タグ:包茎の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:包茎

後輩の女の子に包茎チンポを罵られ、馬鹿にされて興奮する俺ってドM?

包茎チンポ
画像はイメージです

 

後輩女子が看病に来てくれた

 

俺は大学3年生の時、アパートで一人暮らしをしていた。

 

ある日、かなりひどい風邪を引いてしまい、熱も出てるのでベッドに寝ていた。

 

結構な高熱だったので、大学にも行けなかった。

 

その時の俺は彼女と分かれたばかりだったので、食事も取ることができない状態だった。

 

二日間ずっと風邪で寝込んでいるとき、夕方くらいに玄関のインターホンが鳴った。

 

ふらふらしながらベッドを出て玄関を開けると、大学の後輩の千夏が立っていた。

 

「おー、どうした?」

 

「二日間も学校に来てなかったからちょっと心配になって。E(俺)さん、風邪ひどいの?」

 

千夏は心配そうな顔で言ってきた。

 

「ああ、サンキュー、大丈夫とは思うけど、まだきついかな」

 

俺はまだ熱があるため、頭がボーっとしていた。

 

「ごはんきちんと食べてる?」

 

千夏はいつも俺には半分ぐらいタメ口だった。

 

「うーん、ほとんど食ってないかな」

 

「やっぱり!わたしお粥か何か作りますね」

 

「え?いや、いいよ。なんか悪いし、風邪うつるぞ」

 

「大丈夫、大丈夫!おじゃましまーす」

 

そう言うと千夏は勝手に部屋に上がって来た。

 

俺は本当にきつかったので、後輩の相手をする気力もなく、正直言って帰って欲しかったという気持ちもあった。

 

しかし、メシを食ってないのも事実なのでここは千夏に甘えることにした。

 

俺は、

 

「俺マジできついから、すまんけど寝ててもいいかな?」

 

千夏は、

 

「もちろん寝てて下さい。出来たら起こしますね」

 

俺はベッドに入り、すぐに眠りに入った。

 

やはりきつかったので、かなり爆睡してしまった。

 

どれくらい時間が経ったのか、気が付くと、千夏の声で起こされていた。

 

それでも眠気が取れず、横になったままボーっとしていた。

 

「うーん、大丈夫かなー」

 

と言いながら、千夏は俺のおでこに手を当ててきた。

 

「あら、結構熱あるね。それにすごい汗!」

 

そう言うと千夏は、

 

「着替えどこですか?」

 

と聞いてきたので、俺が指をさすと千夏は適当に着替えとタオルを取り出した。

 

しかも、

 

「汗拭いてあげるね」

 

と言ってきた。

 

俺は驚いて、

 

「いや、いいよ、それぐらい自分でするし」

 

と言った。

 

しかし千夏は

 

「いいから、いいから!病人なんだからー」

 

と言いながら俺のシャツを脱がしてきた。

この体験談の続きを読む

【小学生フェラチオ】恥垢がついた包茎おちんちんの臭いに興奮する私は変態

小学生フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の男の子がおねしょ

 

私は小学校の教員ではあるのですが、とにかく少年が大好きなのです。

 

しかも包茎の男の子なら、なおさらです。

 

女性の多くは、変態って思うかもしれません。

 

でも、好きなものはどうしようもありません。

 

大人の男性とは違う魅力があります。

 

汗の匂いやおしっこの臭い、思春期の男の子ならではの独特の甘い精子の臭い、それら臭いを嗅ぎながら、少年のおちんちんの先に舌を這わせてフェラチオしてあげます。

 

想像しただけでも、オマンコが濡れてしまいます。

 

私が今、関係を持っているのは、小学校の教え子ではなく、近所に住んでいる宏君です。

 

驚くことに今の子供って、早い子では、小学4年生でおちんちんが勃起もするし、射精もするんです。

 

子供でも気持ちよくなって、精液ピュッピュッて飛ばしちゃうんです。

 

女の子の生理も、小学3年生で始まる子もいます。

 

信じられないでしょ?今の子供は発育が早いのです。

 

宏君とは、ここ1年ぐらい、エッチな関係にあります。

 

最初は地域の子供会のスキー旅行で、宏君の両親がどうしても行けなかったため、教師でもある私と、私の父が面倒を見たのがきっかけでした。

 

宏君はお泊まりは初めてと言う事で、バスの中でも緊張していましたが、スキー場に着くと、子供らしく元気いっぱいに滑っていました。

 

飲み込みも早くて私よりも上手で、私が

 

「宏君、滑り方教えてよ」

 

って言うと、

 

「うん、お姉ちゃん一緒にすべろ」

 

なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方を教えてくれました。

 

ホテルに戻ると、たくさん汗をかいたので、私は温泉に入りに行きました。

 

部屋に戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた宏君は、お風呂も入らずに、そのまま布団でぐっすりと寝ていました。

 

部屋は私の父と私、そして宏君の3人だけでした。

 

夕食は大人数なので宴会場で食べる予定なのですが、宏君が起きないので、父だけ宴会場に行って貰い、私は宏君と部屋に残る事にしました。

 

父は浴衣に着替えると、

 

「じゃあ、夕飯は後で食べに行くか、買ってくるかしなさい」

 

と言って、私に5千円を渡してくれて、宴会場に向かいました。

 

父が部屋から出て行ってから、すぐのことでした。

 

なにか、

 

ジョ、ジョー

 

という音が聞こえてきたんです。

 

(なんだろう?)

 

と思ってキョロキョロしていると、宏君が目を覚ましたみたいです。

 

時間は夜の6時過ぎでした。

 

「あれ?宏君、起きたんだね」

 

と私は声を掛けましたが、宏君は寝ぼけているのか、一言もしゃべりません。

 

むしろ、落ち着きがない感じでした。

 

寝ぼけているのとは明らかに違います。

 

私は

 

(もしかして?)

 

と思い、宏君に近づいて布団に手をかけました。

 

すると宏君は、

 

「やめてー」

 

と大きな声で嫌がると、真っ赤な顔をしながら私の手を掴んで払いのけました。

 

私は何も言わずに立ち上がり、部屋のお風呂場からバスタオルを取ってくると、

 

「大丈夫よ」

 

と言って、布団をめくりました。

 

そうです、宏君は「おねしょ」をしてしまったんです。

この体験談の続きを読む

高校時代に僕は女子から逆レイプされて射精させられる毎日でした(2)

強制せんずり
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

無理やり合宿に参加させられ強制せんずり

 

そして僕は2年生になりました。

 

2年のある時期に、テニス部だけで合宿をすることになりました。

 

テニス部の男子部員はいまだに僕だけで、他2名の男子部員の名前はあるのですが、幽霊部員のままでした。

 

どうも聞くところによると、他の男子部員2名も僕と同様に、入部してからすぐに逆レイプされていたようなんです。

 

僕と一緒で、顧問の先生がいない時にフルチンで部活をやらされたり、テニスコートの中で2人を寝かせて、シックスナインをさせたりしていたみたいなんです。

 

僕は入部した頃は毎日部活に行っていませんでしたから、知りませんでした。

 

どうして他の生徒や先生にばれないのか、不思議に思われると思うので説明しますと、テニスコートは校舎からかなり離れた場所にあります。

 

だから、他の部活の生徒たちや、先生たちには見つからなかったんです。

 

しかもちょっと高台にありましたし、顧問の先生が来るときは事前に分かっていましたから。

 

それで話を戻しますと、僕は合宿に参加すると、ずっと逆レイプされるかもしれないので、参加したくなかったんですが、それを先輩たちは察して脅迫してきたんです。

 

「もしも参加しなかったらどうなるか分かってんだろうな」

 

的なことです。

 

僕が1年生だった時に、3年生の先輩女子に逆レイプされた時の写メを撮られていたし、3年生の先輩達が卒業した後は、その写メを新3年生に送信していたんです。

 

つまり、同じネタで脅され続けているんです。

 

ばら撒かれたくないので、僕は仕方なく合宿に参加することにしました。

 

1日目は顧問の先生がずっといたので、何事もありませんでした。

 

しかし、2日目のお昼に先生がいなくなった2時間ほどの間、僕は合宿所の裏手の方に連れて行かれて、せんずりさせられました。

 

20人近くの女子が凝視している前での公開せんずりでした。

 

先生が戻って来るまでの間に、3連続でせんずりさせられました。

 

女の子が持参していたローションを亀頭に塗られ、亀頭を出したり戻したりする皮オナニーでやらされました。

 

ローションのヌルヌルとチンポの皮で亀頭が刺激され、見られて恥ずかしいんですけど気持ちいいんです。

 

あっという間に射精してしまいました。

 

次の日からも先生がいなくなる時間には、女子達の前で強制ローションせんずりをさせられました。

 

入部したばかりの1年生女子達もいるので、凄く恥ずかしかったんですが、歓声を上げる子はいても、恥ずかしがって目を逸らすような子は一人もいませんでした。

 

5日間の合宿中には、先生にばれないように、女子達にせんずりばかりさせられました。

この体験談の続きを読む

骨折した息子の包茎おちんちんを剥いて拭いてあげてたら射精しました

息子 手コキ
画像はイメージです

 

息子のおちんちんを久しぶりに見ちゃいました

 

私は43歳で、少しだけぽっちゃり系の主婦です。

 

主人と3人の息子がいて、5人家族です。

 

一番上の息子は大学生になり、去年から家を出て一人暮らしをしていて、長男だけあってしっかり者です。

 

一番下は反抗期の中学生で、あまり甘えるようなこともありません。

 

真ん中の子が今年高校1年生の次男です。

 

高校生の次男はイケメンでカッコイイし、私に懐いてて可愛いんです。

 

事あるごとに買物や家事などを手伝ってくれるいい子ちゃんです。

 

しかしこの前、ホームセンターの駐車場で、自転車に乗っていた次男が車と衝突して交通事故に遭ってしまいました。

 

これが切っ掛けで、親子のとんでもない関係に進んでしまったのです。

 

次男は命に別状はありませんが、両手を骨折してしまって3週間の入院を余儀なくされました。

 

その後は自宅で2ヶ月の療養です。

 

主人は運送業でトラックを運転しており、夜間の運転が多いので家に居ないことが多いのですが、日中は進んで息子の世話してくれています。

 

長男もちょくちょく家に帰ってきて次男の面倒を見てくれたので、自宅療養はそれほど問題なく進んでいました。

 

しかし、突然その日はやってきました。

 

主人が仕事で長距離の運転をしなければならず、3日間家を空けることになり、たまたま同じ日から三男が3泊4日の修学旅行に出てしまいました。

 

長男が来てくれて助かっていたのですが、今日の夜は用事があるからとのことで、それでも次男のシャワーだけは対応しに来てくれました。

 

そういうわけで、長男が出て行った後の自宅は、両手にギブスをはめた次男と私だけになってしまいました。

 

でもお風呂も入ったし、後は食事をして寝るだけだったので、特に問題はありません。

私は次男を食卓へと連れて行き、食事をすることにしました。

 

その時です。

 

ガタン!

 

と大きな音がしたので、びっくりして見ると、

 

テーブルの上に長男が置いていった飲みかけの野菜ジュースがあったのですが、次男がテーブルの上に腕を乗せようとしたところ、誤ってペットボトルに当たって倒してしまい、中のジュースが次男の方にドクドクとこぼれたのです。

 

次男はとっさに両腕を上げたのでギブスにはかかりませんでしたが、野菜ジュースがズボンに大量にかかってしまいました。

 

私は急いで床とテーブルを拭き、次に息子のズボンを拭いたのですが、もうビショビショすぎて拭いたぐらいではどうにもなりません。

 

着替えるしかなさそうですが、

 

(私しかいないか・・・)

 

と思いながら、息子のズボンを履き替えさせてあげる事にしました。

 

息子のズボンはスウェットだったのですぐに脱がせる事が出来ましたが、野菜ジュースが染み込みすぎて、ブリーフまでびっちょり濡れていました。

 

「自分でパンツ脱げる?」

 

と聞きましたが、

 

「たぶん、無理・・・」

 

と弱々しい声で息子は答えました。

 

仕方ないので、私がパンツを履き替えさせてあげる事にしました。

 

しかし、次男はすごく照れた感じで、

 

「いいよそのままで、恥ずかしいし・・・」

 

と言ってきました。

 

確かに私も、年頃の息子のパンツを脱がせることに、ためらいはあります。

 

しかし、どう考えてもそのまま乾くわけはなく、緊張と照れを隠すために私は、

 

「照れなくていいじゃない、親子なんだし。清志のおちんちん見るのも久しぶりだね」

 

と明るく言ってみました。

 

私もそれとなく緊張していたので、ごまかしながら・・・。

 

パンツに手をかけて、

 

「じゃあ下ろすよ~」

 

と明るく言いながらパンツを下ろしました。

 

すると、ポロンと次男のおちんちんが飛び出しました。

 

すっかり陰毛も生えており、チョコッと亀頭が見えるぐらいの包茎ちんちんで、私は息子のおちんちんを見た瞬間に、

 

(父親譲りのおちんちんかな?)

 

と思いました。

 

おちんちんはピクピクと脈を打ちながら、勃起しつつあるみたいでした。

この体験談の続きを読む

女子の部室に忍び込みパンティー穿いたのがバレて強制せんずりさせられた

強制せんずり
画像はイメージです

 

女子卓球部の部室に忍び込んだらバレた

 

僕が高校三年の時の話です。

 

卓球部に所属していた僕は、女子卓球部の部室にどうしても侵入したかった。

 

部活が終わり、みんなが帰ったのを確かめてからコソコソと忍び込んだ。

 

部室の鍵は、入り口の横のブロックに隠してあるのを知っていたので、忍び込むのは楽チンだった。

 

部室に入ると、すぐに女子卓球部のマドンナT子のロッカーを探した。

 

2、3日前に、女子卓球部員がT子のロッカーにはいつも替えのパンティーが用意してあるという話をしているのを、盗み聞きしたからだ。

 

T子のロッカーを探し出し、中を開けると確かにピンクの綿のパンティーが入っていた。

 

めちゃくちゃ興奮した僕は、着ているものを全部脱いでパンティーを穿いた。

 

完全に変態だが、鏡で自分の姿を見てうっとりしていると、外から声が聞こえてきた。

 

「あれ?鍵がないよ」

 

「なんでかな?」

 

女子二人の声だ。

 

(ヤバい!)

 

と思った僕は部室の一番端のロッカーの陰に隠れた。

 

「開いてるんじゃないの?」

 

ガチャ

 

「ほんとだ」

 

僕の心臓はドキドキして、はち切れそうになっていた。

 

「誰が鍵閉め忘れたのかな?」

 

ビビッて震えてしまった僕は肘がロッカーに当たってしまい、

 

ガタッ

 

「きゃーっ!」

 

「誰かいる?!」

 

「マモル?マモルでしょ?」

 

「きゃーっ!」

 

「あんた何してんの?っていうか何その格好?」

 

「気持ち悪っー!」

 

そこには同級生のUとEが立っていた。

 

部室に忍び込んだのがバレただけでなく、T子のピンクのパンティーを穿いた姿まで見られてしまったのだ。

 

マモル「えっ…いや…」

 

何も言うことができずに僕は震えていた。

 

U「女子の部室に忍び込んで何やってんの?ってかパンティー穿いてるじゃない!」

 

E「マジで変態じゃん?ありえないわ!」

 

U「これT子のじゃないの?」

 

E「ホントだ!部室にパンティー置いてるのT子だけだもん」

 

もう逃れようが無い、みんなにバラされて恥かいて退学だ…。

 

マモル「ほんとにごめんなさい!誰にも言わないで下さい、お願いします」

 

もうひたすら謝るしかなかった。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト