タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

【痴女の特訓】童貞の高校生にセックスの手ほどきの約束をした処女

口内射精
画像はイメージです

 

お姉さんが教えてあげると強がる処女

 

これは俺が大学4年生の時の話。

 

俺が住んでいるアパートの隣の部屋にビックリするくらい可愛らしい女子大生が引っ越してきた。

 

パッと見は井上真央に似ていて胸も大きめ(Dカップだった)、愛想も良いし素直な良い子(名前はマオとしておきます)。

 

マオは偶然にも俺と同じ大学の新入生でしかも同じサークルに入部し、サークルの男ども全員のハートを鷲づかみしたみたいで、大半の男に告白されたと言ってた。

 

当の俺は、イケメンでもなんでもなく、相談しやすい先輩の位置づけで、完全に良いお兄さん的存在。

 

そんな俺もマオに対して恋愛感情というものではなく、一緒にご飯を食べたり、勉強を教えたり(同じ学部)、相談に乗ってあげたりして仲の良い兄妹のような関係になっていた。

 

一緒にいることが多いからか、マオも周りから、

 

「隆志さんと付き合っているの?」

 

と聞かれることが時々あるらしく、そういう時は、

 

「頼りになるお兄ちゃん」

 

というような答え方をしているようだった。

 

しばらくして冬が近づく頃に、マオが

 

「隆志さんに相談があるんですけど・・・」

 

と言ってきた。

 

どうやらマオに彼氏ができたようで、相手は同じバイト先の高校一年生。

 

俺はジェラシーとかは全く無く、それでどうしたどうしたと聞いていく。

 

相手は坂口健太郎な感じ(以下健太郎君)のイケメンで、バイト先でもお客さん相手でも大人気だそう。

 

そんな健太郎君に告白され、最近交際をスタートさせたばかりだそうだ。

 

俺は、マオは彼氏が高校生ということに悩んでいるのだと思い、詳しく話を聞くと、

 

「実は、健太郎君はまだ童貞で、私調子に乗っちゃって、『お姉さんが教えてあげる』みたいに言っちゃったんです」

 

と言って顔を真っ赤にしながらうつむくマオ。

 

「おぉ、処女なのに大きく出ちゃったね」

 

とニヤニヤする俺。

 

「えっ、何で分かるんですか?」

 

と驚くマオ。

 

「いや、しょっちゅう会ってるから、なんとなくそうじゃないかと」

 

とさらにニヤニヤしてしまう俺。

 

「キスも高校の時に女友達とふざけて一回しただけですし・・・」

 

とファーストキスの告白をするマオ。

 

「なにっ!その話をもっと詳しく」

 

とニヤニヤ最高潮の俺。

 

ファーストキスの話は聞けなかったが、話を聞いていくとマオは今までエロ本もエロDVDも見たことがないので、そういうのを見て勉強したいということだった。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】私のセックスを覗いてオナニーする変態な兄を筆下ろし

近親相姦 兄妹
画像はイメージです

 

セックスを覗く兄の筆下ろしをすることにしました

 

私が高校2年の17歳で、兄が高校3年の18歳の時の話です。

 

私は中学3年の時に処女を喪失したのですが、兄はまだ童貞でした。

 

私達の部屋は別々でそれぞれ6畳でしたが、フスマでさえぎってあるだけなので、音や声なんかはほとんど筒抜け状態でした。

 

やむを得ずタンスや本棚で塞ぎ、出入りが出来ないようにはしていましたが、私がセックスしてる時やお風呂上りの時に、フスマがほんの僅かだけ開いていて兄がしょっちゅう覗いていました。

 

これまでにも文句を言ったことがあるのですが、後日また覗いているんです。

 

その日も私がセックスしてる時にちらっと確認してみると、フスマが2cmほど開いていました。

 

いつも最初は気になって腹が立つのですが、セックスが盛り上がってくると、いちいち気にならなくなってきます。

 

昼間セックスしている時なんかは一部始終、しかも明るいので、角度によっては結合部分までも見られていたと思います。

 

そんな兄の覗き行為にいいかげん腹が立つので、再度その日の夜に文句を言うため兄の部屋に行きました。

 

「ちょっと、お兄ちゃん!今日も覗いてたでしょ!いい加減にしてよ、気持ち悪い!」

 

兄は視線をTVに向けたまま黙っていました。

 

「どうせ覗きながらオナニーしてたんでしょ?・・・変態!」

 

「お前がやりまくってるからだろ!」

 

「人のエッチ覗くなんて変態だよ!・・・なんで覗くの?童貞だから?エッチしたいの?」

 

「うるさい!」

 

「じゃあ私がエッチしてあげよっか?」

 

私達は別に仲が悪い兄妹ってわけじゃなかったし、童貞で覗きながらオナニーしている兄が少し可愛そうに思えたのも事実です。

 

兄は驚いて、

 

「えっ?はぁ?」

 

って言ってましたが、

 

「エッチした事ないんでしょ、私が筆下ろししてあげるよ」

 

「ほ、本当か?」

 

「うん、童貞だから覗きとか変態行為に走るんだよ」

 

恥ずかしさはあるものの、私はパジャマを脱いで下着姿になりました。

 

兄もパジャマを脱いでトランクス一枚になりました。

 

私がトランクスを下ろしてあげると兄のオチンチンは半立ち状態で、完全な包茎ではなく、亀頭の先端だけ出ていました。

 

兄のオチンチンを見るのは小学校以来でした。

 

もちろんその時よりも大きく成長しています。

 

私は兄の手を取り、胸へ誘導しました。

 

兄は私の胸に触れると、オチンチンはムクムクと大きくなり、皮もめくれて亀頭が露出し、ピクピクとそり返るほど勃起しました。

 

私はオチンチンを握り、軽くシゴきます。

 

「気持ちいい?」

 

と聞くと、

 

「うん・・・気持ちいい」

 

と、嬉しそうでした。

 

「口でしてあげよっか?」

 

「本当?してほしい・・・」

 

まるで私が姉で、兄が弟のような感じになっていました。

この体験談の続きを読む

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む

【童貞喪失】美人で巨乳なお姉さんに見つめられながら最高の中出し

巨乳 騎乗位
画像はイメージです

 

姉の先輩がおっぱいを押し付けてきた

 

僕は姉の勤め先の先輩に食事に誘われたので出かけました。

 

「宏美さん!こんちには」

 

「悠斗くん、座りなよ」

 

「あれ?今日は姉ちゃん居ないんすか?」

 

「なに?私と2人っきりで食事するのはイヤなの?」

 

「いえいえ、そんなことないですよ!いただきま~す!」

 

いつもは姉と僕(悠斗)と、姉の先輩の宏美さんの3人でご飯を食べることが多かったんです。

 

宏美さんは僕より9歳年上の27歳。

 

彼氏はいません。

 

初めはあまり意識してなかったんですが・・・。

 

「悠斗くんお酒飲みなよ。飲めるでしょ?」

 

「はい、でもすげー弱いですよ・・・。すぐ顔真っ赤になるし・・・」

 

「いいからいいから、ほら、飲みな」

 

「はい~・・・」

 

いつも奢ってもらってるし、年上だし、やっぱり姉ちゃんの会社の先輩だし、僕は宏美さんに逆らった事などありません。

 

それに、水川あさみ似の超美人なんです。

 

怒るとすんげー怖そうですけど・・・

 

あまり飲んでないはずですが、もうフラフラです。

 

「もう酔っ払っちゃいましたよ~だから弱いって言ったのに~」

 

「ふふ、ほんとに弱かったんだね。可愛い可愛い」

 

僕の頭に手を回してナデナデしてくれました。

 

しかも、宏美さんのおっぱいが僕の頭に当たっています。

 

一瞬で僕のチンポは勃起しちゃいました。

 

「ひ、宏美さん!胸が当たってますよ~」

 

「そりゃ当ててるんだもん、ねぇ、触りたい?」

 

いきなりそんな事言うからびっくりです。

 

「へ?そりゃ触りたいです!」

 

酔った勢いもあるし、軽く言ってみました。

 

「ふふ。じゃあ今度ね」

 

この時は、

 

(やったー!宏美さんのおっぱいに触れた~)

 

ぐらいの喜びでした。

この体験談の続きを読む

【不倫】隣の奥さんが豊満なおっぱいを押し付けて誘惑してきた

熟女セックス
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがおっぱいを押し付けてきた

 

私は結婚3年目で29才です。

 

住んでいるマンションの隣のご夫婦に親切にしていただき、夕食をご馳走になる事もあります。

 

その家のご主人は44才で3交代制の仕事をされており、奥さんは41才で専業主婦です。

 

私の妻がめでたく妊娠して、出産のために実家に帰省している時の事です。

 

自炊が出来ない私は、食費を出して隣の奥さんに夕食を面倒見て貰っていました。

 

その日も夕食の準備ができたからと奥さんから電話を貰い、お隣の家にお邪魔しました。

 

旦那さんは夜勤の日で奥さん一人です。

 

食事をご馳走になり、リビングでくつろぎながら話をしていると、

 

「奥さんがいないので寂しいでしょ?」

 

「えぇ、まぁ・・・」

 

「特に夜になると寂しいわよねぇ・・・」

 

「そうですねぇ・・・」

 

「その、ずっと・・・してないんでしょ?」

 

「え、ええ、まぁ・・・」

 

「私なんか、もう何年も相手されてないわよ」

 

「そうなんですか・・・」

 

「もう女として魅力ないのかな・・・40も過ぎたおばさんじゃ、そんな気にならないわよね?」

 

「えっ?いえいえ・・・そんな事ありませんよ」

 

お世辞ではなく実際に奥さんは小柄で童顔だし、可愛らしくて41歳には見えませんでした。

 

そう言うと嬉しそうに、奥さんは私の隣にすり寄ってきました。

 

「ほんと?私でもその気になる?」

 

「本当ですよ、奥さんすごく可愛らしいし・・・そんなに近付かれると、ドキドキするじゃないですか」

 

「嬉しい・・・」

 

奥さんは私に体を密着させてきて、シャツの上から心臓に手を当ててきました。

 

顔をすぐ近くに寄せてきて見つめられると、ほんとにドキドキして鼓動が速くなってきました。

 

「ホントだ、ドキドキしてるわ・・・」

 

奥さんは更に体を密着させてきて、私の腕に豊満な胸を押し付けてきました。

 

「ねぇ、嫌じゃない?正直に言って・・・」

 

奥さんは私のシャツの中に手を入れてきて、直接乳首を指で撫でてきました。

 

「全然嫌じゃないですよ・・・奥さん、そんな事されたら・・・私も男ですから・・・その・・・」

 

奥さんにおっぱいまで押し付けられて、平常心でいられる訳がありません。

 

すでに私のチンポはピクピク反応していました。

 

「お互い溜まってるんだし・・・エッチなことしちゃおっか・・・」

 

奥さんの顔が目の前まで迫ってくると、そのまま唇を重ねながら奥さんを抱きしめました。

 

奥さんは目を閉じたまま舌を出して、自分から私の唇をいやらしく舐めてきます。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト