タグ:性処理の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:性処理

【巨根で絶倫】性処理用に採用したはずが特大おちんちんの性奴隷になってます

巨根で絶倫
画像はイメージです

 

性処理用の男性を雇います

 

私は27歳の女ですが、アパレル関係のお店で店長をしています。

 

スタッフはほとんどが女性ですが、1人だけ男性を雇うようにしています。

 

表の仕事は女性でやりますが、物を運んだりなど力仕事も必要なので、どうしても男性が必要になります。

 

実はそれだけじゃなく、私のストレス発散のはけ口の意味でも男性を1人雇っているのです。

 

アパレル関係の仕事は休みが少なくて忙しく、彼氏を作っている暇がないのと、接客業なのでストレスが溜まります。

 

私もそうですが、一部の女性スタッフは性欲が強く、そのはけ口となる男性が必要なのです。

 

3年前ぐらいから、男性スタッフは仕事が終わったら日替わりで、私と一部の女性スタッフが満足するまでセックスの相手をさせます。

 

私は自分が満足するまでは、たとえ男性が何度射精しても無理やり勃起させてセックスします。

 

女子会で聞いている限り、他の女性スタッフもだいたい同じ感じみたいです。

 

男性の面接の時には、私たちの性欲処理の相手をする事を伝えるとみんな喜んでくれます。

 

しかし、日替わりでほぼ毎日のためか、私たちの性欲が強すぎるのかは分かりませんが、男性スタッフは段々と生気がなくなり、半年も経たずに辞めてしまいます。

 

3ヶ月前にも男性スタッフが辞めてしまいましたので、募集を掛けたら23歳の男性が面接に来ました。

 

名前は将太としておきます。

 

見た目はまあまあイケメンで、話の受け答えもしっかりしているので問題なさそうです。

 

私たちの性処理相手をする事も了承してもらい、採用することにしました。

 

1週間の研修期間中は、昼の業務だけです。

 

将太は物覚えが良く、テキパキと雑務をこなしてくれました。

 

研修が終わり、いよいよ夜の業務を行う事になりました。

 

私は将太に待ち合わせのホテルと時間を書いた紙を渡しました。

 

仕事が終わり、ホテルに行ったら時間通りに将太が来ました。

 

ホテルに入り、お互い別々にシャワーを浴び、いざプレイスタートです。

この体験談の続きを読む

叔母の性処理奴隷から逃れられない俺が放出した精液は2500回

叔母 近親相姦
画像はイメージです

 

厳格と思っていた叔母の性欲の吐け口に

 

俺は和也で、現在21歳の大学3年生です。叔母の従順になってから丸5年になります。

 

この生活がスタートしたのは俺が高1の時、商社に勤務していた父が母を連れてアメリカに転勤した時からでした。

 

俺は父が単身赴任するものと思っていましたが、父の前任者だった人が単身赴任で、現地の女性と揉め事があったなどもあって、会社から夫婦で行くように促されたらしいのです。

 

俺は当時父と仲が悪く、また、地元で有名進学校に入学したばかりだったので日本に残る事にしました。

 

一人暮らししたかったんですが、日本に留まる条件が叔母(母の妹)の所に預けられることでした。

 

叔母はこのとき35歳で、不倫した夫と離婚してバツイチでした。

 

ビジネスセミナーや進学塾の講師もしている結構気の強い女性です。

 

第三者から見ると綺麗らしいが、当時の俺は、気が強く何かとガミガミうるさい叔母が嫌いでした。

 

けれども、そんな叔母と同居し始めて2人だけになってみると想定してたよりも以外に優しいんです。

 

俺の身の回りの世話もキチンとしているし、とにかく母みたいにしょうもない干渉をしないのが快適でした。

 

俺は楽な生活を送っていましたが、叔母の講師という仕事の関係上、学校の成績においてだけは厳しかったです。

 

でもそのせいで1学期は程好く良い成績で終了することができました。

 

夏休みは毎日遅い時間までテレビを見、翌日の昼頃まで寝ている自堕落な生活を送っていましたが、逆に叔母は進学塾の夏期講習とかで忙しく、毎日苛々していました。

 

8月に入った頃、ある日曜日の昼前にまだ寝ている俺を起こしに、叔母が部屋に入って来ました。

 

俺はエアコンを付けて寝るのが嫌いだったので、夏場はパンツ一枚で寝ていました。その日もパンイチで寝てました。

 

叔母は部屋に入るなりベッドに腰を下ろすと、

 

「ふふっ」

 

と微笑みながらいきなり股間に手を伸ばしてきたんです。童貞だった俺は、この不測の出来事にエッチな気分どころではなく恐怖でじっとしていました。

 

叔母は

 

「緊張してるの?」

 

と言いながら俺のパンツをずり下げてきました。

 

昼近い時間でも俺にとっては寝起きだったので、朝起ちでチンコはビンビンに勃起していました。

 

叔母はチンコを優しく握ると、俺の表情を観察しながら最初は徐々に、そして段々激しくしごき始めたんです。

 

いくら怖さが勝っても、こういったことをされたら気持ちよくて仕方ありません。

 

物心ついてから誰にも触られたことのないチンコはあっという間に射精してしまいました。

 

叔母の手や腕、ベッドのシーツなどにも俺が放ったザーメンが付着しています。

 

俺はどうして良いか見当もつかずに、羞恥心と興奮から汗びっしょりで気が動転していました。

 

そんな状態の俺に叔母は、

 

「シャワーを浴びてきなさい」

 

と言いつつ部屋から出て行きました。

 

俺は叔母に言われた通りに精液で汚れたチンコや汗をかいた体を洗い流して、とにかく部屋に戻りました。

 

少ししてからまた叔母が部屋に入ってきたんですが、その外見を見て俺はあっけに取られました。ピタピタのTシャツに小さめのショーツだけの姿だったからです。

 

叔母は俺の横に腰掛けると、

 

「私があなたの面倒を見てあげているんだから、あなたも私の面倒を見なさい」

 

そう話しつつ俺をベッドに押し倒すと、覆いかぶさり体を重ねてきました。

 

この状態で叔母にされるがまま、ファーストキス、童貞、当日中にすべて、血の繋がった叔母に奪われてしまいました。

 

そりゃあ高校生なので女体やセックスには興味がありましたが、相手は実の叔母です。

 

子どもの頃から馴染みの有る実の叔母が甥の俺にこんなエッチなことするなど考えてもいません。

 

しかも何の前触れも無く唐突に起こった事でしたから、少しも心構えが出来ていないうちに叔母の欲求に応えるために、何回となく勃起させられては射精させられる・・・そんな感じでした。

 

その日から俺は“性処理奴隷男”となってしまいました。無条件に叔母の性欲の吐け口にされてしまったのです。

この体験談の続きを読む

年上の部下が射精したザーメンの臭いに興奮した私は自分から性処理係に

年上の部下が射精
画像はイメージです

 

オナ禁が災いして射精してしまったようです

 

32歳の独身女です。

 

外食チェーン店の社員で1店舗を任されています。社員とアルバイトを含めて12人ほどおり、ほぼ年下なのですが、その中に一人41歳の男性がいます(名前をAさんとします)。

 

一定期間Aさんのミスが目立っていたため、ある時、別室に呼び出して彼に注意をしたのです。

 

元々気が弱い性格のAさんは、最初は真剣に私の話を聞いていました。だけど途中から雰囲気がおかしくなっていったのです。

 

話もうわの空で、姿勢も猫背になっていって、明らかに変。叱られてしょんぼりしただけかとも思ったものの、どうも違う様子です。

 

そんなわけで具合が悪いのかと思って、

 

「Aさん、大丈夫ですか?」

 

と近づいてた時、特有なあの匂いを感じたのです。瞬間に、何が起きたのかがやっと分かりました。彼は射精してパンツの中にザーメンを出していたんです。

 

わけを聞くと、2ヶ月のオナ禁中で、かなり溜まっていたようなんです。そして何と言っても、その時の私のファッションがいけなかったのです。

 

私は元々Gカップと胸が大きいうえに、その時は部屋の暖房が効いて暑かったので、自然とジャケットを脱いでシャツ1枚だけになっていたんです。

 

大きく盛り上がっていた私の巨乳に興奮して、彼はおちんちんを大きくしてしまい、何とか気を逸らそうとしたものの、おちんちんとパンツが擦れて刺激されてしまい、つい射精しちゃったみたいなんです。

 

ひとまずトイレに行っていただこうと思ったのですが、そうするためには一度お客さんがいる場所を通らなければいけないのです。

 

それはさすがに問題なので、仕方無しに誰も入り込んで来ないようドアに施錠をし、所持していたハンカチを彼に渡しました。

 

私「トイレに行く前に、まずはこのハンカチで拭いてください。私後ろ向いていますので」

 

A「はい、すみません」

 

重苦しい空気の中、

 

A「あの、この事は誰にも言わないでほしいんですけど」

 

私「当たり前ですよ!言うわけないでしょ。私のせいでもありますし」

 

ザーメンを拭き終わったAさんが、

 

A「ありがとうございます。あの、これ(ハンカチ)は洗濯して必ずお返しします」

 

私「そんないいですよ。このまま返してもらえれば」

 

A「え、でも汚いですし」

 

私「別に汚くないですよ。それより、この状況じゃ今日の仕事は出来ないでしょうから、早退を認めますので帰宅されて下さい。体調不良ということで伝えときますから。」

 

そういうわけで、当日は彼を早退させました。よっぽどヘコんだでしょうね。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト