう一人の人格が登場します。

 

浴衣であったら、わざと足をチラ見させたり、前屈みになって、乳首が見えるくらいまで見せてノーブラだということを気づかせたりします。

 

いつも会社の飲み会では酔って記憶をなくすことはないほどお酒には強いんですけど、ここでは敢えて酔ったふりをするんです。

 

過去のとある連休の時も、見込み通り私より15歳ぐらい年上のオジサマが声をかけてきました。

 

「お姉さんお一人ですか?よければ、一緒に飲みません?」

 

私は、ニッコリ笑って軽く頷くと、オジサマは、私の隣に座ってきました。

 

このオジサマ、家族旅行で奥さんと小学3年生の息子さんとの3人で来ていて、奥さんと息子さんはもう部屋で寝たらしく、一人でバーに飲みにきたそうなんです。

 

カクテルを3杯程飲んだ頃、まだ酔ってはいないんですが、ちょっぴり眠くなってきたたので、酔ったフリをしてみました。

 

「もう遅いし、そろそろ部屋に戻りましょうか?」

 

とオジサマが言います。私は、眠そうな表情を作って頷くと、

 

「部屋は何処ですか?」

 

カードキーを見せると、オジサマは抱きかかえるような形で私の部屋まで付き添ってくれました。

 

無論のこと、飲み代は全てオジサマが奢ってくれました。

 

途中、エレベーターの中でオジサマは抱えるふりをしながら、私の胸に自然な感じで触れていました。

 

私は、オジサマに寄りかかったままです。

 

部屋に連れてきてもらうと、ゆっくり優しくベッドに寝かせてくれました。

 

「カードキーは机の上に置いとくね」

 

と言って、そのまま帰ろうとしたんです。本当に紳士です。しかし私は、

 

「オジサマ行かないで、私を抱いて!」

 

「えっ?!」

 

「オジサマ、私のタイプなんです。だから抱いて」

 

オジサマは無言のまま振り返り、私の上に覆いかぶさってきました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト