タグ:女上司の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:女上司

【射精管理】ドSの女上司に手コキで射精させられるのを待ち侘びています

射精管理 手コキ
画像はイメージです

 

おっぱい触ったのがバレてた?

 

会社の飲み会があって、家もわりと近かったので酔っ払った女上司を僕がタクシーで家まで送っていくことになりました。

 

タクシーに乗ると、

 

「ごめんね」

 

と言いながら辛いのか僕の膝枕で横になる由紀子さん。

 

すると脇からキャミソールかブラジャーか薄暗い中で見えてしまいました。

 

胸はそんなに大きくないみたいですが、膨らんでいるのが分かります。

 

背中をさすってあげると、

 

「ありがとう」

 

と言っていましたが、途中から

 

「スー、スー」

 

と由紀子さんは寝息を立て始めました。

 

胸も見えている無防備な女上司の姿に、僕のチンコは反応し始めていました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と言いながら背中を擦る手を、そっと胸の方へ持って行きます。

 

そして開いた脇から、直接じゃないけどおっぱいに軽く触ってみました。

 

反応がないので、少し揉んでみます。

 

「んん・・・」

 

とわずかに声を上げたので手が止めます。

 

そしてまたゆっくりと揉みます。

 

小さいと思ってた胸ですが、手の平にスッポリ収まる感じでちょうどいいんです。

 

起きる気配はないので、大胆にも直接おっぱいを揉みました。

 

しっとりと汗をかいた肌が手に吸い付きます。

 

「んん・・・うぅん・・・あん・・・」

 

と時々小さな声を上げてましたが、それでも起きる気配はないので、勃起してきた乳首を軽く摘みました。

 

ビクンと反応しましたが、やっぱり起きないので弄って楽しみました。

 

チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

時々動く由紀子さんの頭がチンコに触れそうになって焦りました。

 

しばらくすると、

 

「着きましたよ」

 

という運転手さんの声で慌てて胸から手を抜いて、由紀子さんを揺すって起こします。

 

「んん・・・あら、ごめんね・・・寝ちゃってた?」

 

「大丈夫ですか?部屋まで送りますよ」

 

と由紀子さんの脇を抱えて部屋まで連れて行きました。

 

鍵も開けられないほど酔っていたので、代わりに僕が開けて部屋の中へ入ります。

 

さすがに部屋は綺麗に片付けられていました。

 

すぐに由紀子さんはベッドに倒れ込みます。

 

干してある黒のレースの下着なんかにドキッとしました。

 

「じゃぁ、帰りますね」

 

と言ったんですが返事がないので、そのまま部屋を出ました。

 

オートロックなので鍵をかけなくても大丈夫でしょう。

 

そしてまたタクシーを拾って家に帰りました。

 

部屋に帰ってすぐに寝ようとしたんですが、手に残る恵子さんのおっぱいの温もりと感触が頭から離れず、オナニーしてから寝ました。

 

そして週が明けて会社に出勤すると由紀子さんから、

 

「この間はありがとう」

 

という社内メールが来ました。

 

そしてちょっと遅めの昼食の時、社内食堂でバッタリと会いました。

 

その時は食堂はガラガラでした。

 

由紀子さんに誘われて一緒に食事をしましたが、なんだか緊張していました。

 

まさかおっぱいを触ったのがバレてないかと多少は心配でした。

 

すると、無事に食事を終えて食器を片付けてる時に、

 

「そうそう、そう言えば竹下君、タクシーの中で私の胸触ったわよね」

 

由紀子さんは世間話でもするように軽く言いました。

 

僕は一瞬で凍りつきました。

 

「・・・」

 

不意を突かれて言葉も出てきません。

この体験談の続きを読む

久しぶりのセックスで乱れまくった女上司の性欲処理を担当する俺

騎乗位
画像はイメージです

 

女上司と二人で飲みに行くことに…

 

俺は高校を卒業してすぐに、首都圏にチェーン展開する飲食店に就職しました。

 

そして俺が20歳になったころ、店長として当時36歳の独身女性が本社から転勤してきました。

 

顔は中谷美紀に似ていて美人でキリッとした感じで、いかにもキャリアウーマンという印象で、本社の信頼も厚いと噂されている女上司でした。

 

うちの店に来てからも、社員をはじめアルバイトや料理人達からも敬意を表されていました。

 

その女上司(渡辺さん)が転勤して来てから3ヶ月程経った頃でした。

 

俺はその日は早番で夕方に仕事が終わり、帰ろうとしているところへ、休みのはずの渡辺さんが店にやってきました。

 

どうやら本社で店長会議があったらしくて、会議を終えて帰りに店に立ち寄ったとのことです。

 

「お疲れさま、今日は早番だっけ?もうご飯食べた?私、朝から何も食べてなくてお腹ぺこぺこなの。ご馳走するから、よかったら私と食べに行かない?」

 

と、気軽な感じで誘われました。

 

俺は一人暮らしで予定もないし、給料日前だったので奢ってもらえることに素直に喜び、

 

「マジっすか?ラッキー!ゴチになります」

 

と、俺も気軽に誘いを受けました。

 

そして、近くのシャレた居酒屋に連れて行ってもらいました。

 

そこは全席個室の店で、最近できたばかりで結構流行っていて、調査の意味も含まれていました。

 

シャレたとこだけあって店内は薄暗く、チラチラ見えるお客さんはカップルだらけでした。

 

「私達、場違いかな?」

 

と渡辺さんは笑いながら言うと俺は、

 

「俺たちもそう見えるんじゃないすか?」

 

と言うと、

 

「本当?」

 

とちょっと嬉しそうでした。

 

俺たちは1番奥の個室に案内されました。

 

最初は店の偵察もあったので、メニューや値段、お酒の種類とかを詳しく見ていました。

 

そして店のおすすめや、興味のあるメニューなどを頼んで、お酒を飲みながら話していました。

 

でも1時間半ぐらい経ったころ、アルコールも入ってきたせいか、恋愛の話になってました。

 

渡辺さんは、

 

「彼女は?」

 

「いつ別れたの?」

 

「何で別れたの?」

 

とか結構深く聞いてきました。

 

なので俺も思い切って、

 

「渡辺さんは彼氏いないんですか?」

 

と聞くと、

 

「もう4年ぐらいいないわ」

 

少しふて腐れた表情で言いました。

 

渡辺さんは明るいし細かいとこに気がつくし、年齢の割りに美人だし、寄って来る男はいるんじゃないかと思います。

 

でも仕事柄、休みは不規則で、それ以上に仕事が好きみたいで、あまり寂しそうにもみえないし、しかもキリッとした感じのキャリアウーマンだと男が尻込みするのかもしれません。

 

さらに恋愛の話から、徐々に下ネタになっていきました

 

「若い男なんだから毎日エッチしたいでしょ?」

 

「彼女いないなら一人でしてるの?週どれくらい?」

 

とか、酔った勢いもあるかもしれませんが、渡辺さんは以外にエロいんじゃないかと思ってきました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト