タグ:処女の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:処女

中学の修学旅行で童貞の僕は処女に囲まれて生セックスショー

修学旅行
画像はイメージです

 

女子が全裸で部屋にやってきた

 

僕の初体験は、中学2年の時の修学旅行でした。

 

僕の中学は、修学旅行の最後の夜は先生もうるさく言わず、夜も見回りをしないというので、みんな夜更かしして遊ぶ予定でした。

 

夕食が終わると、同部屋の友達とこっそり買い込んでいたビールなんかを飲みながら、誰かが持ってきたエロDVDを、部屋に備え付けてあるDVDプレイヤーで見ていました。

 

1本目が終わったところで3人がトイレに行き、1人は売店にジュースを買いに、もう1人は別の部屋に遊びに行きました。

 

部屋に僕1人だけが残り、次に見る予定のDVDをチェックしているところへ、突然誰かが部屋に飛び込んできました。

 

見ると、同じクラスの女子である君子が全裸で、両手で股間を隠して立っていました。

 

僕は一瞬目が点になり、唖然としてしまいましたが、

 

「ああ、よかった。信二(僕の名前)いたんだ」

 

と君子。

 

なにかとんでもないことが起きたんじゃないかと思った僕は君子に、

 

「ど、どうしたんだよ、その格好?」

 

と尋ねると、

 

「女子の部屋でトランプして遊んでるんだけど、罰ゲームで脱がされちゃったんだ。とりあえず一緒に来てくれない?」

 

「いまみんなでDVD見てるとこなんだけど・・・」

 

もうすぐトイレや買い物に行った連中が戻ってくると思い、僕は君子にそう言いました。

 

そう言いながらも、僕の視線は君子の胸に釘付けでした。

 

君子はクラスで一番の巨乳で、顔も結構可愛いので、男子の間ではかなり人気がありました。

 

その君子が、乳首も見えている状態で僕の目の前にいるのです。

 

「理由は後で話すから、お願い!とにかく来て」

 

と言って、君子は片手で股間を隠しながら、片手で僕の手を引っ張って、女子の部屋の方へと引っ張っていきます。

 

君子が全裸になっているぐらいだから、

 

(他の女子もひょっとしたら・・・)

 

という思いが頭をよぎり、僕は訳がわからないけど期待しながら、女子部屋に行くことにしました。

 

女子部屋へ行くと、僕の目は再び点になりました。

 

男子も女子も6人ずつで部屋が割り振られており、そこには君子を入れて6人の女子がいたのですが、1人を除いて全員全裸になっていました。

この体験談の続きを読む

家庭教師先のお母さんに童貞を捧げ、娘の処女を貰った僕の現在は…

家庭教師先のお母さん
画像はイメージです

 

家庭教師先のお母さんが欲求不満

 

僕は大学生の時に、女の子の家庭教師のアルバイトをしていました。

 

途中でお父さんが転勤することになり、女の子は高校入試を控えている関係で、お父さんだけ単身赴任することになりました。

 

「月に一回は帰宅するから」

 

と言って単身赴任したものの、お父さんは忙しそうでなかなか帰って来ていません。

 

ゴールデンウィークに一回帰ってきましたが、それ以降は夏休みに入っても帰ってこれず、数ヶ月もの間帰宅できずにいました。

 

それでお母さんは寂しい思いをしているのか、たびたび誘惑するかのような、エロい視線を僕に送ってくるようになってきました。

 

短めのスカートを穿いたり、ボディラインが出るような服を着たりすることもあります。

 

(お母さんはもしかして欲求不満?ひょっとして・・・)

 

と期待しつつ、ある日女の子に勉強を教えていたら、

 

「今日は一緒に夕飯食べていかない?」

 

とお母さんからお誘いがありました。

 

お言葉に甘えてOKしたら、想像以上に豪華な食事に、ビールまで出してくれました。

 

僕はいい具合に酔っぱらって、ソファーに横になってしまいました。

 

ふと気がついたら、夜11時を過ぎていました。

 

お母さんは、

 

「こんな時間だから、今日は泊まっていったら?マキはもう自分の部屋で寝ちゃったし、シャワー浴びてきたら?」

 

恐縮しながらも泊めてもらうことにして、浴室へ入りました。

 

シャワーを浴びていたら、なんとお母さんが入ってきたではありませんか。

 

それも素っ裸なんです。

 

「背中流してあげるわ」

 

って言って、ボディーソープをスポンジにつけ、僕の背中を洗い始めました。

 

時々肌が触れるたびに興奮して、すぐにビンビンに勃起してしまいました。

 

恥ずかしくって、股間を隠すようにモゾモゾしていたら、お母さんはチラチラ僕の勃起チンポを確認していたみたいです。

 

「うふふ、もうこんなに大きくなっちゃって、童貞なの?」

 

と聞かれたので正直に、

 

「はい」

 

と答えました。

この体験談の続きを読む

巨漢女やブスどもに逆レイプされて彼女と別れ、モテない女の性処理係に

巨漢女
画像はイメージです

 

彼女が巨漢女にボコられ、俺はビンタされて全裸に・・・

 

俺の彼女は女子プロレスラーに入門していて、まだ新人の見習いです。

 

身長こそ160cmぐらいですが、さすがに体つきはガッシリしています。

 

顔は結構可愛い感じで、名前は仁美にしておきます。

 

俺は仕事が休みの日、彼女を驚かせようと思って、練習が終わる20分前ぐらいに車で迎えに行き、練習場の横に車を停めて、終わるのを待っていました。

 

すると、かなり大柄というか、巨漢女と呼ぶにふさわしいマツコデラックスのような体型の女が近づいてきて、俺に話しかけてきました。

 

「ここで何してんの?」

 

いきなり高圧的で、ちょっとビビりましたが、

 

「あっ、すいません!邪魔でしたかね、すぐ移動させます」

 

と言うとマツコは、

 

「ここに何の用だよ!」

 

と凄んできました。

 

さらにビビった俺は、

 

「彼女の仁美がここで練習していると聞いて迎えに来たんです」

 

と正直に答えましたが、それが間違いでした。

 

マツコは、

 

「だったら中に入って待ってろよ。もうすぐ終わるから。」

 

と断れる雰囲気ではなかったので、中へ入りました。

 

見ると、リングの隅でスクワットをしている彼女を発見。

 

彼女の練習している光景は初めて見るものでした。

 

マツコは、

 

「仁美!ちょっと来い!お前の男が来てるぞ!」

 

と彼女を呼びました。

 

彼女はかなり驚いた様子で、慌てて走ってきました。

 

「ちょっとマズイよ!ここは男子禁制なんだから!」

 

彼女の動揺する姿を見て、

 

(マズかったかな?)

 

と後悔しましたが、マツコから

 

「あと少しだから、最後まで見ていけよ!」

 

と言われ、もうバレたことだし、この際だからと端っこの方で見学する事にしました。

 

すると彼女がマツコに呼ばれ、リングに上がりました。

 

どうやらスパーリングをする様子です。

 

彼女も普通の女性よりは体格がいいんですが、一回りも二回りも体の大きいマツコに投げられ、ボコられ、正直見ていられませんでした。

 

(これが女子プロレスの世界か)

 

と一人圧倒されていました。

 

しかし、しばらく見ていると、どうも様子がおかしいんです。

 

彼女の着ていたTシャツは破られ、おっぱいが見えてます。

 

しかも彼女の履いているスパッツの股間部分に、親指を突っ込んで投げ飛ばしているみたいでした。

 

彼女は股間を抑えながら、

 

「痛い、痛い!」

 

とうずくまってもがいていたんです。

 

マツコは彼女に、

 

「男子禁制って知ってるよな!」

 

と言いながら彼女を蹴りあげます。

 

さすがにこれはやりすぎだろうと思ってマツコに、

 

「ちょっと、いくらなんでもやりすぎじゃないんですか!」

 

と抗議すると、マツコは無言でリングから降りてきて、思いっきり俺をビンタしました。

 

俺は吹っ飛び、クラクラして意識が飛びそうになりました。

 

マツコは他の女子レスラーに命令し、俺を押さえ付けさせました。

 

そして俺のお腹に馬乗りになり、顔面に何度もビンタをくらわしてきました。

 

彼女は俺がボコられる姿を見て、

 

「すみません!許して下さい!」

 

と叫んでいましたが、他の女子レスラーに抑え付けられていました。

 

するとマツコは、

 

「こいつの服を脱がせ!」

 

と他の女子レスラーに命令し、俺は屈強な女たち5人がかりで全裸にされました。

この体験談の続きを読む

【痴女の特訓】童貞の高校生にセックスの手ほどきの約束をした処女

口内射精
画像はイメージです

 

お姉さんが教えてあげると強がる処女

 

これは俺が大学4年生の時の話。

 

俺が住んでいるアパートの隣の部屋にビックリするくらい可愛らしい女子大生が引っ越してきた。

 

パッと見は井上真央に似ていて胸も大きめ(Dカップだった)、愛想も良いし素直な良い子(名前はマオとしておきます)。

 

マオは偶然にも俺と同じ大学の新入生でしかも同じサークルに入部し、サークルの男ども全員のハートを鷲づかみしたみたいで、大半の男に告白されたと言ってた。

 

当の俺は、イケメンでもなんでもなく、相談しやすい先輩の位置づけで、完全に良いお兄さん的存在。

 

そんな俺もマオに対して恋愛感情というものではなく、一緒にご飯を食べたり、勉強を教えたり(同じ学部)、相談に乗ってあげたりして仲の良い兄妹のような関係になっていた。

 

一緒にいることが多いからか、マオも周りから、

 

「隆志さんと付き合っているの?」

 

と聞かれることが時々あるらしく、そういう時は、

 

「頼りになるお兄ちゃん」

 

というような答え方をしているようだった。

 

しばらくして冬が近づく頃に、マオが

 

「隆志さんに相談があるんですけど・・・」

 

と言ってきた。

 

どうやらマオに彼氏ができたようで、相手は同じバイト先の高校一年生。

 

俺はジェラシーとかは全く無く、それでどうしたどうしたと聞いていく。

 

相手は坂口健太郎な感じ(以下健太郎君)のイケメンで、バイト先でもお客さん相手でも大人気だそう。

 

そんな健太郎君に告白され、最近交際をスタートさせたばかりだそうだ。

 

俺は、マオは彼氏が高校生ということに悩んでいるのだと思い、詳しく話を聞くと、

 

「実は、健太郎君はまだ童貞で、私調子に乗っちゃって、『お姉さんが教えてあげる』みたいに言っちゃったんです」

 

と言って顔を真っ赤にしながらうつむくマオ。

 

「おぉ、処女なのに大きく出ちゃったね」

 

とニヤニヤする俺。

 

「えっ、何で分かるんですか?」

 

と驚くマオ。

 

「いや、しょっちゅう会ってるから、なんとなくそうじゃないかと」

 

とさらにニヤニヤしてしまう俺。

 

「キスも高校の時に女友達とふざけて一回しただけですし・・・」

 

とファーストキスの告白をするマオ。

 

「なにっ!その話をもっと詳しく」

 

とニヤニヤ最高潮の俺。

 

ファーストキスの話は聞けなかったが、話を聞いていくとマオは今までエロ本もエロDVDも見たことがないので、そういうのを見て勉強したいということだった。

この体験談の続きを読む

【処女・童貞】学校のトイレで初体験同士が出血しながらセックス

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト