タグ:指マンの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:指マン

出会い系で知り合った彼の指責めとおちんちんが素晴らしかったのでセフレに

指マン
画像はイメージです

 

私をイカせるのにはコツがあります

 

私は25歳のOLです。

 

某出会い系で、写メ必須の条件でセフレ募集したところ、話も早く顔もまあまあだったので、取り敢えず会う約束をしました。

 

そしたら高速を逆方向に走ったとかで一時間遅刻してきました

 

でも謝ってる時の笑顔が可愛かったので許すことにしました。

 

彼の車に乗り込み、談笑しつつも遅刻をチクチク責めつつホテルへ直行です。

 

彼は30歳で年上だけど、素直でドシなところにキュンキュンしつつ、ホテルに到着した所で今更ながらOKか確認です。

 

一応OKだったらしいけど彼は、

 

「最近の若い子はどうなってんのかと思った」

 

とのことです。

 

若い子扱いしてくれるとは、中々嬉しいじゃないの。

 

それぞれシャワーを浴びてベッドで横になって談笑していると、彼はスイッチが入ったみたいで、おもむろにバスローブの上からソフトタッチしてきました。

 

首から胸へと手を這わせてきます。

 

少しずつバスローブの中へ進入してくる手の感触がもどかしくて気持ちいいです。

 

彼は触り方がすごくソフトな上に、オマンコを触るかと思ったら焦らして太ももを撫でたり、乳首を舐めるかと思いきや脇に行ったりでゾクゾクします。

 

ようやくクンニしてもらえる頃には、もうオマンコはトロトロでハァハァ状態です。

 

ピチャピチャと舐め回されたり、尖らせた舌でクリトリスをツンツンされたりして気持ちよすぎです。

 

おまけに指に丸みがあって太いので、クンニされながらオマンコに指を挿入されると、もう人間じゃなくて触手か何かに犯されてるような感覚です。

 

ヌポヌポニュルニュルって感じでスゴいんです。

 

指も2本、3本と入れられて激しく出し入れされたりしたんですが、激しい快楽というよりは、まったりと心地よい快楽です。

 

延々と責められて

 

「アンアン」

 

と喘いでいると、無言で責めてくれてた彼が突然、

 

「おかしいな、なかなかイかないね」

 

と急にテンションダダ下がりです。

 

(あら、止めちゃうの?そうよねイかないもんね)

 

ちょっぴり残念です。

 

彼も不本意らしく、首を傾げて残念そうな様子です。

 

自分がイクより、相手をイカせたい派らしいです。

 

いい人じゃないの。

 

(私をイカせるのにはコツがありましてね)

 

と思いつつも言いません。

 

頑張る彼を見たいんです。

この体験談の続きを読む

「やりたい?」ヤンキーの先輩女子に逆レイプで腰振られたけど気に入られた

ヤンキー女子
画像はイメージです

 

やらしたんで

 

俺が高校に入って間もない頃の話。

 

恥ずかしい話だが、偏差値の低い地元の底辺高校に入学した。

 

大阪でもガラの悪い地区で、男も女も近隣の中学校からヤンキー連中ばかりが集まり、リアルなビーバップハイスクールみたいな学校だった。

 

そういう俺も例に漏れず、ヤンキーな格好をしていた。

 

入学して2ヶ月ぐらい経った頃、学食でうどんを食べようと、手に持ってテーブルへ向かう途中、3年生のヤンキー女子の先輩のロングスカートに、ちょっとだけだがうどんの汁をこぼしてしまったのだ。

 

(ヤベっ!)

 

とヒヤヒヤしたが、何度も頭を下げて謝罪してその場は切り抜けることができた。

 

その時はそれで終わった。

 

しかしである。

 

後日、帰り道でその先輩ヤンキー女子に出くわしたのである。

 

「おっ、この前汁こぼしたコやんか」

 

と言われて焦る。

 

「あん時は、スカートすいませんでした」

 

とビビりながら、また全開で詫びた。

 

「ホンマやで、アレからクリーニング出したんやで~」

 

クリーニング代出せとでも言われるかと思ったが、怒って無さそうだったのでホッとした。

 

「なぁ、アンタ暇?ウチにおいでや、もっと喋りたいわ~」

 

ヤンキーだけど見た目は結構な美人で、満更でもない気分だった俺はノコノコついて行った。

 

家はそう広くないけど古いマンションだった。

 

家の中には中学3年だという妹がいたが、これがまた金髪のヤンキー女子中学生。

 

姉とは対照的に、かなり短いスカートの制服に、派手なピンクの靴下を履いて、シンナー入りの袋を持って態度もぶっきらぼうだ。

 

「オネエ、タバコくれや!」

 

喋り方も俺がびっくりするほどガラが悪い。

 

妹にタバコの箱をポイッと放り投げ、シンナーを取り上げて吸うヤンキー先輩。

 

妹からは、

 

「シンナーいるか?」

 

と言われるが、俺にはその趣味は無かったので断った。

 

俺は格好だけのヤンキーだったので、姉妹そろってシンナーを吸ってることに引いていた。

 

部屋には、両親と写る幼い頃の姉妹の写真があった。

 

幼い頃は非常に可愛らしく、まさかその数年後にヤンキー姉妹になる事は想像がつかないような写真だ。

 

自分が父親で娘がこんな風に育ったら、さぞかしショックだろう。

 

3人でタバコを吸いながら、しばらく適当に雑談していたら、そのうち妹が出かけてヤンキー先輩と2人きりになった。

 

2人きりになるといきなり、

 

「やりたい?やらしたんで」

 

と言ってくるヤンキー先輩。

この体験談の続きを読む

俺の巨根が気に入って中出しを求めてきた巨乳の人妻と絶賛不倫中

巨乳人妻 不倫
画像はイメージです

 

気になってた巨乳の人妻に誘われた

 

飲み会は、俺と取引先の男性3人と女性4人の合計8人だった。

 

居酒屋からカラオケとお決まりコースで終了した。

 

帰ろうしていると、人妻の恵理子さん(32歳、事務員)から

 

「もう一軒飲みに行きましょう」

 

と誘われた。

 

恵理子さんは見た目も綺麗でスタイル抜群、しかも巨乳。

 

(チャンスがあれば一度は抱きたい)

 

と思っていたが、取引先でしかも人妻ということもあり、ハードルはかなり高かった。

 

そんな矢先、恵理子さんからお誘いがきた。

 

2人で飲みに行くと、恵理子さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

 

特に旦那の愚痴が多かったが、

 

(なんでそんな事俺に言うのだろう?)

 

と不思議に思いながら聞いていた。

 

すると恵理子さんは、大胆な発言をしてきた。

 

「旦那は運転手だから、一度でいいからスーツの人に抱かれたい」

 

俺はビックリしたと同時に、

 

(これはいける!)

 

と思ったが焦らすことにした。

 

「会社にスーツの男はいっぱいいるし、恵理子さんのスタイルだと、しょっちゅう声かけられるんじゃないですか?」

 

「会社の人はないわ、どこで噂になるか分からないし」

 

「だったら旦那さんにスーツ着てもらって抱かれたらどうですか?」

 

「旦那に抱かれても気持ち良くないし、いつもワンパターンですぐイクし、それにアソコがちっちゃいのよ、結婚相手間違えちゃったかも」

 

旦那が気の毒になるほどの毒舌だった。

 

出会い系サイトとかに登録すればすぐ見つかるでしょう。恵理子さん綺麗だし巨乳だし」

 

褒めながらなおも焦らし続けた。

 

恵理子さんがだんだんイライラしてきたのが感じ取れた。

 

すると恵理子さんがついに、

 

「マサルくん(俺)は、年上の人妻はタイプじゃない?」

 

「年齢なんか関係ないですよ。相手に彼氏や旦那がいようが、抱きたいと思ったら抱きますよ」

 

「私のことはどう?」

 

「取引先の事務員さんだし、でも・・・」

 

「でも何?」

 

「魅力あるし、巨乳だし」

 

「マサルくんが良ければ私を抱いて」

 

「本当にいいんですか?」

 

「だって私、前からマサルくんのこと気になってて。今日の飲み会にマサルくん呼んでって言ったの私なのよ。シラフじゃ言えないけどお酒が入ったら言えると思ったから」

 

「でもこれからだと遅くなりますよ、旦那さんにバレるんじゃないですか?本当に抱いていいんですか?」

 

「旦那は今日帰って来ないし、マサルくんに抱いて欲しいの、私の家に来る?絶対旦那帰って来ないから」

 

「初めてはホテルで」

 

店を出てタクシーを拾い、ホテルへ向かう。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト