タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

【主婦】イケメンマッサージ師の指使いに感じてオチンチンを催促

マッサージ セックス
画像はイメージです

 

イケメンで好青年なマッサージ師の指使いに感じてしまいました

 

千葉に住む27歳の主婦です。

 

心配で簡単には手が出なかったんですが、家事で肩や腰が凝っていたので、ようやく友達から教えてもらったマッサージさんに連絡してしまいました。

 

その人は30歳で、趣味のようなものでマッサージをされていて、本職は別にあるみたいなのです。

 

(大丈夫かなあ)

 

と心配しながらも、メールでいろいろやり取りした後、やっぱり会ってみる事にしました。

 

カフェでお話ししたところ、なかなかのイケメンで指がとっても綺麗な、しかも笑顔が素敵な男性だったので、直接あっさりとお願いすることにしました。

 

と言えども初対面で我が家は怖いので、ホテルでマッサージしてもらうことにしました。

 

ホテルに近付くと緊張しましたが、明るく気さくに話し掛けて下さったおかげで、リラックスすることができました。

 

ホテルにチェックインしてちょっとだけ会話した後、

 

「じゃあそろそろ始めましょうか、シャワー浴びてきて下さい」

 

と言われたので、

 

(ついに来た~!)

 

って感じです。

 

シャワーを浴びてバスタオルだけ巻いて出てきた時、その男性はホテルのパジャマを着てたのでちょっとびっくりしました。

 

「汗をかいたり、オイルが付くので」

 

とのことです。

 

でもほんのちょっとだけ期待しちゃいます。

 

ベッドでうつ伏せになるよう促され、バスタオルの上から腰、背中、肩をマッサージ。

 

その後オイルを塗って滑らすようにマッサージ。

 

男性の力なので多少強めでしたが、私にはそれがちょうどよくて、肩から両手にかかってきた時はかなり気持ちよくなってました。

 

そうして足の先から徐々にお尻に手が上がってきたときは、もうゾクゾクきてました。

 

「バスタオル外してもよろしいですか?」

 

と聞かれたときにはちょっと焦りましたが、

 

(まあうつ伏せだし)

 

と思い、

 

「はい」

 

と答えて、私の裸を背中とはいえ、初対面のイケメンに見せた恥ずかしさから、何だか体が火照ってしまいました。

 

太腿からお尻に手が上がってきて、優しく揉まれたり強く揉まれたりすると、思わず声が出そうになり、必死に我慢していました。

 

お尻を揉まれると、たまに私のオマンコ付近に小指が当たるので、体が自然に反応して動いてしまいました。

 

こんなゾクゾク感、旦那相手にも感じた事がありません。

 

「じゃあそのまま仰向けにしますね」

 

(えっ!?)

 

と思いましたが、あっという間に仰向けにされて、私の胸を上にされてしまいました。

 

旦那に心の中で謝っていました。

 

お腹から脇腹へとマッサージが移るとそのまま胸にいき、これまで感じたことのない快感が押し寄せました。

 

胸を優しく揉まれながら、人差し指がたまに乳首に触れ、

 

「あんっ」

 

と言ってしまいました。

 

「いいんですよ。感じるなら素直に声を出して下さい。我慢すると体に良くありませんから」

 

と言われ、両手で胸を揉まれながら乳首を親指と中指で弄ってくるんです。

 

もう我慢どころの話じゃありません。

 

旦那への謝罪なんかどうでもよくなり、感じるがままに喘いでいました。

この体験談の続きを読む

【高校生】下宿先のおばさんが淫乱すぎてセックス漬けの毎日

熟女とセックス
画像はイメージです

 

下宿先のおばさんがとんでもなくエロかった

 

僕の実家はとても田舎だったので、高校進学とともに学校近くで下宿生活を始めました。

 

下宿したのは、四十代前半の奥さんと六十過ぎの旦那さんの年の差夫婦二人暮らしの家でした。

 

奥さんはまあまあふくよかでしたが、おっぱいも大きく色気ムンムンて感じでした。

 

一方、旦那さんはアルコールが大好きで、毎晩飲んだくれて帰ってこないことも頻繁にありました。

 

ある夏の晩、夜も更けて僕はお風呂から上がってそのまま部屋に帰ろうとしていました。

 

廊下をパンツ一丁で歩いていると、ご夫婦の寝室からウィ~ンという聞きなれない振動音が響いてきました。

 

寝室の障子が少し開いていたので隙間からこっそり覗くと、奥さんが一人布団の上でモゾモゾしています。

 

ハアハアという声もするので、僕は

 

「奥さん、どうしたんですか?」

 

と心配になり声を掛けました。

 

近寄って気が付いたんですが、奥さんは裸でバイブを使っていました。

 

色気のある奥さんだけに、みだらな姿を見てしまった僕は、思わず勃起してしまいました。

 

奥さんは布団も掛けず丸見えの状態なのに、隠そうともせず

 

「信二くん、こっちに来て、旦那は今晩は帰ってこないから。」

 

と誘ってきたんです。

 

ドキドキして近づいていくと、奥さんはパンツの上から僕のチンポを掴んできました。

 

ぼくは中学の頃からほぼ毎日センズリしていて、チンポの皮も剥け、亀頭も大きく発達していました。

 

「いや~年の割りにおっきいおちんちんね。最近の子は発育がいいのかしらね。」

 

「おばさんに今晩このおちんちん使わせてくれない?」

 

と言います。

 

そして、僕のもっこりと膨らんだパンツをズリ下げると、勢いよくビンビンのチンポが出てきました。

 

奥さんは嬉しそうにチンポをいじくり廻し始めました。さらに、

 

「こっちにおちんちんを向けてごらん、シャブッてあげるわ。」

 

と言ってフェラチオしてくれたんです。

 

おばさんは亀頭を舐め、竿や金玉を揉みながら、尻の穴にも舌を這わせてきます。

 

これが超気持ちいいんです。

 

本当に熟練女のフェラチオはテクニックがあるので、チンポはすぐ発射しそうになりました。思わず、

 

「ああ~もう出そうです!」

 

と言うとおばさんは、

 

「もうちょっと我慢しなさい。信二くん童貞でしょ。これから卒業までたっぷりエッチなこと仕込んであげるわ。」

 

と言われました。実際、その晩からぼくはおばさんの性奴隷と化しました。

 

おばさんは旦那さんが居ないとき、昼でも夜でも関係なく僕の部屋に入ってくるようになりました。

 

僕はカギのない二階の部屋にいる時は、いつもフルチンでいるように言われていました。

 

おばさんは部屋に入ってくるととすぐにチンポを触り、

 

「さあ、おちんちん勃ててごらん」

 

と言います。

 

竿や金玉を揉まれ、乳首も吸われると、いとも簡単にチンポは勃起します。

 

おばさんは、

 

「ああ、若い子のおちんちんはすぐビンビンになるわねぇ。この硬さがたまらないわぁ。」

 

とチンポに頬ずりしながら喜びます。

 

長時間チンポを吸いまくり、いじくり廻したりして遊びますが、なかなか射精させてくれません。

 

それから自分もスッポンポンになり、オマンコを舐めさせます。

 

「いい?オマンコの奥まで舌を入れて掻き回すのよ。」

 

「クリトリスはちゃんと皮を剥いて舐めてね。」

 

僕はチンポを勃起させたまま、おばさんのオマンコから愛液が出るまで、ベロベロ舐めまくります。

 

それから興奮した状態のおばさんは、チンポの上に跨ります。

 

おばさんは騎乗位が大好きみたいです。

 

大きなおっぱいをぶるんぶるん揺らし、ケダモノのような喘ぎ声を発しながらグリグリ腰を動かします。

 

「はあ~、もっとオマンコ突いて~。今日は安全日だから、中にたっぷり出してね」

 

とおばさんは僕に指示します。

この体験談の続きを読む

女子プロレスを真似てムカつく男子を無理やり解剖しました

男子部員を逆レイプ
画像はイメージです

 

ムカつく男子部員をひん剥くと勃起していた

 

私が高校生のころですが、当時は女子プロレスが流行っていました。

 

陸上部だった私は高跳び用のマットで、他の部員と女子プロレスのマネごとをしょちゅうやっていました。

 

最初のころは、技をかけあったりしてじゃれあっていたくらいでしたが、何度もやっているうちに胸を揉んだり、体操服を脱がせてブラジャーを公開させたり、運動服を脱がしてブルマ姿にしたりと、徐々にエスカレートしていきました。

 

要するに、プロレスは関係なく、「解剖」の場になっていたんです。

 

暗黙の了解で、ちょっとムカつくような子に的を絞って狙うバトルロイヤルなどもやっていましたが、これはだいたいは後輩の女子をみんなで懲らしめる感じでした。

 

しばらくしてから男子部員も好奇心半分に見に来ていましたが、男子が見に来たときに狙われた女子は、もう全力で脱がされないように体操服を守っていました。

 

それでも脱がされて泣いている子がほとんどでしたが。

 

そんな日々を送っている高校2年の時でした。

 

男子の方から、ある陸上部員がムカつくからという理由で、私たちに「解剖」してくれという依頼(笑)がありました。

 

男子部員は3年生だったので、私たちは先輩に任せて、解剖してるところを見学しようと思っていましたが、ある3年の先輩女子が、

 

「後輩に解剖されたほうがお仕置きの効き目がある」

 

とか言って、1、2年生の陸上部員で解剖することになりました。

 

乗り気な子が何人かいたので、私は参加せずに見学することにしました。

 

その日の部活は土曜日の午後からで、3年の男子たちが抵抗する部員を連れてきました。

 

なんとかマットに放り込むと、ノリノリの女子部員たち数人が襲いかかっていきました。

 

男子部員が抵抗すると、

 

「胸触られた!」

 

「お尻触った!」

 

などと叫んでいます。

 

男子がやられてるとはいえ、女子にそう言われるとあまり抵抗できないようです。徐々に男子部員の動きが鈍くなっていきました。

 

なんとかマットから逃げようとしますが、見物している他の男女の部員が制止します。

 

するとマットの上の女子の一人が、自分で脱いで、ブルマ姿になっていました。

 

それを見て恥ずかしくなったのか、明らかに男子部員はその子からは逃げていました。

 

しかし、ブルマになった子は男子部員に近づくたびに、

 

「お尻触ったでしょ!」

 

「アソコ触った!」

 

とか大声で叫んでいました。

 

するとそのうち、マットの上の女子全員がブルマ姿になって、男子部員に技をかけようとしていました。

 

みんなで男子部員の短パンを引っ張って、一緒にパンツもすんなりと脱がしてしまいました。

 

すると、・・・私も驚いてしまいましたが、おちんちんが勃起していました。

この体験談の続きを読む

【処女・童貞】学校のトイレで初体験同士が出血しながらセックス

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

この体験談の続きを読む

【痴女軍団】失恋した俺を気遣って飲み会をしてくれた先輩OLが実は・・・

痴女軍団
画像はイメージです

 

酒の席で勃起してるのがバレた

 

昨年の秋ごろの話です。

 

俺は彼女と別れたばかりでひどく落ち込んでいました。

 

そんな俺を見て気に掛けてくれたのか、いつも何かにつけ俺を世話していただける先輩のOLが、家に友人を呼んで飲み会をやるから来ないかと誘われたんです。

 

その先輩は綺麗で親切で仕事のできる、社内でも好感度の高い先輩でした。

 

もちろん先輩の優しさが嬉しかったです。俺は誘われるまま飲み会に行く事にしました。

飲み会には先輩の友達という3人の女性が来ていました。

 

男友達も来ているんだろうと思っていた俺はちょっと戸惑いましたが、酒を飲みながら会話をしていく内にだんだんとに打ち解ける事ができていました。

 

初めのころは世間話や仕事の話が多かったんですが、酒が進むに連れて恋愛やHの話に変わっていきました。

 

その頃には女性陣も緊張感が解けたようで、4人の女性はスカートもめくれ、胸元もはだけてエロチックな雰囲気を漂わせていました。

 

女性がHな話をしていると、いくらなんでも入り込めず、俺は適当に笑顔で相槌を打ちながらも太ももや胸元を眺めて楽しんでいました。

 

すると1人が俺の目線に気づいて、

 

「ねぇ、さっきから何処見てんの?」

 

と言ってきたんです。突然だったのでびびりました。

 

びびった理由はまだあります。俺はビンビンに勃起していたので、それに気が付かれたかと思ったからです。

 

「い、いや、そんな事無いですよ!」

 

しかし次の瞬間別の女性が俺の股間に手を伸ばしてきました。

 

「やだー、この子。勃起してる~」

 

いきなりの事で言葉も発せず、ただ顔を赤くする俺を無視して、4人の女性陣はいきなりスイッチが入ったように豹変しました。

 

「脱がしちゃえー!」

 

と、あれよあれよという間に俺は素っ裸にされてしまいました。

 

気まずくて前を隠す俺の手を2人の女がどかして押さえつけます。

 

ビンビンに勃起したチンコが露わになり、女性陣に凝視されて俺は恥ずかしくて声が出ません。

 

「どうしよっかな~」

 

とニヤニヤしながら女たちは言います。

 

「な、何するんですか!」

 

もちろんそんな言葉は無視され。2人の女が俺のチンコをしゃぶり出したんです。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト