タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

アスリート熟女の締め付けるパイパンマンコに何度も中出ししました

アスリート熟女
画像はイメージです

 

憧れの熟女がセックスさせてくれる?

 

僕のいる会社にはアスリート系で筋肉質のパートのおばさんがいます。

 

名前は和歌子さんで、50歳になる年配の熟女さんです。

 

男の僕よりも体格が良くて背も高く、筋肉質でマッチョなんです。

 

そんなアスリート熟女の和歌子さんとセックスしました。

和歌子さんは明るくてどんな話でも乗ってくるので気軽に話しやすく、下ネタでも全然平気でした。

 

ある日、僕と和歌子さんと2人で会社の倉庫で話しながら仕事していた時の事です。

 

「和歌子さんは旦那さんとセックスしてんの?」

 

「旦那とは最近はご無沙汰だね~、結婚当初は毎日してたよ」

 

「えっ!?旦那とはって、旦那以外の人とはセックスしてるって事?和歌子さん浮気してんの?」

 

「しまった!アッハッハ(笑)まあ、そういう事だね。でもみんなしてるよ、ほら私と同じパートのY美さんとK子さんも不倫してるよ」

 

「マジで~?初めて知った」

 

「あの2人は不倫だけど私はセックスだけの付き合いだから。アッハッハッハ(笑)」

 

「いいな~、俺もセックスしたいな~」

 

「でも、その男とはこの前サヨナラしちゃった、だってしつこいからアハハ(笑)」

 

「でも俺にとってはそいつが羨ましいよ、和歌子さんとセックスしたんだから・・・いいな~」

 

「なに?私とセックスしたいの?それは誰でもいいからただセックスしたいの?それとも私だからセックスしたいの?」

 

「和歌子さんとセックスしたい!ずっと憧れてて、毎日和歌子さんを妄想してオナニーしてるぐらいだよ」

 

「本当?ありがとう(笑)そんなに私とセックスしたいなら今夜家においで。今日は旦那が出張でいないから」

 

「えっ!いいの?やった~!」

 

そんな訳でアスリート熟女の和歌子さんの家を教えてもらい、20時に和歌子さん宅へ行きました。

この体験談の続きを読む

高校生の時に友達の母親のオナニーを覗いてバレたけど女体のすべてを教わりました

友達の母親
画像はイメージです

 

友達の母親がオナニーしてる?

 

僕が高校1年の時、近所の幼馴染みの高橋君の母親からセックスを教えられました。

 

そのおばさんとエッチな体験ですが、ある日曜日の昼頃に、少し離れた町の全寮制の高校に通っていた高橋君が久々に帰って来るということだったので、彼の家まで会いに行きました。

 

幼なじみということもあって勝手を知っていたので、いつものようにカギが開いている高橋君の部屋のサッシから勝手に上がり込みました。

 

カギが開いていたので、高橋君がいるのだろうと思っていました。

 

しばらくマンガを読みながら待っていると、隣の部屋から何やら声が聞こえたので、様子を見に行きました。

 

そこには、大きなベッドが置いてある高橋君のお母さんの寝室でした。

 

おばさんは離婚していて、一人息子の高橋君も寮に入っていたため、普段は一人暮らしでした。

 

少し開いたドアの向こうでは、おばさんがベッドの上で仰向けになって寝転んでいるようでした。

 

しかし、何か様子がおかしいのはすぐに分かりました。

 

おばさんは仰向けになり、左手で自分の胸を揉みながら、そして右手はスカートの中に入れて何かゴソゴソと動かしていたのです。

 

おばさんは目を瞑ったまま気持ちよさそうに、

 

「うう~ん」

 

と声を搾り出すように呻いていました。

 

僕はしばらく呆然として、ドアの隙間からおばさんの様子を見ていました。

 

おばさんは段々と足を大きく広げて腰を動かし始めました。

 

スカートは太股の付け根辺りまで捲れ上がり、白いパンティーが見えました。

 

おばさんはオマンコに二本の指を当てて、何度擦っていすようでした。

 

やがて、

 

「あぁ~ん」

 

と声を出して体を仰け反らせると、そのまま静かになりました。

 

「はぁはぁ」

 

おばさんの荒い息遣いだけが聞こえてきます。

 

僕は金縛りにあったようにおばさんを見ていました。

 

何か見てはいけないものを見たような気がして、そこから立ち去ろうと思ったのですが、何故か体が動きませんでした。

 

そしておばさんが薄っすらと目を開けたとき、僕と目が合ってしまいました。

 

おばさんは起き上がるといきなり駆け寄って来て、ドアを開けて僕の腕を掴み、

 

「見てたの?」

 

と聞きました。

 

僕は頷くのが精一杯で声が出ませんでした。

 

「こっちへ来て」

 

おばさんは僕の手を掴んで部屋に連れ込みました。

この体験談の続きを読む

小学生の男の子との変態セックス!妊娠や警察沙汰になっても止められません

男子小学生とセックス
画像はイメージです

 

小学生の男の子とセックス

 

私は地方出身の女子大生です。

 

私には地方から東京に出てきた理由があります。

 

それは人には言えない性癖があるからです。

 

高校1年の時に女子高だったせいもあり、友達も含めて性に対してすごく興味があり、エッチな本を回し読みしたりもしていました。

 

処女でしたし、オナニーもしてました。

 

でも、私が興味のある対象の男性は、何故か小学生の男の子なんです。

 

しかもみんなから気持ち悪がられるような、大人しくて不潔な男の子に悪戯されてるところを想像してしてオナニーしていました。

 

ある日、妄想だけでは我慢出来ずに、公園で遊んでいる10歳位の男の子を誘い、公園にあった障害者用のトイレに連れ込みました。

 

そして、男の子に乳首を舐めてもらったり吸われたりといやらしい事をしてもらいました。

 

初めてだった私は、すごく興奮して家に帰ってからもオナニーをしました。

 

本当は、家でもっと恥ずかしい事をしてもらいたかったんです。

 

そして、東京の大学に入学して念願の一人暮らしを始めました。

 

一人暮らしを始めたのは、男の子にいやらしい事をしてもらうためといっても過言ではありません。

 

でもそう簡単に男の子は見つからず、セックスの経験がしたくて、出会い系で中年の男性に処女をあげてしまいました。

 

それからも何人かの男性とセックスしました。

 

そして去年の夏のことです。

 

おばあちゃんがやっている小さな本屋さんで、ジャージを穿いておちんちんを手で触ってモゾモゾしている小学6年生くらいの男の子を見つけました。

 

後ろを通るふりをしてチラッと覗き見ると、SMの本を立ち読みしながらおちんちんを触っていました。

 

しかも私の好みの男の子で、他の人は嫌がると思われるタイプの男の子でした。

 

私は男の子の手を握り、

 

「私の部屋へ行って気持ちよくなろう」

 

と声を掛け、一人暮らしの部屋に連れて帰りました。

 

そこでディープキスをし、男の子に体を触らせたり舐めさせたりしました。

 

私の方がかなり年上のため、私が主導権を取り、男の子の大きくなったおちんちんを私は夢中でしゃぶりました。

 

そして口の中で射精され、その日はゴムをつけてオマンコに挿入してもらい、2回セックスしました。

 

でもやっぱり挿入の時間が短くて絶頂を迎える事は出来ませでしたが、好みの男の子とセックス出来たことに満足しました。

 

また3日後に会う約束をして別れました.

この体験談の続きを読む

ウブなイケメン中学生が巨根!一目惚れした私は何度も中出しさせて妊娠しました

イケメン巨根中学生
画像はイメージです

 

イケメン中学生との出会い

 

私は25歳のOLで人妻でもあります。

 

3年前に都内の会社に就職し、秘書課に配属されました。

 

秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待をさせて先方のご機嫌取りをするというのが主な仕事でした。

 

自分で言うのも恐縮ですが、美貌とスタイルには多少の自信がありましたので、秘書課に配属されたのも納得しています。

 

社内ではもちろん、取引先の相手からも誘われることがあり、その中で私が選んだのは、20歳年上の人事部長でした。

 

大人の男性といった感じの紳士でしたが、付き合って2ヶ月もしないで破局しました。

 

独身だと思っていた部長には内縁の奥さんがいたことと、紳士なのは表の顔だけで、自分にとって都合にいい女である事を暗に求められたので、すぐに別れました。

 

次は同期の男性と付き合いました。

 

なかなかのイケメンで仕事ができる自信家でした。

 

ただし、セックスは下手でした。

 

私に命令するだけのマグロ男なのです。

 

それでも私は男性に奉仕するセックスは嫌いではありませんし、人事部長と違って彼は自分に都合のいい女である事を求めてきませんでした。

 

私が結婚を申し込んだ時に彼は、

 

「俺は女癖がよくないので浮気すると思うから、それでもいいのなら結婚してもいいよ」

 

と言われました。

 

私は、

 

「それなら自分も浮気をして子供を産む」

 

と言うと、何と彼は承諾しました。

 

付き合ってすぐに結婚しました。

 

しかし結婚後、すぐに夫は海外転勤になりました。

 

私は仕事もあるので日本に残りました。

 

夫が海外転勤した後、あの人事部長から誘いがありましたが、相変わらず自分に都合のいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。

 

そんな私に対し、部長はもはや紳士的な態度ではなく、事あるごとに罵詈雑言を浴びせてきました。

 

神経質ではない私でもかなり傷ついて落ち込みました。

 

夫のいる海外まで行こうかと真剣に考えていた時、一人の男の子と会社で出会いました。

 

名前は満君で、上司である秘書課長の中学生になったばかりの子供で、とても綺麗な美少年なんです。

この体験談の続きを読む

彼女のお母さんが美人で巨乳!高校3年生の僕は誘惑されてセックスしまくりました

彼女の母
画像はイメージです

 

彼女とセックスした後にお母さんが・・・

 

僕は高校3年生で、高校1年生の彼女(友美)がいます。

 

友美は部活の後輩で結構可愛く、みんなに人気があります。

 

そしたら僕が告白されたので、もちろん付き合うことにしました。

 

夏休みに入った直後の花火大会の日に、強引にラブホテルに連れ込んで、処女をいただいてしまいました。

 

最初は泣いていましたが、2回目からは気持ちよくなったらしく、自分から腰も振って最後はイカせてやりました。

 

夏休みということもあり、それ以降は部活前後にほぼ毎日セックスするようになりました。

 

幸いにも友美の家は両親が共働きなので、昼間からセックスし放題です。

 

友美もセックスに目覚めたみたいで、自分からおねだりしてきて、まず僕のチンポをフェラチオしてくれます。

 

それから自分の好きな体位での挿入を要求してきては、

 

「先輩、気持ちいい!」

 

と言ってイクことが多く、先週の火曜日も友美の家でセックスし、友美はイッたあと疲れて寝てしまいました。

 

僕は喉が乾いたので飲み物を取りに台所に行くと、リビングのソファーに人がいたので驚きました。

 

とりあえず挨拶しようと思って近づくと、友美の母親の真樹子さんがソファに横になって寝ていました。

 

真樹子さんは誰もが認める美人で、まるで女優のようです。

 

ミニスカートからは細い足が太ももまで見え、ブラウスもはだけていて、白い肌と豊満なおっぱいが見えていました。

 

僕はその寝姿に興奮してさらに近くに寄り、そっと服の上から真樹子さんの体を触ってしまいました。

 

反応がないので調子に乗った僕は、ブラウスのボタンを外してブラジャーの上から少しおっぱいを揉んでみました。

 

すると突然、

 

「おっぱい好きなの?」

 

と真樹子さんが僕の顔を覗き込んできました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト