焦らしフェラ
画像はイメージです

 

焦らして切ない顔の彼を見たい

 

私は結婚していますが、遠距離不倫中の彼氏がいます。

 

その彼氏が、1ヶ月ぶりに出張でやってきました。

 

しかし些細なことですが、彼のせいで喧嘩になってしまい、私は怒って、

 

(エッチなんかしない)

 

と思っていました。

 

だけど彼のしょんぼりした顔を見ると、可愛くてつい許しちゃったんですね。

 

彼は私をベッドに押し倒し、

 

「ああ、ずっと会いたかった」

 

と抱きついてきました。

 

「待って、スーツが皺になるから…」

 

と私がうろたえると、

 

「どうせすぐ脱がせてあげるから、このスーツ姿がたまんない」

 

と言って「はぁはぁ」興奮しています。

 

もう可愛すぎ。

 

彼はスーツ下のキャミソールを捲くって、おっぱいを揉んできました。

 

傍には大きな鏡があって、なんか恥ずかしい。

 

乱れた衣服で、おっぱいを揉まれている自分を見て興奮しちゃいました。

 

「あぁ…おっぱい大きい…柔らかい」

 

と執拗に私のEカップの胸を揉んできました。

 

「あん、ダメ」

 

とか言いながら、私も興奮しています。

 

彼はサラサラヘアーに細いフレームのメガネをかけています。

 

童顔なのに体はガッチリしていて、手が長くて綺麗なんです。

 

白いワイシャツが似合ってて、細い一重の瞳がとっても素敵に見えるんです。

 

ストイックなタイプという印象なのに、ホテルで二人きりになるとめちゃくちゃエッチなとことか、たまらないの。

 

彼が私のブラをグイッと下げて、おっぱいを丸出しにしました。

 

「エミさんのおっぱい綺麗…乳首も大好き」

 

と言って私の乳首をコリコリと摘んできました。

 

「あんっ!」

 

乳首摘まれると感じちゃう。

 

「舐めて良い?ねぇ、もう舐めちゃう…」

 

いいよと言う前に、彼は私の乳首をレロレロ舐め始めました。

 

「ああん、ダメ…ねぇ、後で…またゆっくり、後で…」

 

「待てないよ…俺、待てません」

 

そういって手が私の下半身に伸びてきました。

 

「だーめ、ここはまだダメよ」

 

めいっぱい彼を焦らして、切ない顔をさせようと思いました。

この体験談の続きを読む