巨根
画像はイメージです

 

チンポには自信がある

 

「あなた、こんなにイケメンの弟さんがいたなんて、紹介してくれたらよかったのに」

 

「しょうがないだろ!仕事の関係で1年間海外だったんだし。あれ、ひょっとして紹介してたら、こいつと結婚してた?」

 

「そんなことないわよ」

 

「兄貴も考えすぎだよ!姉さんもちょっといいように言ってくれてるんだって」

 

実は、兄貴夫婦は3ヶ月前に結婚したばかり。

 

俺は海外出張が多く、結婚式にも調整がつかなくて出席していない。

 

ていうか、もともとあまり兄貴と仲良くなくて、行きたくないというのもあっていかなかった。

 

ちなみに兄貴は34歳の仕事一筋の人間で、実はこの結婚も、いまどき珍しいお見合い結婚だ。

 

兄嫁は32歳、そんなにあわてて兄貴と結婚しなくても、十分チャンスがありそうな美人で本当にもったいないくらい。

 

ただ、兄嫁の父親と兄貴の会社が取引があるようで、いろいろあって結婚したみたい。

 

ただ、ともに納得して結婚してると思うし、見た感じ仲良くしている。

 

そして俺は27歳。

 

両親にはいつも

 

「予定外にできた子」

 

とか冗談とも取れないようなことを言われていた。

 

3人兄弟の末っ子で、しかも年が離れていて、両親も少し照れ隠しで言っているのだと思う。

 

一応独身で堅物の兄貴と違って、独身を楽しんでいる。

 

同時に複数の女性と付き合ったり、いわゆるナンパもするときがあるくらい女好きだ。

 

ただそれができるのも、自分で言うのもなんだが、実はチンポには自信があるんだ。

 

勃起すると、全長が約21センチ。

 

雁首と幹の落差がすごくて、ほとんどの女たちは、

 

「入れたときの引っかかり具合がたまらない」

 

と言って俺の巨根に食いついてくるんだよね。

 

で海外出張が終わって帰国すると、兄貴が結婚してるし、しかも相手が超美人だし、俺のチンポが黙っているはずがないのである。

 

しかも、兄嫁の俺に対しての第一印象が良好なので、ますますチャンスである。

 

これを逃す手はなかった。

この体験談の続きを読む