タグ:家庭教師の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:家庭教師

家庭教師先のお母さんに童貞を捧げ、娘の処女を貰った僕の現在は…

家庭教師先のお母さん
画像はイメージです

 

家庭教師先のお母さんが欲求不満

 

僕は大学生の時に、女の子の家庭教師のアルバイトをしていました。

 

途中でお父さんが転勤することになり、女の子は高校入試を控えている関係で、お父さんだけ単身赴任することになりました。

 

「月に一回は帰宅するから」

 

と言って単身赴任したものの、お父さんは忙しそうでなかなか帰って来ていません。

 

ゴールデンウィークに一回帰ってきましたが、それ以降は夏休みに入っても帰ってこれず、数ヶ月もの間帰宅できずにいました。

 

それでお母さんは寂しい思いをしているのか、たびたび誘惑するかのような、エロい視線を僕に送ってくるようになってきました。

 

短めのスカートを穿いたり、ボディラインが出るような服を着たりすることもあります。

 

(お母さんはもしかして欲求不満?ひょっとして・・・)

 

と期待しつつ、ある日女の子に勉強を教えていたら、

 

「今日は一緒に夕飯食べていかない?」

 

とお母さんからお誘いがありました。

 

お言葉に甘えてOKしたら、想像以上に豪華な食事に、ビールまで出してくれました。

 

僕はいい具合に酔っぱらって、ソファーに横になってしまいました。

 

ふと気がついたら、夜11時を過ぎていました。

 

お母さんは、

 

「こんな時間だから、今日は泊まっていったら?マキはもう自分の部屋で寝ちゃったし、シャワー浴びてきたら?」

 

恐縮しながらも泊めてもらうことにして、浴室へ入りました。

 

シャワーを浴びていたら、なんとお母さんが入ってきたではありませんか。

 

それも素っ裸なんです。

 

「背中流してあげるわ」

 

って言って、ボディーソープをスポンジにつけ、僕の背中を洗い始めました。

 

時々肌が触れるたびに興奮して、すぐにビンビンに勃起してしまいました。

 

恥ずかしくって、股間を隠すようにモゾモゾしていたら、お母さんはチラチラ僕の勃起チンポを確認していたみたいです。

 

「うふふ、もうこんなに大きくなっちゃって、童貞なの?」

 

と聞かれたので正直に、

 

「はい」

 

と答えました。

この体験談の続きを読む

【家庭教師】巨乳をたっぷり揉ませてくれた女の子のお母さん

熟女 巨乳
画像はイメージです

 

家庭教師先の女の子のお母さんが巨乳すぎて

 

大学3年生の時の話です。

 

当時僕は家庭教師のアルバイトをしていました。

 

美智子さんの住まいに初めて伺ったのは初夏の頃でした。

 

小学校1年生の女の子を教えることになったからです。

 

僕は以前にも家庭教師を経験しており、あまり緊張することもなく、お宅へ伺いました。

 

玄関に出て来られたのは、おそらくお祖母さんだと思います。

 

2階にある女の子の部屋へ案内されて、早速勉強をみてあげました。

 

初日はすんなりと終わり、帰ることにしましたが、ご両親の姿が見えなかったので、

 

(共働きなのかな)

 

と思っていました。

 

週2回の予定で伺うことになっていましたので、2日後にまた訪問しました。

 

その日もお祖母さんが出てきて、応対してくれました。

 

勉強をみてあげている途中で僕はトイレに行きたくなったので、女の子にトイレの場所を聞き、用を足しに行きました。

 

行くときは気が付かなかったんですが、トイレから出て部屋に戻る途中、女性のブラジャーが見えました。

 

途中には少し広めの部屋があるんですが、その部屋には洗濯物がいっぱい干してあり、その中にブラジャーもあったんです。

 

僕はおっぱい星人で、AVを見る時も巨乳ものばかりです。

 

大き目のブラジャーだったので触ってみたかったんですが、手に取る勇気はなく、そのまま女の子のいる部屋へと戻りました。

 

それから2週間ぐらい経った頃、初めて女の子のお母さんとお会いしました。

 

お母さんは30代半ばぐらいだと思います。

 

一見普通の女性ですが、胸が結構盛り上がっています。

 

(やっぱり、あのブラジャーはお母さんのだ)

 

胸ばかり見るわけにもいかず、軽く挨拶をした程度でしたが、話のなかでお母さんは看護師をしており、夕方の時間帯は留守にしていることが多いということが分かりました。

 

その日は、女の子ともだいぶうち解けてきた僕は、お父さんのことも聞いてみました。

 

すると、お父さんはいないとのことでした。

 

離婚していたのです。

 

女の子に

 

(辛いことを聞いてしまったな)

 

と申し訳なく思いました。

 

でもその日の本音を言うと、お母さんのボリュームのあるおっぱいが忘れられませんでした。

 

次の家庭訪問の時は雨でした。

 

僕は雨ということに少し期待しながら、女の子の家へ行きました。

 

そうです、雨ということは、またあの広い部屋にブラジャーが干してあるかもしれないのです。

 

巨乳好きな僕には、ブラジャーにしか興味ありませんでした。

 

その日、お母さんはいつものように留守みたいでした。

 

早く確認したかった僕は、女の子の部屋へ入り、勉強を始めるとすぐにトイレを借りることにしました。

 

そしたら・・・青色のブラジャーがありました。

 

お祖母さんは1階にいます。

 

女の子がこちらへ来ることはないでしょう。

 

僕はおそるおそるブラジャーを手に取ってみました。

 

そしてサイズを見ます。

 

「G」という表示がありました。

 

今の僕なら、

 

(アンダーはいくつなんだろう?)

 

とか気にしたはずですが、当時の僕にはそんな知識もなく、ただ「G」というアルファベットに興奮していました。

 

(これがお母さん、いや美智子さんのおっぱいに・・・)

 

それからというもの、時々美智子さんにお会いしたとき、僕は頻繁に美智子さんの胸を見ていました。

 

これから真夏ですが、より薄着になります。

 

美智子さんがしゃがんだ時に見えた胸の谷間に目が釘付けになり、

 

(手を入れたい!)

 

と激しく思いました。

 

美智子さんの巨乳に触りたくてたまらない僕は、あるとき廊下ですれ違うときに、さりげなく肘を胸にあてることに成功し、その感触を味わいました。

 

あくまで偶然を装って。

 

一瞬でしたが、柔らかくてボリューミーな感触にとても興奮しました。

この体験談の続きを読む

女子大生の痴女家庭教師が中出しを迫ってきても絶対に断る理由とは

四つんばい手コキ
画像はイメージです

 

エロい女子大生家庭教師がやってきた

 

中学1年の時の話です。

 

うちは医者家系なので、絶対に難関私立高校へ行かなければいけないと親からすり込まれており、親父が僕に家庭教師をつけると話してきました。

 

しかも女子大生だというのです。

 

当時の僕はオナニーを覚えたばかりだったので、女性にはめちゃくちゃ興味ありましたが、クラスの女子とろくに話す事もできない内気な少年でした。

 

女子大生の家庭教師と聞いて少しは期待もありましたが、

 

(嫌だな)

 

という思いの方が強かったです。

 

そして女子大生の家庭教師が我が家にやってきました。

 

某・国立大学生でした。

 

僕は彼女の服装を見て驚きました。

 

彼女は身体に張り付いたようなワンピースを着ていました。

 

スタイルもよくて胸も大きく、しかもうっすらと乳首のポッチも確認できます。

 

エロすぎます。

 

僕の部屋に入って二人きりになると、彼女はニヤニヤしています。

 

とても勉強を教わる雰囲気ではありません。

 

僕は彼女をまともに見る事ができなくてオロオロしていると、

 

「あら、どうしたのかしら?」

 

と言って彼女は僕の身体に触ってきました。

 

女性に触れられたこともない僕はびっくりしました。

 

そして思わず、

 

「やめて!」

 

と言って手を払いのけました。

 

すると彼女は、

 

「そんなこと言わないの、いろいろ教えてあげるんだから」

 

と僕に近寄り、身体を密着させてきました。

 

香水の匂いがぷんぷんし、胸が当たって柔らかい感触が伝わってきます。

 

僕は真っ赤になり混乱して、どうしていいか分からなくなりました。

 

「怖がらないでね。あなたのお父さんから頼まれたことなのよ」

 

どういうことか分からないで困惑していると、彼女は僕をベッドに押し倒しました。

 

そしてあっという間にズボンを脱がされ、チンコをポロンと出されてしまいました。

この体験談の続きを読む

【若いペニス】主人とは比較にならないほどの快感に恥じらいも忘れて

奥さん 家庭教師
画像はイメージです

 

娘の家庭教師がお風呂場で私のショーツを

 

中学3年になった娘の高校受験のために、主人が知り合いの大学生を家庭教師として連れてきました。

 

難関私立大学2年のE君は、スリムで背が高く、シュッとした顔立ちの優しそうな好青年という印象でした。

 

主人の実家の友達の息子さんで、私達の家から3駅先の駅近くのアパートで、一人暮らしをしているという学生さんです。

 

娘は学校での成績は比較的良いほうで、高校受験のために予備校にも通わせていましたので、娘自身もあまり乗り気ではありませんでした。

 

しかし、父親らしいことをしたいのか、友達に良い顔をしたいという主人が、自己満足から有無を言わさずに決めてしまいました。

 

娘には既に、好きな同級生がいるみたいですし、E君に対しては親戚のお兄さんという感じで接していました。

 

いい大学の学生さんだけあって教え方は上手なようですし、娘は1年間我慢すれば良いことと割り切っているみたいでした。

 

私は正直、若い男性が来てくれることで、多少ウキウキしていたのは確かです。

 

最初のころは大人しかったE君も、夏が始まる頃には、我が家にすっかり馴染んでくれていました。

 

主人からは、当初強引気味に、

 

「特に用事が無くても、食事をしに来ていいんだよ」

 

とE君に勧めていたので、週2日の家庭教師の日以外にも、E君は大学の帰りとかに家に寄って夕食を済ませて帰るようなこともありました。

 

主人は最初は喜んでいたのですが、年齢差もありますので、会話が段々少なくなり、むしろ居心地が悪くなっていったみたいです。

 

E君への対応は私に押しつけるようになり、帰りが以前よりも遅くなることも多く、深夜や早朝に酔って帰宅することも度々ありました。

 

大学が夏休みに入っても、お盆の時期に数日帰省すれば良いからと、娘の家庭教師のためにE君はせっせと我が家に来てくれました。

 

そして7月末のことです。

 

数日間、娘と主人は実家のある田舎に出かけて行きました。

 

私は、パートで友人のお店を手伝っており、忙しくてどうしても休みが取れず、我が家に私ひとり留守番状することになったのです。

 

夕方帰宅すると小雨が降り出し、次第に土砂降りになっていきました。

 

すると玄関のチャイムが鳴り、ドアをあけるとずぶ濡れのE君が立っていました。

 

なんと娘が田舎へ行くことを伝えていなかったみたいで、E君は知らずにいつものように来てくれたのです。

 

ずぶ濡れで来てくれたのに申し訳ないとお詫びをし、

 

「せめてお風呂と食事だけはしていってね」

 

と勧めました。

 

食事はこれまでに何度もご馳走していましたが、E君に浴室を使わせるのは娘もいることですし、これまではなかったのです。

 

浴室に案内し、頃合いを見て主人の服を着替えにと持っていき、脱衣所のドアを開けました。

 

するとそこに、既に浴室に入っているものと思っていたE君が、全裸でしかも布のようなものを持って立っていたのです。

 

お互いが驚いた表情で、一瞬固まってしまいました。

 

「キャー!ゴメンナサイ!」

 

私は急いで扉を閉め、ドア越しに、

 

「本当にごめんなさい!」

 

と謝りました。

 

そしてお風呂場を離れようとしたときに冷静になると、ハッと気付いたのです。

 

E君が両手で持っていたのは、私が帰宅した際に着替えた時に脱いだショーツでした。

 

(私の脱いだばかりのショーツを持って彼は何を・・・)

 

そう思うと一気に恥ずかしさがこみ上げてきました。

 

しかもスリムな身体の下半身には、主人のそれよりも明らかに立派で、そそり立つように勃起していた張りのある若いペニスを確認し、しっかり目に焼きつけました。

この体験談の続きを読む

短小・包茎・早漏の僕は家庭教師のお姉さんに罵倒されて搾り取られました

家庭教師
画像はイメージです

 

優しい家庭教師のお姉さんが豹変

 

僕は現在高校2年生ですが、運動オンチで成績も悪いので、親が僕に家庭教師を付けました。

 

僕はそんなものは嫌だったんですが、反対できるはずもありませんでした。

 

そして数日後、家庭教師が来たんですが、女性でしかも結構美人な女子大生で、美緒という名前でした。

 

僕はこれほど美人なら、家庭教師が付いてもいいかなと思いました。

 

さらに、美緒に教えてもらうようになってから1か月ほどしてから、父親の海外赴任が決まり、母親も一緒に海外に付いていくことになりました。

 

家庭教師の美緒がいる時は、家で僕と二人っきりになるので、なんだかワクワクします。

 

しかし、その期待がこういったことになるとは、思ってもみなかったです・・・

 

美緒は綺麗でプロポーションもよく、僕に勉強を丁寧に優しく教えてくれました。

 

僕もその期待に応えようと、必死に勉強しました。

 

しかし、次のテストも全然成績が上がらず、情けないやら申し訳ないやらで、美緒にテストの結果を見せました。

 

すると美緒は、今まで僕が見たこと無いような怒った顔になり、大きな声で

 

「どうして分かりやすく教えたのにこんな点数なの!できが悪いならお仕置きするしかないわね!」

 

と言って僕の腕を捕まえました。

 

優しかった美緒は、突然怖いお姉さんに豹変したのです。

 

僕は逃げようとしましたが、美緒は柔道をやっていて力も強いので、逃げられるはずがありません。

 

美緒は僕を四つんばいにさせると、僕のズボンとパンツを荒々しく脱がせました。

 

僕は抵抗しようとしましたが、怖くて動けませんでした。

 

美緒は

 

「今からお尻たたきするから、ちゃんと反省しなさい!」

 

と言って僕のお尻をたたき始めました。

 

僕は、

 

「ごめんなさい!痛い、やめて!」

 

と言いましたが、美緒はSっ気があるのか、僕の嫌がる声をまるで楽しんでいるように見えました。

 

何十回もお尻をたたかれて、ようやく終わりました。

 

そして僕は、下半身丸出しのまま立たされました。

 

恥ずかしいので手で隠していましたが、美緒は僕のチンコを隠している手を振り払いました。

 

美緒は僕のチンコを指さして笑いながら、

 

「何このおちんちん、小さいわね~、しかも包茎で毛も生えてないし、本当に高校生なの?」

 

僕は悔しいやら恥ずかしいやらで真っ赤にして下を向いていると、美緒は定規を持ってきて、なんと僕のチンコを測りだしました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト