タグ:手コキの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:手コキ

【逆レイプ】女子部員たちが童貞の男子マネージャーを丸裸にして射精ゲーム

逆レイプ
画像はイメージです

 

男子マネージャーのおちんちんが丸見えに

 

私は3年の女子大生です。

 

体育会系の部活に所属しているんですが、毎年苦労しながら男子マネージャーを調達しています。

 

ところが今年は豊作で、なんと1年生の男の子が3人もマネージャーとして入ってくれました。

 

事件は5月の合宿で起きました。

 

合宿には、私たち女子部員と3年生の男子マネージャーが1人と、1年生の新人の男の子3人が参加していました。

 

場所は大学の合宿所ですが、一つ一つが独立している別荘のような一戸建です。

 

その中の大きな別荘を一つ借り、2階を女子専用にしていました。

 

女性部長が2階で女子だけでミーティングをするというので集合しました。

 

明日の練習メニューの確認が終わったところで部長が、

 

「今晩イベントを行おうと思うんだけど」

 

と切り出したのです。

 

「1年生の男の子は3人いるけど1人ぐらい減っても大丈夫でしょ?1年生の部員は処女の子も結構いるし、ちょっとエッチなイタズラしちゃおうよ」

 

なんてことを言い出しました。

 

でも1年生の女子部員は興味津々のようです。

 

1年生の3人の男の子のうち、誰をターゲットにするか投票し合いました。

 

結局、一番幼顔で可愛いと評判の男の子に決まりました。

 

マサル君という男の子です。

 

ターゲットの男の子以外のマネージャーは買い物へ行かせて、その間にマサルく君を2階でいたずらしちゃおうということになりました。

 

作戦通りに、マサル君には用具などを運んでもらうために残ってもらって、あとのマネージャーには買い物に行ってもらいました。

 

女部長がマサル君に、

 

「2階の高いところを掃除してもらいたいんだけど。お願いできる?」

 

と頼みました。

 

しかも部長はマサル君に、

 

「汚れるから上半身は脱いだ方がいいよ。下も短パンぐらいの方がいいんじゃないかしら」

 

と言っていました。

 

マサル君は素直な男の子で、言われた通りの格好になって2階に来ました。

 

私たち女子部員は全員パジャマになっていました。

 

マサル君を梯子に上らせると、部長が合図し、2年生部員がマサル君の短パンを一気に下ろしちゃいました。

 

すると勢いよく下ろしたのでパンツも一緒に下ろしてしまい、予定より早くマサル君のおちんちんが丸見えになってしまいました。

この体験談の続きを読む

【射精管理】ドSの女上司に手コキで射精させられるのを待ち侘びています

射精管理 手コキ
画像はイメージです

 

おっぱい触ったのがバレてた?

 

会社の飲み会があって、家もわりと近かったので酔っ払った女上司を僕がタクシーで家まで送っていくことになりました。

 

タクシーに乗ると、

 

「ごめんね」

 

と言いながら辛いのか僕の膝枕で横になる由紀子さん。

 

すると脇からキャミソールかブラジャーか薄暗い中で見えてしまいました。

 

胸はそんなに大きくないみたいですが、膨らんでいるのが分かります。

 

背中をさすってあげると、

 

「ありがとう」

 

と言っていましたが、途中から

 

「スー、スー」

 

と由紀子さんは寝息を立て始めました。

 

胸も見えている無防備な女上司の姿に、僕のチンコは反応し始めていました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と言いながら背中を擦る手を、そっと胸の方へ持って行きます。

 

そして開いた脇から、直接じゃないけどおっぱいに軽く触ってみました。

 

反応がないので、少し揉んでみます。

 

「んん・・・」

 

とわずかに声を上げたので手が止めます。

 

そしてまたゆっくりと揉みます。

 

小さいと思ってた胸ですが、手の平にスッポリ収まる感じでちょうどいいんです。

 

起きる気配はないので、大胆にも直接おっぱいを揉みました。

 

しっとりと汗をかいた肌が手に吸い付きます。

 

「んん・・・うぅん・・・あん・・・」

 

と時々小さな声を上げてましたが、それでも起きる気配はないので、勃起してきた乳首を軽く摘みました。

 

ビクンと反応しましたが、やっぱり起きないので弄って楽しみました。

 

チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

時々動く由紀子さんの頭がチンコに触れそうになって焦りました。

 

しばらくすると、

 

「着きましたよ」

 

という運転手さんの声で慌てて胸から手を抜いて、由紀子さんを揺すって起こします。

 

「んん・・・あら、ごめんね・・・寝ちゃってた?」

 

「大丈夫ですか?部屋まで送りますよ」

 

と由紀子さんの脇を抱えて部屋まで連れて行きました。

 

鍵も開けられないほど酔っていたので、代わりに僕が開けて部屋の中へ入ります。

 

さすがに部屋は綺麗に片付けられていました。

 

すぐに由紀子さんはベッドに倒れ込みます。

 

干してある黒のレースの下着なんかにドキッとしました。

 

「じゃぁ、帰りますね」

 

と言ったんですが返事がないので、そのまま部屋を出ました。

 

オートロックなので鍵をかけなくても大丈夫でしょう。

 

そしてまたタクシーを拾って家に帰りました。

 

部屋に帰ってすぐに寝ようとしたんですが、手に残る恵子さんのおっぱいの温もりと感触が頭から離れず、オナニーしてから寝ました。

 

そして週が明けて会社に出勤すると由紀子さんから、

 

「この間はありがとう」

 

という社内メールが来ました。

 

そしてちょっと遅めの昼食の時、社内食堂でバッタリと会いました。

 

その時は食堂はガラガラでした。

 

由紀子さんに誘われて一緒に食事をしましたが、なんだか緊張していました。

 

まさかおっぱいを触ったのがバレてないかと多少は心配でした。

 

すると、無事に食事を終えて食器を片付けてる時に、

 

「そうそう、そう言えば竹下君、タクシーの中で私の胸触ったわよね」

 

由紀子さんは世間話でもするように軽く言いました。

 

僕は一瞬で凍りつきました。

 

「・・・」

 

不意を突かれて言葉も出てきません。

この体験談の続きを読む

電車内で痴女OLにおっぱい押し付けられてチンコ握られてドクドク射精しました

電車 痴女 手コキ
画像はイメージです

 

女と間違えて痴漢されてる?

 

高校2年の3学期のことです。

 

毎朝、満員電車に乗って通学していました。

 

駅員が押し込まなければ乗れないほど満員です。

 

しかも次の駅でも、また人が押し込まれます。

 

目的の駅まで数十分でしたが、本当に毎日の通学が辛かったです。

 

そんな1月半ばのある日、いつもと同じように僕は満員電車に乗ってグッと押し込まれました。

 

嫌だなと思いながらも、次の駅でまた数人が押し込まれてきました。

 

その時の僕は、ドアに向かって後ろを向いた状態で立っていました。

 

最後の人が押し込まれてしばらくすると、何やら僕の太ももの裏側に手が当たっているのに気が付きました。

 

偶然当たっているもんだと思っていたのですが、どうも違うみたいです。

 

手の平が太ももにピタッと張り付いているんです。

 

変だなと思いましたが、混み過ぎていて見動きが取れません。

 

後ろを振り返るにも全く動けないんです。

 

しばらく我慢していると、その手は今度は尻に移動してきました。

 

しかも尻をゆっくり撫で回してくるんです。

 

これは何かの間違いではないかと思いました。

 

痴漢が女と間違えて、僕の尻を触っちゃってるんじゃないかと思いました。

 

身をよじって、なんとか

 

(ヤメろ)

 

と訴えかけました。

 

それでもずっと尻を撫で回してきます。

 

僕は気持ちが悪くなり、動ける方向に少しだけ動きました。

 

ちょうど横向きになる姿勢になると、尻から手が離れていきました。

 

やっと僕のことが男だって気が付いたと思って安心しました。

 

でもどんな奴が痴漢なんてしてるのかと思い、興味が湧きました。

 

僕の後ろ辺りにいるのは分かっていたので、降りる瞬間に確認しようと思いました。

 

駅で一気に人が吐き出される瞬間が勝負です。

 

体をひねって、僕は後ろにいる人を確認しました。

 

そこにはOLっぽい女性と、オジサンと、大学生風の男がいました。

 

この大学生っぽい男か、オジサンのどっちかが痴漢なんだなって思いました。

この体験談の続きを読む

小学3年生の時に兄のおちんちんを握ってオナニーの手伝いをしていました

オナニーの手伝い
画像はイメージです

 

兄が突然おちんちんを握って上下させていました

 

私が小学校3年生の時、小学6年生の兄のオナニーを手伝ったことがあります。

 

その頃は兄と一緒の部屋で、私は学校から帰宅すると机で宿題をしていました。

 

横には兄の机があり、兄はマンガを読んでいました。

 

すると兄が突然イスから飛び降りると、ズボンとパンツを下ろして脱ぎ捨てました。

 

そして自分のおちんちんをマジマジと見ているんです。

 

兄のおちんちんは勃起して天井を向いていましたが、当時の私は性の知識などありませんでした。

 

私がビックリして見ていると、兄は再びイスに座り、両手でおちんちんを握り上下させ始めました。

 

私には何をしているのかサッパリ分かりませんでしたが、じっと見続けていました。

 

兄のおちんちんはとても大きく、私の顔ぐらいありました。

 

小学校低学年の時は6年生がとても大きく感じていたので、私の記憶の中で誇張されてしまっているのかもしれません。

 

兄は両手でおちんちんをシゴいていたので、二握りほどはあったんじゃないかと思いますが、ただ両手だっただけかもしれませんが・・・

 

私は兄の変な行動の意味が分かりませんが興味が湧き、椅子から降りて兄に近づきました。

 

私が近づいても兄は恥ずかしがることなくおちんちんを手で上下させていました。

 

様子は少しおかしくて、なんだかボーっとした感じだったので、

 

「お兄ちゃんどうしたの?」

 

と聞くと、ハッとした感じで横に立っている私に気づき、自分でもよく分からないような感じで、

 

「何か気持ちいい」

 

と言い、机の上のティッシュを一枚取りました。

この体験談の続きを読む

中学生の時に逆レイプでヤンキー女子軍団がチンコを擦って跨ってきました

ヤンキー女子 逆レイプ
画像はイメージです

 

ヤンキー女子軍団に連れられて

 

僕が中学の時、女子から男子に逆レイプすることが流行っていました。

 

僕が所属するテニス部でもあったのですが、上級生の女子が下級生の男子を集団で地面に押し倒して、短パンやジャージの上からチンコを擦りまくるというものでした。

 

僕も何度かやられたことがありますが、これをやられた男子は必ず勃起してしまいます。

 

ただ、勃起したことが分かった時点で、解放されていました。

 

いつしかこの光景は、あまり珍しいものではなくなっていましたが、次第にクラスの女子までもが、イタズラ半分にマネをするようになっていました。

 

教室で行われた時は、自分も狙われてしまうせいか、誰も助けてくれないこともあります。

 

しかし、ヤンキー女子軍団に捕まった時は悲惨でした。

 

ある時、旧校舎の付近を友人と歩いていると、3人ほどの先輩女子がやってきて、

 

「ちょっとこっちに来なよ」

 

と言って、僕たちを連れて行きました。

 

そこには女子が7~8人ほど集まっていて、明らかにヤバい雰囲気でした。

 

逃げられないので大人しくしていると、その中の1人が僕たちに、

 

「お前ら、見ててやるから、あたしらの前でオナニーしてみろよ」

 

と言ってきました。

 

当然僕たちは出来るわけもなく、ただ固まっていたのですが、友人の1人が3人ほどに押さえつけられました。

 

すると短パンとパンツを脱がされ、僕たちの前で無理やりチンコをシゴかれ始めました。

 

友人は最初暴れていましたが、しばらくすると泣きはじめて、

 

「うわぁぁっ」

 

と叫んだかと思うと、精液を勢いよく飛び散らせました。

 

そのときにヤンキーの1人に精液がかかってしまったので、僕ともう1人の友人は、短パンの上からチンコを擦られてしまいました。

 

悲しくも、ぼくもあっという間にパンツの中に射精してしまい、とても気持ち悪かったです。

 

しかしあと1人の友人がなかなか射精しなかったみたいで、そのことが女子たちを一層、エスカレートさせたようでした。

 

その友人はなかなかのイケメンで、女子にも人気があったので、ヤンキーの女子たちも前から目を付けていたみたいでした。

 

ヤンキーのリーダー格の女子が、

 

「いただいちゃおうか」

 

というと、いきなり自分のセーラー服のスカートを捲り上げて、ブルマとパンツを脱ぎ出したのです。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト