アナル中出し
画像はイメージです

 

弓削道鏡なみの巨根を持つお坊さん

 

叔父さんの葬式で北陸まで行った時のことです。

 

お通夜の晩だというのに、そこのお寺の坊さんに私はナンパされ、誘いに乗ってセックスの快感をたっぷりと味わいました。

 

なんと彼のペニスは、弓削道鏡並みかと思うほど、物凄いスリコギたいな巨根でした。

 

弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とは、奈良時代に実在した人物で、大阪の八尾市の生まれで、その時の女帝であった孝兼天皇に取り入り、その馬並みといわれた巨根を使って虜にしたといわれています。

 

かなり昔の話なので真相は不明ですけどね。

 

またロシアでもラスプーチンという怪僧が、その時の女帝に取りいって、物凄い巨根で狂わせたそうです。

 

そういう話は知っていたんですが、まさにそのお坊さんが巨根だったのです。

 

かなりの巨根で、それをいやらしく見せつけるように振り回して、私のオマンコの中に挿入してきたのです。

 

以前の私なら、

 

「絶対に入らない」

 

と思って拒否していたところですが、ディルドで鍛えていたため、難なくオマンコに入りました。

 

一度アダルトショップで、道鏡を模したディルドを見てみて下さい。

 

一般の男性であんな巨根の持ち主がいたら、ほとんどの女性はセックスを拒否をするんじゃないでしょうか。

 

私はこのディルドで鍛えていたため、男性が欲しくなると、巨根を求めてしまいます。

 

普通の男性のペニスサイズじゃ物足りないのです。

 

そんな時に出会ったお坊さんが巨根だったのです。

 

その夜は午前2時ごろまで、本当に何回もイカされてしまい、旅館に戻って寝たのは3時ごろでした。

 

翌日の告別式は午前11時からでしたので、午前9時に朝食を終え、旅館の着付け師にお願いして喪服を着る予定でした。

 

ところが9時半に催促の電話が入りましたが、私はまだ寝ぼけていて、昨夜のお坊さんとの激しいセックスの疲れで、なかなか起き上がることができなかったのです。

 

なんとか起きて遅い朝食を済ませ、着付けをしてもらって11時前に、お寺に駆けつけることが出来ました。

 

お寺ではあの巨根のお坊さんが、笑顔で出迎えてくれました。

 

昨夜の丸い頭を撫でながら、腰を思いっきり振った物凄いセックスはなんだったのでしょうか。

 

お経をあげてもらい、親族だけで火葬場に行きました。

 

お坊さんが、

 

「私の車でご一緒しましょう」

 

と、みんなを差し置いて私を誘ってくれました。

 

火葬場は山の中にあり、車でも30分ほど掛かります。

 

車の中でお坊さんが、

 

「昨夜のあなたの乱れようは、凄かったですね」

 

と言ってきました。

 

「本当にあんなに乱れるとは私も思いませんでした。普段はまったくセックスをしていないのと、お坊さんのテクニックと立派な男性器で、何度も極楽浄土を見させて貰いました」

 

と、お坊さんの股間を触りながら、私はお礼を言いました。

 

「今日お帰りですか?」

 

と聞かれて

 

「どうしようか迷ってましたけど、今日も泊まって、明日は観光でもしてから帰ろうかと思ってます」

 

と返事しました。

 

「それはいいですね、じゃあ、昨夜の続きとして今夜もどうですか?」

 

と誘われて、お坊さんは私の旅館に18時に来てくれることになりました。

 

それからは火葬場に付いてから、ずっとお坊さんとのことを考えて、オマンコがジュンジュン濡れてしまいました。

 

着物姿ではショーツをつけていないので、愛液で借りた着物が汚れないか心配でした。

この体験談の続きを読む