タグ:大量射精の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:大量射精

【大量射精】中学生の息子とお風呂に入ったらおちんちんが凄いことに…

息子をフェラチオ
画像はイメージです

 

中学生の息子のおちんちんが…

 

結婚後すぐ、息子のヒロが生まれ、その後夫と離婚してからもう12年になります。

 

幸いにも仕事に恵まれ、生活は決して裕福ではありませんが、2人でなんとか暮らしていけています。

 

私は今年37歳になり、ヒロも15歳を迎えようとしています。

 

ずっと、

 

(ヒロは両親のどこに似たんだろ?)

 

というぐらい立派な体格になり、最近はまぶしいぐらい大人っぽく感じます。

 

私が朝早くから仕事があるので、ご飯もあまり一緒に出来ませんが、入浴と睡眠だけは今も一緒にするように心がけています。

 

その日一日あったことを、お風呂の中で話し合うことで、私たち親子は喧嘩することもなく楽しく過ごしています。

 

その日も一緒にお風呂に入っていたのですが、ヒロがこちらに背を向けるような感じでなんかこそこそしてます。

 

「ヒロちゃん、どうしたの?」

 

「う、ううん、何でもないよ。」

 

不思議に思った私ですが、息子が身体を洗うために、浴槽から出るときになって理由が分かりました。

 

(ヒロちゃんの・・・大きくなってる・・・!)

 

浴槽に浸かった私の目の前を、やや大きくなったおちんちんが、ブラブラ通り過ぎます。

 

(す、すごい・・・)

 

以前から、息子の少し勃起したおちんちんを見かけることは、たまにあったのですが、息子も特に恥ずかしがっていないようなので、私も特に気にせずいました。

 

でも、その日の息子のおちんちんは、今まで見た中で一番大きくなっていて、なんか圧倒されてしまいました。

 

(・・・いつの間にこんな・・・)

 

そんな当の息子は、こちらをなんかチラチラ見ながら、妙にソワソワしています。

 

(どうしたのかしら?)

 

すると、いつもはちゃんと洗う息子が、その日に限り短時間で身体をさっと洗い、浴室を出ようとしました。

 

「だめよ、まだちゃんと洗ってないじゃない」

 

「え~、洗ったよ~?」

 

「もう・・・だ~め、お母さんが洗ってあげるからソコに座んなさい」

 

私は浴槽から出ると、息子を洗い場の椅子に腰掛けさせ、後ろからボディーソープをつけたタオルで、背中をこすりました。

 

「母さん、いいよ~、自分で出来るから」

 

「だ~め、全然洗えてないじゃない、まだアカが出るわよ」

 

腕や肩をこすると、まだ息子の身体から汚れが落ちてきます。

 

若いから新陳代謝がいいんですね。

 

日焼けした筋肉質の身体を見ていると、もう子供らしいところもなく、

 

(ホントに大きくなったなぁ~)

 

ってしみじみ感じて、代わりに大人の魅力が少しずつ出てきた部分に、少しドキドキしてきました。

 

だいたい身体を洗ってあげると、後はおちんちんの辺りのみが残りました。

 

ここだけは、さすがにタオルで洗うのは痛そうなので、昔はタオルでなく手で洗ってあげてました。

 

でも中学に入ったころから、自分で洗うようになり、最近は洗ってあげてませんでした。

 

ふと後ろからのぞき見ると、息子のおちんちんは、ビクンビクンしながら大きく勃起していました。

 

(わっ!!・・・す、すごい・・・)

 

先端はピンク色に腫れ上がり、ツヤツヤしていて、すごく綺麗です。

 

ふと私の中にイタズラ心が芽生え、息子のおちんちんの感触を確かめて見たくなりました。

この体験談の続きを読む

インポは治ったけど勃起したチンポに興奮した姉ちゃんが跨ってきた

近親相姦 騎乗位
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

インポが治り、姉が勃起したチンポをフェラチオ

 

「よかった、苦労した甲斐があったってもんだわ」

 

「ねぇ、姉貴。せっかくだしさ、最後まで面倒見てくんない?」

 

「え?最後まで?どういうこと?」

 

「あの~、その~、もうちょっと・・・お口でしてくんない?」

 

「まあっ!勃起した途端にそんなこと言って。勇二はインポを治してって相談してきたわけでしょう?もう目的は達成したじゃないの!」

 

「それはそうなんだけど、姉貴のフェラチオ、すっげー気持ち良かったからさ、もう一回だけ、お願いします。お姉さまっ!」

 

「まったく、もうっ!しょうがないわね。じゃ、もう一回やってあげるわ。だけど、お口の中で出したりしたら承許さないからね、イク時はちゃんと言いなさいよ」

 

「本当?やったぁー!じゃ、お願いします、お姉さまっ!」

 

俺はビンビンのチンポを姉の顔の前に突き出した。

 

「本当にすごいおちんちんね、青筋が立ってるわ、なんだか男らしい」

 

そう言うと姉は、顔を横にして、竿を挟むように咥えた。

 

「あっ、くはぁっ!」

 

想定外の快感に、俺の体は仰け反った。

 

姉の顔が、俺のチンポに沿ってスライドしている。

 

(き、気持ちいい!)

 

俺は立っていられなくなり、ソファにくずれ落ちるように座った。

 

再び姉が俺の下半身に近づく。

 

「ふふっ、気持ちいい?ハーモニカフェラって言うのよ。次は今度はこんなのはどう?」

 

そう言うと姉は、思い切り俺のチンポを喉奥まで咥え込んだ。

 

ジュルジュルッ!

 

音を立てて、姉の口いっぱいに吸い込まれる俺のチンポ。

 

姉の頬が大きく凹んだ。

 

口の中の舌と粘膜がチンポを締め付け、ジュルジュル擦られて、たまらなく気持ちいい。

 

そのバキュームフェラが何度も続いたかと思うと、今度は姉の唇が先端部分で止まり、舌をカリ首に這わせながら亀頭全体を刺激してきた。

 

カリ首と亀頭が同時に責められて、気持ちよすぎて俺の腰はモゾモゾしっぱなしだった。

 

様々なフェラチオテクニックを駆使され、俺は射精感が込み上げてきた。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト