タグ:手コキの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:手コキ

彼氏の目の前で浮気セックスして興奮する性癖の私は最低女です

彼氏の目の前でセックス
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

私が浮気しても別れられない彼氏

 

後日、当然ながら彼は私を責めました。

 

「俺、あの日見たんだからな・・・・・・うわあああ!」

 

後半からは何を喋っているか不明であるほど、泣きじゃくる彼です。

 

何度も言いますが私は彼が大好きなんです。私は別れたくないのです。たぶん彼もそうでしょう。

 

しかし私が謝罪して、また浮気の繰り返しというのはつまらないし、そうしたら彼もさすがに愛想を尽かせてしまうかもしれません。

 

そこで私は博打に打って出てみました。

 

最悪の場合彼と別れることになる可能性があるけど、上手くいったら今よりも、これまで以上にすごい行為が叶うかもしれないと。

 

「だってさあ、タケシ君セックスしてもすぐに出しちゃうじゃん?」

 

彼は一瞬ビックリの表情をしましたが、すぐに歪んだ情けない顔になり、涙を浮かべました。私はその様子を見てあろうことかゾクゾクしてしまいました。

 

「おちんちんも小さいし・・・」

 

そういうと私は無理矢理に、彼のおちんちんをズボンの上から掴みます。

 

「ああ!」

 

彼が弱々しい声を出します。彼のおちんちんはギンギンに勃起していました。私は彼のおちんちんを擦りながらさらに罵倒を続けました。

 

「智也君のおチンチン見た?タケシ君の倍くらいあったよね?タケシ君とはケタが違うくらい大きかったんだよ?」

 

「うう、うううわあああ!」

 

彼は幼子の用に声を出して泣きました。ここでやめてしまっては彼の心を破壊して終わりです。そう思った私はさらに言葉を続けます。

 

「でも浮気したのは私だもんね・・・もう別れよっか?」

 

「い、嫌だ!」

 

間をおかずに、彼ははっきりと言いました。

 

(彼に別れる気はないわね!)

 

私はほくそ笑みました。

 

「私もタケシ君のこと大好きだよ?本当だよ?」

 

私はそう言って彼をギュッと抱きしめます。

 

「うう、ううう」

 

彼は私に顔を埋めながら泣きじゃくります。私は無言で彼の頭を撫でてあげます。

 

(なんてかわいい男の子なんだろう)

 

私は子供の用に泣くじゃくる彼を本当に愛おしく思っているんです。

 

「うう、でも、もうしないでよ」

 

彼は聞き取れないほど小さい声で呟きました。

 

「ねえ、タケシ君あたしから提案があるだけど」

この体験談の続きを読む

【中学生】親戚のお姉ちゃんがチンコ触ってきたのでエッチしました

中学生セックス
画像はイメージです

 

寝ているボクのチンコを触ってくるんです

 

ボクは今、中学2年生です。

 

去年の夏、いとこたちと海水浴に行った時のことです。

 

いとこは1こ上のK美と1こ下のSで、行った日の夕方、おばさんが

 

「もうすぐ晩ご飯だから、いっしょにお風呂入っといで」

 

というので、3人でお風呂に入りました。

 

小さいお風呂なので、3人で入るとかなり狭いです。

 

SとK美はしょっちゅう一緒にお風呂入ってるらしくて、平気で前を隠さないで堂々と見せてました。

 

3人で日焼けのあとを比べあいっこしました。

 

ボクは女子の裸を見るのは初めてで、K美は割とおっぱいも大きいので、チンチンがビンビンに大きくなってしまいました。

 

K美は

 

「洗ったげる」

 

とSとボクを交代で立たせて、見たらSもチンコが立ってたけど、ボクのほうが相当大きかったので、K美は驚いて

 

「おっきいわねぇ~」

 

と言って洗いながら触りってきました。

 

Sは見たいテレビがあるので、すぐに上がって、K美とボクの二人になると、K美は

 

「おちんちんすごいねぇ」

 

といって夢中でボクのチンコをナデナデしてきました。

 

「胸触ってもいい?」

 

と聞くと、

 

「いいよー」

 

というのでK美のおっぱいを揉みました。初めて触ったけど、柔らかくてびっくりです。

おばさんが

 

「早く出なさい」

 

と言うので、急いで出たけど、トランクスをはいても、K美はもっこりしてるふくらみをを触ってきました。

 

夜、3人で寝てたらK美はボクの横に来ました。ボクは真ん中でした。

 

Sはすぐ寝てしまい、ボクも疲れていつの間にか眠ってしまいました。

 

夜中にふと目が覚めたら、K美がボクのチンコを触っているんです。

この体験談の続きを読む

女湯を覗いた男を捕まえて強制オナニーさせたら絶倫だったので楽しみました

強制オナニー
画像はイメージです

 

覗きの罰としておちんちん出させました

 

同じ職場の先輩二人ととある温泉に行った時の貴重な体験です。

 

私(22歳)、Mさん(29歳)、Rさん(30歳)の3人ですが、私以外の2人はすでに結婚しています。

 

夜の10時ごろ、3人ともお風呂から上がった後、脱衣所で裸のまんまそれぞれのお肌のケアなどに話が盛り上がっていました。

 

そんな時、Rさんが脱衣場を仕切っている暖簾に誰かが身を潜めて覗いているのを発見したんです。

 

即座に逃げ出そうとしている覗き魔の腕を掴んで、みんなで脱衣所に引きずり込みました。見ると25歳くらいのサラリーマンっぽい男です。

 

男はふてぶてしく特に悪びれもせずに、

 

「男湯と勘違いしただけです」

 

とへっちゃらな顔で言うのです。

 

その時、私たちは体にタオルを巻いたままの格好でしたので、男に逃げられないよう入口のドアを施錠し、慌ただしく浴衣に着替えました。

 

Rさんが、

 

「旅館の人に通報するから」

 

と言うと男は突如態度を変え、

 

「そ、それだけは勘弁して下さい」

 

とか細い声に。3人で協議して、私たちの部屋へ引き連れていくことにしました。

 

話を聞くと会社の旅行で来ていて、他の人たちは宴会で賑わっているところを抜け出してきたとのことです。

 

部屋に入ると、男が詫びを入れると思いきやさっきの態度を忘れた様に、いまひとつ反省した様子も見受けられないのです。

 

Mさんが通報しようと受話器を取ったところで、

 

「申し訳ございませんでした」

 

と今度は床に頭を擦り付けながら詫びています。

 

「あんたにはもう騙されないわよ」

 

男はしばし無言だったんですが・・・。

 

「本当に悪いことをしました。さっきは申し訳ありません。本気で反省しています。お許しください」

 

本当に泣きべそをかきながら言っているみたいでした。

 

「あなたが心の底から反省してるなら、態度で示していただきましょうね。あなたは女の裸を見て楽しんだんだから・・・それもまとめて3人も。なんで次は私たちが楽しむ番よね・・・分かるでしょ」

 

男は諦めたのでしょう・・・静かに頷くと立ち上がり、浴衣を脱ぎ始めました。

 

身長は170cm位だと思います。日に焼けていてスポーツでもしているのか意外と引き締まった体格です。

 

お臍のまわりから胸まで細くて薄い毛が見えます。上半身は裸になりましたが、まだ下半身は白のブリーフを穿いています。

 

そのブリーフがもっこりと盛り上がっていて、隙間から陰毛がはみ出しており、そこから膝周辺まで黒い毛があります。

 

男は体全体が毛深いみたいですが、特に見苦しいとは思わず、どちらかというと格好良い部類だと思います。

 

私はもうこの時から心臓バクバクで、きっちりと男の顔は見られませんでした。

 

「ブリーフも脱ぎなさい」

 

男はちょっと尻込みしましたが、思い切って脱ぐと、大事なイチモツがブルンと現われ、ぶらんと前方に垂れ下がっています。

 

私はこの時に、大人の男性の生のおちんちんを初めて目にしました。

この体験談の続きを読む

童貞卒業させた彼が私に夢中になっているので自分好みに育てたい

カーセックス
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

童貞卒業した彼をまた誘っちゃいました

 

あれ以来初めてT君とバイト先の控え室で対面しました。私が、

 

「T君、おはよう!」

 

と挨拶するとたちまちT君の顔は真っ赤になりました。可愛すぎです。二人きりでしたので、

 

「何照れてんのよぉ」

 

と茶化してみます。T君は

 

「な、なんですか!」

 

と照れた顔で笑います。

 

この日はバイト忙しかったんですが、時折T君をチラチラ見て

 

(あの誠実そうなT君が私のクリトリスを舐めてオマンコに指入れて)

 

なんて事を思い出して私はとっくに濡れていたと思います。

 

忙しいバイトが終了すると又してもT君と控え室で二人きりに。私は車で来てるので

 

「送っていくよ」

 

とT君を誘ってみました。下心満載です。

 

T君もためらいなくついて来たので、おそらく期待してたんだと思います。助手席に乗ってじっと前を見てます。私は、

 

「T君、この間のこと覚えてる?酔ってたから覚えてないとか言うことはないよね?」

 

と話し始めました。T君は直ぐに真っ赤な顔になって

 

「覚えてますよ」

 

と言いました。真っ赤になったT君を見てると更に意地悪したくなってきました。

 

「思い出したりもしたの?」

 

と聞いてみます。T君は、

 

「し、しましたよ」

 

とちょっとだけ拗ねたみたいな声を出します。

 

「バイト中に思い出した?私はバイト中ににT君とセックスした時のこと思い出して濡れた」

 

と大胆に言ってみます。 T君は、

 

「俺なんて・・・いや、いいです」

 

と言いかけてやめたんです。

 

「何よ。ちゃんと言ってよ」

 

と問いただすと

 

「奈美さんとのエッチ思い出して、一人でしました。何回も」

 

と気まずそうに俯きました。ここでまた嬉しくなり、問い詰めます。

 

「私の何を思い出したの?」

 

と意地悪な問いかけを重ねます。

 

「奈美さんの、エッチなとこ」

 

人気がほとんどいない所だったので私は車を止めました。

 

「エッチなとこって?」

 

「奈美さんがイクところ。オマンコがビクビクしてたとこ」

 

T君が真っ赤な顔で私を見ました。

 

私はいてもたってもいられず、T君のズボンの上からおちんちんを触りました。ズボンの上からでも分かるくらいすでに勃起してます。

この体験談の続きを読む

エッチで豹変する私は油断した彼氏のチンコを弄くりまわして悶えさました

男の潮吹き
画像はイメージです

 

マッサージ中に無防備な彼氏のチンコ触ったら

 

女子大生です。あたしには社会人で年上の彼氏がいるんですが、生理でエッチできない日はここぞとばかりに彼を責めこみます。

 

ちょっと前の話です。テレビ鑑賞しながら、パンツ一丁でうつ伏せになってる彼氏をマッサージしてたの。彼もジーッとテレビを見てます。

 

今日は私が生理なんで、エッチしないと思って油断してるんですね。甘い!

 

そんな無防備な彼を見ているとエッチな事したくなってきたので、ふいをついて手を彼の股間の下に潜り込ませたんです。

 

ビックリする彼を無視して、パンツ越しにおちんちんを上下にグイグイマッサージします。

 

「ちょっ!なに!うわっ!」

 

「マッサージしてるんじゃない」

 

おちんちんナデナデしていると、あっという間に硬くなりました。

 

「あれ?手に硬いのが当たってる」

 

とかしらじらしく言いながらおちんちん撫で回します。

 

そのまま強引に仰向けにして、今度は前からのマッサージです。パンツの上から裏スジを指でなぞったり、強めに竿を掴んで撫で上げたり、タマタマをモミモミします。

 

「ん、ふぅ」

 

なんて、可愛く息を漏らす彼、パンツにうっすらとカウパーのシミが出来始めます。

 

「ねぇ、なんでマッサージしてるのにパンツが濡れてるの?」

 

「なんでってお前が、うあっ!それヤバイ!」

 

目をつむって眉間に皺を寄せている彼の耳に息を吹きかけ、手はおちんちん擦りながら耳元で可愛く囁きます。

 

「マッサージ嫌なの?やめちゃう?」

 

「え?」

 

照れくさいのか、返事に詰まる彼です。

 

「もうマッサージ終わりにする?」

 

彼のおちんちんを優しく撫で回し、首筋、耳、ホッペなんかにキスをしながら、わざと悪戯っぽく聞きます。それでも、

 

「や、ヤバイって!」

 

とは言うものの「やめないで」とは言わない彼です。

 

「じゃ、やめらんないよーにしてあげるわよ」

 

「へ?」

 

って言う彼の言葉を聞く前に、いきなり唇を塞ぎディープキス、それに加えて、パンツの中に手を入れて直接おちんちんに触れます。ガマン汁を塗りのばして、激しく扱き出します。

 

「うほっ!んっ、んん、んあっ!」

 

って漏れ聞こえる声が可愛らしくて、時々顔を見ながらおちんちんシコシコさせ、わざとらしく聞きます。

 

「なに?どうしたの?」

 

「マジでヤバイって、そんなんしたら、イッちゃうじゃねえか」

 

「まだだめだよ、早い早い」

 

って言ってさらに扱きながらベロチューします。そのまま下がっていって、パンツからほんのちょびっとだけ亀頭を出してジュルジュル舐めます。

 

「うっ!」

 

って、体を仰け反らす彼です。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト