タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

女にナイフ突きつけられて危険日に中出しさせられた結果・・・

拘束 逆レイプ
画像はイメージです

 

目が覚めると見知らぬ女に縛られていた

 

深夜に目が覚めたら人の気配がして、目を開けてみると見知らぬ女が枕元に立ってんだよね。

 

いや、怖すぎる。

 

それで、よく見たら俺の足とか手をベッドに縛り付けられてて身動き取れないの。

 

「何だお前は!人ん家に勝手に上がりやがって!!」

 

って言ったらスッとナイフ出してきて

 

「抵抗したら刺すよ?」

 

とか言っってきた。

 

俺は恐ろしくなってあまり反発はしない事にしたけど、金を取る様子でもないし

 

(この女は何なんだ?)

 

と思ってたら、その女、いきなり俺のチンポ咥え出したんだよ。

 

女の顔は・・・まあ不細工じゃないが美人でもない普通って感じ。

 

「おい!お前何やってんだよ!」

 

って言ったらまたナイフ突きつけられて、

 

「もう一度言ってみな」

 

ってとんでもない冷静さを持って、無表情な顔で言われて正直ゾッとした。

 

こんな状況でも男の性か勃つもんは勃つわけで、それなりの硬さになってくると、その女が騎乗位で挿入してきたんだ。

 

で、当分入れたまま動かないんだ。

 

「おい!抜けよ!こlの変態女!」

 

って言ったら頬を思いっきりビンタされた。

 

「あんた自分の置かれてる状況分かってんの?マジ殺すよ。一切、口答えすんな。分かった?」

 

そう言う女の目はマジだった。

 

俺が恐怖で静かにしていると、上から覆い被さってきてディープキスをしてきやがった。

 

俺は最悪でも舌が入り込むのだけでも防御しようと口を瞑ってたら

 

「そんなに死にたいのかい、あんた。口を開けな」

 

と脅されて、結局仕方なく口を開けたら、俺の舌はもう吸われたり舐められたりべろべろされて、もう女のやりたい放題なんだよ。

 

で、徐々に女が腰を動かし出したんだ。

 

頭が少しずつボーっとしてきた俺は快感50%、まだ抵抗する意識50%ってぐらいの感じだったかな。

 

女はほどなく体を起こして腰をグリグリ回し始めたかと思うと、5分くらいしてイッたみたいで、俺の上に覆いかぶさってきたんだ。

 

俺はこれで終了と思ったんで、

 

「なあ、満足したんだろ?頼むから帰ってくれよ」

 

って言ったんだ。

 

そうしたらその女はニンマリして

 

「まだまだ、あたしが本当に満足するまで駄目。あんたはチンコおっ立てときゃいいの」

 

と言って、またキスしてきて、腰をグリグリ使い出した。

この体験談の続きを読む

デカチンから射精する瞬間をおばさんに目撃された僕はチンポ奴隷の毎日

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

射精の瞬間をおばさんに見られた

 

僕は地元の高校を卒業した後、東京の大学に進学して一人暮らしをするために上京しました。

 

そして六畳一間と台所のある古いアパートの二階で生活することになりました。

 

大学の講義は面白くなくて難しいし、友達も全然できなかったので、暇なときは部屋にいることが多くなりました。

 

部屋の中ではたいしてすることもないので、毎日せんずりをしていました。

 

僕は身長177cmでウエストはなんと69cm、体重は56kgの体形です。

 

高校の頃は体操部に入っていたのですが、当時から折れそうなくらい細い体でした。

 

しかし、華奢に見られる僕は精力だけは人並み以上に強いみたいで、毎日チンポばかりいじくっていました。

 

そのおかげか、チンポは17cmの長さに成長し、亀頭もズルむけでカリ首も段差が大きいです。

 

素っ裸でチンポを勃起させると、細い腰から隆々と太いチンポが生えています。

 

ある夏の日、部屋には冷房も扇風機もなく、窓を全開にして、いつものように全裸でせんずりをしていました。

 

そしてチンポから精液が出そうになったとき、テッシュが空になっていることに気付いたんです。

 

射精感は止められないので慌てて窓までいき、全裸でチンポを突き出して窓の外に射精しようとしたんです。

 

するとその時、運悪く向かいのアパートの部屋の窓がガラガラっと開いたんです。アパート同士の距離は1.5メートルくらいしか離れていません。

 

その目の前のアパートの窓ガラスが開き、おばさんが顔を出しました。

 

(やばいっ!でも止められない!)

 

ドピュッ!ドピュッ!ドクン

 

僕は包み隠さず、窓から飛び出したチンポから濃いザーメンを発射してしまいました。

 

突然のことにおばさんは驚愕したようですが、目の前のチンポをじっと見つめています。

 

ザーメンは、おばさんが開けた窓の手すりにまで飛びました。

 

そして、サビた鉄の手すりまで飛んだ僕のザーメンは、ドロリと下に滴り落ちました。

 

射精後、僕はとてつもなく気まずくなり、窓を閉めて部屋の中に閉じこもってしまいました。

この体験談の続きを読む

【高校生】助けてくれた旅館のお姉さんが実はとてもエロかった

温泉 セックス
画像はイメージです

 

女湯を覗いたら誘われた

 

僕が17歳の高校生の時に、エッチな体験をしたので告白したいと思います。

 

両親と離れて旅行をしてみたいと考え、アルバイトで貯めこんだお金を元に、自転車で目的を決めずに旅行をしていました。

 

ゆるやかな峠道に差し掛かった頃、タイヤが何かしら踏んでしまったと思いますが、いきなりパンクしてしまいました。

 

修理用の道具を携帯してなかったのでオロオロしてるいと、一台のマイクロバスが停車し、運転しているお姉さんが

 

「どうかしたの?」

 

と声をかけてくれたのです。

 

僕がいきさつを説明すると、マイクロバスに自転車を積み込んで僕も乗せてくれ、旅館まで連れて行ってもらえました。

 

実はお姉さんの実家が温泉旅館で、休みの間は手伝いで彼女はここに居るらしいのです。

 

すっかりお世話になった僕は、従業員(お姉さんと両親しかはいませんが)の控え室でお姉さんと楽しく話しをしていました。

 

宿泊費を安くしてもらう代わりに旅館の手伝いもしていたので、温泉に入るのはお客さんが全員入り終えた後になります。

 

3日ぶりに髪の毛や体を洗い流し、スッキリした気持ちで温泉に浸かっていると、女湯の方から声が聞こえてきました。

 

温泉は12時で終了だし、お客さんはいない筈だけど・・・

 

しかも声は結構若いので、お姉さん以外に思い当たる人はいません。

 

いけない事とは思いながらも、なんせ当時は17歳なので女性の裸を見たいという欲求には勝てず、僕はお姉さんの入浴している姿を覗いてしまったのです。

 

壁を少し登ってお姉さんの姿をチラッと確認すると、お姉さんは身体を洗い流している真っ最中でした。

 

美しい白い肌に、肩甲骨など骨格も美しく、肉付きもほどよく、ひと際腰のくびれからお尻にかけての丸みを帯びたラインが魅力的でした。

 

目にした瞬間から興奮し、僕のチンポは勃起してしまいました。

 

しかし、見とれてしまったために油断していたようです。お姉さんは気付いていたみたいで、振り向きもせずに

 

「ダメでしょ、女湯覗くなんてことしたら・・・」

 

と突然言ったのです。僕は驚愕して心臓が止まりそうでしたが、時すでに遅しです。今更ながら後悔しました。

 

困っているで僕を善意で泊めてくれたお姉さんの気持ちを裏切ってしまいました。

 

あたふたしている僕に、お姉さんはゆっくりと振り向きました。

 

怒っているはずだと思っていたお姉さんの表情は優しく笑っていたのです。

 

その時に急に緊張が解けて冷静さを取り戻しました。

 

「一緒に入ろうよ」

 

と無防備でしかも全裸姿で僕に言ってくれたお姉さんは、まるで女神のようでした。

 

その後、一緒に温泉に浸かってお姉さんと会話していると、何気に僕の股間を見つめてきました。

 

見られた事に反応した僕のチンポは一層固くなりました。

 

「ねぇ、エッチしたいの?」

 

とストレートに訊いてくるお姉さんに困惑しながらも、素直に

 

「は、はい…」

 

と興奮気味に答えました。

 

「ふふっ、いいわよ、好きにしても」

 

と言われ、僕は一気にボルテージが最高潮に達しました。

この体験談の続きを読む

【ナース】入院中の14歳の少年を何度も射精させてあげました

ナース
画像はイメージです

 

少年のおちんちんを洗うと射精しました

 

個人経営の病院に勤務する看護婦です。私の忘れることができない患者さんについてお伝えすることにします。

 

彼は14歳の中学生で、生まれながらにして右足に障害があり、さらには交通事故でその足を骨折してここの病院に運ばれてきました。

 

外来診療で時々来ていたので、全然知らないというわけではありませんでした。

 

入院してからしばらく経って、傷口の手当てのため1階の受診室へ運ぶことになりました。

 

個人病院なのでナースも3人しかいないため、私一人で彼を運ばなくてはいけません。それでおんぶして連れて行こうと思ったのです。

 

障害があるためか身長も一般的な14歳よりは小さく145cm程度しかありませんから問題ないと思ったのです。

 

診療が終わり、病室へ帰る時も当然おんぶでした。

 

病室へ戻る廊下の途中でいきなり、私の胸を触ってきました。

 

あまりに急なことで、呆然としましたが、何もなかったかのように病室へ戻りました。

 

しかしそんなことがあった日から、何気に彼のことが引っかかってしまうようになりました。

 

入院経験のある方なら知っていると思いますが、一人でお風呂に入ることが出ない患者さんは、看護婦が体を拭く様になっています。

 

ギブスがまだ取れない状態の彼もそうです。と言っても個人病院なので、そのような患者は彼だけなんですですけどね。

 

だいたい、そういう業務は一番年下の自分がやらされます。

 

彼の病室へ入ると、学校の担任の先生が持ってきたという宿題をやっていました。

 

「今から体拭きしようか?」

 

と話しかけると、

 

「はい」

 

と彼は言って、ベッドの上を片付け始めました。

 

「服は脱いでね」

 

「はい」

 

とても素直な受け答えです。

 

この前突然おっぱいを触ってきた子とは思えないほどです。服を脱ぐと当たり前ですが、見事にスッポンポンです。

 

なんか、とても愛おしく感じでました。

 

おちんちんを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。すぐに元気になります。

 

少し触っているだけで大量の精液が出ちゃいました。

 

気恥ずかしいのか、彼は大人しくなってしまいました。私も気にしない振りをして洗い続けていました。

 

でもさすがに若いです。

 

さっき射精したのにもうギンギンに勃起して、しかもよく見ると大きいんです。

 

わざとタマタマを揉んだり、竿をしごいたりしていました。

 

そして2回目の発射です。さっき出したばかりなのに、またたくさんの精液が出ました。

 

それでもまだおちんちんは大きなままです。

この体験談の続きを読む

水泳教室で3人の熟女に無理やり逆レイプされて辛かったけどやみつきに

水着 更衣室
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れ込まれて競泳水着を脱がされ

 

若いってだけのことで熟女にモテるんですね。

 

僕は二十歳過ぎのフリーターなのですが、家の近くのジム内にあるプールに通っているんです。

 

軽い気持ちで頑張って水泳を習おうかという、大人向けの水泳教室に参加申し込みをしました。

 

フリーターで空いた時間が多いので、昼に通うことが多く、中年の主婦の方ばかりでした。

 

競泳水着のおばさんばっかりで、最初は不釣り合いかと思ってましたが、熟女の皆様は僕を暖かく受け入れてくれ、すぐにフレンドリーになりました。

 

会員は6人で男は僕しかいません。

 

女性は40歳から50歳ぐらいの中年熟女達です。

 

先日のある日のこと、一人の熟女が男子更衣室をノックしました。

 

「ねえ、こっちに来ない?」

 

でも女性の更衣室ですのでお断りしたのですが、

 

「そんなのいいじゃない、ねっ」

 

と競泳水着のままの熟女は、強引に腕を組んで引き寄せました。

 

僕は競泳パンツをはいたままの格好で、タオルだけ所持して行きました。

 

女子更衣室には、その熟女を入れて3人いました。

 

「○○君来たわね!いらっしゃい」

 

なんて歓迎を受けました。

 

「今まで男っけなくてつまんなかったのよ、○○君が来てからはみんな楽しいねって言ってるのよ」

 

相手はおばさんとはいえ、そう言われると嬉しいもんです。

 

すると、いきなり一人の熟女が競泳水着を脱ぎ始めたんです。

 

僕は、

 

「ちょ、ちょっと何してるんですか?」

 

「ここは更衣室よ、着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑って言いました。そしたらもう一人が、

 

「私も着替えるわよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。いくら最近仲良くなったといっても、それはヤバイんじゃないかと思っていると、

 

「○○君、見てもいいのよ」

 

と言って、最初に競泳水着を脱いだ熟女が、素っ裸になって僕の膝の上にに跨りました。

 

「ちょっとAさん、いくらなんでもまずいですって!」

 

「○○君は可愛いから特別よ」

 

って言いました。すると、

 

「○○君、興奮してるじゃない!」

 

と横からBさんが言いました。

 

女子更衣室で競泳水着の熟女に連れ込まれて逆レイプされるという、まるでアダルト動画みたいなシチュエーションに、チンコが勃起して水着からはみ出しそうになっていました。

 

「すごい○○君のおちんちん、窮屈そうじゃない、ねえ見せて」

 

「こ、困りますよ!」

 

「そんな、いいじゃない」

 

そう言うと、

 

「ジャジャーン!」

 

という楽しそうな声を出しながら、無理やり熟女に競泳パンツをズリ下ろされました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト