タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

イケメン中学生とセックスして子供を妊娠!娘たちにバレて奇妙な四角関係に

四角関係
画像はイメージです

 

イケメン中学生との出会い

 

私は43才の人妻で専業主婦をしています。

 

子供は高校1年生の長女と中学3年生の次女と1歳になる三女と生まれたばかりの四女がいます。

 

次女と三女の間が開いているのには理由があります。

 

今から2年前の事、次女が中学生になって手が離れる歳ようになり、自由な時間が増えたので近所のテニススクールに通い始めました。

 

私の主人は会社を経営していて軌道に乗っていますので、家計を気にする事無く、セレブ生活を満喫していました。

 

テニススクールで仲良くなった芳子さんの家に、時々スクールが終わった後遊びにいく事が多くなりました。

 

芳子さんには当時中学1年の息子さんで大貴君がいますが、たまに彼と顔を合わせるようになりました。

 

女の子みたいに可愛くて、

 

(大貴君もてるだろうなぁ~)

 

となんて思っていました。

 

ある日、月に2回ほど通っているエステに行った時です。

 

エステが終わり、喫茶店でお茶をしていたら、

 

「こんにちわ」

 

と声をかけられたので顔をあげると、なんと大貴君でした。

 

「あら!どうしたの?」

 

「僕、この近くの中学に通ってるんですよ」

 

今は下校中と言って私の前に座りました。

 

2人きりで会うのは初めてで、間近で見る大貴君は幼さが残りますが本当にイケメンで、私はドキドキしていました。

 

他愛のない会話をし、そろそろ帰る時間になって大貴君に、

 

「この近くに美味しいお店があるんですけど今度行かない?」

 

と誘いました。

 

大貴君は、

 

「うん」

 

と言い、それなら、

 

「連絡先を教えて」

 

と言ってメールアドレスを交換しました。

 

私から次の日にメールを送り、

 

「今度の休みにランチはどう?」

 

と誘いました。

 

(こんなおばさんの誘いに乗ってくれるかしら?)

 

と不安でしたが、大貴君は

 

「休みはとくに用事がない」

 

との事で会う約束をしました。

 

もちろん芳子さんには内緒です。

 

でも、母親といってもいい年齢の女性から誘われるとは思っていなかったでしょう。

 

この歳になると、男性を誘っても中々うまくいきません。

 

私としては、イケメンの男の子に出会える機会なんて滅多にないので、何とかものにしたいのです。

 

約束の日まで、私の頭は大貴君のことでいっぱいでした。

この体験談の続きを読む

ダブルヘッダーでセックス!綺麗でエッチなおばさん2人が僕のチンポに夢中

おばさん2人とセックス
画像はイメージです

 

綺麗な熟女とドライブデート

 

高校生の時、近所のおばさんが筆下ろしをしてくれました。

 

相手は信子さんという、母と知り合いの女性です。

 

当時40歳位だったと思いますが、スレンダーで挑発の美人でした。

 

よく家にお茶を飲みに来ていたので、挨拶したり話をしたりしていました。

 

スカートから綺麗な脚が伸びていて、スレンダーなのにおっぱいも結構大きくて、思春期の僕にはドキドキする女性でした。

 

母も、

 

「綺麗ねぇ」

 

と信子さんを誉めていました。

 

信子さんに小学生の子供が二人いるとは思えませんでした。

 

ある時母から、

 

「信子ちゃん、あんたのことをかっこいいって言ってたわよ」

 

と言われました。

 

あんな綺麗な人から言われたらそりゃ嬉しいです。

 

それからしばらく経ったある日、両親が法事に出掛けて留守番していました。

 

適当に昼ご飯を食べようとしたらチャイムがなり、出てみると信子さんでした。

 

「お昼食べた?お母さんから明日までいないから様子見てって言われて」

 

今日は髪をアップにしてイメージが違っていました。

 

「お昼どうぞ」

 

と料理をいただいて食べました。

 

「ねぇ、トシ君、この後は暇?」

 

信子さんに聞かれて、

 

「暇ですよ」

 

と答えると、

 

「じゃあさあ、おばさんとデートしない?」

 

と誘われました。

 

「○○山に行こうよ」

 

と地元にある山にドライブに誘われました。

 

「1時間後に○○のコンビニで」

 

と言われて、1時間後に近くのコンビニで待ち合わせました。

 

車に乗せられてドライブに出かけましたが、信子さんはミニスカート姿に変わっていました。

 

綺麗な脚がすぐ横に見えます。

 

生唾を飲み込みました。

 

話をしながら山頂に着いて、駐車場に車を停めて話をしました。

 

恋愛話になり、ふられた話をしたら、

 

「えー?トシ君を振る女がいるんだ?」

 

と言われ、

 

「あたしが同い年なら絶対にトシ君と付き合うのに」

 

と言われました。

 

そして、

 

「じゃぁまだ彼女出来ないんだ?」

 

と言われたので頷くと、

 

「あたしが彼女になっちゃおっかな?」

 

と笑顔で言ってきました。

 

「信子さんは綺麗すぎて・・・」

 

と言うと、

 

「うふっ、ありがとう」

 

と言われて、

 

「そろそろ帰ろうか?」

 

と車を走らせて来た道を戻りました。

 

そしたら途中で山道を下り、道をそれて林道に入りました。

 

「どうしたんですか?」

 

と聞くと、

 

「車酔いしちゃったみたい、少し休んでいい?」

 

と言って信子さんはシートを倒して横になりました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と話すと、

 

「トシ君て優しいね」

 

と顔を触られました。

 

「かわいい」

 

と見つめられて、いきなり起き上がってキスをされました。

この体験談の続きを読む

息子の友達が私のパンツを見てオナニー!フェラチオしてオマンコにも入れました

息子の友達とセックス
画像はイメージです

 

パンツ見えちゃってました

 

私43歳の主婦です。

 

実は去年の春に、息子の友達の修二君(当時18歳)が我が家に遊びに来たんですけど、息子は用事があって出かけていたんです。

 

修二君は帰ろうとしたんですけど、せっかく来たのにすぐに帰すのは申し訳ないし、

 

「2時間位で帰って来るから待ってたら?」

 

と引き留めて家に上がらせたんです。

 

リビングのソファーに座らせて、

 

「飲み物はコーヒーでいい?」

 

と聞いたら、

 

「あっ、はい、いただきます」

 

と、はにかんだように顔を赤らめて言うのです。

 

私と修二君と2人分のコーヒーとクッキーをおぼんに乗せてソファーに持って行き、修二君の正面に座ったんです。

 

私はタイトスカートを穿いてたんですけど、どうやらその時にパンツが見えたみたいなんです。

 

修二君はスポーツウエアーのズボンを穿いてたんですけど、おちんちんが大きくなったみたいで、手で押さえてるんです。

 

そしたら、

 

「ちょっとお腹が痛くて・・・トイレに行かせてください」

 

と言ってトイレに行ったんですけど、なかなか出てこないんです。

 

「修二君大丈夫?」

 

「は、はい、大丈夫です!」

 

と言ってましたが、何をしてるか大体わかりますよね。

 

それから2,3分後に出て来たんですけど、顔は真っ赤でした。

 

なんだか可愛く思えちゃいました。

 

結局息子は帰って来なかったので、修二君が帰る時に、

 

「いつでも良いからまた遊びに来てね」

 

と言って帰したんです。

この体験談の続きを読む

好きになった大学生の甥っ子と避妊せずにセックスしまくって妊娠しました

甥っ子
画像はイメージです

 

大学生の甥が我が家で下宿することに

 

私は35才のバツイチです。

 

2年前の夏のことです。

 

離婚したばかりの時で気は楽でしたが、幸せそうな夫婦を見てはやはり寂しい思いもありました。

 

そんな時に田舎で父の法事が行われ、かれこれ10年以上会ってなかった甥っ子と顔を合わせました。

 

甥っ子は私の姉の子で、この時ちょうど18才で大学生になったばかりでした。

 

最後に会ったのは私の結婚式の時でしたが、子供の頃とは全然違い、すっかり大人の男性っぽくなっていました。

 

父の法事ではありますが、会いたくもない親戚が集まって、法事とは名ばかりの酒の席です。

 

私の顔を見れば、

 

「小さい子供がいるのにどうして離婚なんか」

 

という話ばかりされます。

 

それが嫌で、小学校に上がったばかりの息子と、二人で離れたところに座って静かにしていました。

 

まだ幼い息子も、知らない大人が大勢集まって飲んで騒いでいる酒の席にいても楽しいはずがありません。

 

ところがそんな私たちの状況を見かねた甥っ子が、息子を外に連れ出して遊んでくれたんです。

 

法事も終わって東京に帰る私たちに、

 

「お兄ちゃんも東京だから一緒に帰ろうか」

 

と甥っ子が声を掛けてくれました。

 

帰りの列車の中で話を聞くと、甥は東京の大学に通っており、私たちの住んでいる家の最寄り駅から3駅のところで下宿生活をしているというので驚きました。

 

甥は小学校の先生になりたくて大学で勉強しているそうで、子供と遊んだり勉強を教えたりするのが大好きなんだそうです。

 

そのことがきっかけで、時々我が家に来ては息子の相手をしてくれるようになり、息子も甥を慕って遊んでもらったり勉強を教えてもらったりと、とても嬉しそうにしています。

 

しばらく経つうちに、甥の訪問回数が増え、息子にせがまれることもあって、週末はほぼ我が家に泊まっていくようになりました。

 

「お兄ちゃん、ずっと一緒に住めば良いのに」

 

息子は甥が日曜日に帰っていくのが嫌で、べそをかきながらいつもこう言いました。

 

私も息子の表情や態度を見ていてとても不憫に思い、甥に大学を出るまでの間は私の家で下宿しないかと思い切ってお願いしました。

 

甥は少し考えて、

 

「ここに住まわしてもらうのは構わないけど、叔母さんから僕の親に話しをしてくれないか」

 

とのことでした。

 

私はすぐに姉に電話をし、私の息子のことや甥の家賃のことも含めて話をしました。

 

姉も妹の私が小さな子供との二人暮しよりかは甥がいた方が何かと役に立つだろうし、防犯にもなるだろうということで賛成してくれました。

 

もちろんタダといういう訳には行かないからと、甥の月々の食費を送ってくれるとのことでした。

 

話が決まれば早いほうがいいので、早速甥はその月末にアパートを引き払い、私の家に下宿することになりました。

この体験談の続きを読む

【淫乱】旅館の若い女将さんと精液が空っぽになるまでセックスしまくりました

淫乱女将
画像はイメージです

 

女将の娘さんとの出会い

 

僕は33才のサラリーマンです。

 

彼女と別れて1年なんですが、最近は毎週末のように家から車で1時間ぐらいの所にある小さな温泉旅館に宿泊するようになりました。

 

この旅館は駅から少し離れていて、食事無しの素泊まり3000円なんです。

 

古い日本家屋で、平日は年配の人がちょくちょく来るみたいですが、土日はあまりお客さんが来ないので静かです。

 

落ち着けてリラックス出来るので、個人的には穴場の宿として気に入っています。

 

ここの女将であるおばちゃんが一人で切り盛りしていて、半年も毎週泊まっているうちに仲良くなってしまい、いつも同じ部屋を開けておいてくれます。

 

湯船に浸かり、温泉から出てビールを飲み、テレビを見て昼寝すると気持ちいいし、体の疲れが取れてきます。

 

平日は残業で忙しいので、週末にこうやってゴロゴロするのが一番の楽しみですね。

 

夜は外に食べに出て、帰りにコンビニでビールを買って戻って来ます。

 

そんなことを毎週楽しみにしていましたが、ある日突然予約の電話が繋がらなくなりました。

 

その週末様子を見に行くと、しばらく閉館しますという張り紙がありました。

 

(どうしたのかな?)

 

心配でしたが、1ヶ月ほどして再び電話すると、若い女性が出ました。

 

ずっと休みだったみたいですが話を聞くと、あの女将が亡くなったということでした。

 

確かに体調はあまりよくないみたいでしたが、僕にはかなりショックでした。

 

旅館は再開したそうなので、予約をして電話を切りました。

 

できるだけ早く行きたかったので、金曜日の夜に会社から直接旅館に向かいました。

 

中にると、

 

「いらっしゃいませ」

 

と若い女性が出てきました。

 

「毎週泊まっていたんですが、このたびは女将さんが・・・」

 

と話をすると、

 

「ご丁寧にありがとうございます」

 

と言ってくれました。

 

その女性は亡くなった女将の娘さんで、OLをしていたんですが、今回のことを機会に旅館の後を引き継ぐことにしたそうです。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト