お店でセックス
画像はイメージです

 

お得意先の奥さんが誘惑してきた

 

仕事の関係で週に1、2回訪問しているお得意さんがあります。そこは家族で小売店を営んでいます。

 

オーナーである御主人は行事や会合なんかが多く、さほどお会いすることはありません。しょっちゅう奥さんが応対してくれます。

 

いつもはお茶を出してくださり、30分程度お喋りをします。仕事の用事は最初のみです。その他は俺のしょうもないジョークに笑って対応してくださいます。

 

年は40歳前後だと思います。

 

少学生の女の子がいるようですが、訪れるのは昼間の時間帯だから女の子には会ったことがありません。

 

奥さんは一言で言えば、ものすごく清楚でチャーミングです。スレンダーな体型でありながら、おっぱいも大きめです。腰はくびれていて、お尻は大きく、しかも丸くていい形です。

 

雑談しながらも、視線はいつも奥さんの胸やお尻を気付かれないように見ています。そしたら先日、とても楽しい事がありました。

 

奥さんはいつもはキチンとした身なりにもかかわらず、この日は、ゆるめのトップスとタイトスカートという装いだったんです。

 

わずかな時間、お店を閉めて外出するところだったみたいです。そんな時に訪問しても、普段の笑顔でお茶を入れてくれました。

 

発注書に商品名を書いてくれている時に、なにげなくトップスの胸元に目を向けてしまいました。

 

奥さんが前屈みになった瞬間に、胸元が開いてしまったのです。一瞬凍りついたように固まってしまいました。

 

ゆるめのトップスなので胸元が開き、奥さんの大きなおっぱいが、生々しいぷるんとしたおっぱいが、目に飛び込んできたのです。

 

「こらっ、何処見てるの?」

 

という奥さんの声にドキッとしました。

 

「えっ、その・・・」

 

言葉になりませんでした。

 

「高橋君は私みたいなおばさんで嬉しいの?」

 

「いやっ、えっと・・・」

 

なんて返答していいのかあたふたしていました。そしたら発注書を書き終わった奥さんがお店のシャッターを閉めたんです。

 

その様子に多少冷静さを取り戻すことが出来ました。

 

「あっ、僕はこれで失礼しますね」

 

「あれっ?忙しいの?」

 

「いえ、だって、奥さんはこれからお出かけなんでしょ?」

 

「出かけようと思ったけど急用じゃないし、また今度にするわ」

 

「えっと、じゃあ、どういう理由でシャッターを?」

 

「ねぇ、高橋君、ちょっとだけここの所に手を入れてみて!」

 

そう言いつつ奥さんは俺の手を取り、自分の胸元へ導いていったのです。

この体験談の続きを読む