小遣い稼ぎ
画像はイメージです

 

金持ちの同級生がターゲット

 

私は17歳の高校2年生です。

 

私の家は貧乏で、しかも4人兄弟です。

 

上から、女、女(私)、男、男です。

 

お小遣いは一応貰っていますが、正直全然足りません。

 

そこで私は、体を使って小遣い稼ぎをしようと考え、相手を探していると、簡単にターゲットが見つかりました。

 

中学から高校も一緒のクラスメートの男子がいます。

 

彼はヤスシと言い、彼の父親は結構大きな会社の社長をしています。

 

そうです、彼はお金持ちなんです。

 

でも、彼はまったくモテません。

 

背も小さく、見た目もオタクっぽくて、無口なんです。

 

そのためか、彼に近づく女子はいませんし、男子の友達もほとんどいないみたいです。

 

なので、ヤスシを相手にする事に決めました。

 

私は放課後になり、ヤスシの後をつけて行きました。

 

中学も同じだったので、家はわりと近いんです。

 

しばらく歩き、同級生たちに見つかる心配がないと思われる所で、私はヤスシに近づき、

 

「ヤスシ~、あのさぁ~、あんたん家遊びに行っていい?」

 

「え?な、なんで?」

 

「暇だしいいじゃん」

 

私は無理矢理付いていき、家に入れて貰いました。

 

ヤスシはなんだか挙動不審の動きをしています。

 

私は家の広さにビックリながら、ヤスシの部屋に入りました。

 

ヤスシは一人っ子で、母親も父親の会社の役員をしているので、昼間はいません。

 

なので、家にはヤスシと私しかいません。

 

私はしばらく中学時代の話や、ヤスシにいろいろ質問してみました。

 

そうだろうとは思っていましたが、話の流れから、ヤスシは童貞だと確信しました。

 

そしてヤスシがトイレに行った時、私は机の引き出しを物色しました。

 

一番下の大きな引き出しを開けると、予想通りエロ本やいやらしいDVDがありました。

 

私は、

 

(イケる!)

 

と思い、ヤスシが戻って来るのを待ちました。

 

ヤスシが部屋に戻ってくると、私が机の引き出しを開けてる事に気付き、顔を真っ赤にして、

 

「やめろよ!勝手に引き出し開けんなよ!」

 

と怒ってきました。

 

「恥ずかしがる事無いじゃん、男なら当然の事でしょ」

 

私はヤスシを落ち着かせてから、本題に入ります。

 

「ヤスシ~、私さぁ、金欠なんだよね」

 

「だから何?」

 

「ズバリ!お金ちょうだい」

 

「なんでお金あげなきゃいけないんだよ!」

 

「もちろん、ただでちょうだいとか言わないよ」

 

「???」

 

「とりあえず、千円ちょうだい」

 

ヤスシは訳も分からず、渋々財布から千円を出して私に渡してくれました。

 

私は制服のブレザーを脱ぎ、

 

「千円くれるごとに、私が服を一枚脱いだり、ヤスシに何かしてあげるから」

 

と脱いだブレザーをヤスシに渡し、Yシャツのボタンを一つだけ外してヤスシの横に座り耳元で、

 

「私。あと4枚しか服着てないからさ・・・」

 

と言うと、ヤスシは財布から4千円を出し、私に渡してきました。

 

私はYシャツのボタンをゆっくり外して脱ぎ、スカートも脱いで下着姿になりました。

この体験談の続きを読む