タグ:性欲処理の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:性欲処理

久しぶりのセックスで乱れまくった女上司の性欲処理を担当する俺

騎乗位
画像はイメージです

 

女上司と二人で飲みに行くことに…

 

俺は高校を卒業してすぐに、首都圏にチェーン展開する飲食店に就職しました。

 

そして俺が20歳になったころ、店長として当時36歳の独身女性が本社から転勤してきました。

 

顔は中谷美紀に似ていて美人でキリッとした感じで、いかにもキャリアウーマンという印象で、本社の信頼も厚いと噂されている女上司でした。

 

うちの店に来てからも、社員をはじめアルバイトや料理人達からも敬意を表されていました。

 

その女上司(渡辺さん)が転勤して来てから3ヶ月程経った頃でした。

 

俺はその日は早番で夕方に仕事が終わり、帰ろうとしているところへ、休みのはずの渡辺さんが店にやってきました。

 

どうやら本社で店長会議があったらしくて、会議を終えて帰りに店に立ち寄ったとのことです。

 

「お疲れさま、今日は早番だっけ?もうご飯食べた?私、朝から何も食べてなくてお腹ぺこぺこなの。ご馳走するから、よかったら私と食べに行かない?」

 

と、気軽な感じで誘われました。

 

俺は一人暮らしで予定もないし、給料日前だったので奢ってもらえることに素直に喜び、

 

「マジっすか?ラッキー!ゴチになります」

 

と、俺も気軽に誘いを受けました。

 

そして、近くのシャレた居酒屋に連れて行ってもらいました。

 

そこは全席個室の店で、最近できたばかりで結構流行っていて、調査の意味も含まれていました。

 

シャレたとこだけあって店内は薄暗く、チラチラ見えるお客さんはカップルだらけでした。

 

「私達、場違いかな?」

 

と渡辺さんは笑いながら言うと俺は、

 

「俺たちもそう見えるんじゃないすか?」

 

と言うと、

 

「本当?」

 

とちょっと嬉しそうでした。

 

俺たちは1番奥の個室に案内されました。

 

最初は店の偵察もあったので、メニューや値段、お酒の種類とかを詳しく見ていました。

 

そして店のおすすめや、興味のあるメニューなどを頼んで、お酒を飲みながら話していました。

 

でも1時間半ぐらい経ったころ、アルコールも入ってきたせいか、恋愛の話になってました。

 

渡辺さんは、

 

「彼女は?」

 

「いつ別れたの?」

 

「何で別れたの?」

 

とか結構深く聞いてきました。

 

なので俺も思い切って、

 

「渡辺さんは彼氏いないんですか?」

 

と聞くと、

 

「もう4年ぐらいいないわ」

 

少しふて腐れた表情で言いました。

 

渡辺さんは明るいし細かいとこに気がつくし、年齢の割りに美人だし、寄って来る男はいるんじゃないかと思います。

 

でも仕事柄、休みは不規則で、それ以上に仕事が好きみたいで、あまり寂しそうにもみえないし、しかもキリッとした感じのキャリアウーマンだと男が尻込みするのかもしれません。

 

さらに恋愛の話から、徐々に下ネタになっていきました

 

「若い男なんだから毎日エッチしたいでしょ?」

 

「彼女いないなら一人でしてるの?週どれくらい?」

 

とか、酔った勢いもあるかもしれませんが、渡辺さんは以外にエロいんじゃないかと思ってきました。

この体験談の続きを読む

巨根の性欲処理に落ちぶれ逃れられない私は後輩の女の子を連れてきました

後輩OL
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

大量のザーメン浴びて童貞をいただき

 

童貞巨根の上田君にクンニされて2回続けてイカされてしまいました。

 

私はちょっとだけ悔しくなって、上田君の顔面に股がってクンニさせていたので、この状態で回転してシックスナインの形になって、私も彼のおちんちんを攻撃しはじめました。

 

上田君の巨根は全部は口に入りこまないので、亀頭を舐めながら、ツバをしたたらして両手擦っていました。そうするとそれまで度々寸止めしていたので、上田君は

 

「もうダメです、お願いです、出してもいいですか」

 

と情けない声でお願いしてくるので、微笑ましくなってしまい、

 

「それじゃあいいよ!思いっきり射精して」

 

と言って一層激しく扱きました。そしたらアッという間に上田君は

 

「ああ、出ます、イク、ああ~ああ」

 

と絶叫しました。

 

私は射精する瞬間が見たかったので口を離して眺めていると、おちんちんが一瞬大きくなった瞬間に大量のザーメンが飛び出してきたのです。

 

物凄い勢いで飛び出してきたので、お顔がザーメンまみれでベトベトになってしまいました。

 

予想してなかった顔面シャワーをされて、胸の奥底がジンジンしてきて、支配された気分になってしまいまして、私は凄く興奮しました。

 

私は上田君が射精した後も、すぐに巨根を扱いて、亀頭をしゃぶりまくりました。

 

男性は射精した後に触られるのを嫌がる人が多いので、逆にイタズラをしてやろうと思い、無理矢理攻撃を続けてました。すると上田君が

 

「ああ、ダメです、それ以上はダメです、ああ、やばいです、ああ~ああ」

 

と大きな声で叫んだかと思えば、ビシャッ、ビュッ、と透明な液体が飛び出しました。

 

私は驚愕してそれを先ほどのように顔中に浴びてしまいまして、上田君は呆然としています。その液体は何であるのか知りません。

 

それ後はいくらなんでもおちんちんに触られるのは辛いみたいだったので、ちょっとひと休みしました。

 

でも私はまだ満足してないので、上田君の巨根を勝手にしゃぶりはじめました。

 

上田君はビクッとしていたのですが、もう問題ないみたいで、すぐに硬く勃起しました。私はもうオマンコビチョビチョで早く巨根を入れたかったので、上田君の上に股がると

 

「ほら見て上田君、童貞卒業の瞬間だよ」

 

と言って巨根をオマンコに当てました。そしてじっくりと腰を沈めましたが、大きくて中々入りません。ニチャ、ブチュと卑猥な音を出しながら、徐々に入れたんですけど、やっぱりちょっとだけ痛いです。

 

私は辛抱してそのままブチュ、ズリュと言わせながらおちんちんを根元まで入れると、普通じゃ無い感覚でした。まるでワインの瓶に一旦抜いたコルクを再度入れるみたいに、きゅうきゅうに押し込んでいる感じです。

 

上田君は嬉しそうに

 

「うああ、ハァハァ、僕もう童貞じゃないんですね」

 

と言っていました。

 

私はとても上田君が愛くるしく見えてしまい、上田君にもたれ掛かって激しく唇を重ねました。

 

キスをしているとオマンコの奥から濡れてくるのが分かり、もっと激しく巨根で突いて欲しくなりました。私は自分であせらずに腰を動かしてみましたが、やっぱり少し痛いんです。

 

何度か反復していると、痛みはもう無くなり、上田君の巨根サイズにオマンコがぴったり拡大した感じがしました。

 

そして段々過激に腰を振ると、今まで実感した事の無い気持ち良さがなだれ込んできました。私は自分でも気付かない位、自然にイッてしまいました。

 

とても不思議な感覚で、声も全く出ないで、頭だけ普段のイッた感じになって、自然と体が痙攣し、自分ではまったく止めることができなかったです。

 

そうすると、私が全く動かないので、上田君が下から腰を突き上げてきました。私は

 

「ちょっと待って」

 

と言ったんですけれど、声にならなくて聞こえていない様子でした。上田君は初体験なので、遠慮なく激しく突き上げます。

 

私も段々正気になってくると、とてつもない快感が身体の内側に駆け巡りました。

 

「ああ、うはあっ、あうっ、イヤッ、ダメッ、またイッちゃう~、イクう」

 

アッという間にまたイカされてしまったのです。

 

私は以前から巨根に目がなかったので、これ程若くて硬いビッグサイズのおちんちんを入れられたら、この先他の男性では満足出来ない体になってしまうかもしれないと思いました。

 

そして上田君は

 

「先輩、後ろから入れてみたいんですけど」

 

と言うと、私の答えも聞かずに身体の位置を変え始めました。

 

このくらいから上田君の様子が変化してきて、これまでは私に主導権があったんですけど、気が付けば上田君がリードしていました。

 

私は主導権を取りもどす事なんて無理な位にフラフラでした。そして上田君はバックでおちんちんを入れなおすと、

 

「ああ、気持ちいい~」

 

とひとり言の様につぶやくと、たちまちブチュッ、ニチュッ、ズリュッと突いてきました。

 

私は一突きされる度に失神しそうになり、声も出せずにビクンビクンぐらついていると、継続して凄く強烈な腰使いで突いてきました。

 

「ああ、あんっ、ダメッ、スゴイ、何これ、凄い、おかしくなるう、イク、あうっ、うぐう」

 

とまたすぐにイッてしまいましたが、上田君は確実に知らんぷりをして腰を突きまくっています。ある程度経過した頃、

 

「ああ、出る、このまま中に出していいですか?ああ~、出る~」

 

 

と上田君は雄叫び始めました。

今日は危険日の可能性があるので中出しは駄目と思いましたが、先程の凄い量のザーメンを思い出してみて、

 

(精液をオマンコの中に出されたい)

 

と思ってしまったのです。そうして何も答えないでにいると上田君は

 

「ああ、もう無理です、イキます、ああ、出る、ああ」

 

と喚いて、すごい量の温かいザーメンをオマンコの中に放出しました。中におしっこをビュービューされたみたいな感じで、すっごい量のザーメンが入ってきました。

 

私はすっかり支配された気分だったのですが、この巨根ならやむを得ないと諦めました。

 

そうこうしているとみんなが戻ってくると思われる時間になっていたので、二人で急いで着替えました。つい先ほどまではシャイだったはずの上田君なのに、今はとってもナユラルに私に話し掛けてきます。

 

「美紀さんの体マジたまんなかったです。またお願いしてイイですか?」

 

なんて平気で言ってくるんです。でも彼から離れられないのは私の方なので全然オッケーですけどね。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト