タグ:口内射精の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:口内射精

俺のカリデカチンポを使っておばさんたちに男の潮吹きをレクチャー

男の潮吹き
画像はイメージです

 

カリデカチンポにおばさんはうっとり

 

とある団地に住む高校2年生です。

 

俺が童貞を奪われたのが、団地内に住む男好きなおばさんでした。

 

高校1年の夏休みの時ですが、まさか団地内のおばさんとセックスするとはまったく思ってもいませんでした。

 

俺が住む隣の棟の佳子さんと言うおばさんで、当時は40歳で年の割には若くて綺麗なんですが、化粧が濃くて、ちょっとケバイ感じもするおばさんでした。

 

男好きの佳子さんは、特に若い男が好きで、童貞狩りで高校生を中心に食い漁っているみたいなんです。

 

その中でも気に行った男には、セックスのテクニックや変態プレイも教え込んでいたそうです。

 

俺が佳子さんに喰われた時は、ちょうど新しい若い男を探していたようです。

 

しかも、男に潮を吹かせるテクニックをエロ仲間に教えてもらったそうで、それも実験したかったみたいです。

 

俺が童貞を奪われた当日は、たまたま団地で佳子さんと出会い、平日の昼間に部屋に連れていかれました。

 

童貞狩りをしているせいもあってか、若い男の扱いには慣れている感じでした。

 

部屋に入ると佳子さんは体を密着させてきて、ズボンの上からチンポを撫でてきました。

 

びっくりしましたが、おばさんといえども綺麗な女性に触られると、あっという間に勃起します。

 

佳子さんは勃起したのを確認すると、ズボンのチャックを下ろし、手を入れて直接俺のチンポを握ってきました。

 

「16歳でこのおちんちんは初めてだわ。太くて長いの男の子はいるけど、こんなにカリが太いのは初めてよ」

 

と俺の顔を見ながら言いました。

 

しばらくパンツに手を突っ込まれたままチンポを扱かれると、俺はすぐに逝きそうになりました。

 

「まだ出しちゃダメよ」

 

と言って手の動きを止めたんですが、その後は俺の表情を見ながら、手の動きを速めたり、緩めたりと強弱をつけて手コキされました。

 

「どんなおちんちんか見せてちょうだい」

 

と言って、チャックから俺のチンポを引っ張りだしました。

 

すると佳子さんは、一瞬ハッとした表情で、

 

「いやだぁ・・・こんなにいやらしいおちんちんだったのね・・・おばさんビックリだわ」

 

と嬉しそうに言って、

 

「カリデカチンポだわ・・・素敵」

 

と言いながら、チンポに頬ずりしてきました。

 

そして、

 

「いただきます」

 

と言うと、口を開けて俺のカリデカチンポを咥えました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】エッチな妹と無修正動画見てたら段々エスカレートしていった

近親相姦
画像はイメージです

 

女子高生の妹が俺のチンポを扱いてくれた

 

俺は社会人の24歳で、妹の京子は高校3年生。

 

妹とは6歳離れているけど仲が良くて、下ネタなんかも平気で言い合える仲。

 

妹が中1の時まで風呂にも一緒に入ってたし、俺が高3の時に彼女と初体験した時も、妹にそのことを気にせず話したし、妹は好奇心旺盛といった感じで詳しく聞いてきた。

 

妹も高1の時に初体験を済ませている。

 

彼氏の家に遊びに行くことになった時、多分セックスを迫られるだろうからどうすればいいかと相談された。

 

そしてその日の夜、妹は俺に嬉しそうに初体験の報告をしてきた。

 

ちょっと痛かったけど、気持ちよくなれたし、なんとか無事に出来てよかったと喜んでいた。

 

それからというもの、妹が隣の部屋にいても、俺は彼女を部屋に連れ込んでセックスしていた。

 

セックスの後で妹から、

 

「お兄ちゃんたちのエッチの声が聞こえて興奮したじゃない」

 

とか言ってきた。

 

そんな妹も、俺が家にいる時でも彼氏を連れ込んで部屋でセックスするようになった。

 

ちょっとだけ聞こえる妹の喘ぎ声に、俺も興奮していた。

 

妹が一人で部屋にいる時でも、たまに喘ぎ声が聞こえる時があった。

 

おそらくオナニーしていると思って、後で聞いてみると、恥ずかしそうに笑いながら認めた。

 

俺はその後も彼女が変わるたびに連れ込んでセックスしたし、セフレがいた時もあった。

 

妹も同様で、お互いコソコソしているわけではなかった。

 

しかも、お互いのセックスの仕方や、感じる所とかも平気で言い合えた。

 

ちなみに妹は美人ではないが、まあまあ可愛いし、胸はCカップある。

 

こんな俺と妹だったが、二人ともお互いを性的な対象として見ることはなかった。

 

しかし、その日を境に変わった。

 

前から俺と妹は、一緒にパソコンでエッチな画像や動画を見たりすることがあった。

 

無修正画像とか見て二人で

 

「うわ~、エロ~い」

 

とか言って喜んだりしていた。

 

その日の夜も、妹と俺の部屋で一緒に無修正動画を見ていた。

 

女子高生物で、セーラー服姿の女性がセックスしていた。

 

出ていたAV女優はかなり可愛い娘で、今まで見た中でもかなり興奮した。

 

マンコもチンポもモロ見えで、俺も妹もじっくり見ていた。

 

俺のチンポが勃起しているのを見て妹は、

 

「お兄ちゃん、モッコリしてるよ~」

 

と笑いながらからかってきた。

 

俺は今までも勃起しても隠したりはしなかった。

 

むしろふざけて見せつけるぐらいだった。

 

その時もそうで、別に恥ずかしくもなかった。

 

「前から思ってたけどさ~、お兄ちゃんのおちんちんってけっこう大きくない?」

 

「今までの男と比較して何番目くらい?」

 

「そんなの見ないと分かんないよ」

 

「俺のチンポ見たい?」

 

「見せてくれるの?」

 

「いいよ」

 

俺はズボンとパンツを下ろして本当に勃起したチンポを見せてやった。

 

「すご~い、おっきい~、あたしが見た中で一番かも!」

 

「なんなら触っていいぞ」

 

「本当に?じゃあ、ちょっと触るね」

 

指先でつんつんと触ってきた。

 

「どうせならちゃんと触ってくれよ」

 

と笑いながら言うと、妹は右手でチンポをそっと握って、

 

「おっきい~、ちょっと動すよ」

 

と言って、上下に扱く仕草をした。

 

「おい、出ちゃったらどうすんだよ」

 

「早漏なの?」

 

と妹は俺をからかった。

 

動画では、女子高生がフェラチオしていた。

 

巨根男優のチンポを、可愛い顔で口に含み、モゴモゴしていた。

 

「京子もフェラチオしてんのかあ」

 

「ふふ、けっこう上手いかもよ」

 

と妹は悪戯っぽく言うと俺のチンポから手を離した。

 

「あれ、もうやめんの?ずっと扱いてくれよ」

 

「もう、ふざけすぎでしょ」

 

また俺のチンポを握って扱き出した。

 

「それ以上速く動かしちゃダメだぞ」

 

「急に出さないでよね」

 

と妹は笑って扱き続けた。

この体験談の続きを読む

【チンポ好き痴女】可愛い同僚の女の子が精子ごっくんにアナル中出しまで

3点責め
画像はイメージです

 

可愛い同僚の子が俺の手を握ってきた

 

俺の会社の同僚に、典子という女の子がいる。

 

結構可愛い子で、他の男性社員にも人気がある。

 

だけど、彼氏がいることは知られているので、彼女にちょっかいを出す男はいない。

 

この間、俺と典子と、他の同僚2名の計4名で飲みに行った。

 

実は俺も典子も酒が飲めない。

 

だけど飲み会は好きだし、話も結構盛り上がった。

 

わりと早い時間だったけど、飲んでいた2人はベロベロに酔っ払い、車で来ていた俺が全員送ってあげることにした。

 

最後に典子を送ることになったんだが、典子の表情が冴えない。

 

さっきの飲み会では楽しそうに話していたのに・・・

 

話を聞いてみると、

 

「彼氏とうまくいってない」

 

そうだ。

 

まだ話を聞いて欲しそうだったので、時間も遅くないし、回り道をしてドライブすることにした。

 

車の中で適当に相槌を打ちながら、愚痴や不満を聞いてあげ、海まで行って車を止めた。

 

ボーっと海を見ていたら、なんと典子が俺の手を握ってきた。

 

俺は一瞬驚いたが、これは

 

(いけるのか?)

 

と思って典子の手を握り返し、

 

「いいの?」

 

と聞くと典子は、

 

「うん」

 

と言ってくれた。

 

そのまま俺たちはキスをした。

 

もうその後は、すぐにラブホテルに直行する。

この体験談の続きを読む

【遠距離不倫】精液が飲みたい私を何度もイカせてくれる素敵な男性

口内射精
画像はイメージです

 

エッチなこと大好きな私の過去のセックス遍歴

 

私は社会人2年目の24歳で、とある百貨店に勤務しています。

 

昨年社会人になってから、仕事でも不可欠だと思ってノートPCを買ったのです。

 

正直仕事なんかに使用することもなく、ネットサーフィンでアダルトサイトばかり見ていました。

 

中でもエッチな体験談が好きで読むようになり、私は読んでいるうちに興奮してきちゃって、自然とパンティーの上からオマンコを触ってしまうエッチな女になっていました。

 

パンティーの上からでも濡れてきてるのが分かり、たまらずに下着を脱いで直接オマンコ触ってオナニーするようになりました。

 

それまではクリオナだけだったんですが、オマンコに指を2本も入れてクチュクチュと激しく指を動かすほどのオナニーになっていました。

 

表向きは真面目に見られることが多くて大人しい女と思われているみたいですが、本当のところ頭の中はエッチなことばかり考えてるんです。

 

私は高校生の時に処女を喪失しました。

 

相手は小学生の頃から幼馴染の男子です。

 

好きとかではなかったんですけど、気軽に何でも話し合える仲だったので、思春期になるとエッチなことも話すようになり、興味本位でセックスしちゃいました。

 

お互いの家に行き来して、親の居ない時を見計らってセックスしてました。

 

好奇心旺盛な高校生だったので、いろんなセックスプレイを試してみました。

 

お互いの性器をじっくり観察したり、オナニーしているところを見せ合ったり、おしっこが出るところを見せ合ったり。

 

フェラチオもその時に覚えて、タマタマも舐めたりしていました。

 

でもなかなかセックスではイケませんでした。

 

好きだったのはシックスナインで、おちんちんをフェラチオしながら、彼の口でオマンコをベロベロ舐められてイカされるのが一番好きでした。

 

「射精するとこ見たい」

 

と言って見せてもらったり、

 

「精液の味ってどんなだろう?」

 

って思って精液を舐めてみたり、もっと味わいたくて口内発射もしてもらって精子飲んだりもしてました。

 

精液を顔に掛けられたり、おっぱいに掛けられたりもしました。

 

今思うと、高校生なのに恥ずかしくていやらしいことしていたなと思います。

 

お互いが好きってわけじゃなかったので、何でも話せるし恥ずかしげもなくできたんだと思います。

 

私たちは周りの人にも秘密でセックスしていました。

 

私に限っては、エッチなことには興味がないように見せていたせいで、性に疎い女(カマトト)だと周囲には思われていたと思います。

 

高校を卒業するまで、幼馴染の彼とのセックスは続きました。

 

おそらく彼とは、100回以上セックスしたと思います。

 

そして私は大学のために上京し、初めて好きな彼氏ができました。

 

彼氏とのセックスは好きな気持ちがあったので、幼馴染とは違って普通のセックスでも感じたし、たまにイケるようになっていました。

 

しかし付き合っていくうちに、彼は自分勝手で、自分だけ射精して終わりということが多くなりました。

 

だんだんとお互いの気持ちも冷めてきたので別れました。

 

その後は一度だけ大学のサークルの先輩と勢いでセックスしましたが、彼もまた自分だけ満足して終わる人で、指と口ではイカせてくれましたが、セックスでは挿入してから1分も持たずに射精する早漏でした。

 

しかも自分がイッた後で、

 

「チンコ舐めて綺麗にしてよ」

 

だって・・・。

 

(AVの見すぎ、バカじゃないの?)

 

て思って拒否しました。

 

そんな状態だったのでセックスが嫌になり、エッチなことと距離を置くようになってそのまま社会人になりました。

この体験談の続きを読む

外国人女性集団にチンポが勃起しなくなるまで精液を搾り取られた

外国人女性
画像はイメージです

 

外国人女性に全裸を見せ付けられた

 

僕が高校生だった時の話です。

 

近くの二階建て一軒家の二階に、外国人女性5~6人がグループで借りている家がありました。

 

近所と言っても、二軒分ぐらいの距離です。

 

その間に一軒家がありましたが、そこは平屋だったので、私の二階の部屋から向こうの二階の部屋は窓が開けば見えます。

 

女性達の年齢は、みんな20代じゃないかと思います。

 

仕事は細かいことは分からないけど、蝶ネクタイ付けた男性が車で夕方迎えに来て、夜中の2~3時ぐらいに帰宅してまいた。

 

どこかの外国人ダンサーのショーパブみたいなとこで仕事していたのかもしれません。

 

夏場はエアコン代節約のためか、大きい窓は開けっ放しにしている時が多かったです。

 

仕事に行く前と仕事から帰ってきた後に、シャワー浴びて着替えてるんだけど、ちゃんとカーテンを閉める人もいれば、開けっ放しで着替えてる人もいる。

 

夏休みの間、まだ童貞だった僕は家にあった双眼鏡で、彼女達の部屋を覗くのが趣味みたいになっていました。

 

仕事の練習なのか、音楽を流しながらダンスしたり、バスタオル姿、時には生着替えも見れる時があって、興奮しながら覗いていました。

 

ある日の深夜、外国人の彼女達が帰ってきたんで、受験勉強の手を休めて覗いていると、一人が下着姿で煙草を吸いに窓際にやってきました。

 

そしてこちらをチラっと見たかと思うと、再びこちらを目を凝らしながら見始めました。

 

(やばい、気付かれたか?)

 

と思ったけど、そのまま部屋の奥の方に戻っていきました。

 

(よかった、バレてない・・・)

 

と思ったら、すぐにみんなを窓際に連れてきたんです。

 

しかもこっちを指差しながら・・・

 

(完全にバレてる)

 

見たら、バスタオル一枚を体に巻いた一人が前に出て、露出狂がやるようにタオルをガバッと開いて全裸を見せつけてきました。

 

彼女達は笑い声を上げ、そのままカーテンを締めました。

 

(えっ、もう終わり?)

 

残念な気持ちと、

 

(深夜の今からこちらに怒鳴りこんでくるかも・・・)

 

とビビる気持ちになりましたが、その家から音楽が流れてきて、カーテン越しに部屋の中の色がピンクに変わりました。

 

すぐに双眼鏡を覗きなおしました。

 

カーテンが開かれました。

 

そこに女一人がバスタオル姿のまま後ろ向きで立っていて、音楽に合わせてクネクネとエロチックなストリップみたいなダンスを踊り始めました。

 

さらに数人が加入して踊り始め、いきなり全裸になる女もいれば、一枚一枚挑発するように脱いでいく女もいました。

 

双眼鏡を食い入るように覗き込んでいた僕の童貞チンポは、ビンビンに勃起しました。

 

もうこらえ切れなくなり、夜中に家族を起こさないようにそーっと家を出て、その家の前まで行きました。

 

二階の窓際の下に行くと、最初にバスタオルを露出狂の様に、全裸を見せてきた女が見下ろしてきました。

 

一階には勝手口があり、そこから別の女が下着姿で出てきて、挑発するように招きしながら、

 

「いらっしゃい」

 

と普通に日本語で招かれました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト