タグ:射精管理の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:射精管理

【射精管理】ドSの女上司に手コキで射精させられるのを待ち侘びています

射精管理 手コキ
画像はイメージです

 

おっぱい触ったのがバレてた?

 

会社の飲み会があって、家もわりと近かったので酔っ払った女上司を僕がタクシーで家まで送っていくことになりました。

 

タクシーに乗ると、

 

「ごめんね」

 

と言いながら辛いのか僕の膝枕で横になる由紀子さん。

 

すると脇からキャミソールかブラジャーか薄暗い中で見えてしまいました。

 

胸はそんなに大きくないみたいですが、膨らんでいるのが分かります。

 

背中をさすってあげると、

 

「ありがとう」

 

と言っていましたが、途中から

 

「スー、スー」

 

と由紀子さんは寝息を立て始めました。

 

胸も見えている無防備な女上司の姿に、僕のチンコは反応し始めていました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と言いながら背中を擦る手を、そっと胸の方へ持って行きます。

 

そして開いた脇から、直接じゃないけどおっぱいに軽く触ってみました。

 

反応がないので、少し揉んでみます。

 

「んん・・・」

 

とわずかに声を上げたので手が止めます。

 

そしてまたゆっくりと揉みます。

 

小さいと思ってた胸ですが、手の平にスッポリ収まる感じでちょうどいいんです。

 

起きる気配はないので、大胆にも直接おっぱいを揉みました。

 

しっとりと汗をかいた肌が手に吸い付きます。

 

「んん・・・うぅん・・・あん・・・」

 

と時々小さな声を上げてましたが、それでも起きる気配はないので、勃起してきた乳首を軽く摘みました。

 

ビクンと反応しましたが、やっぱり起きないので弄って楽しみました。

 

チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

時々動く由紀子さんの頭がチンコに触れそうになって焦りました。

 

しばらくすると、

 

「着きましたよ」

 

という運転手さんの声で慌てて胸から手を抜いて、由紀子さんを揺すって起こします。

 

「んん・・・あら、ごめんね・・・寝ちゃってた?」

 

「大丈夫ですか?部屋まで送りますよ」

 

と由紀子さんの脇を抱えて部屋まで連れて行きました。

 

鍵も開けられないほど酔っていたので、代わりに僕が開けて部屋の中へ入ります。

 

さすがに部屋は綺麗に片付けられていました。

 

すぐに由紀子さんはベッドに倒れ込みます。

 

干してある黒のレースの下着なんかにドキッとしました。

 

「じゃぁ、帰りますね」

 

と言ったんですが返事がないので、そのまま部屋を出ました。

 

オートロックなので鍵をかけなくても大丈夫でしょう。

 

そしてまたタクシーを拾って家に帰りました。

 

部屋に帰ってすぐに寝ようとしたんですが、手に残る恵子さんのおっぱいの温もりと感触が頭から離れず、オナニーしてから寝ました。

 

そして週が明けて会社に出勤すると由紀子さんから、

 

「この間はありがとう」

 

という社内メールが来ました。

 

そしてちょっと遅めの昼食の時、社内食堂でバッタリと会いました。

 

その時は食堂はガラガラでした。

 

由紀子さんに誘われて一緒に食事をしましたが、なんだか緊張していました。

 

まさかおっぱいを触ったのがバレてないかと多少は心配でした。

 

すると、無事に食事を終えて食器を片付けてる時に、

 

「そうそう、そう言えば竹下君、タクシーの中で私の胸触ったわよね」

 

由紀子さんは世間話でもするように軽く言いました。

 

僕は一瞬で凍りつきました。

 

「・・・」

 

不意を突かれて言葉も出てきません。

この体験談の続きを読む

【M性感】Sだと思っていた俺は風俗嬢にドMの素質があると言われた

M性感
画像はイメージです

 

M性感に行ってきた

 

時々風俗店に行くことがあるんですが、最近は女性主体のエッチな事が好きになってきました。

 

デリヘルかエステで悩んだんですが、でも一人でラブホは恥ずかしいし、自宅に招くのは抵抗があったので、ルームのあるエステを利用する事にしました。

 

ネットで見つけたのは、「M性感」を謳った店でした。

 

「痛い」とか「熱い」のはないと確認したので、早速電話予約しました。

 

指定のマンションに時間通りに行くと、可愛い声が出迎えてくれました。

 

名前はユミちゃんで、女子高生スタイル(ブレザー)に萌え萌えです。

 

赤いチェックのプリーツミニに、さらに萌え萌えの俺。

 

年齢は23歳で、Dカップ。

 

なかなか可愛い子で、当初は60分を予定していたが、90分に変更しました。

 

まずカウンセリングからスタートです。

 

「オプションは何をつけますか?」

 

俺が選んだのは無料だった拘束と、+2000円ののトップレスでした。

 

「マッサージ重視ですか?エロ重視?それともエロのみでいきます?」

 

もちろん、エロのみです。

 

シャワーを浴びて部屋に戻ると、早速ベッドで仰向けになりました。

 

ユミちゃんは、俺が横になるとすぐに服を脱ぎ、トップレス状態です。

 

プリーツミニのみのユミちゃんが俺の横に寝そべると、わざとおっぱいが顔に当たるようにして、手を拘束されました。

 

「90分間、た~っぷり楽しみましょうね」

 

とニコっと可愛い笑顔。

 

手枷に太い鎖って感じで、動かすと重く、ジャラジャラという音がします。

 

両足もその後に拘束され、身動き取れないわけではないですが、起き上がる事はもう無理です。

 

目隠しをされて、いよいよプレースタートです。

この体験談の続きを読む

早漏の僕は妻から射精管理されて男性用スケスケショーツとリングを装着しています

射精管理
画像はイメージです

 

射精を我慢しなさい

 

僕は26歳で、雄一といいます。

 

半年前に、1年間交際していた妻の千奈美と結婚しました。

 

妻は38歳と一回りも年上ですが、僕が営業で困っている時に、同じ会社の方を紹介してくれたりして、すごく助けられていました。

 

そして付き合い始めて半年が経った頃に、千奈美さんの方から告白され、結婚することになりました。

 

千奈美さんも仕事をされていて、毎日スーツ姿での仕事なのですが、見た目よりも若く、プロポーションもよくて豊満な体型です。

 

といっても太っているわけではなく、バストが97cmセンチのIカップもあり、ウエストは64cmくらいで、ヒップは93cmくらいです。

 

ボン、キュッ、ボンを絵に描いたような体型です。

 

千奈美さんとの結婚生活はとても楽しくて、しかも人生の先輩でもあるので、なにかと教えてもらうこともあります。

 

いつかは僕の給料だけで養いたいと思っていました。

 

でもその楽しい新婚生活は、わずか3ヶ月で途切れてしまいました。

 

千奈美さんとの夜の性生活が原因です。

 

付き合っていた時から分かっていたことではあるのですが、僕はかなりの早漏で、挿入してから平均2、3分、早ければいわゆる“3擦り半”で射精してしまうこともあります。

 

千奈美さんのオマンコの中が気持ちいいのが原因なのですが、最近ようやく5分を越えるようになったところです。

 

そして、ついに千奈美さんから“キツいお仕置き”が下されてしまったのです。

 

それは2ヶ月前の7月の暑い日でした。

 

僕が仕事から帰ってくると、千奈美さんは超セクシーなベビードールを身にまとっていました。

 

薄いピンクのキャミソールはお尻までしか丈がなく、下のブラとショーツは同じような色合いですが、隠している生地は小さく、ブラはハーフカップ、ショーツはTバックでした。

 

帰るなり玄関口で着替えるように命令され、素っ裸にされました。

 

渡された袋に入っていたものは、男性用Tバックのショーツで白のシルク地のものでした。

 

穿いてみるとスケスケで、チンコの色や形が丸分かりでした。

 

おまけにSサイズと小さく、少しでも勃起しようものならはみ出してしまいそうな状況でした。

 

なんとこの格好で朝まで過ごし、しかも、

 

「射精を我慢しなさい」

 

と言うのです。

この体験談の続きを読む

【射精管理】会社のアイドルと結婚した私はドSな妻のチンポ奴隷

射精管理
画像はイメージです

 

会社のアイドルに告白されて結婚

 

私は33歳の会社員で、結婚して6年になります。

 

ミクという29歳のとっても可愛い自慢の妻がいるのですが、実はその可愛い妻に私は射精管理されています。

 

ミクはロリ顔で小柄ですが、おっぱいも大きくお尻もプリッとしていて、肉感的な体をしています。

 

それ故に、短大時代から色んな男に告白され、モテまくりだったミクは、男に不自由しない学生生活を送っていたようです。

 

卒業後に私の勤め先に就職してきました。

 

そしてしばらくすると、なぜかイケメンでも高身長でも金持ちでもない、冴えない私に告白してきたんです。

 

とても可愛い会社のアイドル的存在の女性に告白されて戸惑う私でしたが、可愛い女の子に真剣に好きだと言われて断るわけがありません。

 

そのまま交際することになり、当然ながらセックスもしました。

 

ミクの好むセックスは、基本的に騎乗位で、ミクが全ての主導権を握り、私はマグロ状態を強いられました。

 

しかも、早く射精してしまうと叱られてしまいます。

 

「もっと長持ちしてもらわないと、私満足できないんだけど・・・どうしよっかな・・・長持ちする男の人、他に探そうかしら・・・」

 

ミクの口から信じられない言葉が出て、私は焦りました。

 

告白してきたのはミクからですが、私はこの時にはもうロリ可愛いミクにメロメロでしたので、

 

「ゴメン!今度は長持ちさせられるように頑張るから・・・」

 

「今度じゃダメよ。そうだ、おちんちんの根元を縛っちゃえばいいんじゃない?」

 

そう言うとミクは、髪を束ねていたゴム紐を外し、チンポの根元を縛りました。

 

すると、一度射精して萎えていたチンポがムクムク勃起してきました。

 

すぐにミクは跨ってきて、いっぱい腰を動かされましたが、縛られているので勃起が持続し、ミクを満足させることができました。

 

ミクは、

 

「私のため」

 

と言って、いろんな種類のコックリングを持って来ては、私のチンポだけでなく金玉にまで嵌めて、射精をコントロールするようになりました。

 

レグノリング レーサー

 

私はいつの間にか、ミクにチンポを支配されることに興奮するようになっていました。

 

ミクは、

 

「合格だわ。短大の頃、何人かの男性と付き合ったんだけど、みんなおちんちんいじめられるの嫌がって別れちゃったんだ。でもあなたは全然嫌がらない。わたし、そんな気がして好きになったんだ。あなたとなら、結婚生活も楽しそうだし、うまくやっていけそうな気がするの」

 

そう言われて嬉しくなり、交際2年ほどで結婚しました。

 

会社の同僚には羨ましがられましたが、中にはショックで会社を休む者までいました。

 

それぐらいミクにとって私は、不釣合いな男だったようでした。

 

新婚時代は、当然のように毎日セックスしていました。

この体験談の続きを読む

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト