タグ:包茎の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:包茎

短小で早漏の僕は拘束されて後輩に罵倒され乱交を見せつけられた

目の前で乱交
画像はイメージです

 

挿入したことに気づかないほどの短小ちんぽ

 

僕の惨めなセックス初体験と、そのあとの忘れられない出来事を話そうと思います。

 

まず僕はちんぽが極めて小さいんです。

 

せんずりもするし、精液も出るので生殖機能はあるんですが、ちんぽは発育不全みたいなんです。

 

通常時で約3cm、仮性包茎なんですが、勃起すれば自分で皮を剥くことは出来ます。

 

しかし勃起しても7cm、太さも2cmちょっとしかありません。

 

中学生の時は短小ちんぽにとても悩みましたが、こんなことは誰にも相談できません。

 

しかし、いつまでもくよくよしていてはダメだと思い、高校生になってテニス部に入りました。

 

そしてこんな僕でも、2年の時には同級生マネージャーの彼女ができたんです。

 

仮にK子としましょう。

 

付き合って3カ月ぐらい経った時、ちょっとしたきっかけで大喧嘩したことがありました。

 

僕は別れたくなかったので、K子に必死で謝りました。

 

K子はそれでも不満げだったんですが、許してくれました。

 

そしてそのままの流れでセックスする雰囲気になりました。

 

ところが、そこからが僕が悲惨な目に逢うことになるのです。

 

当然ながら童貞だった僕は、一生懸命に前戯を頑張ったつもりなのですが、K子が感じている様子がまったくありません。

 

先ほどの喧嘩のこともあって、K子は完全に醒めきっていたんでしょうが、初体験の僕は興奮していて気付けませんでした。

 

そしてパンツを脱いでちんぽを取り出し、コンドームを付けました。

 

コンドームはせんずりする時に付けたことがあったので、スムーズに付けることが出来ました。

 

いざK子のおまんこに挿入しようとしたんですが、童貞だったため場所がよく分からず、うまく入れられませんでした。

 

K子はイライラしたように、

 

「もう、早くしてよ」

 

と言うのでさらに焦りました。

 

そしてなんとか挿入しました。

 

K子は処女ではありませんでした。

 

しかし僕は童貞で、挿入前にちんぽを擦ってしまっていたため、入れた途端に射精してしまい、すぐに萎えて自然におまんこからちんぽが抜けてしまいました。

 

僕は、

 

「ごめん、イっちゃった」

 

というとK子はビックリした顔で、

 

「え?」

 

と言うと呆れた感じで、

 

「っていうか、入れてたの?」

 

と聞いてきました。

 

僕が黙っているとK子は小声で、

 

「・・・くそ・・・」

 

と言った後、大きな声で、

 

「ヘタクソ!マジ最低!どんだけ下手なの!!」

 

と叫ばれました。

 

僕は初めて聞くK子の大声に、ただただ茫然としていました。

この体験談の続きを読む

【初めての射精】中学2年の姉ちゃんが胸を押し付けチンコを剥いてきた

初めての射精
画像はイメージです

 

お姉ちゃんがおっぱいを押し付けてくる

 

僕が小学5年生の時、中学2年のお姉ちゃんに襲われたことがあります。

 

深夜、僕が自分の部屋で眠っていると、姉ちゃんが僕の部屋にやってきて、布団の中に潜り込んできたんです。

 

僕は、

 

「お姉ちゃん、どうかしたの?」

 

とびっくりして聞くと、僕の顔をお姉ちゃんの胸に押し付けるように頭を抱き締めて、

 

「しっ!静かにして」

 

と言ってきたんです。

 

そのまましばらく、お姉ちゃんは少し興奮した感じの荒い呼吸をしながら、僕の顔を自分の胸に押し付けていました。

 

僕は訳が分かりませんでしたが、怖くてじっとしていました。

 

少し経つと、お姉ちゃんはパジャマのボタンを外して、胸元を開けてきました。

 

豆電球を点けているだけの薄暗い部屋でしたが、ピンクのパジャマから白いブラジャーが確認できました。

 

僕はドキドキしましたが、どうしていいか分からず何も反応できないでいると、お姉ちゃんは今度はブラジャー越しに、胸を僕の顔に押しつけてきました。

 

ブラジャー越しの胸の感触は、パジャマより柔らかい感じでした。

 

お姉ちゃんは何もしゃべらず、僕の顔におっぱいを擦り続けました。

 

結構強く押し付けられていたので、ブラジャーの生地が顔に擦れて痛くなりました。

 

「お姉ちゃん痛い」

 

と言いました。

 

するとお姉ちゃんは、ブラジャーを上に捲くり上げて、おっぱいを露出しました。

 

小学校2年生くらいまでは一緒に風呂に入ってましたが、それ以来で見たお姉ちゃんのおっぱいは、結構大きくなっていました。

 

それでも小振りですけど、女性のおっぱいって感じの胸です。

 

薄暗いので乳首の色はよく分かりませんでしたが、おそらくピンク色で小さかったと思います。

 

お姉ちゃんは息遣いが荒く興奮したように、

 

「触ってもいいよ」

 

と言いながら、おっぱいを僕の目の前にグイと突き出してきました。

 

僕にとっては訳が分かりません。何も出来ずにじっとしていると、

 

「もう、こうするの」

 

と言いつつ、お姉ちゃんは自分でおっぱいを揉み始めたんです。

 

おっぱい全体を揉んだり、乳首を摘まんで引っ張ったり。

 

そして、

 

「ほら、舐めてみて」

 

と言って僕の口におっぱいを押しつけてきました。

この体験談の続きを読む

【高校生】セックスしたいと告白された私は自分から腰を動かしていました

熟女と童貞セックス
画像はイメージです

 

 

高校生の男の子が突然の告白

 

何を隠そう私、知人の息子さんとセックスするようになってどなたにも相談できなくて悶々としていたんです。

 

直也君が高校生になったばかりの春、たまたま、うちにやってきた直也君に、

 

「高校生になったお祝い、何が欲しい?」

 

って聞いたとき、直也君はなんと、

 

「おばちゃん」

 

って平然と言ったのを、つい昨日のことのように思い出します。

 

まだ、幼く見える直也君でしたので、

 

「おばちゃんは、この家の奥さんだから、あげられないわよ」

 

って笑って冗談っぽく受け流そうとしたら、下を向いて無言になってしまったので、

 

「おばちゃんを貰えたとしたらどうするの?」

 

って言ったんです。そうしたら、顔を上げてまた平然と私を見て言うのです。

 

「セックス」

 

その時はちょっとオロオロしました。

 

そしてやんわりと、言いくるめるように話したつもりでしたが、もう、その時私はハラハラしてしまってちょっと噛みながらながら必死に話しました。

 

「セックス?直也君、セックスってどういうことか知ってるの?」

 

直也君は軽く頷きました。

 

「セックスっていうのは、とても恥ずかしいことなの。だから本当に好きな相手としか、しちゃいけないものなの。」

 

そう言いました。そしたら、直也君は、

 

「だって僕、おばちゃんのことが好きなんだ。」

 

って言うんです。

 

その瞬間に、直也君がとても可愛く思えて、直也君が座っているソファーの隣に私も座り、軽く抱きしめてあげたんです。

 

そしたら直也君もギュッと抱きしめてきました。直也君は私の耳元で、

 

「おばちゃん、いい匂いだね」

 

って囁くんです。もう私、オマンコがジュン!って感じて濡れてきたのが分かりました。

 

直也君もズボンの中でおちんちんを大きく、固くさせているのが確認できました。

この体験談の続きを読む

短小・包茎・早漏の僕は家庭教師のお姉さんに罵倒されて搾り取られました

家庭教師
画像はイメージです

 

優しい家庭教師のお姉さんが豹変

 

僕は現在高校2年生ですが、運動オンチで成績も悪いので、親が僕に家庭教師を付けました。

 

僕はそんなものは嫌だったんですが、反対できるはずもありませんでした。

 

そして数日後、家庭教師が来たんですが、女性でしかも結構美人な女子大生で、美緒という名前でした。

 

僕はこれほど美人なら、家庭教師が付いてもいいかなと思いました。

 

さらに、美緒に教えてもらうようになってから1か月ほどしてから、父親の海外赴任が決まり、母親も一緒に海外に付いていくことになりました。

 

家庭教師の美緒がいる時は、家で僕と二人っきりになるので、なんだかワクワクします。

 

しかし、その期待がこういったことになるとは、思ってもみなかったです・・・

 

美緒は綺麗でプロポーションもよく、僕に勉強を丁寧に優しく教えてくれました。

 

僕もその期待に応えようと、必死に勉強しました。

 

しかし、次のテストも全然成績が上がらず、情けないやら申し訳ないやらで、美緒にテストの結果を見せました。

 

すると美緒は、今まで僕が見たこと無いような怒った顔になり、大きな声で

 

「どうして分かりやすく教えたのにこんな点数なの!できが悪いならお仕置きするしかないわね!」

 

と言って僕の腕を捕まえました。

 

優しかった美緒は、突然怖いお姉さんに豹変したのです。

 

僕は逃げようとしましたが、美緒は柔道をやっていて力も強いので、逃げられるはずがありません。

 

美緒は僕を四つんばいにさせると、僕のズボンとパンツを荒々しく脱がせました。

 

僕は抵抗しようとしましたが、怖くて動けませんでした。

 

美緒は

 

「今からお尻たたきするから、ちゃんと反省しなさい!」

 

と言って僕のお尻をたたき始めました。

 

僕は、

 

「ごめんなさい!痛い、やめて!」

 

と言いましたが、美緒はSっ気があるのか、僕の嫌がる声をまるで楽しんでいるように見えました。

 

何十回もお尻をたたかれて、ようやく終わりました。

 

そして僕は、下半身丸出しのまま立たされました。

 

恥ずかしいので手で隠していましたが、美緒は僕のチンコを隠している手を振り払いました。

 

美緒は僕のチンコを指さして笑いながら、

 

「何このおちんちん、小さいわね~、しかも包茎で毛も生えてないし、本当に高校生なの?」

 

僕は悔しいやら恥ずかしいやらで真っ赤にして下を向いていると、美緒は定規を持ってきて、なんと僕のチンコを測りだしました。

この体験談の続きを読む

男子が裸にされイジメられる姿に興奮した私はおちんちんが大好きに

男子中学生 性的イジメ
画像はイメージです

 

同級生の男子が裸にされるのを見て興奮しました

 

私がいた中学校では、6人の女子不良集団による1年生男子への性的イジメがありました。

 

不良集団のボスは「T先輩」といい、私のお姉ちゃんとクラスメイトで仲良しだったこともあり、入学してきた時から私のことを可愛がってくれたんです。

 

入学してから数週間たった頃、放課後で部活動をしていた私はT先輩から

 

「いいもの見せてやる」

 

と言われて誘われました。

 

T先輩は体育館の舞台の下にある狭い物置部屋へ私を引き連れて行きました。

 

中に入ると、1年の同級生の中で結構目立っていた男子が1人、女子不良集団に囲まれて正座させられていました。

 

T先輩が

 

「始め!」

 

と言うと、取り囲んでいた不良集団たちが一斉に男子の服を脱がせ始めたんです。

 

男子は真っ赤な顔になって必死に抵抗していましたが、あっという間にジャージの上下とTシャツを脱がされ、ブリーフ1枚だけの格好にされてしまいました。

 

そして長テープルの上に仰向けに寝かされて押さえつけられると、男子は涙を浮かべてヒクヒク泣き始めてしまいました。

 

可哀想に思いましたが、私はブリーフからちょこんと盛り上がっている部分にどうしても目が行ってしまい、ドキドキして興奮し始めていました。

 

T先輩は男子の顔をニヤニヤしながら覗き込むと、

 

「テメー生意気みてえだな、みんなでチンコ見てやるよ。」

 

と言いました。

 

私は申し訳ない気持ちを感じながらも

 

(おちんちんが見れる)

 

という好奇心でいっそう興奮が高まっていました。

 

男子は

 

「ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!」

 

と泣いて謝っていましたが、T先輩は男子のブリーフをゆっくり脱がし始めていました。

 

T先輩は

 

「ほらチン毛が見えてきたよ~」
「チンコも見えてきたよ~」

 

と言いながら、男子をからかうようにブリーフを脱がしていきました。

 

男子は

 

「やめて下さい!」

 

と泣きわめきながら必死に体ををくねらせて抵抗していました。

 

可哀想だと思いながらも、私はT先輩の意地悪な言い方や、男子の嫌がる姿に異常なくらい興奮して、オマンコが濡れてしまいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト