タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

パンティーラインくっきりの女性社員の巨尻にチンポがハマッちゃった

巨尻
画像はイメージです

 

巨尻の割れ目にチンポがハマッてしまった

 

俺の会社には、とても魅力的な尻の女性社員がいる。

 

彼女の年は32歳だが、さらりとした髪の毛にショートカットで、顔もちょっぴり童顔なので、年齢よりも若く見える。

 

その上スタイルもいいので、たまらない。

 

上半身はスレンダーなのに、お尻がとってもムチムチしていて大きいのだ。

 

みんな同じ作業着で仕事をしているのだが、作業着というのは動きやすいように少し余裕を持って作られているものだ。

 

その子と同じような体型の女性社員は他にもいるが、お尻のラインが出るようなことはまずない。

 

よほど太っているとか、おばちゃんやデブの女性ならまだしも、彼女はスレンダーでスタイルがいいのだから、いかに巨尻かが分かるというものだ。

 

自分の仕事場から彼女との距離はだいたい4メートルくらい。

 

彼女が直立していても、近くにいる女性社員と比べても、明らかに巨尻であることが分かる。

 

俺は用もないのに、チラチラ巨尻を盗み見ている。

 

サラサラとした髪の毛にスタイルも抜群。

 

そして下半身を見ると、作業着のズボンからヒップラインが出るほどのくっきりした巨尻。

 

ついつい見入ってしまうと、仕事中なのに勃起してしまうくらいだ。

 

さらに強烈なのは、彼女が前屈みになっただけで、なんと巨尻の割れ目にズボンが食い込んで、半端なくエロい光景になることがある。

 

普通は作業着でそこまでなることはない。

 

しかもスタイル抜群の若い女の子なのに、なおさらだ。

 

おそらく他の女子社員たちも気づいているだろうと思う。

 

明らかに自分たちよりお尻が大きいし、仕事中に彼女のお尻の割れ目にズボンが食い込んでいることが。

 

本人も恐らく気づいているのではないだろうか。

 

ある時なんかは、彼女が床に置いてあるものを取ろうとした時、かなり前かがみの体勢になったことがあった。

 

巨大なお尻が思いっきり突き出され、近くにいた俺は、今すぐにでもバックでチンポを挿入したいと思ったぐらいだ。

 

しかもパンティーラインが、くっきりと浮き出ているではないか。

 

(あ~たまんねぇ)

 

これを見るなという方が無理な話である。

 

そしてそんなある日、ちょっとラッキーな出来事があった。

 

棚卸しをしていて、彼女と同じ持ち場になったのだ。

 

そこは階段の下のスペースを倉庫代わりに使っている場所で、少し狭い。

 

ただ小さな部品が置いてあって数は多いので、俺ら二人で作業することになった。

 

彼女が脚立に上がって棚の上の方を確認している時に、バランスを崩して俺の方に倒れてきたのだ。

 

「キャーッ!」

 

という悲鳴とともに背中から倒れてきて、俺は

 

「危ない!」

 

と言ってなんとか背中は押さえたが、とても支えきれるものではなく、二人とも床に叩き

つけられてしまった。

 

俺が下敷きになる格好で、彼女への衝撃は減ったはずだが、こっちは結構痛い。

 

しかしラッキーな事に、彼女の巨尻の割れ目が、俺のチンポにスッポリとハマっているではないか。

 

痛みなんて、なんのそのである。

 

もちろん、すぐに勃起してしまった。

 

ずっとこのままの体勢でいたいと思うくらい、巨尻の感触が気持ちよかった。

 

しかも、彼女の体の柔らかさや、香水の甘い香りも漂ってきていい気分だった。

 

すると彼女が、

 

「あれ?なんか硬いものが当たってるんだけど」

 

と言ってきた。

この体験談の続きを読む

黒人の巨根にハマって中出しを迫る私の考えは妊娠したら堕ろせばいい

黒人 巨根
画像はイメージです

 

黒人の巨根にびっくり

 

私は20代でOLしてます。

 

以前アメリカに留学してたことがあって、しょっちゅう友達とクラブに行っては、飲んだり踊ったりしていました。

 

クラブでは男に声をかけられるのはよくある事で、タイプの男にナンパされたら、クラブのトイレの中でセックスすることもありました。

 

そんな留学中のある日、私は暇だったので、一人でクラブに行って踊っていました。

 

レケエダンサーの様に腰を振り、パンティーが見えちゃうギリギリのミニスカートを穿いて踊っていると、突然誰かにお尻を触られ、そいつはまたたく間にパンティーの中に手を入れてきたんです。

 

その時点で、

 

(大きい手だなあ)

 

と思って興奮していました。

 

そのまま私は、しばらく後ろを振り向かずに、クリトリスを弄られていながらも踊り続けていましたが、結構感じていました。

 

男は調子に乗って私の胸も触ってきて、

 

「あぁん」

 

と喘ぐと、パンティーをずらされて指をマンコに入れられ、クチュクチュ掻き回されました。

 

巧みな指使いで今までに体験したことが無いほど気持ちよくなって、指だけであっという間にイッちゃいそうでした。

 

その後でようやく振り向くと、その時やっと相手が、黒人だということを知りました。

 

私はそれまで黒人が得意じゃなく、白人としかセックスした事が無かったので一瞬尻込みしたけど、感じちゃってこのままイキたかったので、クラブのトイレに二人で駆け込みました。

 

しかし、トイレの個室は他のカップル達がセックスの真っただ中で一つも空きがありません。

 

「どうする?」

 

って聞いたら、黒人は私を壁に押しつけ、ディープキスをしながら、ズボン越しにモッコリしたおちんちんを押し付けてきたんです。

 

ちょうど私のお腹の辺りに、おちんちんをグリグリ擦り付けてきたんです。

 

そしてズボンとパンツを下ろすと、尋常じゃない大きさのおちんちんが飛び出してきて、超ビックリしました。

 

まさに巨根って言葉がピッタリの、大迫力のおちんちんでした。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】エッチな妹と無修正動画見てたら段々エスカレートしていった

近親相姦
画像はイメージです

 

女子高生の妹が俺のチンポを扱いてくれた

 

俺は社会人の24歳で、妹の京子は高校3年生。

 

妹とは6歳離れているけど仲が良くて、下ネタなんかも平気で言い合える仲。

 

妹が中1の時まで風呂にも一緒に入ってたし、俺が高3の時に彼女と初体験した時も、妹にそのことを気にせず話したし、妹は好奇心旺盛といった感じで詳しく聞いてきた。

 

妹も高1の時に初体験を済ませている。

 

彼氏の家に遊びに行くことになった時、多分セックスを迫られるだろうからどうすればいいかと相談された。

 

そしてその日の夜、妹は俺に嬉しそうに初体験の報告をしてきた。

 

ちょっと痛かったけど、気持ちよくなれたし、なんとか無事に出来てよかったと喜んでいた。

 

それからというもの、妹が隣の部屋にいても、俺は彼女を部屋に連れ込んでセックスしていた。

 

セックスの後で妹から、

 

「お兄ちゃんたちのエッチの声が聞こえて興奮したじゃない」

 

とか言ってきた。

 

そんな妹も、俺が家にいる時でも彼氏を連れ込んで部屋でセックスするようになった。

 

ちょっとだけ聞こえる妹の喘ぎ声に、俺も興奮していた。

 

妹が一人で部屋にいる時でも、たまに喘ぎ声が聞こえる時があった。

 

おそらくオナニーしていると思って、後で聞いてみると、恥ずかしそうに笑いながら認めた。

 

俺はその後も彼女が変わるたびに連れ込んでセックスしたし、セフレがいた時もあった。

 

妹も同様で、お互いコソコソしているわけではなかった。

 

しかも、お互いのセックスの仕方や、感じる所とかも平気で言い合えた。

 

ちなみに妹は美人ではないが、まあまあ可愛いし、胸はCカップある。

 

こんな俺と妹だったが、二人ともお互いを性的な対象として見ることはなかった。

 

しかし、その日を境に変わった。

 

前から俺と妹は、一緒にパソコンでエッチな画像や動画を見たりすることがあった。

 

無修正画像とか見て二人で

 

「うわ~、エロ~い」

 

とか言って喜んだりしていた。

 

その日の夜も、妹と俺の部屋で一緒に無修正動画を見ていた。

 

女子高生物で、セーラー服姿の女性がセックスしていた。

 

出ていたAV女優はかなり可愛い娘で、今まで見た中でもかなり興奮した。

 

マンコもチンポもモロ見えで、俺も妹もじっくり見ていた。

 

俺のチンポが勃起しているのを見て妹は、

 

「お兄ちゃん、モッコリしてるよ~」

 

と笑いながらからかってきた。

 

俺は今までも勃起しても隠したりはしなかった。

 

むしろふざけて見せつけるぐらいだった。

 

その時もそうで、別に恥ずかしくもなかった。

 

「前から思ってたけどさ~、お兄ちゃんのおちんちんってけっこう大きくない?」

 

「今までの男と比較して何番目くらい?」

 

「そんなの見ないと分かんないよ」

 

「俺のチンポ見たい?」

 

「見せてくれるの?」

 

「いいよ」

 

俺はズボンとパンツを下ろして本当に勃起したチンポを見せてやった。

 

「すご~い、おっきい~、あたしが見た中で一番かも!」

 

「なんなら触っていいぞ」

 

「本当に?じゃあ、ちょっと触るね」

 

指先でつんつんと触ってきた。

 

「どうせならちゃんと触ってくれよ」

 

と笑いながら言うと、妹は右手でチンポをそっと握って、

 

「おっきい~、ちょっと動すよ」

 

と言って、上下に扱く仕草をした。

 

「おい、出ちゃったらどうすんだよ」

 

「早漏なの?」

 

と妹は俺をからかった。

 

動画では、女子高生がフェラチオしていた。

 

巨根男優のチンポを、可愛い顔で口に含み、モゴモゴしていた。

 

「京子もフェラチオしてんのかあ」

 

「ふふ、けっこう上手いかもよ」

 

と妹は悪戯っぽく言うと俺のチンポから手を離した。

 

「あれ、もうやめんの?ずっと扱いてくれよ」

 

「もう、ふざけすぎでしょ」

 

また俺のチンポを握って扱き出した。

 

「それ以上速く動かしちゃダメだぞ」

 

「急に出さないでよね」

 

と妹は笑って扱き続けた。

この体験談の続きを読む

露出癖のある変態女子高生がオマンコ広げて中出しを懇願してきた

オマンコぱっくり
画像はイメージです

 

女子高生がオマンコ見せてきた?

 

先日、信じられないような体験をしました。

 

本当に嘘でしょうというような内容です。

 

先日、コンビニへ弁当を買いに行き、立ち読みをしていました。

 

女子高生が店の中に入ってきて、僕の隣に来て同じように立ち読みを始めました。

 

ちらっと見て気になったのは、この女子高生のスカートが極端に短いんです。

 

(パンツ見えちゃうんじゃないの?)

 

って思うくらい短かかったです。

 

顔も結構可愛くて、スタイルもなかなかのもんです。

 

そんな訳で、チラチラと何度も見てしまいました。

 

そしてしばらくすると、

 

その女子高生が急にその場にしゃがみ込んだんです。

 

しかも大胆に足を大きく広げてるのでパンツ丸見え状態なんです。

 

気が付いてないはずはないと思うんですけど、まるで動じずに本を読み続けています。

 

僕はさらにチラチラ見ていると、その子が僕を見上げ、目が合ってしまいました。

 

するとその子はニコッと笑い、いきなり自分からパンツをずらし、チラっとオマンコを見せてきたんです。

 

これには超ビックリしましたが、ヤバイ人が回りにいるわけでもなかったので、声を掛けました。

 

「・・・見えてるよ」

 

「見せてるんです。もっと見てくれませんか?そこのトイレで・・・」

 

僕が先にトイレに入り、時間差で女子高生が入ってきました。

 

便座のフタを閉めると、女子高生は自分からためらいもなくパンツを脱ぎ、便座に座り込みました。

 

しかも足も便座に乗せて、大きくM字開脚の形で・・・。

 

JKのピンク色した綺麗なオマンコがはっきり見えます。

 

「どうして見せてくれるの?」

 

「ただオマンコ見せたいんです。もっとよく見てください」

 

と言って、指でパックリとオマンコを開いてきました。

 

ピンク色のオマンコの中身が丸見えになって、超エロいんです。

 

しかも女子高生は、ニコニコしながらオマンコを見せてきます。

 

もう遠慮することはありません、顔を近づけてじっくりオマンコ鑑賞をさせてもらいました。

 

このJKのオマンコ、本当にキレイなピンク色です。

 

手を伸ばしてパックリ開かれたオマンコを触りました。

 

「あんっ・・・」

 

JKは気持ち良さそうな声を出してきました。

 

なぞるように触っているうちに、見る見る濡れてきます。

 

僕も興奮してきて、我慢出来ずにペロペロ舐めてしまいました。

 

「んあっ・・・あん・・・」

 

小さな可愛い喘ぎ声が聞こえてきます。

 

「あ、あの・・・おちんちん入れて下さい」

この体験談の続きを読む

【家庭教師】巨乳をたっぷり揉ませてくれた女の子のお母さん

熟女 巨乳
画像はイメージです

 

家庭教師先の女の子のお母さんが巨乳すぎて

 

大学3年生の時の話です。

 

当時僕は家庭教師のアルバイトをしていました。

 

美智子さんの住まいに初めて伺ったのは初夏の頃でした。

 

小学校1年生の女の子を教えることになったからです。

 

僕は以前にも家庭教師を経験しており、あまり緊張することもなく、お宅へ伺いました。

 

玄関に出て来られたのは、おそらくお祖母さんだと思います。

 

2階にある女の子の部屋へ案内されて、早速勉強をみてあげました。

 

初日はすんなりと終わり、帰ることにしましたが、ご両親の姿が見えなかったので、

 

(共働きなのかな)

 

と思っていました。

 

週2回の予定で伺うことになっていましたので、2日後にまた訪問しました。

 

その日もお祖母さんが出てきて、応対してくれました。

 

勉強をみてあげている途中で僕はトイレに行きたくなったので、女の子にトイレの場所を聞き、用を足しに行きました。

 

行くときは気が付かなかったんですが、トイレから出て部屋に戻る途中、女性のブラジャーが見えました。

 

途中には少し広めの部屋があるんですが、その部屋には洗濯物がいっぱい干してあり、その中にブラジャーもあったんです。

 

僕はおっぱい星人で、AVを見る時も巨乳ものばかりです。

 

大き目のブラジャーだったので触ってみたかったんですが、手に取る勇気はなく、そのまま女の子のいる部屋へと戻りました。

 

それから2週間ぐらい経った頃、初めて女の子のお母さんとお会いしました。

 

お母さんは30代半ばぐらいだと思います。

 

一見普通の女性ですが、胸が結構盛り上がっています。

 

(やっぱり、あのブラジャーはお母さんのだ)

 

胸ばかり見るわけにもいかず、軽く挨拶をした程度でしたが、話のなかでお母さんは看護師をしており、夕方の時間帯は留守にしていることが多いということが分かりました。

 

その日は、女の子ともだいぶうち解けてきた僕は、お父さんのことも聞いてみました。

 

すると、お父さんはいないとのことでした。

 

離婚していたのです。

 

女の子に

 

(辛いことを聞いてしまったな)

 

と申し訳なく思いました。

 

でもその日の本音を言うと、お母さんのボリュームのあるおっぱいが忘れられませんでした。

 

次の家庭訪問の時は雨でした。

 

僕は雨ということに少し期待しながら、女の子の家へ行きました。

 

そうです、雨ということは、またあの広い部屋にブラジャーが干してあるかもしれないのです。

 

巨乳好きな僕には、ブラジャーにしか興味ありませんでした。

 

その日、お母さんはいつものように留守みたいでした。

 

早く確認したかった僕は、女の子の部屋へ入り、勉強を始めるとすぐにトイレを借りることにしました。

 

そしたら・・・青色のブラジャーがありました。

 

お祖母さんは1階にいます。

 

女の子がこちらへ来ることはないでしょう。

 

僕はおそるおそるブラジャーを手に取ってみました。

 

そしてサイズを見ます。

 

「G」という表示がありました。

 

今の僕なら、

 

(アンダーはいくつなんだろう?)

 

とか気にしたはずですが、当時の僕にはそんな知識もなく、ただ「G」というアルファベットに興奮していました。

 

(これがお母さん、いや美智子さんのおっぱいに・・・)

 

それからというもの、時々美智子さんにお会いしたとき、僕は頻繁に美智子さんの胸を見ていました。

 

これから真夏ですが、より薄着になります。

 

美智子さんがしゃがんだ時に見えた胸の谷間に目が釘付けになり、

 

(手を入れたい!)

 

と激しく思いました。

 

美智子さんの巨乳に触りたくてたまらない僕は、あるとき廊下ですれ違うときに、さりげなく肘を胸にあてることに成功し、その感触を味わいました。

 

あくまで偶然を装って。

 

一瞬でしたが、柔らかくてボリューミーな感触にとても興奮しました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト