タグ:保健室の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:保健室

大量に射精するイケメン中学生とのセックスに狂って止められません

イケメン中学生 セックス
画像はイメージです

 

イケメンの男子生徒が保健室に

 

私は中学校で、いわゆる保健の先生をしててます。

 

3年前に大学を卒業して最初に赴任したのが今勤めている中学校です。

 

本当は生徒に恋愛感情なんて持ってはいけないのですが、ある男子生徒を好きになっちゃったんです。

 

名前は金森君です。

 

中学2年生なんですけど凄くかっこよくてイケメンなんです。

 

当たり前ですが、自分から告白する訳にもいきません。

 

ある日検尿があり、金森君のクラスの検尿を代表して金森君が保健室まで持ってきてくれました。

 

その時、初めて金森君と会話をしました。

 

私、勤務中なのにすごくドキドキしていました。

 

1週間後、尿検査の結果が出て、保健所の職員の方が、

 

「男子の中で検査出来ないものがある」

 

と言われました。

 

(何でだろう?)

 

と思ったら、保健所の職員がいやらしく笑って、

 

「精子がいっぱいなんですよ」

 

生徒のリストを見たら、金森君も尿検査不能になってました。

 

(あのイケメンの金森君も・・・)

 

なんか想像しちゃいました。

 

金森君が検尿する姿やおちんちんのことまで。

 

でも、金森君とは何も無く、日々が過ぎていきました。

 

そして梅雨の時期のある日、午前中に金森君が腹痛を訴えて保健室に来ました。

 

私はドキドキしながら、薬を飲ませてベッドに寝かせました。

 

金森君は落ち着いてウトウトしていましたが、私のドキドキは激しくなる一方です。

 

私はカーテンを引き、金森君の寝顔をじっと見ていました。

 

どうしてもたまらなくなった私は、金森君の顔に近づき、声をかけました。

 

「まだお腹痛い?」

 

金森君は、

 

「下っ腹のほうが少し痛いです」

 

と言ったような気がします。

 

私は金森君のイケメン顔にうっとりしていたので、良く覚えてないんです。

 

ここで私は大胆な行動に出ました。

 

金森君のズボンのベルトを外し始めたんです。

 

金森君は驚いていましたが、腰を浮かしてズボンを脱がしやすくしてくれました。

 

ボクサーパンツを穿いていて、その中心部分はすでにモッコリと大きくなっていました。

 

私のドキドキは最高潮に達していました。

この体験談の続きを読む

高校で再会したイジメっ子女子にズボンとパンツを脱がされた僕は…

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

子供時代に僕をイジメた女子に高校で再開

 

僕には、Y美という同級生の幼馴染がいます。

 

Y美とは子供のころに、ちょこっと遊んだことがあって、

 

「男のくせに弱いね、本当は女の子じゃないの?」

 

と言われ、ズボンの上からチンコを捕まれたり、イジメられたり泣かされたりしたこともありました。

 

Y美の言うことも仕方ないとこがあって、僕は華奢でひ弱、しかも中性的な顔をしています。

 

当時の僕は気の強いY美の言いなりで、何でもいう事を聞いていました。

 

しかしながら、小学5年の時に僕は隣町に引っ越すことになり、Y美と遊ぶ事も会うこともなくなりました。

 

Y美と疎遠になってから数年の歳月が経ち、僕は勉強の甲斐あって、地元でもそこそこの男女共学の進学校に入学することができました。

 

入学してから1ヶ月ほど経ったある日、クラスで仲良くなった友達が、

 

「違うクラスにめっちゃ可愛い子がいるって噂だから見に行こう」

 

と誘われたんです。

 

情けない話なのですが、子供の頃Y美に苛められた僕はトラウマになり、思春期になっても女性と話すのが怖かったほどです。

 

いわゆる女性恐怖症だと思いますが、今でもクラスの女子と会話する時に動悸がするほどで、その事を周囲に悟られないようにするのも一苦労でした。

 

そういう僕なので、いまいち見に行くことに乗り気じゃなかったのですが、友人はよっぽど見たかったみたいで、とにかく強引で頑固でした。

 

そんなことで揉めて時間を無駄にしたくなかったので、僕は渋々ついて行くことにしました。

 

噂の子がいるというクラスに到着し、

 

「それでお前の言ってる子は誰だよ?」

 

と僕は聞きました。友人は、

 

「えっと~、いたいた!あの一番後ろの窓側にいる女子の中で、こっち側向いてるあの子だよ」

 

と女の子たちのいる方向を向いて、興奮した様子で教えました。

 

僕はそんな興奮した友人を見て多少呆れながら、数人の女の子達の方を見ました。

 

確かにその子は駄弁っている女子の中でも際立って可愛くて、思わず女性恐怖症の僕でさえも、

 

「ホントだ、かわいいね」

 

と即座に答えてしまう程でした。

 

しかし、可愛いと思うのと同時に、何か言い表せない違和感のようなものが、僕の頭の中を駆け巡っていきました。

 

その女の子を見るのは初めてだと思うけど、でもどこかで会ったことがあるような気もしたんです。

 

そしてしばらくすると、その子が誰なのか分かったのです。

 

確認のため、その子の名前を友人に聞くと、やはりY美だったのです。

 

僕は背筋が凍りました。

 

昔はわりと男っぽかったY美は、考えられないほど清楚で女の子らしくなっていて、とても可愛いのです。

 

一目見ただけでは分かりませんでした。

 

僕は子供の頃イジメられた記憶がよみがえって怖くなり、

 

「もう見たから満足したろ、早くクラスに戻ろうよ!」

 

と友人を急かして戻ろうとましたが、時既に遅しでした。

 

僕はパニック状態になって、結構大きな声で友人を急かしてしまったようです。

 

そのクラス全員からの視線を浴びることになってしまい、ビクビクしながらY美の方を見ると、Y美は僕の方を見てニヤニヤ笑っていたんです。

 

絶対にY美は僕の事を覚えていると確信し、僕の高校生活は終わったと思いながら、その場から急いで自分のクラスに戻りました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト