フェラチオ
画像はイメージです

 

弟の友達2人とお風呂に入りました

 

ミクです。女子大生です。

 

この前、中学生の弟の友達(大貴君と智也君)が自宅を訪ねて来た時の事です。

 

ともかく弟はすぐ帰ってくるだろうと想定して、2人を家に招き入れてリビングで麦茶を出して待っていました。

 

「健太のお姉ちゃんがこんな可愛い人だなんて知らなかった」

 

とか言われて、私もちょっとだけドキドキしてしまったものです。

 

中学生とかから判断すると可愛い部類に含まれていたのでうれしかったです。

 

しばらくするとメールを見ていた大貴君が愚痴り始めました。

 

弟と遊ぶ約束をしていたみたいですが、弟には彼女がいて、彼女を優先してまだ帰らないと大貴君にメールを送ったみたいなんです。

 

「ゴメンね2人とも」

 

申し訳なく思い、2人に謝りました。でも2人ともさほど気にはしていないようで、

 

「いや、いいんですよ」

 

って言ってくれたのです。良い子達なのでしょうね。

 

「しかし今日は暑いですね」

 

「そうだね。汗かいてきちゃった」

 

この日は暑く、気温が30度をオーバーしていて、暑い中来てくれた2人は当然の事、ずっと家にいた私もジットリと汗をかいていました。

 

「なんなら2人ともお風呂に入っていく?」

 

「え?いいんですか?」

 

「いいよ。ほら、そこの洗面所で着替えて」

 

2人を先導していくと、洗面所で2人は服を脱ぎました。

 

思春期の成長中の男の子の体にドキドキしながら、何度もチラ見していました。

 

「あの・・・お姉さんも一緒に入りませんか?」

 

おそるおそる大貴君がそう言うと、智也君が

 

「お前バカか!」

 

とツッコミを入れました。それがちょっぴり愉快で、つい私も、

 

「じゃあ、一緒に入ろっか」

 

と返事してしまいました。

 

大貴君と智也君はもうパンツ一枚だけの姿で、私の返事にビックリしていました。

 

私は即行で脱いで、2人よりも先に全裸になりました。ブラジャーとパンティー脱いで、洗面所の籠に置きました。

 

籠は一つしかないので、汗をかいている2人の服と一緒です。

 

「ほら、2人も早く脱いで。私一人だけ裸なんて恥ずかしいじゃない」

 

「は、はい」

 

2人はあたふたしてパンツを脱いで、私の下着の上に放り投げました。

この体験談の続きを読む