タグ:屋外の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:屋外

小学5年から中出しされていた中一女子の生理が始まったからNGのはずが・・・

女子中学生セックス
画像はイメージです

 

中学1年生の女子がフェラチオでごっくん

 

俺の女子中学生とのセックスは高校3年の時で、地域祭りの時にナンパした中1の亜紀とだ。

 

友達と3人でナンパしたら、女たちも3人だったんで3対3だった。

 

亜紀は身長は小柄で、女子3人の中では一番幼く見える。

 

他の2人はJCにしては派手な服装だったが、亜紀は普通の格好だった。

 

亜紀はそれでも可愛く、服装も普通のノースリーブのワンピースなんで、真面目な子だと当初は思ってた。

 

みんな2人きりでカップルになってそれぞれ別行動になったんで、俺は亜紀を連れて人気のないような近くのビルの非常階段に行った。

 

その当時俺は高校生で、亜紀はJCだからラブホテル代なんて持ってない。

 

だからビルの非常階段だったんだ。

 

そのビルは5階建てで、非常階段は暗いといえば暗いが、、街灯の明かり等が多少は入ってきてるので見えないということはない。

 

非常階段を4階まで上がって、階段に腰掛けて亜紀の肩を抱きながら話してたらおのずとキスへ。

 

次第にディープキスとなり、亜紀は慣れてるのか積極的に舌を絡ませてきた。

 

キスしながら、手探りで亜紀の服を脱がせようとしたら、

 

「いや!誰か来るかも!」

 

と言って、亜紀は自分でワンピースの前ボタンを外した。

 

俺はそこから手を潜り込ませ、亜紀の胸を触るとなんとノーブラだった。

 

まだ中一女子なんでおっぱいは小ぶりだが、乳首はコリコリに硬くなっていた。

 

JC、しかも中一の子とセックスできると思うだけで、俺のチンポは痛いほどビンビンに勃起していた。

 

ベルトを外し、ジーンズとトランクスを下ろしてビンビンに勃起したチンポを取り出したら、亜紀は躊躇することなく美味しそうにフェラチオを始めた。

 

チュパッ、チュパッ!ジュブ、ジュル、ジュボッ!

 

ツバを垂らして唾液を絡めながら、時折亀頭を撫で回しながらの手コキと金玉舐め。

 

悶絶するほど結構激しいフェラチオ。

 

中学1年のくせに亜紀はかなりのヤリマンだと思ったね。

 

俺は亜紀の激しいフェラですぐにイキそうなった。

 

「うあぁ、もう出そう!出るよ!」

 

「うん、口に出していいよ、お口で受け止めるから」

 

と言って亜紀はさらに激しくジュポジュポとフェラチオ攻撃。

 

「フェラで出すより、亜紀のマンコに入れたい」

 

と言ったら亜紀は、

 

「だってコンドーム持ってないでしょ?1回出しとけば余裕できて中出ししないでしょ?」

 

つまり亜紀は、フェラチオで俺を1回射精させようとしている。

 

結局のところ、激しいフェラ攻撃で亜紀の口の中にドクドクと大量に射精してしまった。

 

たっぷり射精したもんだから、亜紀の口からは精液が漏れていたけど、口の中に残ったザーメンは飲んでくれた。

 

「ビックリした!あんないっぱい出るんだもん。もし間違って中出しされてたら、1発で妊娠しちゃうとこだったよ」

 

俺からすればゴックンしてくれた事に感激だったが、亜紀はこの2ヶ月位前から生理が始まったそうで、中出しはNGとの事だった。残念。

この体験談の続きを読む

痴女お姉さんに誘惑され突然の手コキ!高校生の僕はトラウマに

屋外 手コキ
画像はイメージです

 

お姉さんがいきなりチンコを揉んできた

 

僕の住んでいた場所の近場には温泉街がありました。その温泉街のとある宿屋で、僕は高校時代アルバイトをしていました。

 

ある日、もう時間だからバイトを終えて帰ろうとしていた夜の九時半頃、ほとんど人のいなくなった待合室で、僕はこの旅館に滞在していた若い女の人に声を掛けられました。

 

綺麗なお姉さんなのでちょっぴり嬉しかったですが、もくろみも分からない状態で僕はそのお姉さんに誘惑されて旅館の裏側へと連れていかれました。

 

そして自分達以外周りに誰もいない事を確かめると、お姉さんは突然僕の背中を壁へと押し当て、真正面から覆いかぶさるように体を密着させてきたんです。

 

いきなりの事に僕は動揺し、何のことか分からないまますっかりパニックに陥りました。

 

「君だって、こういうの嫌いじゃないでしょ?」

 

お姉さんは不適な笑みを浮かべ、耳元でそう囁きながら僕の股間へと手を伸ばし、チンコを揉む様に指を動かしてきました。

 

そのびっくり仰天の行動に、僕はどうすればいいのかまったく分かりませんでした。

 

「何するんですか!やめてください!こんな所で!」

 

「へぇ、それじゃあ他の場所ならいいの?私の部屋に来る?」

 

「いや、そういう事じゃなくて」

 

僕は完全におどおどし、抵抗する事も出来ないまま動かなくなってしまい、結果的にお姉さんのペースに持っていかれました。

 

そんなオロオロする僕を、お姉さんは面白そうに見つめてきながら、さらにチンコを大きく揉むように手を動かしてきました。

 

「あらら、おちんちんは正直になってきてるみたいよ」

 

「・・・・」

 

お姉さんからの言葉に、僕は何一つ反論出来ませんでした。

 

お姉さんの手の感触をを股間に感じている間、いつしか僕のチンコはズボンの中で勝手に反応して勃起してしまったのです。

 

仕方ないのかもしれませんが、それは僕にとってどうしても不本意な勃起でした。

 

「ねぇ、君はもう女性とはエッチの経験あるの?」

 

僕は言葉が出ず、無言のままうつむいていました。するとお姉さんは、そんな僕の心の内を見透かす様に、クスッと笑いました。

 

「経験ないなら、私が練習相手になってあげよっか?」

 

さらに硬くなっていく僕のチンコへ、お姉さんの指で強く握られました。

 

「あっ!ああっ!」

 

僕はビクビクしながら、悶えていきました。

 

その途中、ズボンの中ではお姉さんからの手の攻撃で、僕のチンコは何回もビクンビクンと脈打っていました。

 

僕のチンコがますます硬度を上げていくと、お姉さんはとても嬉しそうな様子でした。

 

「若い男の子だけのことはあって、本当に元気ね」

 

と言うとお姉さんは僕の穿いているズボンのベルトを外してきました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト